クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

ANAマイル JALマイル クレジットカード デルタスカイマイル マイル マイレージプラス

陸マイラーにおすすめ!ハワイまでのマイルが最速で貯まるクレカ5選

更新日:

「陸マイルが貯まりやすいクレジットカードってどれ?」

「ハワイに最短で行くにはどのマイルがおすすめ?」

特典航空券で海外旅行に行きたい!とマイルを貯めている方は多いですよね。

でも漠然と考えながらではなかなか貯まらないものなので、目標マイル数がハッキリとしていた方が絶対に良いです。

そこで今回は日本人が大好きな旅行先であるハワイを例に取って、特典航空券に必要なマイル数と陸マイルが貯まりやすいクレジットカードを解説します。

これを読めば特典航空券のハワイ旅行に必要なマイル数を最短で貯める事が出来ますよ。

国内で陸マイルを貯めやすい航空会社4選

通常、マイルとは飛行機に乗った際の飛行距離に応じて貯まるポイントの事で、それをフライトマイル(空マイル)と言いますが、それ以外でも主にクレジットカードの利用(地上のお店など)で貯める事も出来て、それを「陸マイル」と言います。

各マイルと、それらを貯められるクレジットカードはそれぞれで貯まりやすさに違いがあります。

まず陸マイルを貯め始める前に、どのマイルプログラムを貯めるかを決めなければなりません。

陸でマイルが貯まりやすい環境が整っているマイルプログラムを選ぶ必要があります。

陸マイルを貯めやすい条件

陸マイルの貯めやすとは、クレジットカード利用での貯めやすさです。

まずは以下の条件を満たしている必要があります。

  • 高還元率でマイルが貯まるクレジットカードが発行されているか?(高還元率とは1%以上)

提携しているクレジットカードがあっても、還元率が低かったらなかなか貯まらないので効率が悪くなりますよね。

効率を考えると還元率1%以上は必須条件と言えます。

さらにそれだけじゃなくて、利用でマイル付与率が高くなる特約店があるかどうかも重要ですね。

特定のお店で利用するとマイル付与率が倍になると言う感じです。このような特約店が多ければ多いほどマイルが貯めやすくなると言えますね。

陸マイルが貯めやすい航空会社

陸マイルを貯めやすい条件を解説してきましたが、もうひとつ忘れてはならないのが「日本ーハワイ便」があるかどうかも重要ですね。今回のテーマはハワイに行ける陸マイルを最短で貯められるクレジットカードの紹介ですからね!

  • 還元率1%以上でマイルが貯まるクレジットカードが発行されているか?
  • クレジットカード利用でマイルが貯まりやすい特約店があるか?
  • 日本ーハワイ便があるか?

この条件を満たしている航空会社は以下の4社に絞られます。

ANAマイル、JALマイル、ユナイテッド航空(マイレージプラス)、デルタ航空(スカイマイル)

この4つ以外の航空会社で日本ーハワイ便があるマイルプログラムも有るには有りますが、日本国内で陸マイルを貯めるには効率が悪いと言わざるを得ないし、もし日本ーハワイ便以外でマイルを使いたいとなった時に使い道がかなり限られてしまいます。

この4つどれかを選んで陸マイルを貯めて行けばハワイまでの特典航空券は見えてきます!

しかし、「どのマイルを選べば良いか?」は簡単な話ではありませんし、人によって最適なマイルは異なりますので、ここは慎重に選ぶべき所です。

今回の記事は「陸マイラーにおすすめのマイル別クレジットカード」を紹介していきますので、マイルの選び方はコチラの記事で詳しく書いています。

マイル選びに迷っている方は参考にしてください!

↓↓

陸マイラー初心者必見!最短でハワイに行ける方法とおすすめのマイルは?

「陸マイラーがハワイまでのマイルを効率的に貯める方法は?」 「陸マイラー初心者におすすめのマイルは? ...

