クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード 海外旅行保険

海外旅行保険の傷害・疾病治療補償が手厚いクレジットカードを徹底比較

更新日:

「海外旅行保険の傷害・疾病治療費用が手厚いクレジットカードが知りたい!」

「傷害・疾病治療費用の補償額を上乗せする方法はあるの?」

海外旅行において最も多いトラブルはケガ、病気などで、

もし現地で治療を受ける事になった場合、海外の医療費は高額になるので海外旅行保険の「傷害・疾病治療費用」はとても重要で、使う可能性が1番高い保険です。

しかし、何も調べずに適当なクレジットカードの海外旅行保険を使っていると、補償額が全然足りずに大金を自腹で払うことになって後悔するなんて事も・・・

そこで今回は、傷害・疾病治療費用が手厚いクレジットカードを比較しながら、補償額を上乗せする方法についても解説します。

これであなたも完璧に備える事が出来ますよ!

目 次

海外の医療費は高い!海外旅行保険は「傷害・疾病治療費用」で選ぼう!

海外では日本の公的医療保険を使う事ができませんので、基本的にすべて実費となり、日本で病院に行くくらいの感覚(3割負担)で治療を受けると驚くような金額の請求をされてしまいます。

以下は海外の医療機関で治療を受けた時の事例です。

事故例 請求額
ハワイ旅行中、腹痛を訴えて急性虫垂炎で3日間入院・手術を受けた。 355万円
ハワイ旅行中、会談で足を踏み外して転倒、ろっ骨を骨折して救急車で搬送されて手術を受けた。 315万円
イタリア旅行中バスルームで滑って転倒、ろっ骨などを骨折して11日間入院して家族が駆け付けて医療搬送。 513万円

なかなかの金額ですよね・・・これが自己負担だったらかなり痛いですよね。

このように、3割負担の日本では考えられないようなとんでもない金額が請求されることになりかねません。

特に医療費が高いと言われているアメリカでは、個人で破産した人の破産理由で1番多いのは医療費と言われているくらいです。

本当に何が起こるかわかりませんし、自分の身に起こる可能性は十分にあり得ます。

「傷害・疾病治療費用」で利用率は50%以上

環境の良い日本とは違って、海外では食中毒などは本当に良くある事で、病院に行く機会は多くなります。

その証拠に、海外旅行保険の補償項目の利用率を見てみると、傷害・疾病治療費用が50%以上とダントツに多く、その次に多いのが携行品損害で30%以上となっています。

その次は救援者支援で10%以上となっており、重病で入院したりすれば当然家族が訪れたりする事になります。

傷害・疾病治療費用と関連してくる補償項目なので利用率は多少高くなってきます。

他は賠償責任が1%程度でほとんど使われていませんし、傷害死亡・後遺障害は1%以下の利用率で「その他」という扱いになるほど利用歴が無い項目となっています。

しかし!傷害死亡・後遺障害は1%以下の利用率で「その他」扱いとなっているにも関わらず・・・↓↓

クレジットカードの海外旅行保険の表示は「傷害死亡・後遺障害」の補償額

「海外旅行保険が最高3000万円」などと書いてあるのを見たことがあると思いますが、クレジットカードの海外旅行保険金額の表示は使う可能性が1番低い「傷害死亡・後遺障害」の金額が表示されています。

そのような表記をパッと見ただけで安心していると後々後悔する事になりかねません!1番使う可能性が高くて補償金額を気にしなければいけないのは傷害・疾病治療費用なのです。

キャッシュレス診療に対応しているか?も重要

キャッシュレス診療とは治療費の請求を保険会社に直接してもらう方法の事です。

一昔前は治療費を先に自分が立て替えて、後から保険会社に申請をして保険金を貰うという流れが一般的でした。

今はクレジットカード会社の海外サポート窓口に電話をして、キャッシュレス診療が可能な病院を紹介してもらえばその手間がありませんし、建て替えるお金を用意する必要もありませんので非常に便利です。

しかし、まだまだキャッシュレス診療に対応していないクレジットカードもありますので、対応済のクレジットカードを選ぶ事は必須と言えますね。

キャッシュレス診療に対応済のクレジットカード

JCBカード、楽天カード、ライフカード、三井住友カード、セゾンカード、エポスカード、MUFGカード、JALカード

キャッシュレス診療に対応していないクレジットカード

オリコカード、アプラス、ビューカード、dカード、ANAカード、アメックスの普通ランクカード(ゴールドと名前に付かないカード)

先に自分で建て替えるのは大変ですし、何と言っても手続きがメンドクサイので、キャッシュレス診療は必須ですね!

