クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード ステータスが高い プラチナカード

ラグジュアリーカード・ブラック完全ガイド!審査難易度や特典を解説

更新日:

「ラグジュアリーカード・ブラックってどんなカード?」

「審査難易度はどうなの?」

「ステータスは高い?」

Mastercard Black card(以下、ラグジュアリーカード・ブラック)は、ラグジュアリーカード・チタンの上位カードで、年会費がチタンの倍の10万円(税別)となり、ポイント還元率、優待・特典などがパワーアップした仕上がりとなっています。

ご覧のように「BLACK CARD」と分かり易く券面に表記されている事から、知らない人が見たら、クレジットカードの最高ステータス「ブラックカード」であると認識すると思います。※さらに上位カードにゴールドがあります。

マットブラックに仕上げられた金属のデザインが何とも言えない高級感をもたらしていて、一目で「レベルの高いカード!」だという事がわかります。

今回はラグジュアリーカード・ブラックの全容を解説していきますので、検討中の方は参考にして頂ければと思います。

ラグジュアリーカード・ブラック公式サイト

ラグジュアリーカード・ブラックがおすすめな人は?

ラグジュアリーカード・ブラックがおすすめな人は以下の特徴の方です。

  • 野心のある方
  • カードを見せて「ドヤ顔」をしたい方
  • 承認欲求が強い方(他人に認められたい)
  • 見栄っ張りな方(お金持ちと思われたい)
  • 会社経営者など地位の高い人
  • ブラックカードホルダーだと思われたい方
  • Mastercardワールドエリートのサービスを受けたい方

筆者が何も知らない店員だったとして、このカードを渡されたらちょっと驚きますね!「何者?」って思うでしょうね。

ラグジュアリーカードブラックはやはり人に見られてナンボです。人に見られて優越感を味わいたいと思う方などはピッタリのカードですね。

ラグジュアリーブラックのステータス

ラグジュアリーカード・ブラックは実際のブラックカードとは異なり、事実上はプラチナカードクラスになります。デザインがブラックを基調としているので名前に「ブラックカード」という名前になっているだけです。

ただプラチナカードの中でもかなりレベルが高いのでステータスは高いですね。

年会費はチタンカードの倍の10万円(税別)

実際に、優待・特典が豊富で、年会費も10万円(税別)とラグジュアリーチタンの倍の年会費で、他社のプラチナカード以上となっています。

ターゲット層は高年収の方や経営者

年会費を考えると、ターゲットは富裕層や年収が高めの方なのは間違いありません。

カードの優待・特典は一般のクレジットカードには無い上質なサービスが多くて、下位カードのラグジュアリーチタンよりもさらに特典が増えています

それと、日本で初の「Mastercardワールドエリート」が採用されているクレジットカードというのも、ステータスの高さを証明するひとつの要素となります。

Mastercard最上位ステータス「ワールドエリート」とは?

ワールドエリートとは、カード会員がいつでも、世界のどこにいても思い出に残る体験をして頂けるよう、お客様のご都合に合わせたサービスを提供します

上記の理念のもと、様々なシーンで充実したサービスを提供してもらえるマスターカードの優待プログラムで、「Taste of Premium」などのサービスプログラムが有名です!(編集後記で解説しています)

審査基準と必要年収はハードルが高め!

ラグジュアリーカードブラックは申し込みが可能ですが、審査基準はかなり高めです。

ブラックを検討中の方は自分でも持てるのかは気になる所だと思いますので、申込資格や審査基準を解説します。

まずは大前提である申込資格です。

申込資格は幅広い

申し込み資格は下位カードのチタンカードと変わりません。「20歳以上(学生を除く)」と非常にシンプルな内容で対象が幅広いですね。

年収や職業などの指定が無いという事で、どんな職業でも、年収が少なくても申込は可能です。

ただブラックの年会費10万円(税別)やサービス内容を考えると高年収な人向けのサービスが多いので、年収が少ない人が申し込むカードでは無いですね。

「学生を除く」という文言があるので、収入の低い学生は最初から対象外にしていますし、何より年会費などを考えると、高年収の人が申込対象であると考えて間違いないですね。

審査基準・難易度はプラチナカードクラス

気になる審査基準ですが、ラグジュアリーブラックのカード内容やライバルを考えると、他社のプラチナカードクラスと同等と推測できます。

ただ最近は各社のプラチナカード審査も、思ったよりも優しくなっているのも事実なのでチャンスは全然あります!