続きを見る

 

【マイル別】おすすめクレジットカード5選

早速ですが、JAL、ANA、マイレージプラス、デルタ航空の4社のマイル特徴と、マイルを貯めるのにおすすめなクレジットカードを紹介していきます。

ANAマイル

やはり国内で絶対的な人気があるのはANAですね。ハワイまでの特典航空券必要マイル数も日程次第では最小となりますし、何と言っても陸マイルの貯めやすさがダントツです。

ANAマイルの特徴とハワイまでの必要マイル数

陸マイルの貯めやすさ かなり貯めやすい。ANAマイル特約店はメジャーなお店も多い
マイル有効期限 3年(積算されたマイルごとに3年なので、古い物から3年で失効)
マイルの利用範囲 家族・親族(2親等以内)に限る
特典航空券の利用のしやすさ 国際線の人気路線は難しい。(ハワイは難易度が高い)
ハワイまでの特典航空券必要マイル数 ローシーズン35000マイル、レギュラーシーズン40000マイル、ハイシーズン43000マイル

ANAマイル特約店にはみんなが良く利用するようなメジャーなお店も多いのでかなり貯めやすくなっています。ローシーズンでの必要マイル数は主要航空会社の中では最小です。

特典航空券の必要マイル数はシーズンによって3つに分かれているのが特徴です。

ANAマイルのおすすめポイント

  • 提携関係にあるユナイテッド航空でもマイルが使える(その他28社で利用可能)
  • LCCバニラエアで利用出来る(成田‐香港が17000マイルなど)

そんなANAマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードはこちらです!
↓↓

ANAアメックス

ANAアメックスは、旅行に役立つ特典が多いアメックスとANAが手を組んだカードで、マイルを貯めて旅行に行くためのクレジットカードです。

ANA・アメリカンエキスプレスカード
年会費 7000円(税別)
ポイント移行コース 6000円(税別)
家族カード年会費 2500円(税別)
ETCカード年会費 無料(新規発行手数料850円(税別))
基本還元率 100円=1ポイント(特約店利用で別途で0.5~1マイル)
マイル還元率 1%
海外旅行保険 最大3000万円
国内旅行保険 最高2000万円

ANAアメックスはまずポイントが貯まって、マイルに交換する流れになります。そしてマイルに交換するにはポイント移行コースへの加入が必要になります。ただし毎年加入する必要はありません。

ポイント移行コース加入は3年に1回でOK!

ポイント移行コースの6000円は高いですよね。もともとのポイント有効期限が3年あります。ポイント移行コース加入時は有効期限が無くなりますので、3年に1回だけポイント移行コースに加入すればポイントの執行を防ぐことが出来て、コストも最適化する事が出来ますし、ANAマイルの有効期限も最大化する事が出来ます。

ちなみにANAアメックスゴールドなら「ポイント移行コース」は最初から加入済みになっていて加入の必要はありません。また空港サービスなどの優待もパワーアップしますので、ANAアメックス以上に機能が充実してきます。

ANAアメックスゴールドの詳細はコチラの記事を参照してください。
↓↓

ANAアメックスゴールド入会キャンペーン!2019年5月最新版!

「入会キャンペーンは本当にお得なの?」 「50.000マイルはどこに行けるの?」 ANAアメリカンエ ...

続きを見る

ANAアメックスカードの特徴

  • ポイント移行コース加入で有効期限が無期限
  • 家族カード初年度年会費無料
  • ANAマイルプラス提携店の利用でポイントとは別に100~200円で1マイル(セブンイレブン、マツキヨ、ENEOS、高島屋、阪急など)
  • フライトマイル10%のボーナスマイルあり
  • 毎年カード継続で1000マイル
  • 国内外の空港ラウンジ利用可能(同伴者1名無料)
  • 空港サービス充実(手荷物無料宅配、空港パーキングなど)
  • アメックスの特典が使える
  • 入会キャンペーンで大量のマイルが貰える

入会キャンペーン特典で大量のマイルが獲得可能!

ANAアメックスは入会特典で大量のマイルを獲得可能です。

また、家族カードが初年度年会費無料となっています。

ANAアメックスの入会キャンペーン最新情報、カード詳細はコチラの記事をご覧ください
↓↓

ANAアメックス入会キャンペーン完全ガイド!2019年5月最新版

「入会キャンペーンは本当にお得なの?」 「35.000マイルはどこに行ける?」 ANAアメックスは現 ...

