クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード ゴールドカード 海外旅行保険 空港ラウンジ・プライオリティパス

ハワイで便利なクレジットカードはこれ!お得な機能や特典満載の5枚!

更新日:

「ハワイで役立つクレジットカード特典って何があるの?」

「ハワイで便利に使えるクレジットカードが知りたい」

ハワイに持っていくクレジットカードで悩んでいませんか?

選ぶクレジットカードによっては、ハワイ旅行をよりお得で楽しいものにしてくれますし、保険などが充実していて安心も出来ます。

知らずにいると後から後悔をするようなお得な特典も沢山ありますので、どうせならクレジットカードを使いこなしてお得に楽しみたいですよね。

そこで今回は、ハワイ旅行を楽しめる便利な機能、役に立つ特典を解説して、それを持ち合わせているクレジットカードを紹介します。

これを読めばハワイに持っていくクレジットカードで悩む事は無くなりますよ。

目 次

ハワイ旅行をより楽しくしてくれるクレジットカード特典を紹介

クレジットカードは決済に使うだけではなくて、旅行で役立つ便利な機能があります。

ハワイ旅行をより楽しくしてくれるクレジットカードの機能・特典をまとめました。

  • ハワイのどこでも使える国際ブランド
  • 海外旅行保険が充実している
  • 現地サポートデスクが便利
  • クレジットカード利用手数料がお得
  • キャッシング手数料がお得
  • ハワイでお得な特典がある
  • 海外利用でポイントアップ
  • ハワイの空港ラウンジが利用出来る

上記の条件・特典があるクレジットカードがあればハワイで便利に旅行を楽しむことが出来ます。

ひとつづつ解説していきます。

国際ブランドはVISAとMastercardがベター

ハワイではどの国際ブランドもだいたい使う事が出来ます。

しかし、ちょっと小さいお店に行ったりした場合に使えない国際ブランドも出てくるかもしれませんので、ハワイはもちろん、どこでも使えるVISAとMastercardがあればベターです。

VISAを持ちたい場合は、VISA自体が発行しているクレジットカードはありませんので、サービス・特典が充実しているクレジットカードでVISAブランドを選択すると完璧です。

例えば楽天カードのVISAブランドのような感じです

JCBは日本人向けの特典が多いのでおすすめ

JCBは国際ブランドとして知られていますが、VISA/Masterなどと比べると使えない所も多いと言われていますが、ホノルル市内などでは困る事はありません。

なにより、JCBは日本発の国際ブランドなので、日本人に人気のハワイではとにかく特典・サービスが充実しています。

下記でも紹介しますが、JCBブランドのクレジットカードがあればハワイでの移動手段として使えるトロリーに乗り放題となります。1回乗るのに2ドルですが、JCB1枚あれば配偶者と子供2人も無料です!

おすすめはVISAもしくはMastercard1枚と、便利な特典・優待が多いJCBを持っておくと良いですね。

海外旅行保険は自動付帯が必須

海外旅行では医療費などの様々なトラブルに備えるために海外旅行保険に入っておくことが必須ですが、海外旅行保険はクレジットカードの特典として付帯していますので、それを上手く利用すればわざわざ保険料を支払って保険に加入する必要は無くなります。

海外旅行のトラブルで1番多いのは病気・ケガです。

ハワイはアメリカです。アメリカと言えば医療費は全て自己負担なので、ちょっとした病気や入院でとんでもない費用が掛かってしまいます。

盲腸などで手術、5日程度入院をすると300万円以上請求されるなんて話も珍しくありません。もし全額自腹ってなったら結構痛いですよね・・・

傷害・疾病治療費用が重要!家族特約もあると最高

海外旅行保険には病気・ケガの補償項目があるので、ここを1番重視するべきです。逆に1番使う可能性が低いのは死亡・後遺障害です。

しかし、クレジットカードの海外旅行保険で1番大きく宣伝される項目は死亡・後遺障害です。

それは補償額が1番大きいので目立つからと言う理由があるからですが、1番使う可能性が低いからこそ補償金額が大きくなっているのです。

死亡・後遺障害の金額を大々的に宣伝して「海外旅行保険付帯」を宣伝していても、1番重要な傷害・疾病治療費用は「保証なし」なんてクレジットカードもありますので、知らずにいるといざと言う時に補償が無くて困る事になってしまいますよ。

