クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード クレジットカード会社 審査が優しい法人カード 楽天カード 法人カード

楽天ビジネスカードの審査基準を解説!新規法人・個人事業主でも作れる?

投稿日:

楽天ビジネスカードの審査は厳しい?

「新規法人や個人事業主でも大丈夫?」

楽天ビジネスカードを作りたいけど、自分が審査に通るか不安で申し込みを迷ってしまう方は多いです。

もし新規法人の社長や個人事業主の方ならなおさら不安になると思います。

審査基準を知って自分の特徴と照らし合わせてから検討したいですよね?

そこで今回は楽天ビジネスカードの審査が不安な方に向けて、入会資格条件や審査基準などを徹底解説します。

楽天ビジネスカードの審査基準

結論から言うと、楽天ビジネスカードの審査は難しくありません。

新規法人、個人事業主、赤字決算の会社社長などでも全然審査に通る可能性があります。

楽天ビジネスカードの申込資格や審査基準について解説します。

申込は楽天プレミアムカードの保有が必要

楽天ビジネスカードはちょっと特殊な法人カードで、個人用の楽天プレミアムカードの追加カードとして発行する形になります。楽天ビジネスカードだけの発行は出来ません。

楽天プレミアムカードと同時に申し込む必要があるんです!

楽天プレミアムカードの審査に通ればほぼ作れる!

楽天プレミアムカードの審査に通れば、だいたい発行が可能と言われています。(稀に審査落ちもあります)

その理由はこれです。

限度額は楽天プレミアムカードと合算

楽天ビジネスカードの限度額は、楽天プレミアムカードの限度額を分け合う形になります。

これはつまり楽天プレミアムカードの発行がされればビジネスカードの発行も可能と言えますよね。

限度額が50万円だったとしても、50万円を2枚で分け合えば良いだけです。(かなり使えませんが・・)

限度額の設定は合算で最高300万円なので、個人用と合算になりますが問題ない金額と言って良いのではないでしょうか。

個人としての審査になる

楽天ビジネスカードは会社では無くて代表個人とのクレジットカード取引契約をする形なので、個人の支払い能力を審査される事になります。

会社の業績などは関係ない

個人に対しての与信になりますので、会社の業績は全く関係ないという事になりますね。という事はもちろん設立何年目とかも関係が無いので、新規法人、設立間もない個人事業主、赤字決算でもそれが審査に影響してくる事はないですね。

話を戻しますと、ここまでの話をまとめると楽天ビジネスカードの審査というより、楽天プレミアムカードの審査を考えなければいけないという事ですね。

楽天プレミアムカードの審査に通る基準を解説

楽天ビジネスカードを作るには楽天プレミアムカードの審査に通れば、ほぼ作れることがお分かり頂けたと思います。

ここからは楽天プレミアムカードの審査基準について解説していきます。

楽天の最上級ランクカード

楽天プレミアムカードは申し込みが可能な楽天カードの中で最上級カードの位置付けとなります。

審査が優しい事で有名な楽天カードですが、最上級カードの審査はどうなのでしょうか!

申込資格

申込資格は「20歳以上で本人に安定した継続的な収入のある方」となっています。

普通の楽天カードは「18歳以上で学生も可能」となっています。

申込資格的には楽天プレミアムカードの方が少しハードルが高くなっていますよね。プレミアムの方は学生不可とは書いていませんがOKとも書いていませんので、歓迎ではない、学生は厳しいよ!という事を無言でアピールしているのかなとも受け取れます。

今回は楽天ビジネスカードの審査がメインになりますので、法人代表者や個人事業主の方が対象となりますが、プレミアムカード自体は学生でも申し込みが可能なカードなので難易度はそれほど高くはないイメージです。

