クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード 比較

JCB一般カードとJCB CARD W(ダブル)の違いを徹底比較!

更新日:

「JCB一般カードとJCB CARD Wはどこが違うの?」

「決め手が知りたい!」

JCB一般カードとJCB CARD Wは、JCBカードシリーズの中でも人気があって比較される事が多い2枚ですが、どこが違うのかいまいちわかり辛いと感じている方も多いのではないでしょうか?

たしかに基本的な部分は同じですが、それぞれの特徴はしっかりとあります。

今回は、JCB一般カードとJCB CARD Wで迷っている方、どっちが良いかわからない方に向けて違いや互いの特徴(長所)を解説します。

これを読めばJCB一般カードとJCB CARD Wの違いが理解出来て、どちらを選択するかの決め手が分かりますよ

基本情報の比較

まずは年会費などの基本情報から比較していきます。

  JCB一般カード JCB CARD W(ダブル)
申込資格 18歳以上で、本人または配偶者に安定した継続収入のある方(高校生を除く学生可) 18歳以上~39歳以下で、本人または配偶者に安定した継続収入のある方(高校生を除く学生可)
年会費 1250円(税別)
◦オンライン申し込みで初年度無料
◦MyJチェック登録&年間50万円以上利用で翌年無料
無料
家族カード年会費 400円(税別)
本会員の年会費が無料になると家族カードも無料になります。
無料
ETCカード年会費 無料(発行手数料も無料) 無料(発行手数料も無料)
審査・発行期間 基本最短3営業日
※即日発行も可能
最短3営業日
基本のポイント還元率 0.5%~
※海外利用はポイント2倍(1%)
1.0%~
※海外利用はポイント2倍(1%)
旅行保険 ◦海外旅行保険が最高3000万円(利用付帯)
◦国内旅行保険が最高3000万円(利用付帯)
◦海外旅行保険が最高2000万円(利用付帯)
◦国内旅行保険は付帯無し
入会キャンペーン特典 公式サイトまたはキャンペーン記事で最新情報をご覧ください 公式サイトまたはキャンペーン記事で最新情報をご覧ください

申し込み資格に違いあり

申し込み資格はどちらも18歳以上で学生も可能となっていますが、JCB CARD Wは18歳以上~39歳以下の若年層向けに絞られています。

JCB一般カードは特に年齢上限はありません。

どちらも「安定した継続収入」との文言が入っていますので、ある程度は年収も気にされます。

年会費はJCB一般カードは有料

JCB CARD Wは年会費無料ですが、JCB一般カードは年会費1250円(税別)です。

しかし、オンライン申し込みで初年度無料となり、2年目からは「MyJチェック登録&前年50万円以上の利用」で年会費無料となります。MyJチェックとはWeb明細サービスの事なので利用は無料です。

年間50万円は1ヶ月あたり42000円弱なので、そんなに難しい金額ではないです。ですので年会費は実質無料と言っても大丈夫でしょう。

ポイント還元率の比較

JCB一般カードとJCB CARD Wの1番の違いはポイント還元率です。

理由はJCB一般カードのポイント還元率を強化して、その他の特典などの無駄を省いたのがJCB CARD Wだからです。

JCBカードシリーズのポイントは「通常1000円で1ポイント(還元率0.5%)」が基本となっていて、そこに各カードやパートナーなどのボーナスポイントが追加されていくイメージになります。

JCB CARD Wは通常ポイント1Pにプラスして「Wの特典1P(0.5%)」があるのでポイント還元率が高くなっています。

JCB一般カードはボーナスポイントが無く通常ポイント1Pだけです。

基本還元率が倍違う

JCB一般カードとJCB CARD Wの基本還元率は以下の通りです。

JCB一般カード 0.5%
(通常1ポイント)
JCB CARD W 1.0%
(通常1ポイント+Wボーナス1ポイント(0.5%))

同じ金額の買い物をしても貰えるポイントが倍違う事になります。これは大きな差ですよね。

金額が少なければあまりインパクトはありませんが、利用額が100.000円くらいになってくると、0.5%は500円分で、1%なら1000円分になります。ちょっと悔しい差になってきますよね。

JCBカードと言えば「還元率にシビア」な事で有名なので、この還元率は驚きです。

JCB CARD Wは39歳以下しか申し込みが出来ませんので「若者を取り込むため」にこれだけ優遇されています。

39歳以下の方でしたら、このポイント還元率だけでもJCB CARD Wを選ぶ理由として十分ですね。

しかし、JCB一般カードも年間の利用額次第でポイント還元率が高くなる特典が用意されています。

JCB CARD Wは「JCB STAR MEMBERS」が対象外

JCB STAR MEMBERSとは、前年の合計利用額に応じて翌年のポイント還元率が高くなるポイントアッププログラムで、JCB一般カードは対象で、JCB CARD Wは対象外となっています。

