クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

JCBカード クレジットカード クレジットカード会社 審査

JCBカードの審査基準を徹底検証!審査通過率を上げる4つの条件を解説

更新日:

「JCB一般カードの審査基準は厳しいの?」

「審査通過率を上げる方法ってあるの?」

JCB一般カードを作りたいけど審査に自信が無くて躊躇している方は多いです。

それは、ほとんどの人が自分のクレヒスや属性で審査に通るか不安だからという理由ですが、それは審査基準を知って自分のクレヒスと照らし合わせる事で不安を払拭する事が出来ます。

そこで今回は、どうしてもJCB一般カードを作りたい方向けに、審査基準や傾向を徹底的に検証します。

これを読めばJCB一般カード審査についての不安が無くなり、審査通過率を上げる事も出来ますよ!

JCBカード公式サイト

JCBカードの審査基準と傾向を徹底解説

JCB一般カード(以下JCBカード)の審査基準や傾向を解説するにあたって、JCBが「審査基準」を公式に発表していれば良いのですが、残念ながら公表されていません。

ですので申し込み資格などの情報以外は公式の情報ではありませんが、口コミや実績を分析して解説していきます。

申し込み資格は幅広い

JCBカードの申し込み資格は「18歳以上で本人または配偶者に安定した継続収入のある方」となっています。

引用:JCBカード公式サイト

これを見る限りだと、特に職業の指定もありませんので主婦、学生、フリーター、パート、年金受給者など誰でも申し込み資格があると判断出来ますが「安定した継続収入」とあります。

「安定した継続収入」の意味は「正社員」を表していると予想出来ます

審査通過率は正社員が高い!

主婦、学生、フリーター、パート、年金受給者でも申し込み可能ですし、審査にも通る可能性はありますが、やはり「安定した継続収入」があるのは正社員です。

クレジットカードに限らず、ローンなども一緒ですが金融系の審査で最も通りやすい職業は「正社員」です。

JCBはクレジットカード会社の系統では信販系となりますので「信頼度」を重視する傾向にあるため、信頼度なら正社員が1番です。

ただ、あくまでも「正社員がベスト」というだけで、学生、派遣社員、フリーターでも審査に通った実績は多数ありますのでそこまで気にしなくて良いですよ。

必要年収は100万円以上

必要年収ですが、公式の発表は特にありません。

大学生でも申し込み可能という事なので、学生アルバイトの年収はだいたい50万円~100万円くらいだと考えると、最低でも年収50万円以上あれば良いかなと予想できます。

しかし、JCBカードは学生やフリーターが審査落ちしたと言う情報も多く見受けられますので、収入額が重視される傾向にあります。そうなると100万円~150万円あると安心ですね。

JCBは信販系で審査はシビア

JCBは国内発のクレジットカード会社で、世界でも数少ない国際ブランドの1つです。

そんなJCBが自社で発行するクレジットカードの審査は比較的シビアと言われています。

プロパーカードと提携カードは違う

例えば「楽天カードのJCBブランド」を「JCBカード」と言う方は多いですが、それは「楽天カード」であって「JCBカード」ではありません。審査を行うのもJBCではなくて楽天カードです。

「JCBカード」と呼ぶのはJCBが発行しているプロパーカード(正規カード)です。審査を行うのはJCBです。

ちなみにJCBプロパーカードは今回解説しているJCB一般カードを含めて6枚しかありません。

このようにプロパーカードと楽天カードなどの提携カードでは、同じJCBのロゴが右下にあっても審査難易度は全然違います。

クレヒスにキズがあると厳しい

JCBカードの審査ではクレヒスの内容はかなり重要視されますので、キズがあると審査通過は不可能と言って良いでしょう。

JCBカードは他社クレジットカードよりもクレヒスに厳しいと言えます。

クレヒスにキズが付くとは?