続きを見る

アメックス提携のカードという事で、旅行関連、空港サービス関連にも強いので「マイルを貯めて旅行に出掛ける」という自然な流れの中で、「欲しいと思う優待」などが充実しているのもおすすめするポイントです。

公式サイトはこちらから
↓↓

JALマイル

日本を代表する航空会社と言えばJALです。

ANAと同様に人気が高くて利用者も多いですね。ハワイまでの特典航空券必要マイル数はANAのレギュラーシーズンと同様となっていて、時期などによる変動はありません。陸マイルも非常に貯めやすくなっています。

JALマイルの特徴とハワイまでの必要マイル数

陸マイルの貯めやすさ かなり貯めやすい。メジャーなお店のJALマイル特約店も多い
マイル有効期限 3年(積算されたマイルごとに3年なので、古い物から3年で失効)
マイルの利用範囲 家族・親族(2親等以内)に限る
特典航空券の利用のしやすさ 国際線の人気路線は難しい。
ハワイまでの特典航空券必要マイル数 40000マイル(シーズン問わず)

JALマイル特約店にはみんなが良く利用するようなメジャーなお店も多いのでかなり貯めやすくなっています。

特典航空券の必要マイル数はANAと違ってシーズンでの変動などが無いのが特徴です。

JALマイルのおすすめポイント

  • ワンワールド所属航空会社でもマイルが使える(12の航空会社を利用可能
  • LCCのジェットスタージャパンを片道5000マイルから利用出来る

そんなJALマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードはこちらです
↓↓

JALカードSuica

まずはJALマイルのスペックをチェック!

JALマイルは特典航空券の必要マイル数がシーズンなどで変動が無いので、ハイシーズンなら一番少ないマイル数となります。

JALSuicaカード
年会費 2000円(税別)
ショッピングマイルプレミアム年会費 3000円(税別)
家族カード年会費 家族カード無し
ETCカード年会費 無料
基本還元率

●200円=1マイル(0.5%)
●1000円でビューサンクスポイント6P
※ショッピングマイル特約店ではマイルが2倍
※ショッピングマイルプレミアム(年会費3000円税金)加入で還元率1~2%

海外旅行保険 最高1000万円
国内旅行保険 最高1000万円

ショッピングマイルプレミアムは年会費が3000円(税別)かかりますが、マイル還元率が倍になりますので加入しない手は無いです。

年会費2000円とショッピングマイルプレミアムの3000円の合計5000円(税別)がランニングコストと考えるようにしましょう。

JALSuicaカードの特徴

  • JAL特約店では100円=2マイル(還元率2%)(ファミマ、イオン、マツキヨ、ENEOS、など)
  • JR東日本での支払いは1000円でビューサンクスポイント6P(ショッピングマイルプレミアム加入で600P=1000マイル)
  • フライトマイル10%のボーナスマイルあり
  • 毎年カード継続で1000マイル
  • 入会キャンペーンで大量のマイルが貰える

JR東日本への支払いで1000円=6P(還元率1%)

JR東日本への支払いでポイント対象になるのは、Suicaへのクレジットチャージ、オートチャージ、定期券、乗車券、えきねっとなどです。600ポイント=1000マイルの交換レートはショッピングマイルプレミアム加入時の交換条件です。未加入だと半分の500マイルです。

JALSuicaカードはSuicaのチャージやオートチャージ、定期券や乗車券購入などでビューサンクスポイントも貯める事が出来て、それをマイルに変える事が出来るので、日常生活に必要な支払いを効率的にマイルに変える事が出来ます。

↓↓公式サイトはこちらから

ユナイテッド航空マイレージプラス

マイレージプラスはANAと同じアライアンス所属なのでANAを利用する事も可能で、しかもマイル有効期限が実質無期限なので、ANAを利用する目的で貯めるのも有りです。

マイレージプラスの特徴とハワイまでの必要マイル数

陸マイルの貯めやすさ 貯めやすい。
マイル有効期限 実質無期限(18ヶ月だが、加算、利用で全マイルが18ヶ月延長)
マイルの利用範囲 誰にでも使える
特典航空券の利用のしやすさ 利用しやすい
ハワイまでの特典航空券必要マイル数 50000マイル、12万マイル ※マイル数の違いについては下記で!