【超重要】クレジットカードの海外旅行保険は条件がある!自動付帯と利用付帯の違い

クレジットカードの海外旅行保険には補償適用に条件があります。なかでも重要なのは「自動付帯」と「利用付帯」です。これはかなり大事な事なのでよく理解しておく必要があります。

自動付帯とは?

自動付帯とは、クレジットカードを持っているだけで補償対象になるという条件で「そのクレジットカードを持っていれば自動的に保険が付帯しますよ」という意味になります。

クレジットカードの海外旅行保険適用条件としては1番最高の条件となりますので、出来れば自動付帯となっているクレジットカードを持つのが理想的です。

利用付帯とは?

利用付帯は自動付帯の反対で、クレジットカードを旅費の支払いなどに利用したら補償対象になるという条件です。

例えばツアー代金や航空券代など、その旅行に関係する支払いにクレジットカードを利用する必要があります。

利用付帯条件を満たす支払い分については各クレジットカードで定められていますが、だいたいはツアー代金や航空券代などが一般的です。

利用付帯条件を満たす為に事前に調べてクレジットカードで支払うようにするなどの気を使う必要があるので少しメンドクサイしややこしいです。

しかし、利用付帯は補償額が高くなるクレジットカードも多いので、そこはメリットとなります。

家族も対象!「家族特約」もある

海外旅行は何も大人だけで出かけるわけではありませんよね?当然家族で出かける事もありますので子供が行く事もあると思います。

子供に海外旅行保険は必要なの?

これは普通に考えると絶対に必要ですよね!

なぜなら子供の方が免疫が弱いので体調を崩したり、思わぬ行動をしてケガをしたりする可能性が高いからです。

子供でも医療日は実費となりますので思わぬ出費となってしまいます。

そうなると傷害・疾病治療費用は子供の分も入っておいた方が良いですよね。

しかし、子供の分まで保険をかけていたら出費はドンドン増えてしまいますが、掛けないわけにはいきません。

そんな時は「家族特約」のある海外旅行保険が付帯したクレジットカードを選ぶと子供の分まで備える事が出来ます。

家族特約はある程度年会費が高いゴールドカードの海外旅行保険に付帯してきます!

傷害・疾病治療費用は合算出来て上乗せが可能!

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の傷害・疾病治療費用の補償額は、だいたい最高100万円~200万円くらいで、年会費が高いゴールドカードなどでも300万円くらいが一般的です。

しかし正直なところ、200~300万円程度では何かあった場合にかなり不安があります。

上記でも紹介しましたが、海外の医療機関で治療を受けるとかなり高額の治療費を請求されることになりますし、入院や緊急手術を必要とするような事態になれば簡単に400~600万円くらいの請求を受ける事も珍しくありません。

そうなると、もしクレジットカードの海外旅行保険に入っていたとしても200~300万円では全然足りないので自己負担分が多くなってしまいます・・・

やっぱり保険会社で直接海外旅行保険に入った方が良いのか・・・なんて思ってしまいますよね!

しかし安心してください!こんな方法で対策する事が出来ますよ!
↓↓

クレジットカードを2枚持ちすれば2枚分の治療費に出来る!

例えば傷害・疾病治療費用が最高300万円のクレジットカードを2枚持っていたら、2枚の補償額を合算出来るので最高600万円の傷害・疾病治療費用補償をうけることが出来ます。

600万円あれば上記の事例のような状況があっても補償で切り抜ける事が出来ます。

例えば年会費無料で自動付帯のクレジットカードを複数枚持っていれば全部の傷害・疾病治療費用補償額を合算出来るので、無料で高額の保険を備えておくことが出来ますね。

傷害死亡・後遺障害は合算出来ない!