審査方法

楽天プレミアムカードの審査方法は基本は自動審査のスコアリングシステムを採用しています。

ただし今回は楽天ビジネスカードも同時に申し込む事がメインの話なので、自動審査にプラスして手動審査がメインに行われます。

今回の場合は新規法人・個人事業主の方がメインで、まだ始めたばかりなので勤続年数や年収はスコアが付けにくいですから手動審査がメインになります。

職業、勤続年数、年収

職業や年収などは審査において重要な要素となります。

職業は特に指定なし

プレミアムカードの審査で職業の指定は特にありませんが、法人代表や個人事業主なら問題ありません。

勤続年数

勤続年数(事業継続年数)はもちろん長ければ長い方が良いに越した事はありませんが、新規法人や設立間もない個人事業主の場合は勤続年数がありませんので、それまでの経歴やクレヒスを重視されます。

年収

年収も上記の勤続年数と同じですね。新規法人・個人事業主なら見込み年収しかわからないので、それまでの実績が重視されます。それまでの実績が多ければ多いほど良いのはまちがいありません。あくまでも参考程度ですが400万円ほどあれば問題無いですね。

それ以上にクレヒスが重要になりますね。クレヒスについては下記の「審査落ちする人の特徴」で解説します。

審査落ちする人の特徴

クレジットカードの審査に落ちる人には共通点があります。

審査に落ちるという事は「信用できない」「リスクがある」と判断された事になります。

それはどんな事が原因でこのような判断になるのでしょうか?

過去に支払い遅延がある

過去にクレジットカードやローンで支払い遅延があると、遅延状況によってはかなり厳しくなります。

と言うのも、実はクレジットカードやローンの利用履歴は個人信用情報として記録が付けられています。

つまり過去の利用で支払い遅れがあると、一定の基準に基づいて記録が付いているのです。

この記録の事は一般的にクレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれています。耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そしてクレヒスに支払い遅れの記録が付く事を「キズが付く」と言うんです。

  • クレヒスにキズが付く➡支払い遅れの記録が付く

クレジットカードは信用で成り立っている取引です。クレジットカード会社は信用だけでお金を建て替えるわけですから、相手の過去の実績を重視します。クレヒスは過去の実績を見るための物なので、そこに支払い遅れの記録があると信用を得る事は困難となります。

参考までにクレヒスの記録はどのような種類があるか書いておきます。

記録(キズ)の種類

  • 支払い1ヶ月遅れ(入金無し)「A」
  • 1ヵ月分の支払いを一部しか入金出来なかった「P」
  • 「A」を3ヶ月以上連続して記録すると「異動」

異動が1番最悪です。良く言われているブラックリストは異動が付く事を言います。

そして記録は一定期間保存されます。

  • 「異動」は5年間
  • 「P」や「A」は2年間

これはあくまでも予想です。だいたいこのくらいの期間と言われていますが、正確かどうかはわかりません。

PやAならどれくらい前の記録かによって審査判断は異なると思いますが、異動は間違いなく審査落ちになると思って間違いないです。

他社借入額が多い

他社借入額が多いのは単純に考えて貸し倒れリスクが高くなりますよね。

もし自分がお金を貸す立場になった時に、沢山借金がある人に貸すのは「返してもらえなかったらどうしよう」なんてちょっと心配になります。

それと全く一緒です。

他にはクレジットカードを短期間で沢山申し込みをすると、一気に沢山のクレジットカードを持つ事になるので、これも貸し倒れリスクが高くなると言えますね。

審査通過率を高くする方法

審査通過率を高くする方法は確実にあります。

クレジットカード取引は信用第一になりますので、信用がプラスになる事は全て有効です!

会社の公式ホームページがある

楽天ビジネスカードも同時申込での審査なので、やはり会社のホームページが有るのと無いのとでは全然印象が変わりますよね。

ホームページが有れば実態があると判断されますので信用度も多少は上がるはずです。

他社借入額を出来るだけ減らしておく

上記の審査落ちの特徴の部分でも出て来ましたが、他社借入額が多いと貸し倒れリスクが高くなるので審査は慎重になります。

単純に借入額が減れば減るほどリスクも少なくなりますので有利になる事は間違いありません。

ここまで審査について色々と書いてきましたが、これまでに悪質な支払い遅れなどが無くて、借入額が収入に対して多すぎるような事がなければ問題無く審査に通ると考えて大丈夫ですね。

楽天ビジネスカードの魅力を解説

楽天ビジネスカードはかなり魅力が多い法人カードです。

ポイントも貯まるし使える特典も豊富です。

その魅力を一部ですが解説します。

ポイントがとにかく貯まる!