前年利用額 翌年ポイント還元率
30万円以上 1000円で1.1ポイント(0.55%)
50万円以上 1000円で1.2ポイント(0.6%)
100万円以上 1000円で1.5ポイント(0.75%)

利用額の集計期間は12月16日~翌年12月15日です。

JCB一般カードの基本還元率は最高で0.75%まで上げる事が出来ます。

JCB CARD Wとは還元率が倍違いますが、年間100万円以上の利用で0.25%差まで詰めることができますね。

  • JCB CARD Wは1%
  • JCB一般カードは年間100万円以上の利用で0.75%

2枚の基本還元率の上限はこのようになります。

Amazon・セブンイレブンなどではJCB CARD Wがお得!

一般カードやWなどのJCB ORIGINAL SERIESプロパーカードはJCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗の利用でポイント倍率が上がります。

パートナーはAmazon、セブンイレブン、高島屋、ビックカメラ、スターバックス、昭和シェル、エッソ、ニッポンレンタカーなどがあります。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー店のポイントアップ倍率

お店 ボーナスポイント
セブンイレブン 3倍
高島屋 3倍
(キャンペーン登録が必要)
スターバックスカードチャージ 10倍
(キャンペーン登録が必要)
昭和シェル 2倍
(キャンペーン登録が必要)
エッソ、モービル、ゼネラル 2倍
(キャンペーン登録が必要)
Amazon
3倍
※MyJチェック未登録だと2倍
ライトオン 3倍
(キャンペーン登録が必要)
ビックカメラ 2倍
(キャンペーン登録が必要)
U-NEXT 2倍
HMV&BOOKS online
7倍
ニッポンレンタカー 2倍
(キャンペーン登録が必要)

引用:JCB公式サイト

ポイントアップ倍率はJCB一般カードでもJCB CARD Wでも同じです。

上記の倍率はJCBカードシリーズの通常ポイント「1000円で1ポイント(還元率0.5%)」が〇倍になるという意味です。

例えばセブンイレブンでしたら3倍なので「1000円で3ポイント(還元率1.5%)」となります。Amazonも3倍となっていますので、セブンイレブンと同様です。

加えてJCB CARD Wの場合は「W特典ボーナスポイント1P」が常に適用されていますので、JCB一般カードよりもその分だけ還元率が0.5%高くなります。

したがってJCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗の利用でポイント還元率が高くなるのはJCB CARD Wになります。

ポイント還元率比較の結果

ポイント還元率に関しては断然JCB CARD Wがお得です!

審査難易度の比較

JCB一般カードとJCB CARD Wの審査難易度についてですが、そもそもJCB自体が「銀行系」で審査は厳しめと言われています。

両カードともそんなJCBのプロパーカードになりますので、けっして「審査に通りやすいクレジットカード」とは言えないと思います。

と言っても、ここ最近は「銀行系」のような審査が厳しいと言われているクレジットカードでも比較的通りやすくなってきていますので、クレヒスなどにキズが無ければよっぽど大丈夫だと思います。

ではどちらが審査難易度が低いかですが、おそらくJCB CARD Wでは無いかと思います。

JCB CARD Wはターゲットを絞っているので審査に通りやすい!

なぜJCB CARD Wの方が審査難易度が低いと言えるかですが、それはJCB CARD Wが「18歳~39歳以下」にターゲットを絞っているからです。

「18歳~39歳以下」の若年層に絞っている理由は「若いうちに自社の顧客にしたい」という狙いがあるからで、若ければ若いほど年収などの属性が低い場合が多い事はわかっていると思いますので、それに合わせた審査基準にしているはずです。

そう考えるとJCB CARD Wの方が審査難易度は低くなっていると考えられますね。

ちなみにJCB一般カードはJCBプロパーカードの中のスタンダードで、いわばJCBの顔とも言えるクレジットカードなので、割と審査は厳しめの印象があります。

JCB一般カードの審査情報についてはコチラの記事をご覧ください。

JCBカードの審査基準を徹底検証!審査通過率を上げる4つの条件を解説

「JCB一般カードの審査基準は厳しいの?」 「審査通過率を上げる方法ってあるの?」 JCB一般カード ...