傷害・疾病治療費用はh化の保険と合算する事が出来ますが、傷害死亡・後遺障害の項目は他の保険と合算する事が出来ません!

傷害死亡・後遺障害の場合は1番高い補償額の保険のみが適用されます。

傷害死亡・後遺障害を使う事はほとんど無いと思いますので大丈夫かと思います。

クレジットカードの海外旅行保険は何回でも使える!

海外旅行保険は帰国した時点でリセットされて、同年内にまた海外旅行保険に行く事になっても同じように補償を受ける事が出来ます。

海外に多く行けば行くほどお得です。もし年に複数回海外に行くような方の場合は、少し年会費の高いクレジットカードを選んで補償額を高くしておいても良いと思います。

また、そのようなカードの場合は空港ラウンジや空港サービスも手厚くなっている事が多いので、そうゆう点でもお得です。

 

それでは、ここまで解説してきた重要な条件を満たしているおすすめのクレジットカードを比較していきます。

傷害・疾病治療費用が手厚い!年会費無料で自動付帯のクレジットカード

年会費が無料で自動付帯なので、作って持っているだけで無料で保険対象になります。

この条件のクレジットカードは傷害・疾病治療費用の補償額を上乗せするためにも使う事が出来ます!もちろんこの条件のカードを1枚持っておくだけでもいくらかは安心です!

エポスカード

 

海外旅行保険の内容(補償期間90日間・キャッシュレス診療あり)

保険種類 補償額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害・疾病治療費用 最高200~270万円
賠償責任 最高2000万円
携行品損害 期間中の限度額20万円
(自己負担3000円)
救援者費用 最高100万円

傷害・疾病治療費用の最高金額は1事故・病気あたりの金額です。

仮にもし、90日間の間に2回事故があって治療を受けた場合は最高400~540万円になります。

エポスカード海外旅行保険のおすすめな使い方

  • 海外旅行保険のあるクレジットカードを持っていないので、とりあえず持っておいて安心したい方
  • 現在、他社のクレジットカードの海外旅行保険を使っていて、傷害・疾病治療費用などの補償額を上乗せしたい方

エポスカードの「海外旅行で使える」おすすめポイント

  • 海外旅行保険が自動付帯(傷害・疾病治療費用が最高270万円)
  • 即日発行が可能なので海外旅行前の急なタイミングでも作れる
  • エポスポイントは、エポスVISAプリペイドカードに1ポイント1円としてチャージ出来るので全世界でポイントが使える
  • 国際ブランドがVISAなので、全世界どこでも使える
  • 海外キャッシング利用可能
「年会費無料」「海外旅行保険自動付帯」「傷害・疾病治療費用が最高270万円」という素晴らしい内容のクレジットカードです。海外旅行直前でも即日発行が可能なので、海外旅行保険の準備が出来ていない方、補償額の上乗せがしたい方は作っといて損は無いですよ!(※即日発行はマルイなどのエポスカードセンターで可能ですが、基本的に関東圏にあるのがほとんど)海外旅行に行く人は絶対に持っておいて損はないですよ!

現在、エポスカードはお得な入会キャンペーンを開催中です!

無料で海外旅行保険に加入出来て、さらに特典が貰えるのはかなりお得です!

エポスカードの入会キャンペーン詳細はコチラをご覧ください!
↓↓

エポスカード入会キャンペーン最新情報!2019年5月版

「入会キャンペーン最新情報が知りたい!」 「特典は簡単に獲得出来るの?」 エポスカードは入会キャンペ ...

続きを見る

エポスカード基本情報

  • 年会費無料
  • 家族カード無し
  • ETCカード年会費・発行手数料無料
  • ポイント還元率0.5%(利用毎に200円で1ポイント付与、1ポイントの価値は1円)
  • ポイント有効期限2年
即日発行が可能なのは嬉しいですね!