特典航空券はANA・JALに比べると必要マイル数は多いですが、予約はしやすいです。それとやはりマイル有効期限が実質無期限なのと、マイルを誰にでも使える所が大きなメリットです。

50000マイルと12万マイルの2種類がある理由

50000マイルは「セイバー」という種類の特典航空券で「座席数に限りのある特典航空券」の事です。つまりは限りがあるので予約が取り辛いと言えます。

もう一方の12万マイルは「スタンダード」と言う種類で、こちらは逆に座席数に限りが無くて、空席さえあれば普通に航空券を買うのと同じように特典航空券で予約出来ます。

12万マイルなら確実に希望の日程で利用する事が出来ます

マイレージプラスのおすすめポイント

  • 提携関係にあるANA、ピーチでもマイルが使える(5000マイル~、その他28社で利用可能)
  • 特典航空券が取りやすい
  • 特典航空券利用時の燃油サーチャージが無料

ANAの国内線はANAマイルよりお得

ANAの国内線ならマイレージプラスの方が1マイル当たりの価値が高くなります。

そんなマイレージプラスを貯めるのにおすすめのクレジットカードはこちらです!
↓↓

マイレージプラスセゾンカード

セゾンカードと提携したカードなので、セゾンのサービスも使いながらマイルを貯められます。

Mileage Plus(マイレージプラス)セゾンカード
年会費 1500円(税別)
マイルアップメンバーズ年会費 5000円(税別)
家族カード年会費 家族カード無し
ETCカード年会費 無料
基本還元率 ●通常1000円で5マイル(還元率0.5%)
※マイルアップメンバーズ加入で1000円=15マイル(還元率1.5%)
海外旅行保険 最高3000万円(自動付帯)
国内旅行保険 無し

年会費から考えると海外旅行保険内容が素晴らしい内容です!

年会費2000円未満で最高3000万円も素晴らしいですが、3000万円は死亡後遺障害保険なのでほとんど使う機会は訪れません。それよりも使う可能性の高い「傷害・疾病治療費用(病院代など)」が最高300万円というのが素晴らしいです。しかも、自動付帯です。

マイレージプラスセゾンカードの特徴

  • マイルアップメンバーズ(年会費5000円(税別))加入時は1000円で15マイル(100円=1.5マイル)
  • コスモ石油での給油は1000円で20マイル(100円=2マイル)
  • セゾン特典で「西友&リヴィンで毎月5日、20日は5%オフ」
  • 国際ブランドがアメックスの場合は別途特典あり(毎月カード更新で500マイルプレゼント)(アメリカンエキスプレスセレクト、トラベルサービスオフィス利用可能)
  • 海外旅行保険が自動付帯で最高3000万円!疾病治療費用が最高300万円!

マイルアップメンバーズの加入は年間利用額で判断しよう!

マイルアップメンバーズは年間利用額が65万円以下の場合は年会費以上の恩恵を受ける事は出来なくなるため、年間利用額が65万円以上の場合に加入がおすすめです。

マイルアップメンバーズ加入時の「1000円=15マイル」は年間30000マイルまでが上限で、30000マイル以上は通常還元率の「1000円=5マイル」となります。(30000マイルは年間200万円の利用)

もし年間の決済額が200万円以上の場合はマイレージプラス・セゾンゴールドカードがおすすめです。

マイレージプラスを貯めるなら年会費や還元率を考えると1番お得に貯められて、さらに海外旅行保険も素晴らしい内容となっていますのでこのカードがおすすめです。

↓↓公式サイトはこちらから

デルタ航空スカイマイル

デルタ航空スカイマイルは何と言ってもマイル有効期限が無期限、誰にでも使える所が大きなメリットとして上げられますが、それ以上のメリットとして上級会員資格を誰でも取得する事が可能なのでVIP待遇で利用する事も出来る点も素晴らしいです。

スカイマイルの特徴とハワイまでの必要マイル数

陸マイルの貯めやすさ 貯めやすい。
マイル有効期限 無期限
マイルの利用範囲 誰にでも使える
特典航空券の利用のしやすさ 利用しやすい(割り当て座席が多め)
ハワイまでの特典航空券必要マイル数 60000マイル

ANA・JAL・ユナイテッドに比べるとハワイまでの必要マイル数は多いですが、座席割当が多めなので利用はしやすいです。それとやはりマイル有効期限が無期限なのと、マイルを誰にでも使える所が大きなメリットです。

スカイマイルのおすすめポイント

  • 特典航空券が取りやすい(1便当たりの座席の割り当て数が多い)
  • 特典航空券利用時の燃油サーチャージが無料
  • 中国・韓国・アジア方面に強い
  • 「ニッポン500マイルキャンペーン」で国内線搭乗でマイルが貯まる
  • スカイマークの国内線が利用可能

ニッポン500マイルキャンペーンは超お得!