続きを見る

審査難易度の比較結果

審査難易度が低いと言えるのはターゲットが明確なJCB CARD Wです。

JCB一般カードは即日発行が可能

JCB一般カードの大きなメリットに「即日発行」があります。

実際に「急ぎで作りたい人」は意外に多いので、クレジットカード会社は「即日発行」に対応したクレジットカードをいくつか発行していますが、JCBカードシリーズではJCB一般カードが即日発行に対応しています。

JCB CARD Wは非対応で「最短3営業日発行」となっています。

とにかく急いで作りたい、出来るだけ早く欲しいという方にはJCB一般カードがおすすめですね。

発行スピードの比較結果

申込から発行までのスピードはJCB一般カードに軍配が上がります。

入会キャンペーンの比較

入会キャンペーンはJCB一般カードの方がお得になっていますが、JCB CARD Wはそれ以外にもポイント4倍キャンペーンもあるので、実質的な価値で考えるとJCB CARD W王がお得になります。

JCB一般カードが最大10000円分のJCBギフトカード&キャッシュバック

画像出典:JCBカード公式サイト

JCB一般カードの最大10000円相当キャンペーン詳細はコチラをご覧ください。
↓↓

JCBカードの入会キャンペーン完全版!最大16000円分獲得可能!

「JCBカードの入会キャンペーンはお得?」 「特典は簡単に獲得出来る?」 JCBカードは現在、年会費 ...

続きを見る

JCB CARD Wが最大8000円分のJCBギフトカード&キャッシュバック

画像出典:JCB CARD W公式サイト

JCB CARD Wはそれに加えて「ポイント4倍特典」もあります。

画像出典:JCB CARD W公式サイト

入会後3ヶ月間はポイントが4倍となります!

JCB CARD Wのポイント

  • JCB通常ポイント1倍(1000円で1ポイント)
  • W特典ボーナスポイント1倍(1000円で1ポイント)
  • 入会特典ボーナスポイント2倍(1000円で2ポイント)※入会後3ヶ月間のみ

公式サイトは、上記のポイントを全て含んで「ポイント4倍キャンペーン」と謳っています。

入会後3ヶ月間は1000円=4ポイントとなりますので還元率2%で、その後は1000円=2ポイントで還元率1%となります。

JCB CARD Wの「入会キャンペーン8000ポイント」「ポイント4倍キャンペーン」詳細はこちらの記事をご覧ください。
↓↓

JCB CARD Wの入会キャンペーン最新版!今ならポイントが最大30倍

「JCB CARD Wの入会キャンペーン詳細が知りたい」 「特典は本当にお得なの?」 JCB CAR ...

続きを見る

入会キャンペーンの比較結果

JCB一般カードが「最大10000円分のJCBギフト券&キャッシュバックプレゼント」で、JCB CARD Wは「最大8000円分のJCBギフト券&キャッシュバック」なので、JCB一般カードの方がお得ですが、JCB CARD Wはポイント4倍特典があって、上限5000ポイントまで獲得が可能なので、どう考えると実質的にはJCB CARD Wの入会キャンペーンの方がお得ですね!

旅行保険・ショッピング保険の比較

クレジットカードで重要視されて比較される事が多い機能と言えば保険です。

中でも旅行保険は国内、海外に分かれていて中身の補償金額や補償対象になる条件(付帯条件)も全然変わってきます。

両カードは以下のようになっています。

海外旅行保険

補償内容 JCB一般カード最高補償額
(利用付帯)
JCB CARD W最高補償額
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害 3000万円 2000万円
傷害・疾病治療費用 100万円 100万円
賠償責任 2000万円 2000万円
救援者支援費用 100万円 100万円
携行品損害 20万円 20万円

どちらもクレジットカードで旅行ツアー代金や交通費を支払った場合に補償対象となる「利用付帯」となっています。

違いはJCB一般カードが「傷害死亡・後遺障害」の補償額が1000万円多くなっています。

しかし、ハッキリ言ってしまうとこれは見かけ倒しです。

なぜなら「傷害死亡・後遺障害」は使う可能性がほとんど無いからです。

海外旅行保険で1番重要なのは、最も使う可能性が高い「傷害・疾病治療費用」です。

しかし、そこはどちらも同じ100万円となっています。ここで差が付いていないなら互角と言って良いと思いますね。

国内旅行保険

補償内容 JCB一般カード最高補償額
(利用付帯)
JCB CARD W最高補償額

傷害死亡・後遺障害 3000万円 無し
入院保険 無し 無し
通院保険 無し 無し

国内旅行保険はJCB一般カードが付帯ありで、JCB CARD Wは付帯がありません。

しかし、上記でもお話ししたように「傷害死亡・後遺障害」は使う可能性がほとんど無いです。

国内旅行保険で重要なのは入院通院保険になりますので、国内旅行保険が付帯しているとは言え、本当に欲しい補償は無いと言えます。

ショッピング保険

ショッピング保険はどちらも年間最高100万円の補償となっていて、対象は海外利用分のみとなります。

海外旅行などでショッピングした利用分の補償があるという事です。

ただ利用するのは圧倒的に国内が多いと思うので、かなり微妙ですね。無いものだと思っておいて良いと思います。

旅行保険・ショッピング保険の比較結果

これはやはり海外旅行保険の最高補償額と国内旅行保険が付帯している所を考えるとJCB一般カードに軍配が上がりますね。

JCB一般カードはこんな人におすすめ

JCB一般カードがJCB CARD Wより優れている部分は海外旅行保険、国内旅行保険の補償額です。

といっても、海外国内のどちらもあまり利用する可能性の少ない「傷害死亡・後遺障害」の補償額が多くなっているだけなので微妙な所です。ただ無いよりは有った方がマシなので、そのくらいの差だと思います。