「クレヒスにキズが付く」とは、個人信用情報に「異動」という記録が載ってしまう事の言い換えです。

「異動」はあまり聞きなれない言葉だと思いますが、要は「ブラックリスト」の事です。

以下の事があると「異動」が記録されると言われています。

  • 「クレジットカードやローンなどの支払いを3ヵ月以上延滞」
  • 「債務整理・自己破産」

※ちなみに3ヵ月以内の延滞でも「延滞の記録」は付いていますので、クレヒスにキズ(異動)は無いけど「信用が無い状態」に変わりはありません。

個人信用情報の異動記録は5年間保存されますので、5年が過ぎるまではブラックリストとなり、ローンを組んだり、クレジットカードを作る事は不可能になってしまいます。

ちなみにこんな事でもクレヒスにキズが付く事があります。
↓↓

携帯端末ローンの支払い延滞も記録が残る

ちなみに過去に携帯端末の分割払いを滞納したり踏み倒している場合、ローンの支払い延滞になりますのでクレヒスにキズが付いてしまっている可能性があります。

もし心当たりがあるなら一度調べてみた方が良いかもしれませんね。信用情報の開示は1000円でパソコンやスマホから出来ますよ!

クレヒスにキズがあってもクレジットカードが作れるはウソ

クレジットカード情報サイトなどの審査口コミで、よく「クレヒスにキズがある状態で審査に通った」なんて書いてある事がありますが・・・これはあり得ないですね。

クレジットカードは「信用」を元に取引をするもので、クレジットカード会社はユーザーの支払い分を先払いするわけですから、支払い延滞を3ヶ月以上繰り返している人の支払いを先払いしてくれるとは思えません。

もし本当なら、ビックリです!それなら審査においてクレヒスを見る必要は無くなりますね。

本当に作れたのであれば、それはおそらく「キズが付いている」と思っていただけで、実際はキズが付いてなくて、直近の支払い状況が改善していると判断されたからではないでしょうか。

ブラックリストから復帰してもすぐに審査に通るかはわからない

ブラックリストからの復帰は、クレジットカード情報サイトでは「喪明け」なんて表現がされますが、5年が経過すればクレヒスが綺麗になりますのでクレジットカードの審査に通る可能性が出て来ます。

しかしJCBカードの場合、クレヒスが綺麗になってもすぐに審査に通るかはわかりません。

信販系は信用や実績を重視する傾向がありますが、ブラックリスト明けはクレヒスが真っ白になりますので実績を見る事が出来ないため、リスク回避で審査落ちになる事も十分に考えられます。

もしブラックリスト明けの方でしたら、しばらくの間はクレヒスの実績を作る事に注力して、ある程度の実績を作ってからJCBカードに挑戦する事をおすすめします。

  • クレヒスにキズがあると審査通過はほぼ不可能
  • 5年経ってブラックリストじゃなくなったら、まずはクレヒスを磨く

審査に通りやすい!おすすめのクレジットカードはコチラの記事をご覧ください!

審査が優しい?おすすめクレジットカード4選とその理由!

「審査が優しいおすすめクレジットカードは?」 「無職・フリーターでも申込める?」 「他社で審査落ちで ...

続きを見る

JCBカードは「信用」を重視する

JCBカードは「信販系」となりますので、多くの信販系クレジットカードと同様に「信用」が重視されます。

上記で解説したクレヒスが重要視されるのはもちろんですが、現在のクレヒスが綺麗だったとしても過去にJCBの信用を失ってしまっていたら厳しくなります。

過去にJCBカードで失敗している方は要注意

もし、過去にJCBカードを利用した事があって、延滞したり債務整理などをしたことがあると「社内ブラック」となっている可能性があり、審査通過は絶望的になってしまいます。

社内ブラックだとかなり厳しい

社内ブラックとは、クレヒスにキズは無いけどJCBの社内記録に「ブラックリスト客」として登録されてしまっている人の事です。

一般的な「ブラックリスト」とはクレヒスにキズが付く事を言い、「社内ブラック」は社内記録でNG客と登録される事を言います。

「社内ブラック」は過去にJCBカードで延滞などの問題を起こしてしまった場合に「社内ブラック」に登録されてしまいます。

この社内記録は永久的に消えませんので、時間が経ってクレヒスが綺麗になっても、どれだけクレヒスを磨いても、JCBカードを作るのは厳しい状況になってしまいます。

社内記録はクレヒスにキズが付くような延滞じゃなかったとしても記録されている可能性が高いので、過去に失敗があるとマイナスポイントになってしまいます。

ただし、100%通らないとは断言できませんのでどうなるかわかりませんが、心当たりがある方は覚悟した方が良いでしょう。

クレヒス(個人信用情報)が綺麗でも、「社内記録」に過去の失敗が記録されていたら厳しくなる

スーパーホワイトは大丈夫か?