ニッポン500マイルキャンペーンは、他社の国内線に乗ってスカイマイルが貰えると言う意味の分からないキャンペーンです。航空会社に関係なく国内線を利用するとデルタスカイマイルが500マイル貰えます。

デルタスカイマイルの詳細、にっぽん500マイルキャンペーンの詳細はコチラの記事でさらに詳しく解説しています
↓↓

デルタスカイマイルのメリットデメリットは?どんな特徴に人がおすすめ?

「スカイマイルの特徴が知りたい」 「マイルは使いやすいの?」 「スカイマイルを効率よく貯める方法は? ...

続きを見る

そんなスカイマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードはこちらです!
↓↓

デルタアメックスゴールドカード

デルタアメックスゴールドはデルタ航空の上級会員資格を取得出来て、さらにアメックスゴールド相当の特典も使う事が出来るのでデルタ航空を使いたい方は必須のカードと言えます。

デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレスゴールドカード
年会費 26000円(税別)
家族カード年会費 12000円(税別
ETCカード年会費 無料(発行手数料850円(税別))
還元率 100円=1マイル(還元率1%)
デルタ航空への支払いは3マイル(3%)
海外旅行保険 最高1億円(自動付帯は最高5000万円)
国内旅行保険 最高5000万円

デルタ航空への支払いで還元率3%はかなりお得ですね。海外旅行保険などは、さすがアメックスゴールドクラスと言った内容で充実しています。

デルタアメックスゴールドカードの特徴

  • デルタ航空上級会員資格「ゴールドメダリオン」資格付帯
  • 海外旅行保険が最高1億円!
  • アメックスゴールドの特典が使える
  • 入会キャンペーン特典で大量マイルが獲得可能!

入会キャンペーン特典で大量のマイルが獲得可能!

入会キャンペーンで最大30000マイルを獲得する事が可能です。韓国まで2往復することが出来ますよ!

デルタアメックスゴールドの入会キャンペーン最新情報・カード詳細はコチラで詳しく解説しています。
↓↓

デルタアメックスゴールド入会キャンペーン!最大33000マイル

「入会キャンペーン最新情報が知りたい」 「入会特典マイルのお得な使い方は?」 「ゴールドメダリオン資 ...

続きを見る

「ゴールドメダリオン」資格が取得できる!

ゴールドメダリオンは飛行機の搭乗時などにVIPな優待を受ける事が出来ます。

優先搭乗、優先チェックイン、優先キャンセル待ち、座席無料アップグレード、専用ラウンジ利用、スカイチームラウンジ利用などなど、フライトを優雅にする事が出来ます。

デルタアメックスゴールドの「ゴールドメダリオン特典」やボーナスマイルについて2018年6月26日よりサービス改定が行われました。詳しくはコチラの記事をご覧ください。
↓↓

no image
デルタアメックスゴールドが改悪!ゴールドメダリオンは条件付きに!

デルタアメックスゴールドは2018年6月26日よりサービスの改定が行われます。 これまでデルタアメッ ...

続きを見る

なんと言っても「ゴールドメダリオン資格」が付帯している所です。通常でゴールドメダリオンになるには年間50000マイル、60区間フライトが条件となっていますので、そう考えると年会費26000円(税金)のデルタアメックスゴールドで資格が取得できるのはかなりお得です。デルタ航空やスカイチーム所属航空会社で優雅にフライトを楽しむことが出来ます。

公式サイトはこちらから
↓↓

4社のマイルを同時に貯められる1枚

ここまで4社それぞれのマイルを貯めやすいクレジットカードを紹介してきましたが、4社のマイルを1枚で同時に貯められるクレジットカードもあるんです。

厳密に言うと、ポイントで交換出来るマイルに上記の4社が全て入っているという事なのですが、これならポイントを貯めてからどのマイルにするか考える事が出来ます。

ANAとJALを同時に貯められる(どちらにも交換出来る)クレジットカードは貴重で、無い事は無いですが還元率1%以上の条件を加えるとこの1枚しかありません。

このカードなら後からどのマイルにするか決められるので、その時に1番最適なマイルを選択出来ますよ!

