クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

JALマイル クレジットカード マイル 審査

JALカードの審査基準を徹底解説!審査落ちする人の特徴とは?

更新日:

「JALカードの審査基準が知りたい」

「どんな人が審査落ちするの?」

JALカードを作りたいけど、自分が審査に通るか不安で申し込みを迷ってしまう方は多いですよね。

でもJALカードの審査基準を知って自分の属性と照らし合わせれば、申し込むかどうかの判断がしやすくなります。

今回はどうしてもJALカードが作りたい方に向けて、入会資格条件や審査基準などを徹底解説します。

これを読めばJALカードの審査基準が分かるので、不安が無くなって申し込みへの決断が出来ますよ!

JALカードの審査通過に必要な条件を予想

JALカードは普通カードにも複数の提携カードがあり、それぞれで発行会社が違っていて固有の特典を併せ持っています。

基本的なカードスペックは変わりませんが、審査については発行会社によって多少の違いがあると思われますが、そこまで大きくは変わる事は無いでしょう。

今回は1番スタンダードなJALカード(三菱UFJニコスカード発行)の審査基準です。

クレジットカードの審査基準は、年齢などの申込資格以外は基本的に非公開となっている為、あくまでも予想となりますが、これまでの実績や口コミ、評判などの情報を元にして解説しているため、大幅にかけ離れている事はありませんので十分に信頼できる情報だと思って頂いて大丈夫です。

それではさっそくJALカードの審査通過に必要な基準から解説していきます。

18歳以上で学生でも申し込み出来る

まずは申込資格の年齢についてですが、これはJALカードの公式サイトでも公開されています。

申込資格は以下の通りです。

「18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で、日本国内でのお支払いが可能な方(未成年の場合は親権者の同意が必要です。)」

となっています。

入会資格に関しては特に注視する表記はありません。強いて言えば「日本に生活基盤がある方」と言う部分ですが、これは日本国籍であれば問題無いです。

職業は特に問われないが正社員がベスト!

クレジットカードの入会資格欄には「安定した収入のある方」など収入に関しての表記がよくありますが、JALカードにはそれがありません。

「安定した収入」と言う表記の意味は「正社員が望ましい」という意味を持たせている場合が多いですが、JALカードは表記が無いので、正社員じゃなくても可能性はそれなりにありそうです。

ただし、当然ながら安定した収入が見込める正社員や公務員が望ましい事は疑いようの無い事実です。

特に公務員などは倒産のリスクはゼロなので1番印象が良いと言えますね。

職業については公式サイトでは特に触れられていませんが、学生OKと表記がありますので、主婦、フリーターでも申し込みは可能ですし、審査通過の可能性も十分にあると思って良いですね。

審査で重視されるのは職業に関連する項目で年収もありますが、学生・主婦・フリーターでも申込可能になっている事を考えると、年収のハードルもそれほど高くはなさそうですね。

勤続年数は3年以上なら「安定」と判断される

職業以上に重要視されるのが勤続年数です。

勤続年数は安定度を計るのに重要視されますね。

これは長ければ長いほど安定しているという判断になります。

具体的には最低でも年単位の勤続年数が欲しい所で、3年以上なら安定度が高いとの判断になりやすいですね。

年収は100万円代でも審査通過が可能!

年収についてですが、18歳以上で学生・主婦・フリーターでも申し込み可能となっていますので、年収100万円代~でも審査通過は可能だと考えて大丈夫でしょう。

意外に低い事に驚かれる方もいるかもしれませんが、学生でも申し込みが可能となっているわけですから、100万円代でも大丈夫と言えます。

それと、実は年収についてはそこまで気にする必要はないんです!

なぜならクレジットカードには限度額の設定があるからなんですよね。

限度額でリスクをコントロールできる

同じクレジットカードでも人によって限度額って違いますよね?

