クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード クレジットカード会社 ヤフーカード 楽天カード 比較

ヤフーカードと楽天カードを【重要7項目】で比較!どっちがおすすめ?

更新日:

「入会キャンペーン特典はどちらがお得?」

ネットショップの還元率はどちらがお得?

「ポイントが使いやすいのはどっち?」

「2枚持ちはあり?」

ヤフーカードと楽天カード・・・

どちらを作るか迷っている方は多いのではないでしょうか?

今回はクレジットカードを利用する上で、カード機能や利便性などの「重要7項目」で比較しましたので選択の参考にして頂ければと思います。

ヤフーカードと楽天カードを7項目で比較

7項目は以下の通りです。

  1. 入会キャンペーンのお得さ
  2. ポイントの利便性
  3. ヤフーショッピング・楽天市場での還元率
  4. 電子マネーチャージポイント
  5. 審査評判の良さ
  6. 保険関係の充実度
  7. 知名度・券面デザイン

どれも気になる重要な項目ですよね。

まずは両カードの基本情報を見ていきましょう。

 は差がある項目

 ー ヤフーカード 楽天カード
年会費 無料 無料
家族カード年会費 無料 無料
ETCカード年会費 500円(税別) 500円(税別)
※ただし楽天ポイント会員ランクがダイヤモンド・プラチナで無料
入会特典 無し 最大8000ポイント
ポイント還元率 1% 1%
自社ネット通販の還元率 3%以上 3%以上
海外旅行保険 無し 最高2000万円(利用付帯)
ショッピング保険 年間最高100万円 無し
基本は似たスペックになっており、その理由として考えられるのは「後発のヤフーカードが楽天カードに条件を合わせて作ったから」と予想できます。

カードの実力にはあまり差が無いですが、どちらも自社で様々なサービスを運営していて、そこでカードの利便性が高くなるような設定になっていますので、どれくらい同じグループのサービスを使うかがポイントになります。

では、自社サービスの利便性などを含めた7項目で比較していきます!

①入会キャンペーン特典のお得さ

楽天カードヤフーカードのように、カードの実力がよく似ている場合は入会キャンペーン特典のお得さはわかりやすい部分になります。

入会キャンペーン特典内容

楽天カード 最大5000~8000ポイント
ヤフーカード なし(2019年8月31日で終了)

楽天カードは8000ポイントが最高なのに対して、ヤフーカードは無しなので、圧倒的に楽天カードがお得です。

楽天カードの入会キャンペーン最新情報はコチラ
↓↓

楽天カード入会キャンペーン2019年最新版!8000ポイントはいつ?

「入会キャンペーンはいつがお得なの?」 「8000ポイントはいつ?」 楽天カードは常に入会キャンペー ...

続きを見る

ヤフーカードの入会キャンペーンは終了しました。再開次第コチラで解説します。
↓↓

ヤフーカードの入会キャンペーン最新情報

ヤフーカード入会キャンペーン最新版!10000円相当はまだ貰えるの?

ヤフーカードは過去に、最大10000円相当のTポイントが貰える入会キャンペーンを開催していましたが、 ...

続きを見る

【入会キャンペーンのお得さ】まとめ

ヤフーカードの入会キャンペーンは終了したので、お得さは圧倒的に楽天カードですね。

②ポイントの使いやすさはどっち?

両カードとも「ポイント還元率の高さ」ばかりが注目されがちですが、実はポイントは「貯まりやすさ」よりも「使いやすさ」の方が重要です。

両カードのポイント概要と主な提携先

 - Tポイント(ヤフーカード 楽天ポイント(楽天カード)
提携店舗数 約78万件 約14万件
利用者数 約6000万人(直近1年) 約1億人
有効期限 最後利用(貯める)から1年 最後利用(貯める)から1年 
主なポイント交換先

●1P→0.5ANAマイル(Tサイト経由)
●Suicaチャージ(ヤフーサイト経由)1000P→1000円分

●1P→0.5ANAマイル
●楽天Edy(1P⇔1円)