公式サイトはコチラ
↓↓
エポスカード公式サイト

REXカード(レックスカード)

 

海外旅行保険の内容(補償期間90日間・キャッシュレス診療あり)

保険種類 補償額
傷害死亡・後遺障害 最高2000万円
傷害・疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2000万円
携行品損害 期間中の限度額20万円
(自己負担3000円) 
救援者費用 最高200万円 

傷害・疾病治療費用の最高金額は1事故・病気あたりの金額です。

仮にもし、90日間の間に2回事故があって治療を受けた場合は最高400万円になります。

傷害治療費用は事故日から180日以内に治療を受けた場合との条件になっています。

REXカード海外旅行保険のおすすめな使い方

  • 海外旅行保険のあるクレジットカードを持っていないので、とりあえず持っておいて安心したい方
  • 現在、他社のクレジットカードの海外旅行保険を使っていて、傷害・疾病治療費用などの補償額を上乗せしたい方

REXカードの「海外旅行で使える」おすすめポイント

  • 海外旅行保険が自動付帯(傷害・疾病治療費用が最高200万円)
  • 緊急医療アシスタンスサービスでいつでも日本語でサポートが受けられます(通話料無料)
  • 利用で貯まったポイントは、カード利用代金にキャッシュバック出来るので、全世界のどこでも使える事になります。
  • 国際ブランドがVISAなので、全世界どこでも使える
  • 海外キャッシング利用可能
「年会費無料」「海外旅行保険自動付帯」「傷害・疾病治療費用が最高200万円」「ポイント還元率1.25%」という素晴らしい内容のクレジットカードです。海外旅行保険の上乗せの為に作っても、高還元率なので日常の生活でもお得に使えるカードです。

現在、REXカードは入会キャンペーンを開催中です!

無料で海外旅行保険に加入出来て、さらに特典が貰えるのはかなりお得です!

REXカードの入会キャンペーン詳細はコチラをご覧ください!
↓↓

REX(レックス)カード入会キャンペーンは最大5000円相当!最新完全版!

REXカードは現在、5000円相当のキャッシュバックを受けられる入会キャンペーンと、グーグルPayの ...

続きを見る

REXカード基本情報

  • 年会費無料
  • 家族カード年会費無料
  • ETCカード年会費・発行手数料無料
  • ポイント還元率1.25%(月の合計利用額に対して2000円で25ポイント付与)
  • ポイント有効期限2年
年会費無料カードの中では還元率1.25%は最強です!海外旅行保険目的以外でもメインカードとして使えますよ!

公式サイトはコチラ
↓↓

REXカード公式サイト

利用付帯だけど年会費無料で使いやすいクレジットカード

利用付帯になりますが年会費無料です。旅行代などを決済すれば保険対象になります。

そのためには旅行代を払うとポイントが沢山貯まるなどのメリットがあるクレジットカードがベストです!

この条件のクレジットカードは傷害・疾病治療費用の補償額を上乗せするためにも使う事が出来ます!

楽天カード

 

海外旅行保険の内容(補償期間90日間・キャッシュレス診療あり)

保険種類 補償額
傷害死亡・後遺障害  最高2000万円
傷害・疾病治療費用  最高200万円
賠償責任  最高2000万円
携行品損害  年間限度額20万円
(自己負担3000円)
救援者費用  年間限度額200万円

傷害・疾病治療費用の最高金額は1事故・病気あたりの金額です。

仮にもし、90日間の間に2回事故があって治療を受けた場合は最高400万円になります。

楽天カード海外旅行保険のおすすめな使い方

  • 楽天トラベルでツアーを申し込んで楽天カードで支払えば、ポイントが沢山付いて海外旅行保険も有効に出来る!
  • 現在、他社のクレジットカードの海外旅行保険を使っていて、傷害・疾病治療費用などの補償額を上乗せしたい!

楽天カードの「海外旅行で使える」おすすめポイント

  • 海外旅行保険が利用付帯(傷害・疾病治療費用が最高200万円)
  • ハワイのワイキキで楽天カード会員ラウンジ利用可能
  • グアム、サイパンでは「楽天トラベルラウンジ」にて日本語サポートが受けられる
  • 手荷物宅配、コート預りサービス、海外レンタカーなどの優待あり
  • 海外キャッシング利用可能(自動リボにはならなくなりました)

現在、楽天カードは入会キャンペーンを開催中です!