なんと言ってもこれが1番の魅力だと思います!

楽天ビジネスカードはポイント還元率が1%なので、経費の支払いが無条件で1%割引になるという事です。

ビジネスカードの一般的な還元率は0.5%と言われていますので、普通に倍の還元率です。

会社の経費は高額になる事も多いので、決済金額が多ければ多いほどこの0.5%差は大きくなっていきます。

しかも!楽天市場での利用なら最大7倍の還元率7%になるので、経費で買えるもので楽天市場に売っている物ならかなりお得に利用出来ます。

毎月の経費が10万円だった場合(1ポイントの価値は1円)

  • 還元率1% → 1000ポイント(1000円相当)
  • 還元率0.5% → 500ポイント(500円相当)

毎月10万円の経費しはらいをしていたら、1ヵ月で500円の差が出てきます。年間で6000円の差になりますのでまあまあ大きな差ですよね。

しかもこれは還元率1%での話です。少しでも楽天市場を利用していたらその分は還元率最大7%になるので差はもっと大きくなります。

もちろんもっと経費支払いがある場合は、どんどんこの差が大きくなっていきます。

こそう考えると、少々年会費が高くてもこの還元率の高さを選んだ方が絶対にお得ですよね。

経費支払いで貯まったポイントの使い道は自由

ちなみに貯まったポイントの扱いはどうなるのか気になっている方も多いと思いますが、何に使おうが今の所突っ込まれる事はありませんので心配いりません。

個人ポイントに集約が可能です!

経費支払いでガンガンポイントを貯めて自分の事に使っちゃいましょう!

支払スパンが最長で約57日

末締め、翌27日払いが支払スパンになりますので、最長で約57日間の猶予期間があります。

キャッシュフローを回すのに余裕が出来ますので助かりますね。

楽天プレミアムカードの特典がある

ビジネスシーンで利用したいと思う保険や特典は、楽天ビジネスカード自体には付帯していませんが、セットで持っている楽天プレミアムカードの方に付帯していますのでそちらで利用する事が出来ます。

プライオリティパスのプレステージ会員

プライオリティパスとは、世界中の1000ヶ所以上の空港ラウンジを、航空会社や搭乗クラスに関係なく予約無しで利用する事が出来る会員パスの事で、航空会社が運営しているファースト・ビジネスクラスの上客向けラウンジを利用する事が出来ます。

よくゴールドカード特典で付帯しているカード会社が運営している「空港ラウンジ」とは違いドリンクやサービスの質がかなり上級です!ちなみにゴールドカードラウンジ利用特典も付いてます!

プレステージ会員は最上級ランク!

プライオリティパスには会員ランクが3つあって、それぞれ年会費と利用条件が設定されていますが、プレステージは最上級ランクで年会費429ドル(45000円以上)で利用無料・回数無制限となっています。

楽天プレミアムカードは年会費10000円(税別)でこのプレステージ会員資格が無料特典となっていますので、これだけでも元を取れるレベルです。

海外出張や海外旅行での空港待ち時間は快適に過ごせるようになりますよ!

※利用条件が適用されるのは本人のみとなりますので、同伴者と利用する場合は同伴者は27ドルが必要となってしまいます。

プライオリティパスで利用出来る高級ラウンジは国内空港でも利用する事が出来ますよ!

詳しくはこちらの記事を参照してください
↓↓

プライオリティパスは国内で使えるの?1番お得に入会する方法は?

「プライオリティパスって国内の空港でも使えるの?」 「どうやって作るの?」 「お得な作り方が知りたい ...