ネット通販 ヤフーショッピング・ロハコ 楽天市場
コンビニ  ファミリーマート デイリーヤマザキ
飲食店 食べログ、ガスト、バーミヤン、牛角、吉野家、ロッテリア、ドトール、 マクドナルド、ミスタードーナツ、くら寿司、大戸屋
ドラッグストア  ウエルシア、ハックドラッグ ダイコクドラッグ
ガソリンスタンド・車関係  ENEOS、オートバックス、三井のリパーク、メルセデスベンツ ENEOS、出光石油、コスモ石油
旅行 ヤフートラベル 楽天トラベル
家電 エディオン ジョーシン
レンタルDVD ツタヤ RakutenTV

やはり、ポイントは業界トップを走るTポイントの方が提携店舗数や有名店などの顔ぶれが多いですが、最近では楽天ポイントも提携店数が激的に増えてきていて使いやすいです。

楽天ポイントの使いやすさ

楽天ポイントは楽天市場はもとより、楽天トラベル、楽天モバイル、楽天銀行など様々な関連サービスがあり、全てのサービスで楽天ポイントを獲得・利用する事が出来ます。

また、楽天ペイを導入しているお店にてスマホをかざすだけで決済が出来るサービスも展開しています。

楽天ペイはローソンで利用する事が出来るので、ローソンで楽天ポイントを貯める事も出来ます。

提携店では楽天ポイントを使って決済する事も出来ますので、楽天ポイントの利便性を後押ししています。

Tポイントの使いやすさ

Tポイントはヤフーショッピングはもとより、ヤフートラベル、ヤフー公金支払で公共料金の支払にポイントを使う事が出来ます。

公共料金などにポイントが使えるって・・・・これってすごい事ですよね!

ヤフーはソフトバンクと同系列の会社になりますので、ソフトバンクユーザーの場合は電話料金を1ポイント1円としてTポイントで払う事も可能です。

ポイントの使いやすさまとめ

これはかなり難しいところですが・・・・

ポイントの使いやすさは、万人にとってはTポイントの方が若干リードしているのではないでしょうか。

理由は、Tポイントの方が提携店舗数が圧倒的に多いからです。

まず、ヤフーカードも楽天カードも自社のサービスはネットショッピング、トラベル、決済代行、電話、デジタルコンテンツ、予約代行、出会い、などなど上げればキリが無いですが同じようなサービスを運営しているので、この部分ではたいして差は無いです。

しかしそこにプラスして、Tポイントをポイントプログラムに採用しているので、Tポイントの提携店もプラスで使えるわけです。

携帯電話(ソフトバンク)サービスもあり、ユーザーにはヤフーショッピングでのポイント付与率を高くするなどの優遇策を取ったりもしていますのでさらに強いです。

楽天ポイントの方も多くのインフラ事業を展開していますが、楽天グループでの利用がメインになってきます。Tポイントに負けじと共通ポイント事業にも乗り出していますが、提携店舗数もまだまだ全然少ないのでTポイントに大きく引き離されているのが現状です。

しかし!

楽天ポイントは楽天Edyで利用すると使いやすくなる

楽天ポイントは電子マネー楽天Edyに等価交換でチャージする事が出来るので、楽天Edyに交換すれば全国35万件の楽天Edy提携店も視野に入ってきます。

コンビニ、スーパー、百貨店などあらゆる場所で使える利便性の高い電子マネーなので利便性はかなり高いです。

楽天ポイントを楽天Edyに交換すれば、Tポイントにも負けていません!

Tポイントの方がやや利便性は高いです。しかし楽天ポイントも楽天Edyチャージ分に交換する事で利便性はグッと上がり、Tポイントよりも使いやすくなるのではないでしょうか。ポイント単体の使いやすさではTポイントに軍配が上がりますが、トータルで考えると互角と言えますね。

③ヤフーショッピング・楽天市場での還元率と使いやすさ

楽天カード、ヤフーカードともに、最もお得度を発揮するのは互いが運営している自社ネットショッピングです。

それぞれのネットショップでカードを使った時の還元率を比較していきます。

その前に、還元率が高くてもネットショップが使いにくかったら意味がありませんので、まずはネットショップの概要を見ていきます。

ネットショップの出店数と商品点数を比較

出店数と商品点数の差は以下の通りです。

 ー ヤフーショッピング 楽天市場
出店数 約60万店 約4万店
商品点数 約2.9億点 約2億点

出店数は楽天が4万店なのに対してヤフーショッピングは50万店と10倍以上の差があり、商品点数でも7000万点ほど差があるので、圧倒的にヤフーショッピングが勝っています。

