クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード メインカードサブカード

メインカードはこれで決まり!利用額別クレジットカードおすすめ6選

投稿日:

「メインカードはどうやって決めればいいの?」

今まで「入会キャンペーン目的」や「なんとなくお得そう」な理由でクレジットカードをたくさん作ったけど、いまいち使いこなせていない方は多いのではないでしょうか。

メインカードの選び方は年間利用額によっても異なりますが、還元率が1.0%以上で、貯めたポイントが使いやすければ後悔することはありません。

しかし、将来的にゴールドやプラチナカードを目指したい方は、メインカードは選びは限られてきます。

そこで今回は、クレジットカード情報サイトを毎日チェックして最新情報を仕入れている筆者が、メインカードの選び方とメインにおすすめなクレジットカードを紹介します。

この記事でこれが分かる!

  • メインのクレジットカードの選び方
  • メインにおすすめなクレジットカード

これを読めばクレジットカードをお得に使いこなせるようになりますよ!

クレジットカードは使い分けるのが絶対にお得

クレジットカードの理想的な使い方は複数枚をシーン別に使い分けるのが最もお得になります。

多くの方が日々いろいろなお店を利用すると思いますが、だいたいそれぞれでお得なクレジットカードが存在します。

例えば分かりやすい例だと、ネット通販で楽天市場とヤフーショッピングを利用していたとしたら、それぞれの運営会社はクレジットカードも発行していますので、それを利用した方が絶対にお得になります。

もし楽天市場で買い物をするのにヤフーカードで決済をしていたらかなりポイントを損する事になってしまうのでこれは避けたいですね。他にもこのような形になる場面は結構多くあります。

このようにシーン別にお得になるクレジットカードを使い分けるのが理想的な使い方です。

メインカードとサブカードの違い

メインカードとサブカードの違いは利用の仕方に違いがあります。ザックリ言うとこのようになります。

  • メインカード➡幅広く使う、高還元率
  • サブカード➡限定的に使う、特定のシーンで高還元率

基本的な支払いはメインカードを使って、自分が良く使うお店やサービスはお得になるクレジットカードをサブカードとして使うイメージになります。

メインに選ぶクレジットカードの特徴

メインカードはどんなクレジットカードが良いのでしょうか?冒頭でもお話ししたようにクレジットカードの特徴はオールマイティに使える万能型カードと、特定のシーンでお得になるカードの2パターンがあります。

メインカードはやはりオールマイティに使える万能型クレジットカードがおすすめです。

ではオールマイティな万能型クレジットカードはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

どこで使ってもポイント還元率が高い

クレジットカードで支払う最大のメリットはやはりポイントが貯まる事で、ポイントはクレジットカードによって還元率が変わりますので、高ければ高いほどお得になります。

メインで使うクレジットカードは1番利用頻度が高いので、どこで使ってもポイント還元率が高いカードを選ぶとお得になります。

良くあるのは特定のお店で還元率が高くなるパターンがありますが、そうではなくてどこで使っても還元率が高い事がメインカードの条件です。

ポイント還元率の高さ以外にも、どんなポイントが貯まるかも重要です。

利便性の高いポイントが貯まる

メインカードは最も多くの決済に使う事になりますので、決済額も多くなって1番ポイントが貯まるカードになります。

しかしポイントはいくら貯まっても何かに交換しなければその価値を受け取る事は出来ませんので、メインカードで貯めるポイントは使い道が豊富で利便性が高い事が重要です。

利用額に充当出来る

貯まったポイントはカード利用額に充当できるクレジットカードもあります。

カード利用額に充当出来るのは現金割引と同じ事なので最も理想的な使い方です。利便性で言うとこれ以上ないほど高いと言えますね。

利便性の高いポイントと還元率は親和性あり

利便性が高いポイントと言えば代表的なのは楽天ポイント、Pontaポイント、Tポイントなどがありますが、これらのポイントが貯まるクレジットカードは例外なく高還元率でもあります。利便性の高さと還元率には親和性がありますね。

インビテーションカードを目指すなら選べない

これはちょっと例外の話になってしまいますが、もしプラチナカードやブラックカードなどのインビテーションカードを目指したいと思っているなら、上記でお伝えしたようなメインクレジットカードの特徴を持っているクレジットカードを選ぶ事はできず、インビテーションカードの下位カードを無条件でメインカードとして使わなければなりません。