続きを見る

海外旅行保険も安心の内容

楽天プレミアムカードは国内外の旅行や出張でのトラブル自に安心の保証を受ける事が出来る保険に加入できます。

利用付帯とは違い、楽天プレミアムカードを持っているだけで保険を使う事が出来る自動付帯となっています。死亡・後遺障害分は利用付帯分も合わせるとさらに保険金が上乗せできます。

海外旅行保険

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高5000万円(4000万円は自動付帯・1000万円は利用付帯)
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任(免責なし) 3000万円
救援者費用 200万円
携行品損害(免責金額3000円で1点あたり10万円限度) 50万円(30万円は自動付帯・20万円は利用付帯)

国内旅行保険

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高5000万円
傷害入院保険金 日額5000円
傷害通院保険金 日額3000円

海外旅行で最も使う可能性が高いと言われている項目は傷害・疾病治療費用で、楽天プレミアムカードは自動付帯で300万円の補償になっていて、医療費が高い海外でも300万円は安心できる補償額です。

ショッピング保険も安心

楽天プレミアムカードで購入した商品が90日以内に偶然な事故により生じた損害について、最高300万円まで補償されます。

自己負担額:1回の事故につき3000円が必要です。

300万円は納得安心の補償額ですよね。

楽天プレミアム会員が初年度年会費無料!

その他にも楽天プレミアムカードには「楽天プレミアム会員」といって、楽天グループサービスがお得になる会員サービスの年会費が初年度無料になる特典もあります。

楽天プレミアム会員のサービス内容は、楽天市場の送料分にもポイントが付くように出来たり、楽天トラベルのポイントが2倍になるなどの特典があります。

送料分もポイントを付けれるのは何気にお得ですよね!

楽天ポイントの利便性が高い

楽天ポイントは利便性の高いポイントです。

例えば、新規でカードを作った時や、キャンペーンでもらえるポイントは「期間限定ポイント」ですが、特に利用先が限定されているわけではなく、街のお店や楽天ペイで使えばコンビニでも利用が可能です。

この手の期間限定ポイントは普通なら「楽天市場のみ利用可能」など、利用出来る場所が限られてしまう事が多いです。例えばライバルのヤフーカードですと、同じ期間固定Tポイントはヤフーグループのサービスでしか使えなくなっています。

楽天ポイントはどこでも使えると言うのは大きなメリットになります。

街のポイント提携店で利用する

楽天ポイントは楽天市場や楽天関連サービスで使えるだけではなくて、共通ポイントとしての顔も持ち合わせていますので、街の楽天ポイント提携店でも利用する事が出来ます!

この画像にはロゴがありませんが、マクドナルドやデイリーヤマザキ、その他にはミスタードーナツ、ダイコクドラッグ、出光石油、松坂屋、ジョーシンなどで1ポイント1円として使えます!

※サークルKは現在はありません。

ポイントの利用に困ったら、最悪ドラッグストアで日用品を買うというのもありです。

お歳暮・お中元にポイントを使う

楽天市場ではお歳暮の時期になると、「お歳暮特集」でポイントアップキャンペーンなどを開催しています。

また、人気ランキングや地方グルメ特集なども多いので良い商品を選びやすくなっています。

普段の経費支払いで貯めた楽天ポイントを使って、経費のお歳暮ギフトを購入出来ればこれほど効率的な事は無いですよね

取引先が多い会社だとお歳暮の時期は何かと出費が多くなってしまうので、かなり助かりますね。

楽天ふるさと納税で利用

ふるさと納税は「納税」という言葉が意味をよく分かりにくくしている部分があると思いますが、要は「寄付」の事で過疎化が進む地方自治体に寄付をする事で地域創生に参加しながら、寄付をする代わりにその地域の名産品・特産品などのお礼品(食材など)を受け取る事が出来るという物です。

さらに寄付分に応じて翌年度の住民税の控除を受ける事が出来るので、形としては食材などの必要な物を買って、その分の控除を受ける事が出来るという素晴らしい制度です。

楽天は「楽天ふるさと納税」なるサービスを展開していて、楽天ポイントでふるさと納税をする事も出来ますし、カードの利用でポイントもゲットする事が出来ます。

楽天ふるさと納税での楽天ポイントの扱いは、楽天市場の買い物と同様の扱いとなります。基本的に100円で1ポイントが貯まる&1ポイント1円で使えます。

経費の支払いで貯まったポイントを使ってふるさと納税で物品を手に入れて、その寄付分を翌年の税金の控除分にして節税をする事が出来るので二重、三重にお得になりますね!