それもそのはずで、ヤフーショッピングは「eコマース革命」と銘打って「初期費用」、「出店手数料」、「商品ロイヤリティ」を無料にする手法で強化を図ったからで、「無料ならとりあえず出品しよう」という店舗がこぞって集まったと言うのが理由です。

実際に商品を検索してみると・・・

筆者はゴルフをするのでゴルフ用品を見てみると、明らかに商品の種類に差が!!ヤフーショッピングの方が多かったです。

だ、楽天の方が少ないと言っても、基本的にはどんな商品でも取り扱いがあって基本的には何でも揃っていてほとんど問題は無いです。

流通額では楽天市場!

出店店舗数ではヤフーショッピングが8倍以上の差をつけていましたが、しかし、2016年のシェアはヤフーショッピングが5.8%なのに対して楽天市場は25.6%と4倍以上の差をつけています。

単純に考えると、楽天の方が出店数が少ないのに沢山売り上げているのは変な話のように思いますが、楽天市場の方がPV数が圧倒的に多いのが流通額に差が出ている理由のようです。

先を行っていた楽天の方が検索結果で上位表示されることが主な理由と考えられます。

それと、今までトップを走って来ていたので楽天会員数も国内で9000万人を誇ります。

ネットショップの使いやすさは、現状ではやや、ヤフーショッピングがリードしているのかなという感じです。

では、本題の還元率はどうでしょうか?

楽天市場、ヤフーショッピングの還元率の差は?

還元率はそれぞれが開催するポイント倍増キャンペーンや、セール、会員ランク次第で還元率は上下しますのでどちらが上か入れ替わりますのでどちらとも言えないのが正直な所です。

基本の最低還元率は以下の通りです。

楽天市場 3%~諸条件で異なる(SPU)
ヤフーショッピング 3%~諸条件で異なる(ソフトバンクユーザー特典など)

基本の還元率は楽天市場が3%と基本は同じです。

しかし、ヤフーショッピングはソフトバンクユーザーポイント10倍キャンペーンや、ポイントアップキャンペーンを沢山開催しますので、だいたい3%以上になる事がほとんどです。

楽天カードはSPUプログラムと言って、楽天サービスをどれだけ利用しているかで楽天市場での還元率が変わってきますので、こちらも3%以上になる事がほとんどです。

自社ネットショップでの還元率まとめ

どちらも売っている物の値段は基本的に似たようなものですが、若干差はあり、どちらが安いかは商品によって変わるので何とも言えません。

結局のところ、どちらがお得になるかはキャンペーン、その人の会員ランク次第で変わったりもしますので、一概にどちらが還元率が高いかは言い難い部分です。

どちらもキャンペーンによってポイントが何倍にもなったりするので何とも言えないです。この項目は互角ではないかと思います。

④電子マネーチャージでお得なのはどっち?

電子マネーチャージでのポイント還元は、今やクレジットカードを選ぶ際にも無視できない要素となっています。

電子マネーチャージでのポイント付与は、クレジットカード会社にとって採算が合わないためにポイント付与が無くなったり、還元率が下がる一方となっていますが、

そんな中でこの2枚も改悪をせざるを得ない状況に陥っているようです。

まずは両カードのチャージポイントが稼げる電子マネーと還元率をまとめました。

 - チャージポイントが稼げる電子マネー  
ヤフーカード

nanaco(国際ブランド問わず)0.5%

 
楽天カード 楽天Edyで0.5%  

電子マネーチャージでポイントを稼ぎたいと思っている人の大半は、nanacoへのチャージポイント還元率が気になる所だと思います。

なぜならnanacoは税金などを支払う事が出来るので、間接的に税金などを割引する事が出来るからです。

nanacoで税金を割引できることを知らない方はこちらの記事を参照してください↓↓

税金はnanaco支払いで割引出来てお得!5万円以上の支払い方も解説

「nanaco払いで税金が割引出来るって本当?」 「どんな税金が払えるの?高額でも可能?」 nana ...