「スーパーホワイト」とは、クレジットカードやローンの利用履歴が無い人の事を指す業界用語で、履歴が無いのでクレヒスが真っ白である事からこのように呼ばれています。

最近はネットショッピングなどでクレジットカードが必要になったり、クレジットカードがお得な状況が多くなってきている事もあり、これまで現金主義だった「スーパーホワイト」の方のクレジットカード申し込みが多くなってきています。

ブラックリスト明けの人もクレヒスが真っ新になるのでこのスーパーホワイトに該当します。

スーパーホワイトの審査は慎重になる

延滞歴も無いし他社借入も無いわけですから優良顧客のように思いますが、実はスーパーホワイトの方の審査はクレジットカード会社も慎重になります。

なぜなら審査はクレヒスで信用度を判断しますが、それが無いので判断材料に困るからです。

そうなるとクレジットカード会社の最終判断は「リスク回避」となってしまい、審査に落とすと言う選択になってしまうのです。

先ほど話した「ブラックリスト明け」もこのスーパーホワイトと同じ状態です。

10~20代なら問題ない

10代や20代前半の方なら、まだ若いので「クレジットカード初心者か」と思われるなど、スーパーホワイトである理由が予想できますが、30~40代以上でスーパーホワイトだと「ブラックリスト明けじゃないか?」などと思われたりしますので審査に慎重になり、リスク回避で審査落ちになる可能性が出て来ます。

  • 10~20代➡クレジットカード初心者
  • 30代以上➡ブラックリスト明けじゃないか

スーパーホワイトの審査はこのような判断になってしまいます。

クレヒスを磨いてから申し込んだ方が良い!

JCBカードは他社のクレジットカードよりも審査が厳しいと思った方がいいので、もしスーパーホワイトの状態なら少しでもクレヒスを積んでから申し込むことをおすすめします。

方法としては、まずはもっと審査に通りやすいクレジットカードに申し込んでみましょう。

審査に通りやすい!スーパーホワイトにおすすめのクレジットカードはコチラの記事をご覧ください!

審査が優しい?おすすめクレジットカード4選とその理由!

「審査が優しいおすすめクレジットカードは?」 「無職・フリーターでも申込める?」 「他社で審査落ちで ...

続きを見る

多重申込は審査落ちの可能性が高い

「多重申込」とは、短期間で複数のクレジットカードを申し込む事で、JCBカードに限らずにクレジットカード審査において良い影響はありません。

多重申込をしている事を伝えなければ良いんじゃないの?なんて思う方は多いかもしれませんが、残念ながらクレジットカードを申し込むと申し込んだ事実が個人信用情報に記録されるので、いつ?何枚申し込んでいるかは全て把握されてしまいます。

「多重申込」の何が問題かと言うと、

  • 「入会キャンペーン目的でスグに解約しそう」
  • 「作ってもあまり利用してくれそうにない」
  • 「多重債務になって利用額の回収が出来なくなるかもしれない」

このように思われてしまうので、リスク回避などで審査落ちの可能性が高くなります。ちなみにクレジットカードの申し込み履歴は6ヶ月残りますので、多くても6ヶ月以内で3枚くらいの申込にしておいた方が無難ですね。

ただ、JCBカードは年会費が発生するクレジットカードなので、年会費無料クレジットカードと比べるとまだ可能性はありますね。

クレジットカードの審査で重視される事の一つに「ちゃんと利用してくれそうな人かどうか」があります。沢山のクレジットカードを持っている人はあまり利用してくれそうにないので審査に落ちる可能性が高くなります。