↓↓

SPGアメックス

ちなみにSPGアメックスは航空会社系のクレジットカードではありませんので、マイルを貯めるクレジットカードではありません。

SPGとはスターウッドプリファードゲストの略で、高級ホテルグループの名称です。高級ホテルのサービスを利用出来るカードです。

現在はマリオット、リッツカールトンなどと統合して「マリオットインターナショナル」となって世界1位の巨大ホテルグループになっています。SPGアメックスはマリオットの系列ホテルで優遇を受けられたり、上級会員資格を取得出来るカードなんです。

しかしマイル還元率が非常に高いので、マイルを貯めるカードとしても使えるという感じです。

SPGアメックスのポイントで交換出来るマイルは40社以上

JAL、ANA、スカイマイル、マイレージプラスを含む40社以上のマイルと基本3ポイント(100円)=1マイルで交換出来ます。

SPGアメックス基本情報

スターウッドプリファードゲスト・アメリカンエキスプレスカード
年会費 31000円(税別)
家族カード年会費 15500円(税別)
ETCカード年会費 無料(新規発行手数料850円(税別))
基本還元率 1%
マイル還元率 1.25%
海外旅行保険 最高1億円(疾病治療費用最高300万円)
国内旅行保険 最高5000万円

年会費は31000円(税別)とかなり高額になっていますが、マイル還元率が高くて高級ホテルの様々な特典があるので、ピッタリとハマる方には最高です。

SPGアメックスの特徴・おすすめポイント

  • グループホテルで1ドル3ポイント
  • 複数社のマイルと等価交換出来る(基本3P=1マイル)
  • 1回で60000ポイント以上をマイルに交換するとボーナス5000マイルが貰える(マイル還元率1.25%)
  • 高級ホテルグループの上級会員になれる(SPGグループゴールド会員、マリオット、リッツカールトンなど)
  • 毎年カード継続でグループのホテル1泊分の無料宿泊券
  • アメックスゴールドの優待を利用
  • 海外旅行保険最高1億円
  • 入会キャンペーン特典で大量のポイントが獲得可能

入会キャンペーンで大量のポイント獲得可能!

SPGアメックスの入会キャンペーン最新情報はコチラの記事がおすすめです。
↓↓

SPGアメックス入会キャンペーン2019年5月版!39000ポイント獲得可能!

「SPGアメックスの入会キャンペーンは簡単に獲得出来る?」 「33000ポイントのお得な利用方法は? ...

続きを見る

マイレージプラスはレートが落ちる

ANA、JAL、スカイマイルなどと1P=1マイルで交換出来ますが、マイレージプラスは2P=1マイルのレートになるので効率が悪くなります。マイレージプラスへの交換はお勧めできませんが、選択肢としてあるのはいいですね

ボーナス5000マイルが激アツ!

1回で60000ポイント以上をマイルに交換するとボーナス5000マイルが貰えるので、マイル還元率が1.25%に上がります。

ホテルの上級会員資格が素晴らしい

上級会員資格は無料アップグレードやアーリーチェックイン、レイトチェックアウトなどの優待サービスを受ける事が出来ます。

なんと言ってもポイントをANA、JAL、スカイマイル、マイレージプラスを含む40社以上のマイルと交換できるのが素晴らしいところで、マイル還元率も1.25%と最高クラスです。しかも高級ホテルの上級会員資格も取得できるので、マイルを貯めて旅行に出掛けるのにこれ以上最高のカードは無いんじゃないでしょうか。

優待・特典はアメックスゴールドとほぼ同等で、手厚い内容になっているので旅行関連サービスや空港サービスも充実しています。

公式サイトはこちらから
↓↓

SPG

まとめ

今回紹介したクレジットカードは、どれも各社の陸マイルを貯める上で最強クラスのカードばかりです。

まずはどのマイルが自分に最適化を見極めて、今回紹介したカードで陸マイラーデビューをしてハワイを目指し始めましょう!

マイルの選択に迷っている方はコチラの記事もおすすめです。

↓↓

陸マイラー初心者必見!最短でハワイに行ける方法とおすすめのマイルは?

「陸マイラーがハワイまでのマイルを効率的に貯める方法は?」 「陸マイラー初心者におすすめのマイルは? ...

続きを見る

アドセンス

アドセンス

-ANAマイル, JALマイル, クレジットカード, デルタスカイマイル, マイル, マイレージプラス
-,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.