クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

PayPay クレジットカード スマホ決済

PayPayと相性が良いおすすめクレジットカード!還元率1%以上がお得!

更新日:

「PayPayに登録するおすすめクレジットカードが知りたい」

「PayPayと相性が良いクレジットカード条件とは?」

PayPay(ペイペイ)はヤフーが将来のキャッシュレス社会到来に向けて本気で市場を取りに来ているQRコード決済サービスです。

PayPayは決済方法でクレジットカード支払いを選択出来ますが、登録出来る条件がありますし、選ぶクレジットカードによって得られるポイント数が大きく変わるので、知らずにいると大損をしてしまいます。

そこで今回はPayPayに登録するクレジットカードをどれにしようか迷っている方に向けて、PayPayのクレジットカード払いのポイント内訳や登録方法、相性の良いお得なクレジットカードを紹介します。

これを読めばPayPayでお得に使えるクレジットカードが見つかりますよ!

クレジットカード決済ならポイントの2重取りが可能!

PayPayで支払うと利用毎に「利用額の0.5%キャッシュバック」が受けられます。

2000円を利用したとしたら10円のキャッシュバックがある事になりますね。

「なんだ大したことないじゃん!」なんて思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

たしかにPayPayキャッシュバックの0.5%だけでは物足りない感はありますが、もちろんそれだけではありません。

PayPayの支払い方法は以下の3パターンあります。

  • クレジットカード支払い
  • PayPay残高支払い
  • ヤフーマネー支払い

どれで支払うかは自分で選択できます。

どの支払い方法を選択してもPayPay利用時の0.5%キャッシュバックを受ける事が出来ますが、クレジットカード支払いにすれば、クレジットカード決済のポイントも貯める事が出来ますので2重取りをする事が出来ます。

ポイント2重取りの解説(クレジットカード還元率が1%の場合)

  • PayPay利用キャッシュバックが0.5%
  • クレジットカード利用ポイントが1%

合計還元率1.5%

他にも「PayPay残高支払い」でも2重取りは可能で、その場合はPayPay残高にクレジットチャージをしてチャージポイントを稼ぐという方法になります。

チャージポイントが付くクレジットカードは後ほど紹介しますがヤフーカードのみです。

ヤフーカードならチャージ還元率1%になります。

クレジットチャージをしてPayPay残高払いをした時のポイント2重取りの解説

  • ヤフーカードでPayPay残高にチャージすると1%
  • PayPay利用キャッシュバックが0.5%

合計還元率1.5%

どちらでも最終的な還元率は同じです。商品を買ったポイントか?、チャージポイントか?だけの違いです。

このように、PayPayはクレジットカードを絡ませるとポイント2重取りが可能となります。

PayPay残高支払いだと、2重取りをするにはヤフーカードでチャージをする必要がありますので若干手間です。それならヤフーカードをメインカードに登録してクレジットカード支払いにした方が早いですね

出来るだけポイント還元率の高いクレジットカードを利用する事がPayPayをお得に利用するコツです。

しかも、登録出来るクレジットカード条件があるので、当てはまるものを選択する必要があります。

登録可能なクレジットカードの種類

PayPayに登録出来るクレジットカードには条件があります。

PayPayに登録可能なクレジットカード条件

国際ブランドがVISA、Master、JCB(ヤフーカード)

基本的には国際ブランドがVISA、Mastercardのクレジットカードで、JCBはヤフーカードのみです。

クレジットカードの登録は基本的に必要

PayPayを利用する際は「PayPay残高支払い」をメインに利用しようと思っている場合、クレジットカードの登録または銀行口座の登録が必要です。

理由は、もしPayPay残高が不足していた場合にクレジットカードか銀行口座から自動的に支払うシステムになっているからです。

銀行口座を登録していればそちらから支払われますので、クレジットカードの登録は必要ありませんが、もし銀行口座残高も不足していた場合は決済不可になってしまうので、登録はしておいた方が良いですね。