審査落ちした人の特徴まとめ

有名なクレジットカード審査情報サイトの口コミなどによると、JCBカードに審査落ちした人の傾向は以下の特徴が多かったように思います。

  • クレヒスにキズがある(ブラックリスト)
  • 社内ブラック
  • 学生・アルバイト・年金受給者
  • 多重申込

クレヒスにキズがある場合はどのクレジットカードでも審査落ちは当然と言えます。

それ以外にもJCBの場合は、過去にJCBカードで延滞したことがある人を「社内記録」でブラックリスト登録しているので、「社内ブラック」も審査通過は厳しいです。

社内ブラックは永久に消えない

JCBで社内ブラックになってしまった人が「クレヒスが綺麗になってから10年以上延滞無しでクレヒスを磨いて申込んだけど審査落ちだった」という口コミもありました。

社内ブラックにはかなり厳しいようですね・・・

それ以外では多重申込の「申込ブラック」によって審査落ちしたと書いている人が多かったですね。

クレジットカードの審査落ち理由は明かされる事が無いので正確な情報はわかりませんが、短期間で沢山の申込をしている心当たりがあるからそう書いているんだと思います。

「多重申込」は自分で避ける事が出来るので、6ヶ月以内に3枚以上申し込んでいるなら、少し期間を開けるようにしましょう。

職業・年収を重視する傾向にある

審査についての口コミを見ると、学生、アルバイト、年金受給者などの方が審査に落ちたというのが多かったように思います。

「安定した職業ではない」「年収が低め」の方は審査に落ちているようです。

まあ、これは別に驚く事ではないですが、楽天カードなどの流通系クレジットカードと比べるとこの傾向が目立ちます。

全体的に審査は厳しめの印象

JCBカードは全体的に見ると審査は厳しめです。

上記の審査落ちの特徴に当てはまっていなくても、職業や年収を重視する傾向にありますので「正社員で安定収入がある」というのが一つの目安になるかと思いますね。

JCBカードの審査方法を解説

JCBカードがどのような審査を行っているのかを知る事は、審査通過率を上げるためにも重要です。

審査方法から審査期間など、JCBカードの審査に関する情報を解説します。

在籍確認の有無

クレジットカードを作る時に気になる事の1つに「在籍確認」があります。

在籍確認は「本当に会社に勤めているかどうか」を確かめるために行われるものです。

「(個人名)と申しますが、〇〇さんはお見えでしょうか?」

このように、申込者宛に個人名で電話がかかってきます。

特に要件を述べる事はありませんので、会社の人に詳細を知られる事はないですが、「借金?」なんて勘繰られてしまう事もあり得ますので、出来れば無い方がありがたいです。

最近はほとんど無くなってきたが100%ではない

在籍確認はカードローンや消費者金融で融資を受ける時には必ずありますが、最近はクレジットカード審査ではあまり行われなくなってきました。

しかし「在籍確認は行いません」という文言が公式に出てるわけではないので、JCBカードの審査で在籍確認があるか無いかは正確にはわかりません。

口コミでも、在籍確認があったと言う人も居れば、無かったと言う人も居ます。

スーパーホワイトなどの場合はされやすい

まず、在籍確認を行う目的は「本当にその会社に勤めているのかを確かめるため」です。

ほとんど行われなくなったのに今でもたまにあるという事を考えると、何か不自然な事があると思われた場合や、確認が必要だと思われた場合に在籍確認があると判断できます。

例えば転職して会社を変わってから初めて申し込みをする場合や、これまでにクレジットカードの利用を1度もしたことが無い「スーパーホワイト」の方は在籍確認される可能性がありますね。

ただ、在籍確認と言っても単に会社に電話がかかってくるだけで、しかも理由は「クレジットカードを作る為」なので恥ずかしい事もありません。会社で電話を受ける人にその旨を伝えておけば問題無いと思います。消費者金融でお金を借りたりするのであれば出来るだけ知られたくありませんけど、クレジットカードを作るだけなら問題無いと思います。

審査方法は自動審査のスコアリングシステムを実施

現在、多くのクレジットカード会社は機械による自動審査を採用していてJCBカードも同様です。

自動審査の方法は「スコアリングシステム」というもので、申込者の年齢・職業・年収・他社借入額などを入力してスコアを付け、合計が規定のスコア以上なら可決で、それ以下なら否決というような審査をしています。

スコアのイメージ

例えば年収の項目でしたらスコアは以下のようなイメージの採点になります。

申込者の年収 採点
50万円未満 0点
100万円未満 10点
100万円~199万円 30点
200万円~299万円 40点
300万円~399万円 60点
400万円~599万円 80点
600万円~799万円 110点