ラグジュアリーブラックのライバルであるアメックスプラチナも現実的に持つ事が出来るかカードになりつつあります。

アメックスプラチナも申込制になって審査ハードルは低くなっている

有名なプラチナカードだと「アメックスプラチナ」が代表的ですよね。昔はインビテーションが無ければ申込めませんでしたが、今では誰でも申し込めるようになっています。

アメックスプラチナは年会費が13万円(税別)もするので、年会費収入を増やすために会員を増やしたいと思っているからだと思われます・・・という事は審査難易度は低くなる方向に行きますよね。

プラチナカードクラスの審査基準とは

プラチナカードと同等クラスの審査基準と考えて、そこを基準目安にすれば良いので、プラチナカードの審査基準を参考程度に紹介します。

プラチナカードの審査基準(目安)

審査では主に職業・勤続年数・年収・支払い遅延の有無などを見られます。

  • 職業は経営者・正社員が望ましいです。(派遣社員やフリーターだと正直厳しいですね。)
  • 勤続年数は長ければ長いだけ安定度が高いと評価されます。最低でも3年以上はあったほうが良いですね。
  • 年収はの目安は400万円~500万円以上です。あくまでも目安なのでそれ以下だと無理という事ではないです。(クレジットカード会社は年収が低ければ限度額を少なくするという調整をしますので、年収はそこまで重要じゃないです。)
  • 過去に支払い遅延が無いのは絶対条件です。(クレヒスが綺麗)

年収は重要じゃないと書きましたが、ラグジュアリーブラックについては年会費の金額も高額なので最低でも350万円以上は無いと厳しいと思います。

一般的なプラチナカードなら、これくらいの属性があれば審査に通ると考えられます。ラグジュアリーブラックもこのくらいが目安と考えてください。

支払い遅延が無ければ、年間200万円前後くらい利用する方でしたら年収400万~600万円のサラリーマンの方でも審査に通過するチャンスは十分ありますね。

発行会社の審査評判はどうか

ラグジュアリーカードは新生銀行グループのアプラスがカード発行会社です。

アプラスと言えばオートローンなどのイメージがありますね。

クレジットカードでは審査は厳しい!などの評判はあまり聞きませんが、信販系になるので優しいとも言えません。

新生銀行といえばカードローンの「レイク」が有名なので、筆者の勝手なイメージですが「フットワークが軽い」イメージはあります。

厳格な銀行と言う感じはしないですね。

とにかくアプラスの審査が厳しいという評判などは特に無いという事ですね。

ラグジュアリーカードブラックの公式サイトはこちら

限度額は多め!人によって変わる

ラグジュアリカード・チタンは「100万円~200万円」の限度額設定となっていますが、ブラックは200万円~300万円の設定になっています。

しかし、チタンでも300万円になった方も居ますので、結局はその人の信用度次第という所でしょうか。

あくまでも設定というだけですね。

ブラックの上位カードであるゴールドは300万円以上の設定となっていて、インビテーション制(招待制)となっていますので、人によって限度額は変わると思います。

限度額を求めるなら他社のプラチナカードでもっと高い設定の物はありますが、300万円あれば十分な金額ですよね・・・

還元率は1.25%と高還元率

いくら「節約カードじゃない」と言っても、今どきのクレジットカードなのでポイント還元率は重要ですよね。

ラグジュアリーカード・ゴールドのポイント還元率は以下の通りです。

  • 通常最高1.25%
    ◦通常1000円で2ポイント(還元率1%)
    ◦プラスで利用明細ごとに2000円で1ポイント(還元率0.25%)
    ➡合計1.25%
    ※1ポイントの価値は5円
    ポイントは月間利用金額の1000円ごとに付与
クレジットカードの還元率は「1%あれば優秀」といわれていますので、1.25%は高還元率カードと言えます。

ポイントのお得な貯め方

ステータスカードとは言え、やはりポイントはお得に貯めたいですよね!

ラグジュアリーカードは、ポイントを効率良くお得に貯める方法がいくつかありますので解説します。

ネットショップでボーナスポイント!