PayPay残高が足りない場合はメインのクレジットカード払いとなる

PayPay残高支払いを選択して、もし残高が足りなかった場合はメインに登録しているクレジットカードで支払われます。

どうしてもクレジットカード支払いが嫌な場合は銀行口座の登録をしておけば良いですが、万が一の時の為にも基本的には登録しておきましょう。

登録は簡単3分!登録方法を解説

登録はPayPayアプリから簡単に出来ます。

まずはホームから「支払い方法の設定」をタップ
↓↓

1番下の「クレジットカードの追加」をタップ
↓↓

右下の「クレジットカードの追加」をタップ
↓↓

カメラが起動しますので、クレジットカードを撮影すればカード番号などの情報を勝手に読み取ってくれます。

↓↓

クレジットカード裏面の「セキュリティコード」を入力して「追加する」をタップすれば完了です。非常に簡単ですよね。

PayPayと相性が良いクレジットカードの特徴

PayPayと相性が良いクレジットカードの特徴ですが、まず国際ブランドがVISA、Mastercardを選択出来る事が大前提です。

ヤフーカードは別格の相性の良さ!

それとPayPayがソフトバンクグループなので、同じグループ内のヤフーカードは相性が抜群です。

ヤフーカードは唯一、PayPay残高にクレジットチャージが出来たり、国際ブランドでJCBを利用出来るようになっているなど、特別な機能を与えられています。

還元率1%以上のクレジットカードがおすすめ

その他は、PayPayに登録する上ではクレジットカードによって何かが変わる事はありません。

PayPayとの兼ね合いがどうか?ではなくて、クレジットカード自体の還元率の高さなどを考慮するのが良いですね。

PayPayと相性が良いクレジットカードの特徴(ヤフーカード以外)

  • 還元率1%以上
  • 年会費無料
  • 貯まるポイントの利便性が高い

PayPay利用で還元率0.5%なので、決済用に選択するクレジットカードの還元率が1%であれば合計で1.5%となります。

クレジットカードの還元率は0.5%が一般的で、1%あれば優秀と言われています。さらに年会費無料、ポイントの利便性が高ければ最高です。

特にポイントの利便性は重要で、いくらポイントが貯まっても使い道が無ければ意味はありませんよね。

上記3つの条件を満たしているクレジットカードがPayPayと相性が良いと言えますね。

次章で相性の良いクレジットカードを紹介します。

PayPayと相性が良い!おすすめクレジットカード

上記で解説した「相性が良い特徴」を満たしているクレジットカードを比較していきます。

ヤフーカード

ヤフーカード

PayPayとの相性の良さを解説

そもそもPayPayを運営しているのがソフトバンクグループになります。ヤフーカードもソフトバンクグループになりますので、ヤフーカードとPayPayは同じ会社が運営しています。という事は相性が良くなるようにするのは当然ですよね。

クレジットチャージ、国際ブランドにJCB選択などはヤフーカードだけです。ポイント還元率も通常で1%です。

また、2019年4月(予定)にはヤフーカードやヤフーショッピングなどの利用で貯まる「期間固定Tポイント(キャンペーンポイント)」がPayPayボーナスに移行されてPayPay残高に反映されるようになります。

これによって期間固定Tポイントがコンビニで使えるようになるなど利便性が大幅にアップします。

ヤフーカードで獲得したポイントがPayPayで使えるようになるなど、PayPayとはこれ以上無い相性の良さを誇っているのがヤフーカードです。

基本情報

ヤフーカード(VISA/Master/JCB)
申込資格 18歳以上(学生可)でYahoo!JAPAN IDをお持ちの方
年会費 無料
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 500円(税別)(発行手数料は無料)
限度額 100万円
ポイントプログラム Tポイント
ポイント還元率&有効期限 ●通常1%
※100円で1ポイント(1Pは1円分)
(利用毎に100円で1ポイント付与)
◦ヤフーショッピングでは還元率3%以上(ソフトバンクユーザーなら10%)
●ポイント有効期限は1年で、増減があればそこから1年に更新
海外旅行保険
付帯なし
ショッピング保険 年間最高100万円

ヤフーカードのメリット

  • PayPayチャージ還元率が1%
  • 年会費無料
  • 還元率1%以上
  • ヤフーショッピングで還元率3%以上(ソフトバンクユーザーなら10%以上)
  • 利便性が高いTポイントが貯まる
  • nanacoチャージでも還元率0.5%
  • 審査スピードが早い(最短2分)
  • お得な入会キャンペーン特典がある

ヤフーカードの入会キャンペーン特典最新情報、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。

ヤフーカード入会キャンペーンはTポイントが最大10000円相当!