楽天カードの入会キャンペーン詳細はコチラをご覧ください!
↓↓

楽天カード入会キャンペーン2019年最新版!8000ポイントはいつ?

「入会キャンペーンはいつがお得なの?」 「8000ポイントはいつ?」 楽天カードは常に入会キャンペー ...

続きを見る

楽天カード基本情報

  • 年会費無料
  • 家族カード年会費無料
  • ETCカード年会費500円(税別)※無料にする方法あり
  • ポイント還元率1%(会計毎100円で1ポイント付与)
  • ポイント有効期限は増減から1年
年会費無料カードの中では還元率1%はトップクラスです!海外旅行保険目的以外でも楽天市場で還元率4%以上とかなりお得なクレジットカードです。利用付帯ですが、ツアーを楽天トラベルで申し込んで楽天カードで支払えばポイントもゲット出来て海外旅行保険も有効になりますよ!

公式サイトはコチラ
↓↓

楽天カード公式サイト

リクルートカード

 

海外旅行保険の内容(補償期間90日間・キャッシュレス診療あり)

保険種類 補償額
傷害死亡・後遺障害  最高2000万円
傷害・疾病治療費用  最高100万円
賠償責任  最高2000万円
携行品損害  年間限度額20万円
(自己負担3000円)
救援者費用  年間限度額100万円

傷害・疾病治療費用の最高金額は1事故・病気あたりの金額です。

仮にもし、90日間の間に2回事故があって治療を受けた場合は最高200万円になります。

リクルートカード海外旅行保険のおすすめな使い方

  • リクルートカードは国際ブランド別(JCBとVISA/Masterのいずれか)に持つことが出来るので1人で2枚作れるので海外旅行保険を2倍に出来る
  • じゃらんでツアーを申し込んでリクルートカードで支払えば、ポイントが沢山付いて海外旅行保険も有効に出来る!
  • 現在、他社のクレジットカードの海外旅行保険を使っていて、傷害・疾病治療費用などの補償額を上乗せしたい!

リクルートカードの「海外旅行で使える」おすすめポイント

  • 海外旅行保険が利用付帯(傷害・疾病治療費用が最高100万円)
  • 国内・海外問わずショッピング保険が最高200万円
  • 海外キャッシング利用可能
  • JALマイルを貯めるのにも使えるクレジットカード

現在、リクルートカードは入会キャンペーンを開催中です!

リクルートカードの入会キャンペーン詳細はコチラをご覧ください!
↓↓

リクルートカード入会キャンペーン2019年最新は最大10000ポイント

「入会キャンペーンがお得なのはいつ?」 リクルートカードはお得に入会出来るキャンペーンを随時開催して ...

続きを見る

リクルートカード基本情報

  • 年会費無料
  • 家族カード年会費無料
  • ETCカード年会費無料(VISA/Masterは発行手数料1000円(税別))
  • ポイント還元率1.2%(会計毎100円で1ポイント付与)
  • ポイント有効期限は増減から1年(Pontaポイントに相互交換可能)
  • nanaco、楽天Edyチャージでもポイント満額付与
年会費無料カードの中では還元率1.2%はトップクラスです!海外旅行保険目的以外でもホットペッパー、ホットペッパービューティ、じゃらん、ポンパレモール、で還元率3%以上とかなりお得なクレジットカードです。利用付帯ですが、ツアーをじゃらんで申し込んでリクルートカードで支払えばポイントもゲット出来て海外旅行保険も有効に出来ますよ!

