クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード コラム

楽天ふるさと納税のポイント制度を徹底解説!最大16倍獲得可能!

投稿日:

「楽天ふるさと納税ってどれくらいポイントが貯まるの?」

「ポイントが1番貯まる方法は?」

ふるさと納税サイトの多くは寄付でポイントが貯まりますので、どうせならより多くのポイントが貯まるサイトを選びたいですよね。

楽天ふるさと納税は楽天市場の楽天が運営していますので、何となくポイントが沢山貯まりそうなイメージがあって気になっている方も多いのではないでしょうか!

楽天ふるさと納税はポイントを沢山獲得出来ますが、条件がありますので、何となくで利用してしまうとポイントを取り損ねて損をしてしまう事も・・・

そこで今回は、楽天ふるさと納税サイトのポイント制度と、ポイントアップの方法を解説します。

これを読めば楽天ふるさと納税でポイントを最大限に獲得出来るようになりますよ!

楽天ふるさと納税は楽天カードが断然お得

楽天ふるさと納税は楽天市場で買い物をするのと同じ感覚で、寄付を申し込むとその分楽天ポイントが貯まります。

楽天市場は購入100円につき1%のストアポイントが貯まりますが、楽天ふるさと納税も同じです。

ただし、楽天市場のポイント還元率は最大で16倍にすることが出来ますので、楽天ふるさと納税も同じようにポイントアップさせることが出来ます。

楽天ふるさと納税のポイントは最大16倍

楽天は沢山のサービスを展開していて、楽天市場はサービスを利用すればするほどポイント還元率が高くなる楽天SPUプログラムが採用されています。SPUは最大16倍(16%)になります。

楽天ふるさと納税は楽天市場で買い物をする場合と同じポイントシステムが適用されていますので最大16倍になります。

楽天カード払いにするだけで還元率3%

楽天SPUは最大16倍になりますが、それには楽天グループのほとんどのサービスを1カ月の間に利用する必要があります。

でもそれはなかなか難しい人も多いと思いますので、とりあえずポイントアップ率が高いサービスを利用するだけでも十分にお得になります。

楽天SPUの中でポイントアップ率が高いサービスは楽天カードの利用です。楽天カードで支払いをすれば通常1%にプラス2倍で合計還元率が3%となります。

  • 楽天ふるさと納税は楽天カードで支払いをすればポイント還元率3%(100円あたり3円還元)

他には楽天カードの上位カードである楽天ゴールドカードを利用すると、楽天カード2倍にプラスで楽天ゴールドカード2倍も付くので合計で還元率5%になります。

あとは楽天カードの引き落とし口座に楽天銀行を使用するとプラス1倍になりますので、どうせなら楽天銀行も作ってしまうとお得です。

楽天カードはどこで使っても還元率1%

楽天カードは基本還元率が1%になりますので、ふるさと納税以外の利用でも常に還元率1%で利用出来ます。

もちろん他のふるさと納税サイトで寄付に利用しても還元率1%になります。クレジットカードの一般的な還元率は0.5%と言われていますので、楽天カードはその倍です。

どこのふるさと納税サイトを使うにしても、クレジットカード決済をするなら楽天カードはお得なクレジットカードの部類に入ります。

楽天カードの詳細

楽天カードは楽天ふるさと納税で還元率3%で、どこで使っても還元率1%とお得なクレジットカードです。

楽天カードの基本情報

カード年会費 ◦無料
家族カード年会費 ◦無料
ETCカード年会費 ◦500円(税別)
※楽天ポイント会員ランクがプラチナ以上で無料
限度額 ◦公式サイト参照
ポイント還元率 ◦基本1%
※楽天市場では3%~
ポイント有効期限 ◦1年間(期間内にポイント加算で1年更新)
海外旅行保険 ◦最高2000万円(利用付帯)
ショッピング保険 ◦無し

楽天カードの魅力的な特典

  • 年会費無料(家族カードも無料)
  • 還元率1%
  • 楽天市場で還元率3%~14%
  • 楽天ポイントは利便性が高い
  • 海外旅行保険が付帯
  • 入会キャンペーン特典がお得

楽天カードはやはり楽天ふるさと納税や楽天市場などの楽天グループサービスで還元率がお得なところが特徴的ですね。

あとは新規入会キャンペーンでまとまった楽天ポイントが貰えるというのもかなり魅力的です。

楽天カードの入会キャンペーン特典最新情報、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。
↓↓

楽天カード入会キャンペーン2019年最新版!8000ポイントはいつ?

「入会キャンペーンはいつがお得なの?」 「8000ポイントはいつ?」 楽天カードは常に入会キャンペー ...