「入会キャンペーンはお得なの!?」 「入会特典のTポイントは普通に使えるの?」 ヤフーカードは現在、 ...

続きを見る

ヤフーカードのデメリット

ヤフーカードの唯一のデメリットがあるとすれば、それはETCカードの年会費が500円(税別)かかってしまう事です。気になる方は他社の年会費無料ETCカードを利用するようにしましょう。

無料で使えるおすすめのETCカードはコチラの記事をご覧ください。

クレジットカード年会費完全無料ランキング!ETCカードも完全無料

年会費が完全無料でお得なクレジットカードが知りたい! 「年会費無料」といっても沢山のクレジットカード ...

続きを見る

他には、年会費無料なのでしかたありませんが海外旅行保険が付帯していない事です。こちらはも年会費無料で使えるクレジットカードがありますのでコチラの記事をご覧ください。

海外旅行保険の傷害・疾病治療補償が手厚いクレジットカードを徹底比較

「海外旅行保険の傷害・疾病治療費用が手厚いクレジットカードが知りたい!」 「傷害・疾病治療費用の補償 ...

続きを見る

ヤフーカードの申込はコチラから

リクルートカード

リクルートカード

PayPayとの相性の良さを解説

まず、PayPayに登録可能であるVISAとMastercardを選択可能である事と、何と言っても年会費無料で還元率1.2%である所が素晴らしいです。

PayPayで利用すれば合計還元率は1.7%になります。かなり高還元率ですね。

また利用で貯まるポイントがローソンなどで利用出来るPontaポイントなのでポイント利便性も申し分ないです。

基本情報

リクルートカード(VISA/Master/JCB)
申込資格 18歳以上(学生可)で本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
年会費 無料
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 無料
限度額 100万円
ポイントプログラム リクルートポイント(Pontaポイント)
ポイント還元率&有効期限 ●通常1.2%(100円で1.2円還元)
(毎月の合計利用額の1.2%分が付与)
◦ポンパレモール・じゃらんでは還元率3.2~4.2%以上
●ポイント有効期限は1年で、増減があればそこから1年に更新
海外旅行保険
(利用付帯)
◦死亡後遺障害:最高2000万円
◦傷害・疾病治療費用:最高100万円
ショッピング保険 年間最高200万円(国内外対象)

リクルートカードのメリット

  • 年会費無料(家族カード、ETCカードも無料)
  • 還元率1.2%
  • ポインパレモール・じゃらんで還元率3.2~4.2%以上
  • リクルートポイントは利便性が高いPontaポイントと交換出来る
  • nanacoチャージでも還元率1.2%(月30000円上限)
  • 海外旅行保険が付帯
  • 国内外対象のショッピング保険が年間最高200万円
  • お得な入会キャンペーン特典がある

リクルートカードの入会キャンペーン特典最新情報、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。

リクルートカード入会キャンペーン2019年最新は最大10000ポイント

「入会キャンペーンがお得なのはいつ?」 リクルートカードはお得に入会出来るキャンペーンを随時開催して ...

続きを見る

リクルートカードのデメリット

リクルートカードの唯一のデメリットがあるとすれば、それはETCカードです。PayPayで利用出来るVISAとMastercardを選択すると、年会費は無料ですが発行手数料が1000円(税別)かかってしまう事です。しかし、発行手数料は毎年かかる年会費とは違い、発行時に1回だけかかるのでそれほど大きな問題では無いかなと思います。

リクルートカードの申込はコチラから

レックスカード

レックスカード

PayPayとの相性の良さを解説

まず、PayPayに登録可能であるVISAとMastercardを選択可能である事と、こちらも何と言っても年会費無料で還元率はリクルートカード以上の1.25%である所が素晴らしいです。