海外旅行保険の実力を測るには傷害・疾病治療費用を見なければなりません。

例えばJCBゴールドは年会費は10000円(税別)で傷害・疾病治療費用は最高300万円となっていて、さらに家族も最高200万円まで補償を受ける事ができる家族特約があります。

これだけの補償額があればとりあえずは安心できます。

JCBゴールドは空港ラウンジも利用出来ますし、他にショッピング保険も年間500万円まで補償になりますので、海外旅行保険以外の所でもかなり活躍しますよ。家族の補償があるのは素晴しいですね。

現地サポートが便利なのは楽天カード・JCBカード

ハワイは日本人が多く訪れる国なので、日本語も通じやすいし日本人が過ごしやすい環境が整っていると言えます。

しかし、やはりそこは海外なので土地勘もありませんし分からない事だらけで不安になりますよね。

そんな時はクレジットカードを持っているだけで無料利用出来る日本語対応サポートデスクが便利です。

JCBプラザ、楽天カードラウンジを全て利用可能にする方法

ハワイで便利なサポートデスクと言えば有名なのはJCBプラザです。

こちらはJCBカードを持っているだけで利用する事が出来ますが、JCBプロパーカード(オリジナルシリーズ)ではなくても国際ブランドがJCBのクレジットカードを持っていれば利用する事が出来ます。

楽天カードラウンジもサービス充実で便利

2017年8月にオープンした楽天カードラウンジは設備も新しくてサービスが充実しているので快適だと評判です。

楽天カードラウンジのサービス内容については下記で解説しています。

JCBプラザ、楽天カードラウンジが全部使えるのは楽天カードのJCBブランド

楽天カードで国際ブランドをJCBにすればJCBプラザも楽天カードラウンジも利用する事が出来ます。

JCBはハワイでは様々な特典がありますので1枚は持っておいて損はないですよ。

クレジットカード利用手数料がお得なのはVISA/Master・JCBがお得

海外で買い物をしようと思うと円を現地通貨に両替する必要がありますが、両替をするには手数料(為替手数料)が取られてしまいます。

これはクレジットカードを利用した場合も同じ手数料を取られますが、クレジットカードの手数料は両替などと比べても1番お得です。

手数料はクレジットカードの国際ブランドに決まっていて、それぞれで率が変わります。

国際ブランド 手数料(為替手数料)
VISA 1.63%
Mastercard 1.63%
JCB 1.6%
amex 2%
ダイナース 1.3%

ちなみに為替レートはそれぞれが所定の為替レートを元に計算されます。

為替レートは買い物をした時のレートではなくて、利用情報がカード会社に届いた時のレートになります。利用情報が届くのは4日程度あとになります。

もし、利用情報が届くまでの間に相場が大きく動いたら損をする可能性がありますが、よほど大丈夫だと思います。

必ずしもドル払いにはならない!アメックスはドル払いのみなので安心

上記の手数料はドル払いをした場合に適用になりますが、海外ではドル払い以外にも「円払い」をすることも出来ます。

ただ、円払いの場合は上記の手数料が適用されるわけでは無くて、お店が決めた手数料となります。

この手数料はだいたい3%とかになりますので、かなり高くなってしまいます。

知らずに円払いになっている場合もある!