限度額はその人の年収やクレヒスなどの信用度が高ければ高いほど多くなります。

昨今、クレジットカード会社も新規ユーザーの獲得は課題としていますので、出来る限り発行する方針になりつつありますね。

ですので年収が低い方の場合でも、職業や勤続年数に問題が無いとなれば、限度額を少なくして発行するという判断になりやすくなっているんです。

限度額をコントロールすればリスクを減らす事が出来ますよね。

クレジットカード会社はそこまで年収を気にしてないって事なんですね。もちろん多ければそれに越した事はありませんし、極端に少なすぎるのも問題はありますが、それよりも勤続年数の方が全然大事です。

借入可能額の枠がある程度残っていればOK

人はそれぞれの年収や財産、他社借り入れ額などに応じてその時の「借入可能額」が決まってきます。

クレジットカードの限度額はこの範囲内で割り当てられますから、借入可能額の枠に新たな限度額を設定できる枠があれば審査に通る可能性はグッと高くなります。

逆に、もし審査時点で借入可能額がいっぱいになっていたら審査落ちになります。

  • 枠がある程度残っていれば、その枠の範囲内の限度額で発行
  • 枠が残っていなければ発行は見送り(審査落ち)
年収がいくらというよりは、その人の借入可能額が年収に対してどれくらい残っているか?という事の方が重要なんですね。

JALカード公式サイトはこちら
↓↓

JALカードで審査落ちする人の特徴を解説

ここまではJALカードの審査通過に必要な予想基準を解説しました。

ここからは逆に審査に落ちる人の特徴を解説します。

単純に上記で解説した「審査通過に必要な予想基準」から大きく外れてしまっている人は審査落ちの可能性が高くなりますが、ここではそれ以外の特徴についてもお伝えします。

JALカードの審査に落ちるというよりは、他のクレジットカードでも審査落ちになりやすい事ばかりです。

ここに出てくる審査落ち原因は、すぐにはどうする事も出来ない物も多いので、もし該当するならJALカードの審査通過は厳しくなるかもしれませんね。

クレヒスにキズがあると審査通過は不可能

クレヒスにキズがあると審査通過は絶望的となります。

「クレヒスにキズ」とは、支払い遅れの事実を記録される事を言い、記録が付く事を「キズが付く」と言い換えているんですね。

この「キズ」があると「支払い能力が信用できない人」という判断をされてしまいます。

クレジットカードの「クレジット」とは「信用」と言う意味です。

信用だけで成り立っている取引になりますので、支払い能力に信用が無いのは致命的です。

これはJALカードじゃなかったとしても必ず審査落ちになりますね。

ちなみに年収が多かったとしても審査落ちします。

年収2000万円以上でもキズがあると審査落ち

他社クレジットカードの審査口コミになりますが、なんと年収2000万円でもクレヒスにキズがあるために審査落ちしたと言う方も居ます。

たまたま支払いを忘れてしまっていてキズが付いてしまったとの事です。決してお金が無いわけじゃないですが「信用出来ない」という判断になってしまうんですね。

これは信用で成り立っているという事が良く分かる口コミですよね。

では、どうなるとクレヒスにキズが付くのでしょうか?

キズが付く条件について解説していきます。

クレヒスにキズが付く条件

キズが付くのは、約束が守られなかった場合や契約と違う事になってしまった場合で、以下のような事です。

  • クレジットカードやローンなどの支払いを遅れたり、一部入金がある
  • 支払い遅れや一部入金が3ヶ月以上連続した
  • 債務整理・自己破産をした

3ヶ月連続と言うのはだいたいの予想で、別に決められているわけではありません。一般的なルールだと思っておいてください。

クレジットカード会社によってどのように記録を付けるかはハッキリと示されているわけではありません。

記録(キズ)の種類

  • 支払いを1ヶ月遅れると「A(入金無し)
  • 1ヵ月分の支払いを一部入金すると「P(一部入金)
  • 「A」を3ヶ月以上連続すると「異動」

この中で最も最悪なのは「異動」です。

「異動」が付くと完全に信用の無いブラックな人と言う扱いになります。

良く聞く「ブラックリスト」というのは「異動」が記録されている状態の事を指す言葉です。

実際に「ブラックリスト」というリストが存在するわけではなく、「異動」が付いている状態の事を「ブラックリスト」と言っているだけです。

※ちなみに1~2ヵ月の延滞なら「異動」は付きませんが、「P」や「A」がしっかりと記録されているので審査に大きく影響します。

クレヒスのキズは最長5年残る!