ラグジュアリーカード・ブラックは、ポイントアップサイトの「アプラスモール」を経由してヤフーショッピング、楽天市場などのネットショップを利用すると、ポイントが最大30倍貯まります。

  • 【ヤフーショッピング】:ポイント2倍
  • 【楽天市場】:ポイント2倍

その他、様々なジャンルのショップ利用でポイントアップ出来ます。

上記のポイントは、ラグジュアリーカード利用分のポイントの倍率で、ショップ独自のポイントは別に貯まります。

「ポイント倍率1倍」という表記は、「ポイントアップは無い」という意味で、通常のカード利用ポイントのみとなります。(Amazonがそうなっています)

倍率は1回の購入で1000円(税別)(送料別)につき1ポイント(0.5%)の還元率を基準に計算されています。

ただ単に、アプラスモールから「このショップを利用する」と言うボタンを押して各ネットショップサイトを開くだけなので、とても簡単だし、どうせならポイントアップした方がお得です。

ポイントにプラスでマイル獲得

北米など海外への旅行や出張の際に、対象の加盟店で「Mastercardトラベルリワード」に登録したラグジュアリーカードを利用すると、ボーナスJALマイルが200円で1マイル貯まります。

北米の主要空港内のDFS、スターバックス、小売店、飲食店、レストランなど合計3000店舗が対象。

アジア、太平洋地域でも順次拡大の予定となっています。

ボーナスマイルはラグジュアリーカードの通常ポイントとは別に貯まります。

ポイントのお得な使い方

せっかく貯めたポイントなので、どうせならお得に利用したいところです。

一番お得にポイントを利用出来るのは
↓↓

「フィラディスワインお買い物券」への交換

ポイントの価値が最大になるのはペトリュス、クリュッグなどの人気プレミアムワインが購入できる「フィラディスワインお買い物券」への交換で、1000ポイント=11000円分お買い物券と交換出来ます。

1ポイントの価値が5円なので、1000ポイントだと5000円ですが、11000円分のお買い物券に交換出来るので1ポイントの価値が11円になります。

ポイント交換は「フィラディスワインお買い物券」への交換が断然お得になりますが、お酒を飲まない方には無縁ですから、それならキャッシュバックがおすすめです。

利便性ならキャッシュバック!

その他のポイント利用方法は、キャッシュバック、ギフト券への交換、マイルへの交換が出来ます。

交換先 レート 還元率
キャッシュバック 200ポイント=1000円分 1.25%
Amazonギフト券 600ポイント=3000円分 1.25%
JCBギフトカード 650ポイント=3000円分 1.2%
ANAマイル(移行手数料無料) 1ポイント=3マイル 0.75%
JALマイル(移行手数料無料) 1ポイント=3マイル 0.75%

基本的な還元率は1.25%となっており、キャッシュバックが200ポイントからなので一番利用しやすいですね。

マイルは移行手数料無料で0.75%なので悪くないですね。

ちなみにマイル移行上限ですが、ANAマイルはポイント交換に上限ありませんが、JALマイルは年間15000ポイントが上限です。

キャッシュバックは利用金額からマイナスになりますので、一番分かり易いし、使いやすいです。「フィラディスワインお買い物券」以外ならキャッシュバックがお得です。

ポイント有効期限は5年と長い

ポイントの有効期限は最大で5年間となりますので、ポイントを失効してしまうリスクは限りなく少ないと言えます。

短いと1年しかないポイントプログラムもありますので良心的ですね。

ラグジュアリーカード・ブラックの優待・特典・保険

ラグジュアリーカード・ブラックの優待・特典・保険を解説します。

カード機能は、年会費の大半を占める要素となっていますので、年会費に見合っているかどうかを判断する参考にして頂ければと思います。

コンシェルジュサービス

ラグジュアリーカードは「Luxury Card Concierge」なるコンシェルジュサービスが受けられます。(チタン・ブラック・ゴールド共通)

国内外問わず、24時間365日体制で国内外のネットワークと知識を兼ね備えたコンサルタントが要望に応えてくれます。

旅行の手配、レストランの手配、ワインの選定、ギフト・プレゼント手配・相談、ゴルフの予約、チケット手配、海外商品の購入代行などのサポートが受けられます。

上記以外の要望でも、相談すれば最大限の対応はしてくれると思います。

Mastercardのワールドエリートによる優待

Mastercardの最上位ステータス「ワールドエリート」が採用されたクレジットカードは、ラグジュアリーカードが日本初で、ワールドエリートの贅沢過ぎる優待が付帯しています。