クレジットカード払いをすると、必ずしもドル払いになるわけでは無く、「円払い」にされてしまう事もあります。

支払いをする時はしっかりと「ドル払い」と伝えるようにしましょう。

店が設定している手数料は、両替所やクレジットカード会社の手数料よりも高くなっている事がほとんどなので、間違いなく損をする事になってしまいます。

ちなみにアメックスは手数料が2%で高めの設定ですが、そもそも円払い自体が出来ませんので2%から変わる事がありません。ですのでアメックスなら何も考えずに決済に使う事が出来る点はメリットと言えますね。

両替よりキャッシングがお得!セディナカードならATM手数料も無料

海外では基本的にクレジットカード決済を利用するのがおすすめですが、クレジットカードが使えない場面もあったり、クレジットカードの紛失、それと海外ではチップの文化がありますので、やはり現金は絶対に必要です。

現金を調達するなら、両替などよりもクレジットカードのキャッシングを利用したほうがコストを最安に抑える事が可能です。

キャッシングは「手数料」ではなくて「金利」という考え方

国内、現地でも両替をする場合は1ドル1.5円程度の手数料が上乗せされますが、クレジットカードのキャッシングの場合はこのような手数料ではなくて「金利」となります。

金利は借りた日数によってコストが変わってきますので、返済を早める事でコストを意図的に下げる事が可能です。

クレジットカードのキャッシングは繰り上げ返済をする事が出来るクレジットカードもありますので、そうする事によって金利を最安に出来ます。

しかし、通常だと繰り上げ返済をするにはコールセンターに電話をして手続きをしなければならないなど、非常にメンドクサイ事が多いですが、セディナカードなら、公式サイトの「ご入金受付」からPay-easy(ペイジー)で返済をする事が出来ます。

ペイジーでの返済は最短でATMを利用の2日後には返済が出来るようになりますので、最短返済なら金利は2日分となります。

キャッシング金利はだいたい年利18%で1日あたり0.05%

18%って高いと思うでしょうが、これは「年利」なので1年間借りた場合の利率で、1ヵ月なら1.5%、1日だけなら0.05%となります。

つまり仮に10万円を3日借りただけなら金利は0.15%となるのでコストは150円で済みます。

両替とキャッシングだと1182円も差が出る!

2018年10月17日現在のドル円レートは1ドル112.51円なので、このレートで10万円をりょうがえじょで交換したとすると888.80ドルとなります。

現地両替所は1ドル1.5円の手数料を取りますので、1.5円×888=1332円となります。

こちらは両替なので返済などの手間はありませんが、セディナカードキャッシング3日返済と比べるとコストは1182円も高くなります。

いかにセディナカードのキャッシングがお得かわかりますよね。

そしてもうひとつ、もしキャッシングで現地のATMを利用するとなるとATM手数料がかかりますが、セディナカードは無料です。

海外でキャッシングならセディナカードが神がかってお得です。

ハワイでお得な特典がある

ハワイは日本人が大好きな旅行先なので、観光客もかなり多いのでクレジットカード会社も自社カードを利用してもらうために色々とお得な特典を付けて利用促進をしています。

せっかっくなのでそんな特典を使わないわけにはいきませんよね。

JCBならトロリー乗り放題

ハワイの観光を楽しむならレンタカーを借りて自由に行動するなんて方も多いと思いますが、費用が高くなってしまいます。そこで「トロリー」と言うハワイの市バスのような交通手段を使うとお得に移動が出来ます。

1回乗るのに2ドルですが、JCBブランドのクレジットカードがあればハワイでの移動手段として使えるトロリーに乗り放題となります。JCB1枚あれば配偶者と子供2人も無料です!

ハワイ利用分のポイントが倍になる!アメックスは3倍

海外での利用でポイントが倍になるクレジットカードは意外と多いです。

理由は単純で、海外利用では手数料(為替手数料)を徴収するからです。その徴収分からポイントを還元するわけですが、還元率は各社で違いますし、

アメックスは通常100円で1ポイントが貯まりますが、海外利用(外貨建て決済)は100円=3ポイントが貯まります。(年会費3000円(税別)のメンバーシップリワードプラスに登録が必要です。)