現状でインビテーションが必要なカードだとアメックスブラック、ラグジュアリーカード・ゴールド、ダイナースプレミアム、JCBザ・クラスなどがあります。

インビテーションを貰うには下位カードで十分な実績を作らなければならないので、下位カードがあまりお得とは言えなくてもメインカードとして使う必要があります。

サブカードは必要無し

インビテーションを狙っていくなら下位カードをメインとして使い、基本的にサブカードは必要ありません。

なぜならカードによってはインビテーションに必要な基準として、年間で2~300万円が必要とも言われていますので、全ての支払いを下位カード1枚に集約しなければインビテーションに届かないからです。

年間利用額によってメインカードを選ぶのがおすすめ!

今回はメインカードの選び方をテーマにしていますが、そうは言ってもクレジットカードは人によって月の利用限度額が全然違いますので、メインカードにする基準もちょっと違ってきます。

利用額が多い人は年収が高かったり、地位が高い人の可能性が大きいですよね。

このような方の場合、例えば飛行機に乗ったり海外に行く機会が多かったり、高級レストランで会食したりする機会も多くなる傾向にあります。

そして空港ラウンジやレストラン優待特典などは年会費が少し高めのクレジットカードに付帯していることが多いです。

そうなると月の利用額が多い人は年会費が高めのクレジットカードをメインカードに選択した方が良いと言えます。

逆に月の利用額が一般的な普通のサラリーマンの方などは年会費が高めのクレジットカードをメインにするのはちょっともったいない気がします。

このように年間でいくらくらい使うかで、メインカードの選び方を考えると、最適なクレジットカードを見つけやすくなるのでおすすめの選び方です。

という事で今回は利用額別にメインカードにおすすめなクレジットカードを紹介していきます。

年間利用額が100万円未満におすすめのメインカード

よほど大きな買い物でもしていない限り、多くの人はこの100万円以下にあてはまるのではないでしょうか。

月の利用額で言うと約80000円以下の金額になります。

毎月これくらいの利用金額という事は、主に携帯代や公共料金の支払いやネット通販の利用代金支払いなどが中心になっているのではないかと思います。

という事は年会費が高額なクレジットカードをメインカードにするにはちょっともったいないかなと思います。

ですので年会費無料でなおかつポイント還元率が高いクレジットカードがおすすめですね。

楽天カード

本会員年会費:無料

家族カード年会費:無料

年間利用額が100万円未満の方のメインカードにおすすめな理由

年会費無料の高還元率カードと言えばこれですよね。どこで使ってもポイント還元率が1%で、貯まる楽天ポイントも色々な所で使えるので使い道に困りません。

特に年間利用額に関わらずメインカードにおすすめな1枚です。

楽天カードの基本情報

入会資格 ◦18歳以上の方(学生可)
ETCカード年会費 ◦500円(税別)
※楽天ポイント会員ランクがプラチナ以上で無料
限度額 ◦10万円~100万円(審査次第です)
ポイント還元率 ◦基本1%~(1ポイント1円相当)
※月の合計利用額に対して100円ごとに1ポイント
※楽天市場の利用は3%~
ポイント有効期限 ◦1年間(期間内にポイント加算で更新)
海外旅行保険
(利用付帯)
◦死亡・後遺障害:最高2000万円
◦傷害・疾病治療費用は200万円
※家族特約なし
ショッピング保険 ◦なし

ETCカード年会費が無料じゃないので注意が必要です。

楽天カードの特典・特徴

  • どこで使っても還元率1%(100円で1ポイント)
  • 楽天市場で還元率3%~13%
  • 楽天関連サービスの利用がお得
  • 楽天ポイントは利便性が高い
  • お得な入会キャンペーンを随時開催中

入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

楽天カード入会キャンペーン2019年最新版!8000ポイントはいつ?