公式サイトはコチラ
↓↓

リクルートカード公式サイト

年会費有料だけど「補償が手厚い」「自動付帯」「家族特約あり」のクレジットカード

年会費は少し高くなりますが、とにかく補償額や条件が充実してきます。特に家族特約は本当に助かります。家族旅行のために海外旅行保険を検討している方はこの条件のクレジットカードがおすすめです。

また、特典として空港ラウンジが利用可能、ショッピング保険が手厚くなるなど「海外旅行保険で欲しいと思うオプション」が付いているのも特徴です。

JCBゴールド

 

海外旅行保険の内容(補償期間90日間・キャッシュレス診療あり)

保険種類 補償額 家族特約
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
(利用付帯分が5000万円)
最高1000万円
傷害・疾病治療費用 最高300万円 最高200万円
賠償責任 最高1億円
(利用付帯分が5000万円)
最高2000万円
携行品損害 1旅行/50万円
年間限度額100万円
(自己負担3000円)
1旅行/50万円
年間限度額100万円
(自己負担3000円)
救援者費用 最高400万円 最高200万円

※家族カード会員ももちろん対象です。

傷害・疾病治療費用の最高金額は1事故・病気あたりの金額です。

仮にもし、90日間の間に2回事故があって治療を受けた場合は最高400万円になります。

さすがに充実の内容で文句無しですね!ただひとつだけデメリットがあるのですが、それは家族特約分はキャッシュレス診療が無いと言う所です。これはいたしかたないですね。

JCBゴールド海外旅行保険のおすすめな使い方

  • 家族で旅行に出掛ける方におすすめです。
  • 現在、他社のクレジットカードの海外旅行保険を使っているけど、家族特約が無いし、傷害・疾病治療費用の補償額に不安があるので上乗せしたい。

JCBゴールドの「海外旅行で使える」おすすめポイント

  • 海外旅行保険が自動付帯で家族特約あり(傷害・疾病治療費用が最高300万円)
  • 海外利用はポイント2倍(還元率1%)
  • 国内主要空港、ハワイ、韓国の空港ラウンジ利用可能(同伴者1名無料)
  • 国内・海外問わずにショッピング保険が最高500万円
  • ゴールド会員専用デスクあり
  • 海外キャッシング利用可能

現在、JCBゴールドは入会キャンペーンを開催中です!

JCBゴールドの入会キャンペーン詳細はコチラをご覧ください!
↓↓

JCBゴールド入会キャンペーン最新版!最大10000円相当の特典

「JCBゴールドの入会キャンペーンはお得?」 「キャンペーン特典は何に使えるの?」 JCBゴールドは ...

続きを見る

JCBゴールド基本情報

  • 年会費10000円(税別)※初年度年会費無料
  • 家族カード年会費1000円(税別)※1枚無料
  • ETCカード年会費・発行手数料無料
  • ポイント還元率0.5%(月の合計利用額に対して1000円で1ポイント付与)有名店
  • ポイント有効期限3年
  • 有名店(セブン、Amazonなど)でポイント2~5倍
海外旅行保険は家族カード会員、家族も対象になるなど手厚い内容です。空港ラウンジも使えますし、カード会員一人につき同伴者1名が無料になるので、夫婦+子供2名の計4人が無料で利用できます。また、海外での利用はポイント2倍になりますので海外旅行で真価を発揮するカードです。

公式サイトはコチラ
↓↓

JCBゴールド公式サイト

クレジットカード海外旅行保険の注意点

海外旅行保険の注意点について解説しておきます。

以下はクレジットカードの海外旅行保険に共通している事で、どうしても変える事の出来ない条件です。

病死は補償なし

もし病気で死亡した場合、海外旅行保険(傷害死亡・後遺障害)は適用されません。

もし適用だったら、死亡する前に海外に行けば補償を貰う事が出来てしまいますよね。

さすがにそんなメンドクサイ詐欺をする方は居ないと思いますが、そのような不正を防ぐために適用外となっているようです。

もし病死の場合でも補償を受けたいという事なら、別途で有料の海外旅行保険に入るようにしましょう。

携行品損害は自己負担額が必要

傷害・疾病治療費用の次に使う可能性が高い、持ち物の盗難被害などを補償してもらえる「携行品損害」ですが、こちらは自己負担が必要になります。自己負担額はだいたい3000円となっていて、自己負担が無いクレジットカードは見たことがありません。

ですのでどうしても避けられない部分です。

補償期間は90日間(延長可能)

補償期間が90日間という事は約3ヶ月になりますので、普通に海外旅行に出掛ける分にはまず問題無いと思います。

しかし、海外留学や仕事で長期出張をする場合でクレジットカードの海外旅行保険を使おうと考えている方は注意が必要です。

もし90日間を超えてしまうけど、何とかクレジットカードの海外旅行保険で間に合わせたいと考えている方はこんな方法もありますよ!