100円につき通常1P+ボーナスポイント2Pとなります。

※年間ボーナスポイントの上限は最大100.000ポイント(500万円利用分)となります。

ポイント3倍は素晴しいですね。

JCBカードも2倍

JCBカードも海外での利用分はポイントが2倍となります。

JCBカードは通常1000円1ポイントで、1ポイントの価値は5円なので還元率は0.5です。海外利用は2倍なので還元率1%となります。

JCBは手数料(為替手数料)も高くありませんのでポイント2倍はお得です。

楽天カードならベビーカーもレンタル無料

画像出典:楽天カード公式サイト

楽天カードハワイラウンジはかなり便利で、ベビーカーのレンタルも出来ます。

  • カードの盗難・紛失時の相談
  • お荷物の当日中一時お預かり
  • Wi-Fiサービス、PC/プリンター
  • ドリンクサービス
  • 傘の貸出
  • マッサージチェア
  • ウォシュレット付きのトイレ
  • ベビーカー貸出
  • 授乳室・キッズスペース

などなど、日本人が好むサービス内容となっていて、素晴らしいですね。

個人的にはウォシュレットトイレが良いなと思います。

日本では当たり前になりつつあるウォシュレット付きトイレは海外ではあまり無いので嬉しいですよね。

ベビーカー貸出なんてのも素晴らしいです。有名なベビーカーも借りる事が出来ます。

画像出典:楽天カード公式サイト

楽天トラベルデスク提供サービス

空港送迎やレストラン、スパの予約など、ハワイ滞在中の相談を気軽に出来ます。

現地で使えるクーポン多数

画像出典:楽天カード公式サイト

飲食店でのデザートサービスやショップでの割引などの特典を受けられます。

さすが楽天カードというサービス内容ですね。

さらに楽天ゴールドカードなら空港ラウンジも利用出来ます。↓↓

ハワイの空港ラウンジをお得に利用するなら楽天ゴールドカードがおすすめ

ハワイのダニエルKイノウエ空港でクレジットカード特典として使えるカードラウンジと言えばIASSラウンジが有名で、こちらはゴールドカード、プラチナカードなどの多くのクレジットカード特典で利用出来るようになっています。

それぞれのクレジットカードは年会費が全然異なりますが、1番安い年会費で利用特典が付いているのは楽天ゴールドカードです。

しかも、楽天ゴールドカードなら上記で紹介した楽天カードラウンジを利用する事が出来ますので一石二鳥です。

プライオリティパスならビジネスクラスの空港ラウンジが利用可能

アメックスゴールドなどは空港ラウンジ特典でプライオリティパスが取得できる特典が付いています。

楽天ゴールドカード、JCBゴールドカードなどで利用出来る空港ラウンジはIASSラウンジになりますが、プライオリティパスがあるとプルメリアラウンジが利用可能となります。

ハワイアン航空のビジネスクラス以上が利用出来るラウンジなのでかなり快適です。

ハワイに持っていくおすすめクレジットカード

ここまで、ハワイで便利なクレジットカード機能・特典などを紹介してきましたが、その条件を満たしているおすすめカードを紹介します。

楽天ゴールドカード(JCB)

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード(VISA/Master/JCB)
申込資格 原則20歳以上で、本人に安定収入のある方
年会費 2000円(税別)
家族カード年会費 500円(税別)
ETCカード年会費 無料(発行手数料無料)
ポイント還元率&有効期限 ●通常1%
100円で1ポイント(1円分)
月の合計利用額にたいして100円で1ポイント付与)
●ポイント有効期限は増減があった時点から1年
海外旅行保険(利用付帯) ◦傷害・死亡後遺障害:最高2000万円
◦傷害・疾病治療費用:最高200万円
ショッピング保険 なし

楽天ゴールドカードは利用付帯ですが海外旅行保険も付帯しています。少々物足りませんが無いよりは安心です。

楽天ゴールドカードのハワイで便利な機能

  • 楽天カードラウンジが利用可能
    (国際ブランドをJCBにすればJCBプラザも利用可能)
  • 国際ブランドを選択すればトロリー乗り放題
  • ダニエルKイノウエ空港の空港ラウンジが利用可能
  • クレジットカード利用手数料が安い(JCBブランドなら1.6%)