JCB一般カードはこんな人におすすめ

  • JCBカード最高峰のJCBザ・クラスを目指したい方
  • 海外・国内旅行保険があるクレジットカードが良い

JCB一般カードはJCBプロパーカードのスタンダードで「まずはこの1枚から」と言う感じのクレジットカードです。

JCBカードでクレヒス(実績)を積むには年会費無料のクレジットカードよりも有料のクレジットカードの方が評価や印相は良くなります。

そうなると、将来的にJCBザ・クラスを目指したい方にとってはプラスになるクレヒスを積む事が出来ると思います。

JCBザ・クラスはJCBカード最高峰で取得にはインビテーション(招待)が必要です。インビテーションはクレジットカードの利用額が多い事もプラスになりますが、それ以外に内容も重要で、年会費の支払いを継続してしている事はかなりプラスになります。

JCB CARD Wはこんな人におすすめ

JCB CARD WがJCB一般カードより優れている部分はポイント還元率です。

JCB CARD Wは普段の基本還元率で1%を誇り、JCB一般カードの倍の還元率があります。加えて入会後3ヶ月は入会キャンペーンでさらに1%プラスの還元率2%で利用出来ます。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗での利用などでも同じポイントアップ倍率ですが、「W特典ボーナスポイント1P」の分だけ還元率0.5%上回ります。

JCB一般カードを圧倒的な還元率で上回っています。

JCB CARD Wはこんな人におすすめ

  • 18歳~39歳以下の方
  • ポイント還元率を重視したい方
  • 年会費無料が良い方

JCB CARD Wの内容は、JCB一般カードとほとんど一緒で、旅行保険などのわずかな部分で違いがあるだけです。

にもかかわらず、JCB CARD Wは年会費が無料になっていてポイント還元率も全然高いです。

申し込み資格は18歳~39歳以下と若年層向けとなっていますので39歳以上の方は無理ですが、対象年齢に該当している方は絶対にJCB CARD Wがおすすめです。

まとめ

JCB一般カードとJCB CARD Wの違いがある部分をまとめます。

  • 申し込み資格
  • 年会費
  • 基本還元率
  • 年間利用額ポイントアップ特典の有無
  • JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗での還元率
  • 入会キャンペーン
  • 審査難易度
  • クレジットカードの発行期間
  • 海外・国内旅行保険の補償額
JCB一般カード JCB CARD W
申し込み資格 18歳以上 18歳~39歳以下
年会費 1250円(税別)
◦オンライン申し込みで初年度無料
◦MyJチェック登録&年間50万円以上利用で翌年無料
無料
基本還元率 0.5%~0.75% 1%
年間利用額ポイントアップ特典の有無 あり(年間100万円以上の利用で翌年0.25%アップ) なし
セブンイレブン、Amazonでの還元率 1.5% 2%
入会キャンペーン 最大11000円分のJCBギフトカード ◦最大11000円分のJCBギフトカード
◦入会後3ヶ月はポイント4倍(2%)
審査難易度 審査難易度は普通 審査難易度は低い
※若年層向けなので難易度を高いとは考えにくい
発行期間 基本は最短3営業日だが、即日発行も対応 最短3営業日
海外・国内旅行保険の補償額 ◦海外最高3000万円
◦国内最高3000万円
◦海外最高2000万円
◦国内は付帯なし

JCB一般カードは旅行保険などの守りの部分が強くなっており、JCB CARD Wはポイント還元率などの攻めの部分が強くなっています。

どちらを重視するかはユーザー次第ですが、筆者の個人的な意見だと今回比較している2枚で決め手にするべきなのはポイント還元率です。

JCB CARD Wのポイント還元率のアドバンテージを薄くさせる程の機能はJCB一般カードには無いかなと言うのが正直な感想です。よって筆者のおすすめはJCB CARD Wです。

JCB CARD Wは申し込み資格が18歳~39歳と制限がありますが、もしご自身が対象ならJCB CARD Wで行きましょう!

JCB CARD Wの申込はコチラ

JCB CARD W公式サイト

 

旅行保険を重視したい!将来的にJCBザ・クラスを目指したい!1日でも早くクレジットカードが欲しい!という方はJCB一般カードで行きましょう!

JCB一般カードの申し込みはコチラ

JCB一般カード公式サイト

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, 比較
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.