PayPayで利用すれば合計還元率は1.75%になります。かなり高還元率でお得ですね。

また利用で貯まるポイントはカード利用額の支払いに充当する事が出来ます。現金還元なので、ある意味ポイントの利便性は最強です。

基本情報

レックスカード(VISA/Master)
申込資格 原則18歳以上(高校生除く)で電話連絡が可能な方。未成年は親権者の同意が必要です。
年会費 無料
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 無料
限度額 公式サイト参照
ポイントプログラム レックスポイント
ポイント還元率&有効期限 ●通常1.25%(100円で1.25円還元)
(毎月の合計利用額に対して2000円で25ポイント)
●ポイント有効期限は2年
海外旅行保険
(自動付帯)
◦死亡後遺障害:最高2000万円
◦傷害・疾病治療費用:最高200万円
ショッピング保険 ネットでの不正利用は補償あり

レックスカードのメリット

  • 年会費無料(家族カード、ETCカードも無料)
  • 還元率1.25%
  • ポイントはカード利用額にキャッシュバック出来るので利便性は高い
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 国内旅行保険も付帯
  • お得な入会キャンペーン特典がある

レックスカードの入会キャンペーン特典最新情報、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。

REX(レックス)カード入会キャンペーンは最大5000円相当!最新完全版!

REXカードは現在、5000円相当のキャッシュバックを受けられる入会キャンペーンと、グーグルPayの ...

続きを見る

レックスカードのデメリット

レックスカードのデメリットは強いて言えばポイント付与ルールが毎月の利用額の2000円ごとに25ポイントという所です。2000円未満は切り捨てとなってしまうため、少し切り捨て分が大きくなってしまいます。

それでも無駄の無い、シンプルな素晴らしいカードだと思います。

レックスカードの申込はコチラから

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント

PayPayとの相性の良さを解説

まず、PayPayに登録可能であるMastercardを選択可能である事と、何と言っても年会費無料で還元率1%ある所が素晴らしいですね。

PayPayで利用すれば合計還元率は1.5%になります。かなり高還元率で利用する事が出来ます。

また利用で貯まるポイントはAmazon、Tポイント、楽天ポイントなどのポイントと交換が可能です。この手のポイント交換は時間が掛かる事が多いですが、Tポイントなどはリアルタイムで交換が可能となっていますので、利便性は高いです。

基本情報

オリコカード・ザ・ポイント(Master/JCB)
申込資格 18歳以上(学生可)
年会費 無料
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 無料
限度額 10万円~300万円
ポイントプログラム オリコポイント
ポイント還元率&有効期限 ●通常1%(100円で1円還元)
(毎月の合計利用額に対して100円で1ポイント)
●ポイント有効期限は1年で、増減があればそこから1年に更新
海外旅行保険
付帯なし
ショッピング保険 付帯なし

オリコカード・ザ・ポイントのメリット

  • 年会費無料(家族カード、ETCカードも無料)
  • 還元率1%
  • 入会後6ヶ月間は還元率2%
  • ポイントの交換先が豊富でリアルタイム交換も出来る
  • ポイント付与ルールが毎月の利用額に対して100円1ポイントなので切り捨てロスが少ない
  • お得な入会キャンペーン特典がある

オリコカード・ザ・ポイントの入会キャンペーン特典最新情報、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。

オリコカード・ザ・ポイントの入会キャンペーン最新版!最大8000円

「入会キャンペーンはお得なの?」 「簡単に獲得出来る?」 Orico Card THE POINT( ...

続きを見る

オリコカード・ザ・ポイントのデメリット

オリコカード・ザ・ポイントのデメリットは、ポイントの有効期限が1年と短い事です。他社のポイントと交換しなければ使えませんので、1年以内に最低交換ポイント数を達成しなければなりません。

1年だとポイント失効のリスクもありますが、500ポイントから交換可能なので年間50000円以上利用すればOKです。年間50000円以上ならそれほど問題にはならないと思います。

オリコカード・ザ・ポイントの申込はコチラから

【若者向け】三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

PayPayとの相性の良さを解説

まず、三井住友VISAデビュープラスは18歳~25歳限定の若者向けクレジットカードです。通常の三井住友VISAカードの倍の還元率となっていますのでお得に使えます。

デビュープラスはPayPayに登録可能であるVISAが国際ブランドで、年会費は実質無料で通常還元率は1%です。PayPayで利用すれば合計還元率は1.5%になります。かなり高還元率で利用する事が出来ます。