楽天ゴールドカードは現在、お得な入会キャンペーンを火災中です。入会キャンペーンの最新情報はコチラの記事をご覧ください。

楽天ゴールド入会キャンペーン最新2019年版!最大13000ポイント

「キャンペーン特典は簡単に獲得出来るの?」 「ポイントが1番お得になるのはいつなの?」 楽天ゴールド ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード(JCB)
申込資格 20歳以上で、本人に安定収入のある方(学生不可)
年会費 10000円(税別)初年度年会費無料
家族カード年会費 1枚無料・2枚目から1000円(税別)/枚
ETCカード年会費 無料(発行手数料無料)
ポイント還元率&有効期限 ●通常0.5%
1000円で1ポイント(5円分)
(月の合計利用額にたいして1000円で1ポイント付与)
●ポイント有効期限3年
海外旅行保険(自動付帯) ◦傷害・死亡後遺障害:最高1億円(自動付帯は5000万円)(家族は1000万円)
◦傷害・疾病治療費用:最高300万円(家族は200万円)
ショッピング保険 年間最高500万円

JCBゴールドのハワイで便利な機能

  • 海外旅行保険が充実(家族も補償対象)
  • JCBプラザが利用可能
  • トロリー乗り放題
  • ダニエルKイノウエ空港のIASSラウンジが同伴者1名無料
  • 手荷物無料宅配が往復無料(JCBトラベルデスクで5万円以上のツアー代金支払い)
  • クレジットカード利用手数料が安い(1.6%)
  • 利用分のポイント2倍

JCBゴールドは現在、お得な入会キャンペーンを開催中です。入会キャンペーンの最新情報はコチラの記事をご覧ください。

JCBゴールド入会キャンペーン最新版!最大10000円相当の特典

「JCBゴールドの入会キャンペーンはお得?」 「キャンペーン特典は何に使えるの?」 JCBゴールドは ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

アメックスゴールド

アメックスゴールド

アメックスゴールド(amex)
申込資格 満20歳以上で本人に安定した継続収入がある方
年会費 29000円(税別)
家族カード年会費 12000円(税別)1枚目無料
ETCカード年会費 無料(発行手数料850円税別)
ポイント還元率&有効期限 ●通常0.5%
※メンバーシップリワードプラス加入で還元率1%(年会費3000円税別)
利用毎に100円で1ポイント付与)
●ポイント有効期限3年(1度でもポイントを交換するorメンバシップリワードプラス加入で無期限)
海外旅行保険(自動付帯) ◦傷害・死亡後遺障害:最高1億円(自動付帯は5000万円)(家族は1000万円)
◦傷害・疾病治療費用:最高200万円(家族は200万円)
ショッピング保険 年間500万円

アメックスゴールドのハワイで便利な機能

  • 海外旅行保険が充実(家族も補償対象)
  • 海外でも24時間365日電話サポート「オーバーシーズアシスト」が利用可能
  • プライオリティパス付帯なのでVIP高級ラウンジが利用可能(2回まで無料)
  • ダニエルKイノウエ空港のIASSラウンジが同伴者1名無料
  • 手荷物無料宅配が往復無料
  • クレジットカード利用手数料はドル払いのみなので必ず2%で変動なし(安心)
  • 利用分のポイント3倍

アメックスゴールドは現在、お得な入会キャンペーンを開催中です。入会キャンペーンの最新情報はコチラの記事をご覧ください。

アメックスゴールド入会キャンペーン最新版!最大30000ポイント

「入会キャンペーン特典の獲得は簡単?」 「どれくらいお得なの?」 アメックスゴールドの入会キャンペー ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

サブで持っておきたいおすすめクレジットカード

おすすめのクレジットカードを紹介しましたが、使いたい特典のためだけにサブで持っておきたいクレジットカードを紹介します。

エポスカード

エポスカードと言えば、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯になっているのが有名です。

海外旅行保険の補償項目の中で重要と言われている「傷害・疾病治療費用」は他社の海外旅行保険の「傷害・疾病治療費用」と合算する事が出来ます。

エポスカードは自動付帯なので持っているだけで海外旅行保険が使えます。つまりエポスカードを使わなくても持っておくだけで「傷害・疾病治療費用」が使えるし、他の保険の補償額を上積み出来ます。