個人信用情報の「異動」は5年間保存されますので、5年が過ぎるまではブラックリストとなり、ローンを組んだり、クレジットカードを作る事は完全に不可能になってしまいます。

「P」や「A」は最長で2年間になりますね。

なぜ2年かと言うと、クレヒスの支払い記録は直近の支払いから遡って2年間保存されますので、

2年以内に「P」や「A」を記録されてしまった場合はそれが残っていて見られてしまう事になるんですね。

例えば2019年3月に「P」や「A」を記録してしまったとしたら、2年後の2021年4月になるまでその記録はクレヒスに残ります。

でも「P」や「A」が付いた日から2年間しっかりと期日を守って支払いを続けて行けば「P」や「A」がなくなります。

そうすると晴れて綺麗なクレヒスとなるわけですね!

  • 異動記録の保存期間:返済が完了してから5年
  • 「P」や「A」の保存期間:2年間

※異動の保存期間ですが、一般的には返済が完了してから5年となっていますが、返済が完了する前から5年がスタートする場合もあるようです。

もしクレヒスのキズに心当たりがある方は、審査通過は絶望的だと思って良いですね。

携帯電話の分割払いもクレヒスに記録される

携帯電話の端末代を分割払いにしている方は多いと思いますが、これも立派なローン取り引きになりますのでしっかりとクレヒスに支払い状況が記録されています。

もし過去に踏み倒したりしていたら「異動」になっている可能があります。

もし心当たりがあるなら一度調べてみた方が良いですよ。信用情報の開示は1000円でパソコンやスマホから出来ますよ!

多重申込は審査落ちの可能性が高くなる

クレジットカードの審査に落ちた場合、理由を言われる事は無いので原因はわからず終いです。

後から自分で心当たりを考える事しか出来ませんが、審査落ちした方の「心当たり」で多いのは「多重申込(たじゅうもうしこみ)」です。

多重申込とは、短期間に複数のクレジットカードを申し込む事で、これは実はクレジットカード会社からの印象は良くないんです。

なぜ印象が良くないかは、クレジットカード会社の立場で考えてみるとたしかに納得できる部分が多いので理由を解説していきます。

貸し倒れのリスクがある

クレジットカード会社が審査をする理由は、支払い能力があるか?信用できるかどうか?を確かめるためです。要は貸し倒れリスクが無いかを見ているわけですね。

多重申込をしている場合は複数枚のクレジットカードを持つ可能性があるので、多重債務に陥る危険があります。

そうなるとクレジットカード会社が1番避けたい貸し倒れリスクが大きくなるので審査落ちになりやすくなります。

何枚から多重申込になるのか?

多重申込は何枚以上とか決まっていませんが、だいたい6ヶ月以内に3枚以上申込んでいると「多重申込」になると言われています。

JALカード以外に複数枚申し込む予定なら、審査に通りたいカードから申し込みをするといいですよ。

3枚というのは特に理由は無いんですが、6ヶ月にはちゃんと意味があります!

クレジットカードを申し込むと信用情報に記録される。

なぜクレジットカード会社は多重申込をしている事がわかるのか?

と言う疑問が湧いてきますが、実はクレジットカードを申し込むと個人信用情報に記録されるんです。

そしてその記録は6ヶ月間残りますので、6ヶ月の間の申込枚数はバレてしまうんです。

6ヶ月間で3枚以内に抑えておくようにすると審査への影響を少なく出来ると言われていますよ。

入会キャンペーン目的だと疑われる

短期間で沢山申し込んでいると、入会キャンペーン目的を疑われる事もあります。

クレジットカードは新規入会時に特典をプレゼントするキャンペーンを行っている事が多いです。

入会キャンペーン目的だと、特典を貰ったらほとんど使わずに解約をするパターンが多いのでクレジットカード会社としては損失になるので敬遠されます。

入会キャンペーン目的だと一気にまとめて申し込みをする人が多いので、多重申込の場合は入会キャンペーン目的を疑われやすくなってしまいます。

過去にグループ会社で事故歴がある

事故とはいわゆる延滞、踏み倒しなどの事です。

この場合「社内ブラック」と言う状態になってしまう可能性があります。

社内ブラックとは、クレジットカード発行会社のグループ企業で過去に金融事故を起こしたりすると、グループ内でその情報が共有されてグループ内のブラックリストに登録されてしまっている状態の事です。