続きを見る

nanacoへのチャージポイントが焦点

実はどちらもnanacoへのチャージポイント還元率が1%の貴重なカードでした。

しかし、楽天カードはnanacoチャージのポイント付与が無くなりました。

そしてヤフーカードは2018年3月よりnanacoチャージ還元率0.5%になってしまいました。(改善点は国際ブランドの制限が無くなった事)

ヤフーカードはかろうじて0.5%の還元率が残りましたが、正直なところ0.5%はかなり微妙です。

nanacoチャージをするならリクルートカードがおすすめです。以下の記事を参照してください。↓↓

no image
nanacoはクレジットチャージでポイントが貯まる!おすすめ3枚を紹介

「nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードが知りたい」 「nanacoで税金を割引出来 ...

続きを見る

楽天カードは楽天Edyへのチャージでポイントを稼げる!

楽天カードは楽天Edyへのチャージでポイントが付くようになっています!

楽天Edyも利用出来る場所が多い有力な電子マネーです。

チャージ還元率は0.5%と低いですが、Edy利用時に100円で0.5%還元されますので「チャージ+利用」で還元率は1%となっています。

ヤフーカードは楽天Edyへのチャージは出来ません。

電子マネーチャージポイントのまとめ

電子マネーチャージの最大のポイントは「nanacoチャージ還元率」で、両カードとも還元率1%を誇る貴重なカードでしたが、残念ながら楽天カードはnanacoチャージポイントの付与を無くしてしまい、ヤフーカードは0.5%と半減してしまいました。

nanacoチャージポイントに関してはヤフーカードが0.5%残りましたのでヤフーカードに軍配があがりますが、楽天カードは楽天Edyへのチャージで0.5%稼げますので、引き分けではないでしょうか。

⑤どちらが審査に通りやすいか

審査のスピードはどちらも早い事で有名で、学生、フリーター、主婦、年金受給者でも申し込みが可能となっています。

ヤフーカードは申し込みから2分で審査に通ったという口コミがあり、筆者も実際に申し込んでから2分後には審査完了メールを頂けました。

楽天カードも数時間後には審査完了メールが来たのを覚えています。

両カードとも、よほど問題が無ければ基本的には審査に問題は無いと思います。

審査が早いのは何故?

なぜこんなにも審査結果が早いのかと言うと、コンピューターによる自動審査だからだと言われています。

ある程度のチェック項目が決まっていて、採点結果に問題が無ければ可決って感じになります。

ですので在籍確認も無い事が多いです。(絶対ではありません)

審査に時間が掛ったら・・・

両カードとも審査が早い事で有名なので、もし数分~1時間程度で審査結果メールが来なければ、何かしらで引っかかってしまったという事で、人による審査が必要だと判断された可能性が高いです。

こうなると1週間~2週間くらいかかってしまう可能性もありますので気長に待ちましょう。

審査評判が良い理由

どちらも審査評判が良い理由としては、出来るだけ入り口を広くしておいて、利用状況を見て利用限度額をコントロールしていくというスタイルだからだと言われています。

あとは問題のある会員は強制退会という手段に出る事もあるようですね・・・・ヤフーカードではあまり聞きませんが、楽天カードは強制退会についての口コミは結構あります。

しかしよほど問題がある場合を除いて、延滞なども無く普通に使っていればまず問題になる事は無いと思います。

基本的に審査に関してはまったくの互角だと思いますが、あえてどちらが審査を通過出来そうかを筆者が予想するなら、ヤフーカードの方だと思います。なぜならヤフーカードの方が後発で、楽天カードのユーザー数に追いつくために少々の事には目をつぶるのではないかと思うからです。

⑥保険関係の充実度

クレジットカードに付帯している保険と言えば、「海外旅行保険」と「ショッピング保険」です。

どちらも利用する機会はそれほど多くありませんが、あるならあったで困る事はありません。

ヤフーカードと楽天カードの保険は以下の通りです。

ショッピング保険は意外と利用する機会が多いので、しっかりと付帯しているヤフーカードは安心ですよね。

保険関係の充実度まとめ

保険関係に関しては、やはり海外旅行保険がしっかりと付帯している楽天カードに軍配が上がるかなと思いますが、正直なところ海外旅行保険を使う機会はほとんど無いと言っても良いので、それならヤフーカードのショッピング保険の方が役に立つ可能性は高いかもしれません。

しかし、保険の補償額を考えると海外旅行保険の方が圧倒的に高いので、やはり楽天カードに軍配です!