ワールドエリートの特典はチタン・ブラック・ゴールド共通です。

ワールドマスターカード限定特典

「ワールドマスターカード」はダイニング、トラベルなどの優待から、ゴルフ場の予約やプライベートジェットの手配などのサービスを受ける事が出来るプログラムです。

一部を紹介します。

お出迎えサービス

出発時のお出迎え、空港でのチェックインカウンターへの案内、搭乗ゲートまでの案内などのサービスを受ける事が出来ます。

空港送迎サービス

自宅や規定内の指定場所から空港までの送迎を優待料金にて利用する事が出来ます。(成田、羽田、中部、関空などが対象)

ダイニング関連優待

日本国内、世界中のお店でウェルカムドリンクサービス、シャンパンボトルサービス、飲食代割引、バースデーケーキプレゼント、特別ディナーコースの提供などなど、気の利いたサービスを受ける事が出来ます。

トラベル関連優待

日本国内、世界中のホテル等で優先予約、無料アップグレード、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、VIPアメニティサービス、朝食サービス、ウェルカムドリンクサービス、インターネットアクセス無料、空港からの送迎、サービス料金割引などなど、嬉しいサービスを受ける事が出来ます。

「Taste of Premium」

「Taste of Premium」とは、トラベル&ダイニングやその他様々な優待を受ける事が出来るプログラムで、「ワールドマスターカード」と似た内容も多いですが、空港クロークやWi-Fiレンタル優待など使える特典も豊富です。

一部を紹介します。

Taste of PremiumダイニングBY招待日和

全国200店以上の有名レストランにて、2名以上で所定のコースを注文すると1名分が無料になります。「Taste of Premium」はマスターカードのステータスによる優待ですが、ラグジュアリーカードの優待で「ラグジュアリーダイニング」という同じ内容の優待もありますので、2回利用出来ますね!

国際線手荷物無料宅配

出発・帰国時の手荷物を無料で2個宅配してもらえます。

ヘリクルーズ優待

東京上空をクルーズ出来ます。特別な時間を演出するのに使えますね

海外用Wi-Fiレンタルサービス

Wi-Fi通信料15%オフになります。

空港クロークサービス

乗継便の待ち時間などに無料で手荷物を預かってもらえるサービスや、日本が冬で、渡航先が夏の場合に、不要なコートを預かってもらえるサービスです。1着10%オフ~

一部だけを紹介しましたが、その他ホテル関連、ゴルフ関連などの優待が満載となっています。ラグジュアリーカードの優待特典と同じような内容の物も多いですが、2回使える事になるので良いですね。
ワールドエリートの特典はだいたいこのような感じになっていますが、「これでもか!」ってほどにダイニング&トラベル関連の優待が充実していますね!さすがはMastercardの最上級ステータス特典です。

ラグジュアリーカードの特典

ラグジュアリーカードホルダーは、カードランクに関係なく、新生銀行のエリート会員資格「新生プラチナ」の資格が付与されます。

通常で「新生プラチナ」になるには、以下の条件が必要です。

  • 「預入総資産の月間平均残高2000万円以上」
  • 「所定の投資商品の月間平均残高が300万円以上」
  • 「新生プラチナ」のメリットは、他行宛の振込手数料が10回まで無料に、海外送金手数料も月1回まで無料となります。
  • 海外送金は数千円程度の手数料がかかりますので、利用する事がある方はお得ですね。
預け入れている総資産が2000万円以上なんて、普通の人にはなかなか難しい条件ですが、ラグジュアリーカードに入会すれば特典で資格を獲得出来ます。

トラベル(旅行)&ホテル関連の優待特典

ステイタスカードと言えば、やっぱりこの「トラベル関連優待」は充実の内容になっている事が多いですが・・・

ラグジュアリーカード・チタンもかなり充実していますが、ブラックはどうでしょうか?