年収が高いほど点数が高くなっていきます。

年収は正確に入力しなければなりませんが、確かめられるわけではないので多少は大目に申告しても良いかと思います。例えば上記表なら年収190万円だったとしたら30点ですが、200万円にすれば40点になりますので少しは点数を稼げます。しかし、年収は正確に入力するのが原則です!でもくどいようですが確かめられることはありません。

他には職業の項目ならアルバイトより正社員、勤続年数が長ければ長いほど点数が高くなると言った感じです。

正社員なら会社の規模が中小企業より大企業の方が高くなります。

各項目で低い点数ばかりになってしまうと、最終的に規定のスコアに足りずに審査落ちとなります。

ただ、審査はクレジットカード会社によってスコア以外の事も見ています。間違いなく高得点になるであろう人でも審査落ちする事はよくありますので、それはスコア以外の要素も見ている事の証明です。

審査時間は若干時間がかかる

自動審査システムなら、申込者が入力した情報をスキャンして一瞬で結果が出ますので、審査は早く完了します。

他社のクレジットカードだと最短2分で審査完了メールが来たという情報もあるくらい自動審査は早いです。

JCBカードの場合は最短2分とまでは行きませんが、1~3日以内に審査結果が出ると言われています。

流通系のクレジットカードなどと比べると若干時間がかかるようですね。

審査が早いクレジットカードならコチラの記事をご覧ください。

審査スピードが早いクレジットカードは?審査結果はメールで最短2分後!

「審査が早いクレジットカードが知りたい!」 「最短2分で審査が終了するって本当?」 クレジットカード ...

続きを見る

土日や夜中でも審査可能?

基本的には機械による自動審査を行っていますので、土日でも申し込みは可能ですし、審査も行われます。

ただ会社自体はお休みになっていますので、もし自動審査だけで結論が出なかった場合は翌週の営業日まで審査結果が出ません。

それと、すぐに審査通過結果が出たとしても、会社がお休みなのでカード発行手続きがされるのは翌週の営業日になってしまいますから、カードが手元に届くまでの期間はそんなに変わらないですね。

夜中も同じです!自動審査なので審査はされますが、それで審査結果の結論が出なければ翌営業日の対応になります。

土日祝でも急いで作りたい方!即日発行可能なクレジットカードはこちらの記事をご覧ください!

土日祝でもクレジットカードは作れる?審査も発行も即日のおすすめ3選

「土日祝でも作れるクレジットカードが知りたい」 「当日中に作れるって本当なの?」 クレジットカードを ...

続きを見る

JCBカードの審査通過率を上げる4つの条件

審査通過率を上げると言っても、特に「裏ワザ」のようなものがあるわけではありません。

普通の事ばかりですし、確実に効果があるとは言えませんが、参考にしてみてください。

キャッシング枠を申し込まない

出来るだけ審査に通りやすくするためには、出来るだけ審査難易度を上げない事が大事です。

キャッシングは総量規制の対象になりますので、キャッシング枠を申込んでしまうと、さらに審査が必要になって審査難易度が上がってしまいます。

それと「お金に困っている人」という印象を与えかねないので、必要なければ無しにしておいた方が無難です。

多重申込は避ける 

多重申込は「入会キャンペーン目的でスグに解約するんじゃないか」や「クレジットカードを一気に作って使い逃げしようとしているんじゃないか」などと疑われますし、「作ってもあまり使ってくれなさそう」と思われたりして審査に落とされてしまう可能性が高くなります。

クレジットカードの申込履歴は個人信用情報に6ヶ月間残りますので、6ヶ月間で3枚以上は申し込まない方が良いですね。

必要のないクレジットカードは解約しておく

クレジットカードの所持枚数が多いと審査に通りにくくなります。

なぜなら所持枚数が多ければ多いほど借入可能額(限度額設定枠)が少なくなるからです。

例えば借入可能額が200万円だと判断された人の場合、限度額50万円のクレジットカードを4枚持っていたら、もう枠が残っていませんので新たなクレジットカードを作る事は難しくなると言う感じです。(必ず審査落ちするわけではありませんが、審査が厳しくなる事は間違いありません)