Amazonでも価値を落とさず利用出来る!

楽天市場も利用する事はあるけど、普段からAmazonをメインで利用している方も多いと思います。

楽天ポイントはAmazonでも価値を落とさずに利用する事が出来ますので、Amazonのヘビーユーザーにも楽天ポイントはおすすめです。

Amazonで楽天ポイントを使う手順

  1. 貯まった楽天ポイントを楽天Edyにチャージ!(1ポイント1円でチャージ出来る)
  2. Amazonで商品の支払い時に支払方法で楽天Edyを選択する

この手順で楽天ポイントの価値を落とさずにAmazonで利用する事が出来ます。

楽天ビジネスカードのさらに詳しい特典内容などはコチラの記事をご覧ください。
↓↓

楽天ビジネスカードのメリット・デメリット!ポイント重視の方におすすめ

「楽天ビジネスカードのメリット・デメリットが知りたい」 「ポイントが沢山貯まるって本当なの?」 楽天 ...

続きを見る

これだけ色々な事にポイントを使えるなら使い道に困る事は無さそうですね。

デメリット

デメリットをまとめておきます。

楽天ビジネスカードはメリットも多いですが、いくつかデメリットもあります。

楽天プレミアムカードとセットでしか申し込めない

単独で楽天ビジネスカードだけを申し込めないので、楽天プレミアムカードとセットになってしまうとめどうしても年会費が大きくなってしまいます。

楽天ビジネスカードの年会費は2000円ですが、楽天プレミアムカードとセットで持つ事になるので年会費は合計で12000円(税別)になってしまいます。

追加カードが発行できない

楽天ビジネスカードは、それ自体が追加カードであることもあり、追加カードを発行する事は出来ません。

ですので、従業員にビジネスカードを持たせたいなどの目的があっても追加できません。

そう考えると個人事業主はフリーランス向けのカードと言えますね。

ETCカードは2枚目から年会費が必要

ETCカードは1枚だけなら無料ですが、2枚目からは年会費が500円(税別)かかってしまいます。もし従業員用に追加したい場合は年会費が枚数分必要になりますので余計な経費が発生します。

もし従業員用にETCカードを追加したいのであれば年会費無料で何枚でも発行する事が出来るカードを選択するのが良いと思いますが、ポイントの付与は無い場合が多いです。

しかし、楽天カードポイントはETC利用料でも100円で1ポイント付与されますので、ETC利用額によっては年会費を支払ってでもポイント還元がある楽天を選んだ方がお得な場合もあると思います。

支払方法が1回払いのみ

これはデメリットになるかは人それぞれですが、楽天ビジネスカードは支払い回数が1回払いのみとなっています。

最近のビジネスカード(法人カード)はリボ払い、分割払いが出来るものが多いです。

ビジネスカードは1回払いが基本ですが、設立間もない個人事業主の方などの場合は、最初の頃は資金繰りが厳しいことも多いと思いますのでリボ払いなどは何かと助かる機能だったりします。

基本的には使わないけど、何かあった時の為の保険としてあると安心は出来ますよね。

どれも致命的なデメリットという訳では無いですね。デメリットから読み取れる楽天ビジネスカードがおすすめなユーザー像は、ずばり個人事業主の方ですね。ビジネスカードが自分一人分だけ必要ならデメリットにならない事ばかりですね。

楽天ビジネスカードがおすすめな人の特徴

楽天ビジネスカードがおすすめな人の特徴をまとめておきます。

おすすめな特徴

  • 個人事業主・フリーランスの方
  • 楽天市場、楽天サービスをよく利用する方
  • とにかく高還元率の法人カードが良い方
  • ゴールドカードクラスの優待を受けたい方
  • プライオリティパス・空港ラウンジ特典が欲しい方
  • 海外旅行保険を充実させたい方