以下が主な優待内容です。

チタンカードには無い、ブラックだけの優待・特典は★が付いています。

VIP HOTEL&TRAVEL(グローバルラグジュアリーホテル)

世界中の一流ホテルにてお部屋のアップグレードやその他様々な優待を受ける事が出来ます。

提携ホテルはマンダリンオリエンタルホテル、ペニンシュラ、ウォルドーフアストリアホテル、コンラッド、セントレジス、ラグジュアリーコレクション、Wホテル、シックスセンシズなど

日本国内では「熱海ふふ」「箱根翠松園」でお部屋アップグレード、厳選ボトルワインを提供してもらえます。

CLASS ONE

「CLASS ONE」はHISの会員制ビジネスクラス、ファーストクラスの専門旅行代理店で、ラグジュアリーカード会員は無条件で入会できます。

限定の特別なツアーなどが用意されており、優待を受ける事が出来ます。

The Ryokan Collection

日本を代表する旅館、小規模ホテルで日本固有のおもてなし文化を味わう事が出来る優待を受ける事が出来ます。

Luxury Lounge(ラグジュアリーラウンジ)

会員のための特別な空間として会員専用ラウンジを利用する事が出来ます。

現在はニューヨークにあり、今後は世界主要都市に展開予定となっています。

トラベル&ホテル関連特典は以上です。ここはブラックカードとチタンに差はありません。それでも十分充実していますので、宿泊先をお得に探す事に困る事は無いでしょうし、コンシェルジュに依頼をすれば手間も省けます。これを機にまだ行ったことの無いホテルや旅館に泊まってみるのも面白いですよね?

ダイニング(食事)関連の優待特典

ステイタスカードと言えば、トラベル関連以外にも「ダイニング関連優待」は期待が持てる部分です。

もちろん!ブラックカードはその期待を裏切りません!!

以下が主な優待内容です。

チタンカードには無いブラックだけの特典は★が付いています。

ラグジュアリーアップグレード

ラグジュアリーカードが厳選した人気レストランでコース料理のアップグレードや会員限定の優待を受けられます。

ラグジュアリーダイニング

厳選された全国約200店舗で、所定のコースを2名以上で予約すると1名分が無料になります。

ゴールド、プラチナクラスのカードによく付帯している優待特典ですね。

ラグジュアリーグローバルダイニング

世界約18ヵ国、400以上の人気レストランで会員限定の優待を受けられます。希望をコンシェルジュに伝えれば予約も簡単!

カフェ・ワインバー優待

ワインの販売会社「Pieroth(ピーロート)」が運営する全国のワールドワインBARや、都内を中心に展開しているカフェ「Sign」でグラス1杯無料などの優待を受けられます。

★Luxury Table(ラグジュアリーテーブル)

日本を代表する予約困難な名店や隠れた名店で、会員専用の席を確保してもらえます。

★Luxury Limousine(ラグジュアリーリムジン)

ラグジュアリーテーブルを利用すると、東京23区内の指定場所からラグジュアリーテーブルで予約のお店まで「Tesla Model S」などのリムジンで送迎してもらえます。

★Luxury Social Hour(ラグジュアリーソーシャルアワー)

ラグジュアリーホテルにて会員限定のテイスティングイベントを定期的に開催しており、会食前にワインやシャンパンのテイスティングを楽しめます。

以上がブラックのダイニング関連優待となります。1名分が無料になるラグジュアリーダイニングは大人気の優待特典です。 所定のコースが条件なので、コース料理のクオリティを心配する声もありますが、まったく心配する必要が無いハイクオリティな料理を堪能できますよ!

空港関連の優待・特典

ステイタスカードと言えば、トラベル(旅行)関連が充実していますので、空港関連の優待もお手の物です!

旅行と言えば空港の利用がつきもので、空港では出来るだけ快適に過ごしたいので、空港サービスは充実させたいところです。

ラグジュアリーカード・ブラックは空港サービスも行き届いたサービスが満載です!