必要のないクレジットカードを解約する事で、借入可能額の枠を空ける事が出来ます。

しかし!解約するなら注意点があります。

解約の注意点

クレジットカード解約の注意点として、もし解約しようと思ったクレジットカードが作ってから1年未満だったとしたら、解約はやめておいた方が良いです。

なぜなら1年未満だとちょっと早すぎる解約なので「ウチもすぐに解約するんじゃないか」と思われて審査に不利に働いてしまう可能性が高くなるからです。

1年以上なら問題無いと思いますので、解約をするなら1年以上保有しているクレジットカードにしましょう。

他社借入額を出来るだけ減らしておく

もし他社のクレジットカードを持っていて、リボ払いなどで利用残高が多くなっている方なら、繰り上げ返済などで出来るだけ減らしておくと確実に審査通過に効果がありますよ。

他社借入額が多いのはかなりのマイナスになってしまいます。

審査に通りやすいJCBカードはないの?

JCBは基本的に審査が厳しめで、特に属性(職業・収入など)を重視する傾向にあります。

そんな中で、JCB一般カードはJCBのスタンダードに位置付けられ、JCBを代表するクレジットカードになりますのである程度の審査基準を設けていると考えられます。

つまり、簡単に言ってしまえばJCB一般カードの審査はまあまあ厳しいという事です。

特定の人に限ってですがもっと審査に通りやすいJCBカードがあります。

若者向けのJCBカードがある!

やはり年齢が若ければ若いほど収入は少ない傾向にありますので、どうしても不利になってしまいますし、どうしようもない事ですよね。

そこで、どうしても収入面で不利になってしまう若年層に向けて発行されているJCBカードがありますので、学生や20~30代の方はおすすめです。

大学生~29歳以下におすすめ!JCB CARD EXTAGE

5年間は年会費無料で使えて、5年後にはJCB一般カードへ自動昇格されます!

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGEの特典・特徴

  • 年会費無料(新規入会後5年間)
  • どこで使ってもポイント還元率0.5~0.75%(前年利用額が20万円以上で0.75%)
  • 海外利用はポイント2倍(還元率1%)
  • 入会後3ヶ月はポイント3倍(還元率1.5%)
  • QUICPay(nanaco)の支払いカードに登録で還元率2%~
  • OkiDokiランド経由でネットショップを利用するとポイント3倍~
  • ポイントをnanacoポイントに交換すると還元率が最大1.2%
  • JCB ORIGINAL SERIESパートナーでポイント3倍以上
    (Amazon、セブン、スタバ、エッソなど)
  • 海外旅行保険が最高2000万円
    (傷害・疾病治療費用は最高100万円)
  • ショッピング保険が年間最高100万円
    (海外利用のみ)
  • 入会キャンペーン特典で最大11000円分のJCBギフトカードプレゼント!

基本情報

JCB CARD EXTAGE(JCB)
入会資格 18歳以上29歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある方(高校生を除く学生OK)
年会費 無料
※新規入会後5年間は無料
※5年の間に退会した場合は2000円(税別)
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 無料(発行手数料も無料)
ポイント還元率&有効期限 ●通常0.5%~0.75%
(前年の利用額が20万円以上で0.75%)
※海外利用は1%
月の合計利用額に対して1000円での1ポイント付与
●ポイント有効期限2年
提携マイル ANAマイル・JALマイル・デルタスカイマイル
入会特典 ●最大11000円相当のJCBギフトカード
●入会後3ヶ月はポイント3倍(還元率1.5%)

引用:JCB CARD EXTAGE公式サイト

JCB CARD EXTAGEは大学生を含む18歳~29歳までが申し込める若者向けのJCBプロパーカードです。若者向けなのでJCB一般カードに比べると審査基準が優しくなっています。しかも、5年間年会費無料で5年後にはJCB一般カードへ自動更新されます。基本的に機能自体は一緒で、ポイント還元率はJCB CARD EXTAGEの方が良いのでおすすめですよ。

公式サイトはコチラ!