還元率1%のビジネスカードは他にありませんので、とにかくポイントが貯めたい方、それと楽天サービスをよく利用する方は楽天ビジネスカードがおすすめです。 

おすすめしない特徴

  • 楽天サービスは使わない
  • とにかく年会費は払いたくない
  • 従業員にカードを持たせたいので複数枚発行したい

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードと同時に持たなければならないので、年会費が必要なカードになります。「とにかく年会費無料カードが良い」と言う方はおすすめ出来ません。

それと楽天ビジネスカードは追加カードを発行する事が出来ませんので、従業員にカードを持たせたい場合はそれが出来ません。

こんな方はおすすめしません。

楽天ビジネスカードの基本情報

楽天ビジネスカードの基本情報は以下の通りです。

楽天プレミアムカードの情報も一緒に記載しておきます。

楽天プレミアムカード
(VISA/Master/JCB)
楽天ビジネスカード
(VISA)
年会費 10000円(税別) 2000円(税別)
家族・追加カード
年会費
500円(税別) なし
ETCカード
年会費
無料 1枚無料で2枚目から500円(税別)
合計4枚まで発行可能
還元率 通常1%
(100円あたり1円分)
※月の合計利用額に対して100円で1ポイント
●ポイント有効期限1年(加算でそこから1年)
通常1%
(100円あたり1円分)
※月の合計利用額に対して100円で1ポイント
●ポイント有効期限1年
(加算でそこから1年)
限度額 最高100万円 2枚で最高300万円
支払方法 ●国内はリボ,1回,2回
※2回払いは手数料無料
●海外は1回
1回払い
入会特典 公式サイト参照 公式サイト参照

引用:楽天プレミアムカード・楽天ビジネスカード公式サイト

楽天ビジネスカードは海外旅行保険などが付帯していませんが、それは親カードの楽天プレミアムカードに付帯していますのでそちらでカバーする事が出来ます。

楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードは入会キャンペーンで大量の楽天ポイントを貰う事が出来ます!

楽天プレミアムカードの入会キャンペーン最新情報はこちら

↓↓

楽天プレミアムカード入会キャンペーン最新版!最大15000ポイント

「入会キャンペーンは簡単に獲得出来るの?」 「最大15000ポイントになるタイミングが知りたい」 楽 ...

続きを見る

まとめ

楽天ビジネスカードは個人用の楽天プレミアムカードの追加カードとして発行出来る法人カードです。

楽天プレミアムカードの審査に通ればほぼ間違いなく追加発行が出来ます。

楽天ビジネスカードを申し込もうとしている方は新規法人の社長や創業間もない個人事業主の方が多いと思いますので、収入や勤続年数ははまだ実績が無い事がほとんどです。

ですので主にクレヒスが大事になってきます。クレヒスにキズが無くて、他社借入額が多くなければだいたい通ると考えて良いと思います。

楽天ビジネスカードの特徴をまとめておきます。

  • 楽天ビジネスカードは還元率1%
  • 楽天市場での還元率は最高7%
  • 楽天プレミアムカードの審査に通れば楽天ビジネスカードの審査もほぼ通る
  • 楽天プレミアムカードの追加カードなので追加カードを発行できない
  • 楽天プレミアムカードの特典も使えるので空港ラウンジ特典などが充実している
  • ETCカードは年会費無料だが2枚目から500円(税別)

追加カードの発行が出来ませんので、従業員数の多い会社のビジネスカード(法人カード)として導入するのはナンセンスで、個人事業主や中小零細企業の社長専用カードなどにピッタリです。

経費の支払いで1%のポイント還元を受けられるビジネスカードはかなり貴重です。年会費はかかりますがそれ以上のポイントが獲得可能なので損をする事は無いです。

目安は毎月10万円の経費支払いに使えば単純計算で年会費相当の12000ポイントが獲得出来ますのでチャラになります。

実際は楽天市場などを使えば還元率は上がります。

それにプラスして楽天プレミアムカードの特典も付いてくるのでかなりお得になりますね。

楽天プレミアムカードの公式サイトはこちらから

↓↓

楽天プレミアムカード公式サイト

 

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, クレジットカード会社, 審査が優しい法人カード, 楽天カード, 法人カード
-, , ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.