チタンカードには無いブラックだけの特典は★が付いています。

プライオリティパスのプレステージ会員

プライオリティパスは、「プライオリティパス」と言う会社が世界中の1000ヶ所以上の空港ラウンジと利用提携を結んでいて、航空会社や搭乗クラスに関係なく予約無しで利用する事が出来る会員パスの事です。

通常だと以下の条件が入会の資格になります。

会員ランク 年会費 利用料
スタンダード 99ドル 32ドル
スタンダードプラス 299ドル 年間10回まで無料、11回目から27ドル
プレステージ 429ドル 無料

利用は本会員のみで、同伴者はすべて27ドルの料金が必要です。

ラグジュアリーカードブラックは最高ランクのプレステージ会員なので、普通なら429ドルの年会費を支払わなければなりません。

429ドルと言ったら、1ドル110円の場合は47190円となりますので、かなり高いですね・・・

利用料の32ドルも、1ドル110円だと3520円です。同伴者の1回の利用料も決して安くは無いですね・・・

ラグジュアリーカードブラックの年会費は10万円(税別)なので、この特典だけでも年会費半分近くの価値があることになりますね。

基本的にプライオリティパスは海外の空港ラウンジが対象ですが、国内の空港でも国際線の制限エリア内でなら利用する事が出来ます。

出国の際の待ち時間を優雅に過ごすことも出来ます。

詳細はこちらの記事を参照してください。
↓↓

プライオリティパスは国内で使えるの?1番お得に入会する方法は?

「プライオリティパスって国内の空港でも使えるの?」 「どうやって作るの?」 「お得な作り方が知りたい ...

続きを見る

国内外空港ラウンジ無料&同伴者1名無料(日本、韓国、ハワイ)

日本国内の主要空港と、韓国、ハワイの空港ラウンジを無料で利用出来て、同伴者も1名までは利用料が無料です。

他のカードだと「本会員のみ無料」という条件が多いので、同伴者も無料と言うのは嬉しい特典ですね。

国際線手荷物無料宅配

世界中の現地ホテルに予めスーツケース、ゴルフバックを発送してもらえます。

現地でホテルに荷物を預ける手間がなくなり、空港からそのまま観光に出掛ける事が出来ます。

空港リムジン・トラベルクレジット

コンシェルジュを通して一定金額以上の旅行商品を購入すると、空港リムジンサービスまたは次回の旅行商品予約時に利用出来るトラベルクレジットが貰えます。

★ハワイアン航空の上級会員資格

ラグジュアリーカード・ブラックはハワイアン航空の上級会員資格である「Pualani Gold」のステータスを得られます。通常なら2万マイルor30区間搭乗がじょうけんとなっている資格です。

「Pualani Gold」の特典を一部紹介します。

  • 座席の無料アップグレード
  • 手荷物2個まで無料
  • 手荷物優先受取
  • ボーナスマイル50%
  • 優先搭乗サービス
  • 優先セキュリティチェック
  • ファーストクラス専用チェックインカウンター利用(ハワイの空港)
  • 優先予約

などです。

日本から直行便が出ているのは新千歳、成田、羽田、関空です。中部からは出ていません・・・・

2018年3月よりJALとの提携が開始されるので、マイルの相互利用などが出来るようになります。

空港関連の優待・特典は以上です。これだけの特典が揃っていれば、空港では快適に過ごす事が出来ますね。

エンタメ関連の優待・特典

いまいち使えない優待ばかりのカードもある中で、ラグジュアリーカード・ブラックのエンタメ優待はどうなのか?

チタンカードには無いブラックだけの特典は★が付いています。

★TOHOシネマズ優待(ブラックは月2回無料)

全国のTOHOシネマズで毎月2回無料で映画を鑑賞できます。

コンシェルジュサービスに依頼すれば席の予約も手配してもらえます。

家事代行サービス

家事代行サービスのパイオニア、ミニメイドサービスを会員優待特典付きで利用出来ます。

プライベートジム優待

日本を代表するトレーナー・中野ジェームズ修一監修の会員制ジム「Club100」に会員限定の優待プログラムで参加可能

現役のモデルコンペティターが指導する、短期間で理想の身体を目指す「ACE GYM」に特別優待プログラムで参加可能

国内外有名ゴルフ場手配

国内名門コースからアメリカTPCのプライベートコース、クラブ会員以外は通常ではラウンド不可の名門コースも予約出来ます。

スーパーカー体験イベント優待

フェラーリなどのスーパーカーのドライブ体験イベントを提供する「TOKYO SUPERCARS」を会員優待価格で利用できます。

HAIR&MAKE EARTH

全国に220以上のサロンを展開する美容室EARTHにてブロースタイル、アップスタイル、ヘッドスパなどを優待価格で利用できます。

★Medical Clinic Access(メディカルクリニックアクセス)