⑦知名度・券面デザインはどっちが良い?

クレジットカードの知名度は、本当にどちらも高還元率カードを代表する2枚ですのでいい勝負です。

デザインに関しても個人的にはどちらもそれほど問題はありませんし、あとは個人の好みになって来ると思いますが、クレジットカードは人前で出す場面が多いので気になる所ですよね。

楽天カードの券面デザインは評判が悪い

世間の評判では楽天カードのデザインは圧倒的に叩かれています。

ネットの口コミなどを見てみると、

  • デザインとロゴがダサい
  • 人前で出すのが恥ずかしい

こんな感じで楽天カードに対しては厳しい意見が目立ちます。

ただ、個人的に思うのはデザインがどうこうと言うよりも、「ポイントを貯めようとしているケチな人間」と思われるのが嫌だというのが本当の理由だと思います。

しかしそれだったらヤフーカードも「ポイント重視のカード」になりますのでもっと批判されても良いんじゃないかと思いますが、それは楽天カードほどの知名度はまだ無いし、発行枚数も全然少ない事が原因と考えられます。

結論、デザインは個人的な意見の要素が強すぎますので互角だと思います。

知名度では圧倒的に楽天カードに軍配が上がりますね。

ちなみに楽天カードは券面デザインが数種類用意されており、選択できるようになっています。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

↓↓

楽天カードFCバルセロナデザイン登場!限定グッズが1011名に当たる

「楽天カードFCバルセロナデザインってどんなカード?」 「楽天カードFCバルセロナデザインに切り替え ...

続きを見る

まとめ

ヤフーカード、楽天カードともに、どちらも素晴らしいカードですが、楽天、ヤフーそれぞれの関連サービスを徹底的に利用する事で、どちらもかなりお得なのは間違いありません。

7項目の比較結果は?

7項目の勝敗は・・・

比較項目 勝敗
入会キャンペーン特典はどちらがお得? 楽天カード
ポイントの使いやすさ 互角
自社ネットショップでの還元率 互角
電子マネーチャージでお得なのはどっち? 互角
審査評判はどちらが良い? ヤフーカード
保険関係の充実度 楽天カード
知名度・デザイン 互角

明確に差が付いているのは入会キャンペーン特典で、楽天カードの方がお得になっています。

比較結果は2勝1敗4分けで楽天カードの勝利です!

おすすめは2枚持ちで使い分ける!

これを言ってしまったら今回の比較の意味がなくなってしまうかもしれませんが、

筆者の個人的な本音としては、両カード持ちする事をお勧めします!

なぜならどちらも年会費は無料ですし、高還元率だし、新規入会キャンペーン特典も非常に魅力的だからです。

例えばネットショッピングでも、楽天、ヤフーショッピングともに魅力的なキャンペーンを随時開催していますので、「その時にお得な方」を選んで使うようにすれば最高にお得です。

また、電子マネーチャージでもnanacoチャージはヤフーカード、楽天Edyチャージは楽天カード(VISA)にする事で、nanacoと楽天Edyという代表的な電子マネー2つのチャージポイントを稼ぐ事が出来ます。

楽天ポイントとTポイントは、貯まる場所と使える場所が本当に多いので、両方を貯めておいて損をする事は絶対に無いと思いますし、

通常ポイント有効期限はどちらも最終利用(貯める)から1年で、実質無期限です。

この2枚を持っておけば、ほとんどシーンを攻略できると思いますので2枚持ちが絶対におすすめです。

公式サイトはコチラから
↓↓

ヤフーカード公式サイト

楽天カード公式サイト

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, クレジットカード会社, ヤフーカード, 楽天カード, 比較
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.