続きを見る

楽天カードの申込はこちらから
↓↓

楽天ゴールドカードの詳細

楽天カードよりも楽天ふるさと納税での還元率が2%高くなって5%になります。

他にも人気の特典が付帯しています。

楽天ゴールドカードの基本情報

カード年会費 ◦2000円(税別)
家族カード年会費 ◦500円(税別)
ETCカード年会費 ◦無料
限度額 ◦公式サイト参照
ポイント還元率 ◦基本1%
※楽天市場では5%~
ポイント有効期限 ◦1年間(期間内にポイント加算で1年更新)
海外旅行保険 ◦最高2000万円(利用付帯)
ショッピング保険 ◦無し

楽天ゴールドカードの特典

  • 還元率1%
  • ETCカード年会費無料
  • 楽天市場で還元率5%~16%
  • 楽天ポイントは利便性が高い
  • 空港ラウンジ特典
  • 海外旅行保険が付帯
  • 入会キャンペーン特典がお得

楽天ゴールドカードは、楽天ふるさと納税でのポイント還元率が楽天カードよりも2%お得になります。

加えてETCカード年会費が無料と人気の空港ラウンジ特典が付帯していきます。これで年会費2000円はかなりお得なのでおすすめです。

楽天ゴールドカードの入会キャンペーン特典最新情報、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。
↓↓

楽天ゴールド入会キャンペーン最新2019年版!最大13000ポイント

「キャンペーン特典は簡単に獲得出来るの?」 「ポイントが1番お得になるのはいつなの?」 楽天ゴールド ...

続きを見る

楽天ゴールドカードの申込はこちらから
↓↓

楽天ふるさと納税のおすすめポイント

楽天ふるさと納税がおすすめな理由を解説します。

おすすめ理由はやはり、キャンペーンが多いのでポイントが貯まりやすくてお得だからに尽きます。

楽天ポイントはふるさと納税に利用出来る

楽天ふるさと納税の良い所はポイントがガンガン貯まる所ですが、それだけじゃなくて寄付にポイントが使える所も嬉しいですね。

かなりポイントが貯まるので、寄付にポイントを使うだけじゃなくて、寄付で獲得したポイントで好きな物を買う事も出来ます。

おいしい食べ物を購入して節税出来て、さらにポイントも貯まって至れり尽くせりですね!

ポイント倍増・割引キャンペーンが多い

楽天ふるさと納税は楽天市場で買い物をするのと同じシステムを使っていて、楽天市場のポイント倍増キャンペーンなども同じように適用されます。

楽天市場と言えば常にキャンペーンを開催していますよね。先ほどお話ししたSPUプログラム以外にもお得なキャンペーンを開催しています。楽天ふるさと納税も対象となっているお得なキャンペーンは以下の物があります。

  • 楽天スーパーセール
  • ショップ買いまわりでポイント最大10倍

楽天ふるさと納税への申込方法

画像出典:楽天ふるさと納税公式サイト

申込方法は以下の手順となります。

  • 寄付したい自治体の返礼品を探す
  • 楽天IDに登録する
  • 寄付申込
  • 返礼品を受け取る
  • 寄付金の受領書を受け取る
  • 税金控除を受ける

まずは楽天ID登録をしましょう。別に楽天IDが無くても寄付は出来ますが、その場合はポイントを獲得する事が出来ません。IDは無料で登録出来ますので作らない理由は無いですよね。

申込む際の注意点として、注文者情報は必ず住民票に記載されている情報を登録するようにしましょう。もし違っていると税金控除申請が出来なくなってしまいます。

寄付金の受領書を受けとったら、控除申請をします。

申告手続きはワンストップ制度か確定申告の2パターンがありますので、自分に合った方法を選択しましょう。

まとめ

楽天ふるさと納税は、楽天市場で買い物をするのと同じ感覚で利用出来ます。ポイントは楽天市場のポイントシステムがそのまま適用になりますので、かなりお得にポイントを貯める事が出来ます。

楽天市場は他の楽天グループのサービスを利用すればするほどポイント還元率が高くなる楽天SPU制度があり、最大で16倍(16%)になります。これは楽天ふるさと納税でも適用になりますので上手く活用すればお得にポイントを貯められます。

しかし最大16倍を達成するには、かなり多くの楽天サービスを利用しなければなりませんので、実際はなかなか難しいのが現状です。

ですのでポイントアップ率が高いサービスだけを利用する事をおすすめします。

ポイントアップ率が高いのは楽天カードで楽天市場(楽天ふるさと納税)にて決済をする事です。

それで通常ポイントに加えて2倍になりますので合計3倍に出来ます。

  • 楽天ふるさと納税で楽天カードで決済すると還元率3%

もちろんそれ以外にも楽天カードの引き落とし口座に楽天銀行を設定すると+1倍になります。

ま楽天ふるさと納税でポイント稼ぐには、楽天カードで決済するようにしましょう。

上位カードの楽天ゴールドカードを選択すれば、5倍(5%)で楽天銀行引落しで6倍(6%)のポイントを貯められます。

持ち欄他の楽天グループサービスを利用してポイント還元りを上げるのもおすすめですが、まずは楽天カードまたは楽天ゴールドカードにて決済をするようにしましょう。

楽天カードの申込はこちらから
↓↓

楽天ゴールドカードの申込はこちらから
↓↓

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, コラム
-, , ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.