人間ドックの優待割引価格の適用施設、PET検診の施設の紹介・予約を代行してもらえます。

★名医紹介サービス

全国の名医を探して紹介してくれるサービスです。

★名医紹介サービス「クリンタル」

「クリンタル」とは、各疾患における全国の名医の非公開情報を提供しているサイトで、無料にて利用する事が出来ます。

名医の選定は全国の専門医が行っていますので、医師が名医を探してくれます。

エンタメ優待特典は以上です。映画が2回無料、スーパーカー体験イベントなど、使えそうなものが多くて嬉しいですね! 他社のステイタスカードの優待特典は、意外と使えそうなものが少ないので、個人的には嬉しい特典だと思いました。

旅行保険・ショッピング保険など

クレジットカードで、意外と手を抜かれるのが保険関係です。

ラグジュアリーカード・ブラックの保険関係を解説します。

チタンと共通の内容となっています。

海外旅行保険が自動付帯!家族も対象に

ラグジュアリーカード・ブラックの海外旅行保険は本会員・家族会員以外にも家族も補償対象となります。

自動付帯なのでカードを持っているだけで保険対象になります。

死亡・後遺障害 最高1億円
傷害・疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高1億円
救援者費用 最高500万円
携行品損害 年間100万円

家族は死亡後遺障害が最高1000万円で、他は同様の補償となります。

死亡後遺障害は1億円と充実していますが、実際に使う事はほとんど無く、使う可能性があるのは傷害・疾病治療費用(病気やケガの治療費)となりますが、最高200万円という事で少々不安な金額です。

海外での医療費は高額になる事が多く、最低300万円は確保しておきたいですね。

傷害・疾病治療費用は増やせる

傷害・疾病治療費用は他のカードの傷害・疾病治療費用と合算する事が出来ますので、もう一枚自動付帯のカードを持っておくと安心できますね。

おすすめはエポスカードやレックスカードがおすすめです。

国内旅行保険は利用付帯

国内旅行保険は残念ながら本人のみの補償となります。

利用付帯なので、旅費や交通費などをラグジュアリーカードで決済すれば保険対象になります。

死亡・後遺障害 最高1億円
入院保険 日額5000円
通院保険 日額3000円

利用付帯ですが充実した内容となっています。家族は対象になりませんので注意が必要です。

航空機遅延保険

これは、航空機遅延によってホテルに泊まらなければならなくなった場合に、その宿泊費や食事代などを最高で4万円補償してもらえる保険です。

欠航、運休、搭乗不能などで補償してもらえます。

この保険は、多くのカードだと海外のみが対象となりますが、ラグジュアリーカード・ブラックは国内でも補償対象となります。

ショッピング保険

ラグジュアリーカード・ブラックで購入した商品が偶然による事故などで破損、または盗難に合った場合に、購入日から90日以内なら被害額の一部または全額を年間最高300万円まで補償してもらえます。

カード不正使用被害補償制度

カード不正使用被害にあった場合は、被害額の一部または全額を補償してもらえます。

さすがにステータスカードだけあって、各種保険も充実の内容となっていますね。

ラグジュアリーカード・ブラック公式サイト

ブラックの利便性は?重さは?

ラグジュアリーカードは金属で出来ていますので、実際に持ってみると重量感があります。

アメックスのブラックカードの追加カードに、素材自体がチタンのカードがある事は有名で、その影響もあってか、ラグジュアリーカードにも「チタン」という名前が付いているので素材がチタンだと思われている方も多いですが、ラグジュアリーカードの素材は24金、ステンレス、カーボンです。

ATMなどの機械の利用は大丈夫?