「入会キャンペーンはいつがお得なの?」 「8000ポイントはいつ?」 楽天カードは常に入会キャンペー ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

REXカード

本会員年会費:無料

家族カード年会費:無料

年間利用額が100万円未満の方のメインカードにおすすめな理由

年会費無料のクレジットカードの中では1.25%は最高のポイント還元率を誇ります。これと言った特典はありませんが、とにかく高還元率なのでメインカードにするにはもってこいの1枚です。

REXカードの基本情報

入会資格 ◦ 18歳以上の方(高校生を除く学生可)
ETCカード年会費 ◦無料(発行手数料も無料)
限度額 ◦10万円~100万円(審査次第です)
ポイント還元率 ◦基本1.25%~(1ポイント1.25円相当)
※月の合計利用額に対して2000円ごとに25ポイント
ポイント有効期限 ◦2年間
海外旅行保険
(自動付帯)
◦死亡・後遺障害:最高2000万円
◦傷害・疾病治療費用は200万円
※家族特約無し
※自動付帯
ショッピング保険 ◦ネットでの不正利用補償

REXカードの特典・特徴

  • ポイントをカード利用額に充当できる
  • 年会費無料で海外・国内旅行保険が自動付帯
  • J'sコンシェルでAmazonギフト券が2%off
  • お得な入会キャンペーンを随時開催中

入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

REX(レックス)カード入会キャンペーンは最大5000円相当!最新完全版!

REXカードは現在、5000円相当のキャッシュバックを受けられる入会キャンペーンと、グーグルPayの ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

年間利用額が100万円~150万円未満におすすめのメインカード

年間100万円~150万円未満は月に約80000円~12万円なので、それなりに使う時もあったり使わない時もあったりという所でしょうか。

少ないわけでもなく、めちゃくちゃ多いわけでもありませんね。これくらいの利用額なら年会費無料よりもワンランク上のゴールドカードをメインにするのがおすすめです。

ゴールドカードの中でもあまり年会費が高くない格安年会費のゴールドカードがあります。そこまで高級な特典は無いのですが、ちょっとした国内旅行などで使えるような空港ラウンジ特典があったり、ポイント還元率が高くなったりしますのでちょうど100万円~150万円未満の層にピッタリです。

楽天ゴールドカード

本会員年会費:2000円(税別)

家族カード年会費:500円(税別)

年間利用額が100万円~150万円未満の方のメインカードにおすすめな理由

楽天市場の利用では楽天ゴールドカードは楽天カードよりもポイントが多くなります。

ネット通販は楽天市場をメインにして楽天ゴールドカードを利用すればより効率的にポイントを稼げます。

通常時もポイント還元率が1%で使えるし、空港ラウンジ特典もあります。150万円未満の方にちょうど良い内容に仕上がっているのでメインカードにおすすめです。

楽天ゴールドカードの基本情報

入会資格 ◦20歳以上で本人に安定した収入がある方
ETCカード年会費 ◦無料
限度額 ◦10万円~200万円(審査次第です)
ポイント還元率 ◦基本1%~(1ポイント1円相当)
※月の合計利用額に対して100円ごとに1ポイント
※楽天市場の利用は5%~
ポイント有効期限 ◦1年間(期間内にポイント加算で更新)
海外旅行保険
(利用付帯)
◦死亡・後遺障害:最高2000万円
◦傷害・疾病治療費用は200万円
※家族特約なし
ショッピング保険 ◦なし

楽天カードはETCカード年会費が有料なのがネックでしたが、楽天ゴールドは無料となっています。

楽天ゴールドカードの特典・特徴

  • 楽天市場で還元率が5%以上
  • ETCカードが年会費無料
  • 国内主要空港・ハワイの空港ラウンジ利用可能(年に2回まで)
  • ハワイのラウンジが利用可能
  • お得な入会キャンペーンを随時開催中

入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

楽天ゴールド入会キャンペーン最新2019年版!最大13000ポイント

「キャンペーン特典は簡単に獲得出来るの?」 「ポイントが1番お得になるのはいつなの?」 楽天ゴールド ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールド

本会員年会費:1806円(税別)

家族カード年会費:無料

年間利用額が100万円~150万円未満の方のメインカードにおすすめな理由

年会費無料の高還元率カードと言えばこれですよね。どこで使ってもポイント還元率が1%で、貯まる楽天ポイントも色々な所で使えるので使い道に困りません。

特に年間利用額に関わらずメインカードにおすすめな1枚です。オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールド

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドの基本情報

入会資格 ◦原則として年齢20歳以上で安定した収入がある方
ETCカード年会費 ◦無料(新規発行手数料も無料)
限度額 ◦10万円~200万円(審査次第です)
ポイント還元率 ◦通常1%(100円で1円還元)
(月の合計利用額に対して100円で1ポイント付与)
※入会後6ヶ月間は2%
※OUICPay・iD利用は0.5%のボーナスポイント
ポイント有効期限 ◦1年間
海外旅行保険
(自動付帯)
◦死亡後遺障害:最高2000万円
◦傷害・疾病治療費用:最高200万円
※家族特約なし
ショッピング保険 ◦年間最高100万円(国内外対象)

ポイント有効期限が1年しかないのは少し厳しいですね。

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールドの特典・特徴

  • 入会後6ヶ月は還元率2%
  • iD・QUICPay利用で0.5%のボーナスポイント
  • ポイント交換先が豊富(リアルタイムで交換可能)
  • 福利厚生サービス「Orico Club Off」が利用出来る
  • お得な入会キャンペーン特典がある

ApplePayの利用(QUICPay)は還元率1.5%になるという事ですね。

入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

オリコのクレジットカードの魅力は?ポイントの貯めやすさ使いやすさ抜群

「オリコのクレジットカードってどんな魅力があるの?」 「ポイントが貯まりやすいって本当?」 オリコは ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

年間利用額が200万円以上におすすめのメインカード

年間200万円以上となると、月に16万円以上は利用している計算です。月平均で16万円以上も利用するのはそんなに簡単な事じゃないので、ある程度高年収の方だと判断出来ます。

先にもお話しましたが、高年収の方なら年会費がそれなりに高いクレジットカードの方が消費パターンにマッチした特典が付いている事が多いのでおすすめです。

SPGアメックス

本会員年会費:31000円(税別)

家族カード年会費:15500円(税別)

年間利用額が200万円以上の方のメインカードにおすすめな理由

年間200万円以上も決済される方は旅行や出張で飛行機に乗ったりホテルに泊まる事も多いのではないでしょうか。SPGアメックスは特にその2つの分野でお得な特典が多くて、なおかつどこで使ってもポイント還元率が1%以上で、マイル還元率は1.25%にもなります。しかもJALマイルとANAマイルに交換する事が出来るのも素晴らしいです。

年間200万円以上も使うような方に嬉しい特典が満載なので、メインカードにおすすめです。

ただし年会費の高さはネックですね。31000円(税別)はちょっと躊躇してしまうかもしれませんが、使いこなせば元は簡単に取れますよ。

SPGアメックスの基本情報

入会資格 ◦20歳以上で安定した継続収入のある方
家族カード年会費 ◦15500円(税別)
ETCカード年会費 ◦無料(発行手数料850円(税別))
限度額 ◦一律の限度額なし
ポイント還元率 ◦基本1%~
●会計毎100円ごとに3ポイント(3ポイントで1円相当)
ポイント有効期限 ◦2年間(1度でもポイント付与があれば更新されるので実質無期限)
海外旅行保険
(自動付帯)
◦死亡・後遺障害:最高5000万円(利用付帯なら1億円)
※傷害・疾病治療費用は200万円(利用付帯なら300万円)
※家族特約あり
ショッピング保険 ◦年間最高500万円(国内外対象)

海外旅行保険は自動付帯と利用付帯で補償内容が変わります。

SPGアメックスの特典・特徴

  • マリオットのゴールドエリート会員資格(本会員のみ)
  • JAL・ANAマイルが1.25%で貯まる
  • カード更新で世界中のSPGグループホテルで使える無料宿泊券が貰える
  • 空港ラウンジ利用可能(同伴者1名無料)
  • 手荷物無料宅配
  • 空港サービスが充実(空港パーキング優待、クロークサービスなど)
  • 海外旅行保険に家族特約あり
  • 海外で24時間365日サポート(オーバーシーズアシスト)
  • インビテーションカードのアメックスブラックを目指す実績となる
  • お得な入会キャンペーンを随時開催中

入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

SPGアメックス入会キャンペーン最新版!39000ポイント獲得可能!