JAL普通カードは三菱UFJニコスカードが発行しており、MUFGグループとなります。

例えばMUFGグループなら消費者金融のアコムがありますが、過去にアコムで金融事故を起こしていたりすると「社内ブラック」になってしまうと言う感じです。

社内ブラックだと正直言ってかなり厳しいですね。確かめるすべはありませんが、もし心当たりがあるならJAL普通カードでも「JAL JCBカード」なら発行会社が変わるので望みが出てくるかもしれませんよ!

30代後半以上でスーパーホワイト

「スーパーホワイト」とは、クレジットカードやローンの利用履歴(クレヒス)がまったく無い人の事を指す業界用語で、利用履歴(クレヒス)が真っ白である事からこのように呼ばれています。

スーパーホワイトはこんな方の事です。

  • 社会人1年目でクレジットカードデビューする方
  • 現金主義で1度もローンやクレジットカードを組んだことが無い人
  • ブラックリスト情報が消えた人

18歳~25歳くらいまでの方なら、まだ社会人になって間もないのでクレヒスが無くても自然な事なのであまり問題視されないし、将来性の方が勝るので影響は無いと言えます。

しかし、30代になってスーパーホワイトだと慎重に審査されてしまいます。

スーパーホワイトの審査は判断が難しい

クレジットカードの審査はその人の「信頼度」を見るために行われます。

信頼度を計るにはこれまでの実績を見るのが1番なのでクレヒスが重視されるんですね。というか実績を見るくらいしか方法が無いとも言えます。

ですが、スーパーホワイトの場合は実績がないので審査が難しくなるんですね。

そうなると、とりあえずリスク回避で否決という選択になりやすくなってしまいます。

  • 10代~20代ならスーパーホワイトである事よりも将来性を買ってもらえる。
  • 30代以上なら慎重になる。
スーパーホワイトと言っても、その影響は年齢によって全然変わるんです!

JALカードの審査方法

最近では審査スピードが早いクレジットカードも多いですが、JALカードはどうなのでしょうか?

審査方法については公式の発表が一切ありませんので実際のところはわかりませんが、発行までの期間は公式の発表がありますので、あくまでも予想になりますが解説していきます。

審査期間は若干長め!最短2週間で手元に

JALカードは公式サイトで「通常3週間でお届け」と謳っています。※急ぎの場合は最短2週間も可能

口コミなどを見ると、実際はもっと早く届いたという方も居ます。

JALカードは発行会社の三菱UFJニコスカードが審査を担当しています。

三菱UFJニコスカードは、JALカード以外の審査でもそれなりに時間が掛かる事が多いので、しっかりと時間をかけて審査をしている印象がありますね。

最近では自動審査をしているカードも多く、最短5分で審査が完了したりしますので、それと比べるとかなり時間が掛かります。

申込後に「入会申込書」が届いて返送する必要があるなど、二度手間になるのも時間が掛かる原因です。

審査のイメージとしては自動審査と手動審査の組み合わせでしょうかね。

在籍確認は基本無し!状況次第では有り!