しかも国際ブランドもVISAなので、いざと言う時は決済で利用する事も出来ます。

なんと言っても年会費無料なので負担無しで持てるのは素晴しいですね。

エポスカード

エポスカード(VISA)
申込資格 18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生除く)
年会費 無料
家族カード年会費 家族カード無し
ETCカード年会費 無料(発行手数料無料)
ポイント還元率&有効期限 ●通常0.5%(200円で1円分)
利用毎に200円(税込)1ポイント付与)
●ポイント有効期限2年
海外旅行保険 ◦傷害・死亡後遺障害:最高5000万円
◦傷害・疾病治療費用:最高200~270万円

引用:エポスカード公式サイト

エポスカードはお得な入会キャンペーンを開催しています。最新情報はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

エポスカード入会キャンペーン最新版!最大8000ポイント

「入会キャンペーン最新情報が知りたい!」 「特典は簡単に獲得出来るの?」 エポスカードは入会キャンペ ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

セディナカード

先ほどもお話ししましたが、ハワイで現金を調達するなら両替よりもクレジットカードのキャッシングの方がコストを抑えられるとお話ししました。

そしてその為には「繰り上げ返済が手軽に出来る」事と、さらに「ATM手数料が無料」であることが条件ですが、この2条件を備えていて、なおかつ年会費無料のクレジットカードがセディナカードです。

もし、現金の調達を最安でしたいと言う場合はおすすめのクレジットカードです。

セディナカード

セディナカード(VISA/Master/JCB)
申込資格 18歳以上(学生可能、高校生除く)
年会費 無料
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 無料(発行手数料が1000円税別)
ポイント還元率&有効期限 ●通常0.5%(200円で1円分)
利用毎に200円1ポイント付与)
※ETC利用分は1.5倍

●ポイント有効期限2年
旅行保険 付帯していません

引用:セディナカード公式サイト

国際ブランドはVISAかMastercardを選択しておけば、いざと言う時のショッピングの決済に利用する事が出来ます。

しかも、セディナカードは「7日間無利息キャッシング」キャンペーンを開催中です。

キャッシングの為に作るのも有りですね。

申込はコチラ
↓↓

セディナカード公式サイト

まとめ

ハワイでクレジットカードを利用するなら以下の機能・特典があるクレジットカードを選ぶと便利&お得です。

  • ハワイのどこでも使える国際ブランド
  • 海外旅行保険が充実している
  • 現地サポートデスクが便利
  • クレジットカード利用手数料がお得
  • キャッシング手数料がお得
  • ハワイでお得な特典がある
  • 海外利用でポイントアップ
  • ハワイの空港ラウンジが利用出来る

まず、クレジットカードの国際ブランドですが、日本発のクレジットカード会社であるJCBはハワイでお得な機能や特典が多くなっていますので、JCBブランドのクレジットカードは1枚は持っておきたいですね。

他は使える場所の多さを考えてVISA/Masterをもう1~2枚持っておけば完璧です。VISA、Master、JCBは海外利用手数料も安いです。

現地サポートデスクは楽天カードラウンジやJCBプラザが便利ですので、1枚もっておくだ持っておくだけでどちらも利用出来る楽天ゴールドカードのJCBブランドはおすすめです。ダニエルKイノウエ空港の空港ラウンジも利用出来ます。

VIP空港ラウンジを利用したり、海外旅行保険を充実させたいならアメックスゴールドもおすすめです。

アメックスはドル払いのみしか選択できませんので海外利用手数料が変動する事が無くて安心出来ます。

今回紹介したハワイで便利な機能や特典を多く兼ね備えているクレジットカードを持っておけば、旅をさらに楽しむことが出来ますよ。

楽天ゴールドカード公式サイト

JCBゴールド公式サイトはコチラ

アメックスゴールド公式サイト

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, ゴールドカード, 海外旅行保険, 空港ラウンジ・プライオリティパス
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.