JCB CARD EXTAGE

39歳以下におすすめ!JCB CARD W

39歳までに申し込めばその後もずっと使えます!ポイント還元率が最強のJCBカードです。

JCB CARD W

JCB CARD Wの特典・特徴

  • 年会費無料
  • どこで使ってもポイント還元率1%
    (100円で1円還元)
  • 入会後3ヶ月はポイント4倍(還元率2%)
  • QUICPay(nanaco)の支払いカードに登録で還元率2.5%
  • OkiDokiランド経由でネットショップを利用するとポイント3倍~
  • ポイントをnanacoポイントに交換すると還元率が最大1.2%
  • JCB ORIGINAL SERIESパートナーでポイント3倍以上
    (Amazon、セブン、スタバ、エッソなど)
  • 海外旅行保険が最高2000万円
    (傷害・疾病治療費用は最高100万円)
  • ショッピング保険が年間最高100万円
    (海外利用のみ)
  • 入会キャンペーン特典で最大11000円分のJCBギフトカードプレゼント!

基本情報

JCB CARD W(JCB)
年会費 無料
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 無料(発行手数料も無料)
ポイント還元率&有効期限 ●通常1%
月の合計利用額に対して1000円での2ポイント付与)
●ポイント有効期限2年
提携マイル ANAマイル・JALマイル・デルタスカイマイル
入会特典 ●最大11000円相当のJCBギフトカード
●入会後3ヶ月はポイント4倍(還元率2%)

引用:JCB CARD W公式サイト

JCB CARD Wは通常還元率が1%で入会後3ヶ月は2%となり、Amazonやセブンイレブンでも還元率2%以上で使えるなど、ポイント還元率はJCB一般カードよりも良くなっていますが、39歳以下をターゲットとしているので審査も優しめになっています。まずはJCB CARD Wを作ってクレヒスを磨き、いずれJCB一般カードを狙ってみるのはどうでしょうか。

入会キャンペーンは最大11000円相当のJCBギフトカードが貰えます!入会キャンペーン詳細とカード機能の詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

JCB CARD Wの入会キャンペーン最新版!今ならポイントが最大30倍

「JCB CARD Wの入会キャンペーン詳細が知りたい」 「特典は本当にお得なの?」 JCB CAR ...

続きを見る

公式サイトはコチラ!

JCB CARD W

まとめ

JCB一般カードの審査ですが、総合的に見ると審査難易度はやや高めです。

審査基準、傾向に付いてまとめておきます。

まずJCBカードの申し込み資格はほとんどの人が対象になります。申し込みの資格は以下の通りです。

「18歳以上で本人または配偶者に安定した継続収入のある方」となっています。引用:JCBカード公式サイト

特に職業について指定はありませんので、大学生でもOKという事がわかりますね。

大学生がOKですからアルバイト・パートでもOKです。

必要年収について考えると、収入について特に指定がありませんが、大学生でもOKという事は50万円以上あれば大丈夫そうですが、学生やフリーターが審査落ちしたという情報も多いのと、審査は職業と年収を重視する傾向が読み取れる事を考えると最低でも100万円~150万円以上は欲しいところです。

  • 大学生(高校生除く)・アルバイト・パートでもOK
  • 主婦(配偶者または親に安定収入がある)でもOK
  • 年金受給者でもOK
  • 年収は100万円以上あればOK

審査は自動審査のスコアリングシステムで行われ、営業日なら基本的に1~3日以内に審査結果が出ます。在籍確認は基本的にありません。

クレジットカード審査の口コミで有名なサイトを見ると「審査落ちした」という口コミも結構見受けられます、審査落ちした人はクレヒスに異動情報(キズ)がある場合、社内ブラック、多重申込、学生・フリーター、年金受給者などが多い印象です。

クレヒスにキズがある場合や社内ブラックはどうしようもありませんが、多重申込は気を付ければ避けられます。

それと、やはり属性(職業・年収)を重視している傾向がありますね。

審査難易度は決して低いとは言いませんが、クレヒスにキズが無くて、年収200万円以上の安定収入があれば可能性は高くなります。

もし審査落ちしたとしても、別に何も失う事はありませんので、まずは試しに申し込んでみてください!

思った以上に良い結果が待っていると思いますよ!

申し込みはこちらから!

JCBカード公式サイト

JCBカードのさらに詳しい情報や入会キャンペーン最新情報はコチラの記事をご覧ください。

JCBカードの入会キャンペーン完全版!最大16000円分獲得可能!

「JCBカードの入会キャンペーンはお得?」 「特典は簡単に獲得出来る?」 JCBカードは現在、年会費 ...

続きを見る

アドセンス

アドセンス

-JCBカード, クレジットカード, クレジットカード会社, 審査
-,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.