最近はクレジットカード審査で在籍確認が行われる事はほとんど無くなっていますが、しかしクレジットカード会社が「在籍確認は行いません」と公表しているわけではありません。

つまり、有るのか無いのかはわからないという事です。

有ったと言う人も居れば無かった人も居て、有った理由と無かった理由は全く分からないんですね。

これは、有った場合は「在籍確認をする必要性があった」から行われたのだと推測できます。

ではどのような状況で必要性を感じるのか考えると、以下の状況が考えられます。

  • 転職して間もない
  • 転職してから初めての申込
  • 勤続年数が短い

逆に勤続年数10年以上で、直近もしっかりとクレヒスがあるような方の場合は、あえて確認をする必要は無いと言えますので省かれるのでしょうね。

すぐに出来る!審査通過の確率が高くなる3つの対策

ここまでお伝えしてきた審査基準などは、知ってもすぐに変える事が出来ない事ばかりでしたが、審査に良い影響を与えてくれる「即効性のある対策」をお伝えします。

多重申込にならないようにする

先ほど多重申込は審査落ちの原因になるとお伝えしました。これは多重申込にならないようにすれば良いのですぐに出来る審査対策です。

もしどうしても複数枚申し込みをする必要があって、JALカードの審査には通りたいと思うのであれば、先にJALカードを申し込むと影響を受けずに済みますよ!

他社カードの残高を出来るだけ減らしておく

クレジットカードの審査では他社の借入額も見られますので、当然ですが多少でも減らしておけば審査に有利になります。

他に持っているクレジットカードの限度額がいっぱいいっぱいの状態と、限度額に余裕がある状態では全然印象が違いますよね!

限度額がいっぱいいっぱいだと、大丈夫かな?ってなってしまいます。

少しでも余裕のある状態にしておいた方が印象が変わりますよ!

余分なカードは解約する

クレジットカードの所持枚数が多いと借入可能額(限度額設定可能枠)の残り枠が少なくなっている可能性が高くなります。

借入可能額は、例えば借入可能額が200万円だと判断された人の場合、限度額100万円のクレジットカードを2枚持っていたら、もう限度額を設定する枠が残っていませんので新たなクレジットカードを作る事が難しくなってしまいます。

それと貸し倒れリスクも高くなるので審査に良い影響を与える事はありませんし、

沢山持っていたら「JALカードをあまり使ってくれそうにない」とも思えてしまいます。

必要のないクレジットカードを解約する事で、これらの心配事を少しでも解消する事が出来ますよ!すぐに出来る対策としてかなり有効です。

JALカード公式サイトはこちら
↓↓

JALカード審査口コミ

JCB CARD Wの審査口コミを紹介します。

20代の口コミ

審査通過
↓↓

合否 審査通過
性別 男性
職業 フリーター
年収 200万円代
限度額 30万円
フリーターなので通らないだろうと思っていたけど通りました!カードが届くまで時間が掛かると聞いていましたが本当でしたね・・・

審査落ち
↓↓

合否 審査落ち
性別 男性
職業 派遣社員
年収 250万円くらい
限度額
申し込みから20日後に否決のハガキが届きました。多重気味と思われたかもしれませんね。

30代の口コミ

審査通過
↓↓

合否 審査通過
性別 男性
職業 会社員
年収 600万円代
限度額 30万円
多重気味のためか限度額は渋めでしたが通りました!あまり使う事は無いと思いますが・・・

審査落ち
↓↓

合否 審査落ち
性別 男性
職業 会社員
年収 400万円代
限度額
多重申込でスグに否決メール!直近でANAカードは通ったのに・・・否決の連絡が遅すぎますね。

40代の口コミ

審査通過
↓↓

合否 審査通過
性別 男性
職業 会社員
年収 700万円代
限度額 50万円
過去に三菱UFJニコスでクレヒスにキズを付けてしまった事があるので落ちると思っていましたが通りました!温情発行のためか限度額は低めでした!

審査に落ちた方の口コミを見て見ると、やはり「多重申込」の自覚がある方が多いように思います。クレヒスにキズがある場合は当然なのでどうしようもないですね。

クレヒスにキズがあると年収が数千万円あっても審査落ちしますので、やはりクレヒスは重要です!しかし全体的に見ると審査通過の口コミが多いので、JALカードは作りやすいカードと言って良いですね。