利用付帯の海外旅行保険で補償期間を延長する裏ワザ

海外旅行保険が利用付帯となっているクレジットカードで旅費などの保険が有効となる支払いをして補償対象にします。

これで90日間が有効になりますね。そして滞在が90日に到達する直前で渡航先の公共交通機関などの支払いを同じクレジットカードで支払いをすると・・・

60日間延長させることが出来るのです。これで最長150日間(約5ヵ月)の補償を受ける事が出来るようになります。

これは、カードによっては家族特約も適用させることが出来ます。

延長が出来ないクレジットカードもあり!

ちなみに延長が出来ないクレジットカードもあります。例えば日本で一番使われている楽天カードは延長が出来ません。

しかし、楽天カードはしっかりと90日間の補償がありますし、年会費無料カードとしては補償額もしっかりとしているのでおすすめ出来るクレジットカードです。

延長が可能で年会費無料で使えるクレジットカードだと、リクルートカードやJCB CARD Wなどがおすすめです。

家族特約分も延長が可能なクレジットカードだと、アメックス(グリーン)などがおすすめです。

保険会社の有料保険とクレジットカード付帯保険の比較

民間保険会社の有料海外旅行保険とクレジットカードの海外旅行保険の主な違いについてですが、以下の違いがあります。※有料保険の保険額は4000円程度の設定です。

  • 病気での死亡補償
  • 傷害・疾病治療費用の補償額
  • 保険適用期間
違いがある項目 クレジットカード
海外旅行保険
保険会社の
有料海外旅行保険
病気での死亡補償
(傷害死亡・後遺障害)
なし  あり
(最高2000万円)
傷害・疾病治療費用の補償額 最高2~300万円 最高2~3000万円
保険適用期間 90日間 旅行期間中
(最長90日)

傷害・疾病治療費用の補償額の違い

保険会社の有料旅行保険は傷害・疾病治療費用が最高2~3000万円とかなり手厚いですね。これだけあると安心ですが、4000円程度の保険料が必要になります。

年会費無料で傷害・疾病治療費用が最高200万円のクレジットカードを2枚持っておけば、傷害・疾病治療費用は最高4~500万円を無料で用意する事が出来ます。4~500万円あれば基本的には問題ないレベルです!

必要な傷害・疾病治療費用は旅行する国によって決めよう!

上記で傷害・疾病治療費用は4~500万円あれば問題ないといいましたが、それはアジアやヨーロッパ、オーストラリア、グアム、サイパンなどの国で、例えばアメリカ(ハワイ)だと少し不安が残る金額になってしまいます。

アメリカは特に医療費が高いので、600~800万円くらいは準備しておきたいですね。その場合は海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを合計で3枚~4枚くらい用意しておきたいですね。

病気での死亡補償(傷害死亡・後遺障害)の有無

これはクレジットカードの海外旅行保険には付帯していません。

もしこの補償があったら、病死する前に海外に飛んで向こうで死んでしまえば保険金を受け取る事が出来てしまいます。「死ぬ可能性があるような病気の状態で旅行に出掛ける事はない」という前提の保険です。

保険会社の有料保険には補償がありますが、保険に加入する際に病気を患っていないかの確認などがあると思いますので、もし旅行以前から病気だった場合は補償される事はないです。本当に突然の病死のみの補償になると思います。

保険の適用期間の違い

クレジットカードの海外旅行保険は適用期間が90日間となっていますが、保険会社の有料海外旅行保険は旅行期間で契約をします。

しかし、最長で90日間となっていますので保険期間に関してはどちらも差は無いですね。

もし90日以上の補償が欲しい場合は、最大150日まで延長させる方法もありますが、90日以上の補償がある保険に入るのがベストです。

海外旅行保険の種類と役割を知っておこう

海外旅行保険は保険内容が細かく分けられていて、各保険によって補償額が設定されています。

主な保険種類は以下の通りです!