しかも、入会後3ヶ月間はポイント5倍(還元率2.5%)なので、PayPay利用で3%還元となります。

ポイントは電子マネーiDの利用代金に充当できますので、コンビニ各社や様々なお店で利用出来るので利便性は抜群です。

基本情報

三井住友VISAデビュープラスカード(VISA)
申込資格 18歳~25歳以下の方(学生可)
年会費 1250円(税別)ただし年に1回でも利用すれば無料
※初年度無料
家族カード年会費 400円(税別)ただし年に1回でも利用すれば無料
ETCカード年会費 無料
限度額 30万円
ポイントプログラム ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率&有効期限 ●通常1%(100円で1円還元)
(毎月の合計利用額に対して1000円で2ポイント)
※入会後3ヶ月間はポイント5倍(還元率2.5%)
●ポイント有効期限は2年
海外旅行保険
付帯なし
ショッピング保険 年間最高100万円(海外利用分のみ対象)
国内利用分はリボ、分割(3回以上)払いのみ対象

三井住友VISAデビュープラスカードのメリット

  • 年会費実質無料(年1回の利用で無料)
  • 還元率1%
  • 入会後3ヶ月はポイント5倍(還元率2.5%)
  • ポイントをiD利用分に充当したり、楽天ポイント、dポイントに交換できるので利便性は高い
  • お得な入会キャンペーン特典がある

三井住友VISAデビュープラスカードの入会キャンペーン特典最新情報、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。

三井住友VISAデビュープラスカード入会キャンペーン最新版!

三井住友VISAデビュープラスカードは、2019年3月1日(金)より最大10000円分キャッシュバッ ...

続きを見る

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットは申し込み資格が狭い事です。18歳~25歳以下しか申込めません。若者がターゲットでかなり優遇していますので、本当にお得な内容となっていますが、残念ながら26歳以上は申し込み不可となっています。

三井住友VISAデビュープラスカードの申込はコチラから

まとめ

PayPayと相性が1番良いクレジットカードは、PayPayと同じソフトバンクグループのヤフーカードです。唯一PayPay残高にクレジットチャージ出来て、国際ブランドにJCBを選択出来ます。

しかし、クレジットカード払いをすればクレジットチャージの必要はありませんし。国際ブランドにJCBを選択出来るというのはそこまで重要な事ではありません。

PayPayはどんな決済方法を選択しても還元率は0.5%と変わりません。唯一、クレジットカード支払いだけがそれ以外のポイントも稼ぐ事が出来る方法です。

PayPayの還元率0.5%以外にクレジットカードの利用ポイントが付くので、そのポイント還元率が高いクレジットカードを選択すると最もお得に使う事が出来て、相性が良いクレジットカードという事になります。

ヤフーカードは還元率が1%なので、還元率だけで考えると他にもお得なクレジットカードはあります。

PayPayと相性が良いクレジットカードの特徴(ヤフーカード以外)

  • 還元率1%以上
  • 年会費無料
  • 貯まるポイントの利便性が高い

今回紹介したクレジットカードは上記を全て満たしています。

還元率1%以上か? 年会費無料か? ポイント利便性は?
ヤフーカード 1% 無料 非常に良い
リクルートカード 1.2% 無料 良い
レックスカード 1.25% 無料 非常に良い
オリコカード・ザ・ポイント 1% 無料 良い
三井住友VISAデビュープラス 1% 実質無料
(年に1回以上の利用賀条件)
良い

どれも基本的には問題が無いです。トータル的に見て絶対的におすすめなのはヤフーカードである事は間違いありません。

ポイント還元率だけで考えるとレックスカードですが、総合的に考えるとリクルートカードもお得です。貯まったポイントを色々なポイントに変えたいならオリコカード・ザ・ポイントも良いですね。25歳以下なら三井住友VISAデビュープラスで決まりです。

自分に合ったクレジットカードを作ってさっそくPayPayを使い始めましょう。

PayPayの使い方や、現在開催中のキャンペーン情報はコチラの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

PayPayの使い方は簡単!キャンペーンやチャージ方法を徹底解説

「PayPayってどんなサービスなの?使い方が知りたい!」 「キャンペーンって本当にお得なの?」 P ...

続きを見る

アドセンス

アドセンス

-PayPay, クレジットカード, スマホ決済
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.