JALカード基本情報

JALカード

  JALカード
(VISA/Master)
申し込み資格  18歳以上(高校生を除く)の方で日本に生活基盤があり、日本国内でお支払いが可能な方
年会費  2000円(税別)
◦初年度年会費無料
家族カード年会費  1000円(税別)
◦初年度年会費無料
ETCカード年会費  年会費無料
※新規発行手数料は1000円(税別)
JALマイル還元率  通常のマイル還元率は0.5%(200円で1マイル)
※JALカード特約店では1%(100円で1マイル)
●年会費3000円(税別)のショッピングマイルプレミアムに加入するとマイル付与率が倍になり、通常が1%、特約店は2%となります。
海外旅行保険(自動付帯) ◦ 死亡・後遺障害が最高1000万円
◦救援者支援費用が最高100万円
ショッピング保険  なし

JALカードの入会キャンペーン最新情報、カード詳細はコチラをご覧ください。
↓↓

JAL普通カードの入会キャンペーン最新版!最大4600マイル獲得

「JAL普通カードの入会キャンペーン最新情報が知りたい」 「普通カードの入会キャンペーン特典は何マイ ...

続きを見る

JALカードは空港で作る方法もありますが、ネット申込とどちらがお得なのかを解説した記事もありますのでご覧ください。
↓↓

JALカードの作り方を解説!ネット申込と空港勧誘はどっちがお得?

「ネット申込と空港申込はどっちがお得なの?」 「申し込み方で何か違いはある?」 JALカードの作り方 ...

続きを見る

まとめ

今回はJALカードの審査基準を解説しましたが、審査に関しては公式の発表が一切ありませんのであくまでも予想になります。

クレジットカード審査は「なぜこの属性で審査落ちなの?」というケースも少なくないので本当にわからない部分が多いですが、今回の審査基準予想はこれまでの実績や様々な情報を精査して導き出した物なので、それほど大きな見当違いは無いと自負しています。

十分に参考にして頂いて良い内容です!

JALカードの審査通過に必要な基準は以下の通りです。

  • 年齢は18歳以上で日本に生活基盤がある方
  • 学生・フリーター・主婦でも申込OKで正社員・公務員なら間違いない
  • 年収は100万円代~200万円代でもOK
  • 勤続年数は長いほど良い(最低でも1年以上は欲しくて3年以上なら完璧)

公式サイトで明確に表記があるのは「18歳以上で日本に生活基盤がある方」「学生OK」という部分だけです。

学生OKで特に職業の事に触れていませんので、フリーターや主婦でも申込む事が出来ますし、審査通過も全然可能です。

必要年収については、学生もOKという事から考えると100万円代でも問題無いと思います。

なぜならクレジットカードには限度額の設定がありますので年収100万円代ならそれに見合った限度額になるだけだからです。

200万円~300万円以上ならまったく問題ありません。

年収よりは「勤続年数」の方が重要かなと思います。最低でも1年以上で、3年以上あれば完璧です!

ただし、以下の「審査落ちする人の特徴」に該当するものがあると少し黄色信号が灯ります。

  • クレヒスにキズがある
  • 多重申込をしている(6ヶ月以内に3枚以上)
  • 6ヶ月以内に他社のクレジットカード審査に落ちている
  • 過去にMUFGグループで金融事故を起こしている
  • 30代後半以上でスーパーホワイト

これはJALカードの審査に限らず、他社のクレジットカード審査でも厳しくなる要素が多いです。

ちなみになぜMUFGグループなのかと言うと、今回の審査基準はJALカード(VISA/Master)を対象にしているからで、VISA/Masterの発行は三菱UFJニコスカードだからです。

今更どうしようも無い事もありますが、スグに対策できる事もありますので心当たりがある方は参考にしてください。

JALカードは特に審査が難しいカードではありません。JALの利用促進を目的としたクレジットカードなので、JALに搭乗する人を増やすためにも積極的に発行しているイメージがあります。

基本的には18歳以上で普通に働いていて年収が最低100~200万円以上、クレヒスにキズが無ければ全然審査通過のチャンスはあるカードです。思い切って申し込んでみれば良い結果になるはずですよ!

JALカード公式サイトはこちら
↓↓

アドセンス

アドセンス

-JALマイル, クレジットカード, マイル, 審査
-,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.