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 傷害・疾病治療費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用

傷害死亡・後遺障害

事故などのケガなどの傷害死亡、または後遺障害が残った場合に補償され、海外旅行保険の中では最高補償額が1番高いです。

しかし、この保険は一番使う可能性が低いので補償が高くなっていると言えます。

一般的に2000~5000万円となっていて、ゴールドカードやカード利用条件によって1億円になる

傷害・疾病治療費用

ケガや病気で医者にかかった際の治療費を補償してもらえます。海外では驚くほど治療費は高くなり、日本で病院に行く感覚だととんでもない事になってしまいかねません。

日本は環境が素晴らしいので、日本人が海外旅行に行くと水や食べ物で食あたりを起こしたり何かとトラブルは付き物です。

傷害・疾病治療費用海外旅行保険の中で最も使う可能性が高いです。

賠償責任

誤って他人の物を壊してしまって損害賠償金を請求されば場合に、それを補償してもらえます。

携行品損害

持ち物が盗難に合ったり、紛失した場合に補償してもらえます。海外では実に盗難被害が多いので「傷害・疾病治療費用」の次に良く使われる保険です。

救援者費用

海外で入院する事になった場合、家族に来てもらう事になりますが、その際の家族の渡航費の補償、他にはチャーター機による医療搬送で帰国する事になった場合の費用などが補償されます。

傷害・疾病治療費用と関連する保険なので重要度は高いです。

「傷害・疾病治療費用」が50%超の利用率でダントツ1位で、その次は盗難被害などを補償してもらえる「携行品損害」が30%、その次が救援者支援が10%となっていて、あとはほとんど使われる事が無いです。ですので海外旅行保険を選ぶなら傷害・疾病治療費用が重要です

まとめ

クレジットカードに付帯している海外旅行保険の「傷害・疾病治療費用」の補償額は、1枚だけだと全然足りない可能性が高いですが、複数枚持っておくと補償額を合算する事が出来るので、補償額を上乗せする事が出来ます。

1枚の補償額が200万円だとしたら、それを3枚持っていれば600万円にすることが出来るので複数枚持つ事がおすすめです。

  • 海外での治療費はかなり高額になる
  • 海外旅行保険を選ぶ時に重要なのは「傷害・疾病治療費用」
  • クレジットカードの海外旅行保険に付帯の「傷害・疾病治療費用」は補償額は少ないが、複数枚を合算できる。
  • 年会費無料、自動付帯、傷害・疾病治療費用が最高200万円という条件のクレジットカードがあるので、それを複数枚持っておけば安心

今回紹介したエポスカード、レックスカードは年会費無料で「傷害・疾病治療費用」が最高200~270万円となっていますので、この2枚を持っておけば最高470万円にする事が出来ます。

更にもう1枚を楽天カードにして、旅行代を払えばもう200万円をプラス出来て最高670万円とすることができます。(楽天トラベルでツアーを申し込んで楽天カードで支払えばポイントもお得)

「家族で旅行に出掛けるので、家族全員の保険を考えている」という方の場合はJCBゴールドがおすすめです。家族特約で家族も補償対象になりますし、自動付帯なので旅行代などを支払って対象条件を満たす必要はありません。

プラスでエポスカード、レックスカードを持っておけば最高ですよ!

海外旅行保険は「傷害・疾病治療費用」が重要ですが、年会費無料、自動付帯、家族特約ありなどの条件のカードを上手く利用すればクレジットカードに付帯している保険で十分にカバーできます。今回紹介しているクレジットカードがおすすめなので、この機会に作ってみてはいかがでしょうか?

年会費無料で傷害・疾病治療費用が手厚い自動付帯のクレジットカード

エポスカード公式サイト

 

REXカード公式サイト

 

利用付帯だけど、年会費無料で傷害・疾病治療費用が手厚い自動付帯のクレジットカード

楽天カード公式サイト

 

年会費は少し高いけど、傷害・疾病治療費用が手厚くて家族特約がある自動付帯のクレジットカード

JCBゴールド公式サイト

 

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, 海外旅行保険
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.