「SPGアメックスの入会キャンペーンは簡単に獲得出来る?」 「33000ポイントのお得な利用方法は? ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

SPG

ダイナース

本会員年会費:22000円(税別)

家族カード年会費:5000円(税別)

年間利用額が200万円以上の方のメインカードにおすすめな理由

年間200万円以上も決済される方は旅行や出張で飛行機に乗ったり高級レストランで会食をする機会が多いと予想できます。ダイナースは特にダイニング関連の優待が充実していて、マイルも貯めやすいクレジットカードです。

年間200万円以上も使うような方なら十分に使いこなせて年会費以上の価値を受けられますので、メインカードにおすすめです。

年会費は22000円(税別)と安くはないですが、ダイニング特典などを上手に使えばそれだけで元が取れるレベルに充実していますよ。

ダイナースの基本情報

入会資格 ◦27歳以上の方
家族カード年会費 ◦5000円(税別)
ETCカード年会費 ◦無料(発行手数料も無料)
限度額 ◦一律の制限なし
ポイント還元率 ◦基本0.4%~
●会計毎100円ごとに1ポイント(1ポイントで0.4~1円相当)
※マイルは1ポイント=1マイル(還元率1%)で「ダイナースグローバルマイレージ」加入が必要(年会費6000円税別)
ポイント有効期限 ◦無期限
海外旅行保険
(自動付帯)
◦死亡・後遺障害:最高5000万円(利用付帯なら1億円)
※傷害・疾病治療費用は300万円
※家族特約なし
ショッピング保険 ◦年間最高500万円(国内外対象)

マイルへの交換は還元率1%と高くなりますが、年会費6000円(税別)のグローバルマイレージへの加入が必要になります。

ダイナースの特典・特徴

  • 追加でMastercardが発行出来る
  • マイル還元率が1%(100円で1マイル)
  • サインレススタイル(レストランで決済をしずに退店出来る)
  • 高級レストランが1名分無料
  • 国内・海外主要空港のラウンジを利用可能
  • 手荷物無料宅配(帰国時のみ)
  • インビテーションカードのダイナースプレミアムを目指す実績となる
  • お得な入会キャンペーンを随時開催中

ダイナースは長らく使いにくいと言われ続けてきましたが、Mastercardブランドのプラチナカードを追加カードで発行出来るようになったので、決済で困る事はほとんど無くなりました。

ダイナースコンパニオンカードの詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

ダイナース・コンパニオンカードを徹底解説!プラチナカードの実力あり

「ダイナース・コンパニオンカードって何?」 「どんな特典があるの?」 ダイナースは追加カードとしてダ ...

続きを見る

入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

ダイナースの入会キャンペーン最新は最大30000ポイントプレゼント!

「入会キャンペーン最新情報が知りたい」 「特典は簡単に獲得出来る?」 Mastercardのプラチナ ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

クレジットカードは何枚くらい持つのがベストなのか

何枚がベストとかは特にありません。人によっては10枚~20枚も持っている人も居ます。

それぞれしっかりと使い道があって、年会費を払っていたとしてもそれ以上の価値があると感じられていれば問題ないですよね。

重要なのは無駄な年会費を払っていないかどうかです。それが無ければ何枚でも問題無いです。

まとめ

メインカードの選び方やおすすめのクレジットカードを紹介しました。

クレジットカードはおおまかに2つの特徴に分かれます。

  • どこで使ってもお得なオールマイティ万能型
  • 特定のシーンでお得な特化型

この2種類をシーンごとに使い分けると最大限お得に出来ます。

今回はメインカードがテーマですが、メインカードはどこで使ってもお得なクレジットカードを選んで、後は自分の消費パターンでお得になるクレジットカードをサブカードにすると良いです。

クレジットカードは決済機能以外にも特典や保険などが付いていて、そこの充実度によって年会費は変わります。

年会費が高ければ高いほど高所得者を対象にした特典が多くなっているので、そのような方は年会費が高いカードをメインカードにするのがおすすめです。

  • 年会費無料➡全ての人が対象
  • 年会費が高い➡高所得者が対象(年間利用額が多い)

つまり年間利用額によってメインカードにするべきカードは変わるという事です。

年間利用額別のおすすめクレジットカード

100万円以下

楽天カード

REXカード

100万円~150万円以下

楽天ゴールドカード

オリコカード・ザ・ポイント・プレミアム・ゴールド

200万円以上

SPGアメックス

ダイナース

 

どのカードも通常時の利用でも普通にお得に使えますのでメインカードにするのに問題はありません。あとは年会費が発生するなら、特典や保険などが自分にとって価値があるかどうかで選択するようにしましょう。

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, メインカードサブカード
-

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.