もちろん、ラグジュアリーカードはATMでも問題なく使えますし、店舗のカードリーダーや精算機などでも使う事が出来ます。

しかし、もし詰まってしまったたら?と考えてしまうのでコインパーキングの精算機では使うのにちょっと躊躇してしまいますね・・・

ちなみに、素材がチタンだとATMでは使う事が出来ないようなので、アメックスブラックのチタンカードはATMは使えません。

ビジネスカードもある

法人代表者、個人事業主の方は引き落とし口座に事業用口座を設定したカードを発行することも出来ます。(追加カードではありませんので同様の年会費がかかります)

経費管理の効率化をする事が出来て、ポイントも貯まるので、経費支払いでポイントを稼ぐことも出来ます。

個人用のカードとポイントを合算する事が出来ます。

また、ラグジュアリーカード・ブラックは、その洗練されたデザインとステイタスもあり、さらに券面に「BLACK CARD」と書かれているので、ビジネスシーンでも相手へ好印象、安心感を与える事が出来ます。

ビジネスカードについてはコチラの記事をご覧ください。
↓↓

ラグジュアリーカードに法人カードが登場!メリット・デメリットを解説

「ラグジュアリー法人カードはどんなカードなの?」 「個人用カードとの違いやメリット・デメリットが知り ...

続きを見る

ブラックのメリット

ラグジュアリーカード・ブラックのメリットをまとめます。

ステイタスの高さ

  • 金属製でマットブラック加工を施した斬新なデザインと高級感
  • 他人からの羨望の眼差し
  • ブラックカードホルダーだと思われる
  • レジ定員の反応を観察できる

還元率が最大で1.25%に!

通常で1.25%は素晴しいです!

mastercardの最上級ランク「ワールドエリート」

  • 「ワールドマスターカード」限定特典でトラベル&ダイニング優待
  • 「Taste of Premium」特典でトラベル&ダイニング優待

24時間365日対応のコンシェルジュサービス

ホテル優待&ダイニング優待が特に充実

空港関連サービスの充実

  • プライオリティパス
  • 空港ラウンジ
  • 手荷物無料配達など
  • ハワイアン航空上級会員資格

最高1億円と安心の国内外旅行保険

映画が2回無料、スーパーカー体験イベント、名医紹介などの特典

チタンカードの内容に、さらに贅沢なサービスが増えているので、さらに充実していてメリット満載です!

ブラックのデメリット

ラグジュアリーカード・ブラックのデメリットは・・・やはり年会費じゃないでしょうか・・・

年会費が高額

年会費は10万円(税別)なので、かなり高いです・・・

ワンランク下のチタンカードは5万円(税別)なので、倍の年会費となっています。

「ラグジュアリーカード・ブラック」という名前で、富裕層をターゲットにしたカードなので、逆に年会費が格安だったらそれはそれで価値も下がってしまいますので妥当な金額だと思います。

ブラックの基本情報

ラグジュアリーカード・ブラックの基本情報は以下の通りです。

マットブラックがカッコイイですよね!

  Mastercard Black card(ラグジュアリーカード・ブラック)
年会費  10万円(税別)
家族カード 25000円(税別)
ETCカード年会費  無料
限度額 200万円~300万円
ポイント還元率 最大1.25%
ポイント有効期限  最大5年間
マイル還元率 0.75%
海外旅行保険  最高1億円(自動付帯)
国内旅行保険  最高1億円(利用付帯)
ショッピング保険  年間最高300万円
電子マネー

QUICPay(ApplePay対応)、Suica

QUICPay、Suica利用分やSuicaチャージ分もポイント付与対象

ApplePayも対応しており、QUICPayの利用分もポイントが付与されます。

海外旅行保険は家族会員だけではなくて本会員の家族も対象になります。(死亡・後遺障害は最高1000万円)

まとめ

ラグジュアリーカード・ブラックはカード素材に24金、ステンレス、カーボンなどを採用して、39個もの特許技術が用いられた高級感、デザイン性の高さを持ったカードで、マットブラックの加工が施された金属製の券面はとにかくかっこいいです。

チタンカードの倍の年会費になりますが、それは「ポイント還元率」「ダイニング優待のパワーアップ」「ハワイアン航空の上級会員資格」「エンタメ優待のパワーアップ」が年会費を倍にしています。

しかし、チタンよりもステータスの高さを感じさせる券面デザインになっていますし、他人へ与えるインパクトは年会費以上の価値があります。他人からの視線は快感の一言に尽きますよ!

この機会にラグジュアリーカード・ブラックを持って、わざと他人に見せて「ドヤ顔」をして楽しんでみてはいかがでしょうか?

ラグジュアリーカード・ブラック公式サイト

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, ステータスが高い, プラチナカード
-

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.