クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード ゴールドカード 審査

ゴールドカードの審査基準を徹底解説!初めて作る方におすすめの5枚!

更新日:

「ゴールドカードの審査基準が知りたい」

「自分はゴールドの審査に通るのか不安」

ゴールドカードってなんだか「審査が厳しそう」っていうイメージが先行しているので、最初からあきらめてしまっている方も多いですよね。

でも、実は最近のゴールドカードは審査は通りやすい傾向にあります。

そして、ゴールドカードと言っても種類がありますので選択するカードによっては審査は全然変わります。

自分に合ったものを選べば、審査通過率も高くする事が出来ます。

今回は、ゴールドカードの審査が不安で申し込みを躊躇してしまっている方に向けて、ゴールドカードの審査基準などを解説します。

これを読めば自分がゴールドカード審査に通りそうかどうかがわかるので、不安を払しょくできますし、最適なゴールドカードの選び方が分かりますよ。

ゴールドカードの審査基準!重要視される部分

まず、ゴールドカードと言っても色々あり、最近では年会費が安いゴールドカードも沢山出てきています。

格安年会費のゴールドカードと一般的なゴールドカードだと、もちろん審査は全然変わってきます。

ゴールドカードの主な種類は以下の3つです。

  • 格安年会費のゴールドカード(年会費2000円程度)
  • ヤングゴールドカード(年会費2~5000円程度)
  • 一般的なゴールドカード(年会費10000円以上)

格安年会費は、ゴールドカードの人気特典である「空港ラウンジ特典」だけを付帯しただけのイメージで、ヤングゴールドは若者が対象となっていて、これから自社の顧客であり続けてもらうために、年会費の割にはサービスがかなり充実しています。

一般的なゴールドカードは従来通り、空港ラウンジ特典に加えて海外旅行保険やトラベル・ダイニングサービスが充実しているなど、贅沢な特典が沢山付帯しています。

このように、審査基準は全然変わりますので、まずは自分の目的に合ったゴールドカードを選ぶ必要がありますね。

申し込み資格は20歳以上が基本

まず、これは審査基準と言うよりはそれ以前の話で「申し込み資格」についてです。クレジットカードの申込資格は基本的に「18歳以上」となっている事が多いですが、ゴールドカードの場合は「20歳以上」がほとんどです。中には「18歳以上」という場合もありますが、それでも「学生は除く」となっている事が多いです。

※大学生も可能なゴールドカードもあります。

クレジットカードによっては「25歳以上」という場合もあり、社会人3年目以上を条件にしている物もあります。

この傾向から読み取れる事は、ゴールドカードの対象は「安定している社会人」である事が求められています。

社会人である事が求められるのは、やはりある程度の年収があると予想が出来るからです。

社会人である事が重要なのではなくて、ある程度の年収がある事が重要なのです。

ではどのくらいの年収が求められるのでしょうか?

必要な年収予想額

これはどのゴールドカードによるかで変わりますが、一般的なゴールドカードなら年収250万円くらいが目安になるのではと思います。だいたい月に20万円くらいですね。

  • 格安年会費➡150万~200万円以上~
  • ヤングゴールドカード➡150万~200万円以上~
  • 一般的なゴールドカード➡250万円以上~

あくまでも予想です!この金額に満たない場合でも、例えば職業によっては問題視されない事もあったりします。
↓↓

職業は「安定している」が高評価!

ゴールドカードの審査はどんな職業であるかも重要視されます。基本的には正社員や会社役員であることが求められますね。

フリーターなどの場合、もし一般ゴールドカードが欲しいと思っているのであれば、高い年収額を求められるかもしれませんね。

例えば大企業に就職している場合、年収がまだ少なくて上記の年収に満たなかった場合でも良しとされる可能性が高いです。

他には公務員なども評価は高くなります。

とにかく「安定している事」が求められますね。

  • 格安年会費のゴールドカード➡フリーターも年収次第でOK、正社員・公務員なら完璧
  • ヤングゴールドカード➡フリーターも年収次第でOK。正社員・公務員が望ましい
  • 一般的なゴールドカード➡フリーターだと厳しい。正社員・公務員が望ましい

ゴールドカード審査においては、年収額も大事ですが、それよりも職業の方が重要視されると考えて良いですね。しつこいようですが、とにかく「安定している事」が大事です。

他社借入額は少ない方が高評価

これは当たり前ですが、他社からの借入額が多ければ多いほど審査は難しくなります。

人は年収によってある程度の「借入可能額」と言うのは決まってきますので、他社借入額が多いという事はそれだけ枠が少なくなっている事になりますし、支払いの負担も大きくなってきます。

そうなると、やはり審査も厳しくなっていくのは間違いありません。

しかも借入の種類にも関係があって、クレジットカード残高じゃなくてカードローンや消費者金融の借入があるとかなり評価は下がってしまいます。

他社借入額は少ないに越した事はありませんね。

実はゴールドカード審査は通りやすい!その理由とは?

実はゴールドカードと言うのは審査に通りやすい要素が多いです。一昔前はゴールドカードを持つ事はステイタスが高かった時代がありましたが、今はかなり変わってきていて審査も通りやすくなっています。

その理由を解説します。

まず発行して限度額でコントロールする方針

クレジットカードには限度額と言うものがあり、限度額と言うのはあくまでも目安でみんな同じではありません。持つ人の収入や利用状況によって一人ひとり変わってきます。

当然、収入が多い人や支払い遅れが一度も無くてクレヒス(利用履歴)が綺麗な方などは限度額が多くなりますし、逆であれば少なくされてしまいます。

クレジットカード会社としては、1人でも多くの人に発行して利用してもらいたいと思っていますので、審査においてクレジットカード会社の方針は以下のような考え方になると予想できます。

「とりあえず発行して、利用状況を見ながら限度額をコントロールしてリスク管理をしていけば良い」

現に最近はこの方針を取っているクレジットカード会社は多くなってきている気がしますので、クレヒスにキズが無いなど、ある程度問題が無ければカードが発行される(審査通過)事自体はそんなに難しい事ではないという事になります。

しかも、ゴールドカードはクレジットカード会社としても出来るだけ発行したいと思う理由もあるのです。
↓↓

年会費収入

ゴールドカードは普通の一般カードのように年会費無料という訳ではありません。基本的にいくらかは年会費がかかりますので、それはクレジットカード会社の売り上げ利益となります。

クレジットカードを1枚発行すると、使ってくれても使ってくれなくても口座維持などの管理費はかかります。

クレジットカード会社はそれほどアテにしていないかもしれませんが、それを考えると年会費無料カードよりは絶対に年会費が取れた方が良いと思っているはずです。

ユーザーも利用してくれる可能性が高い

ユーザーは年会費無料カードだと、負担が無いので全く使わずに放置する事も出来てしまいます。

しかし、ゴールドカードの場合はユーザーも年会費を払っているわけですから、全く使わないという事はほとんど無くなります。

このように、ゴールドカードは審査に通りやすくなる要素が多いんです。

  • とりあえず発行して限度額でコントロールする方針
  • 年会費収入が取りたい
  • 年会費を取るとユーザーも利用してくれる
クレジットカード会社がユーザーを選ぶ時代は終わっています。今の時代はゴールドカードも宣伝をしているくらいなので、思っている以上に審査も通りやすいですよ。

審査に通りにくくなる要素

とは言っても、クレジットカード会社も誰にでも発行するわけではありません。

やはり審査落ちする人はします。

審査落ちで最も多い理由は以下の2つです。

  • クレヒスにキズ(延滞や債務整理をしてしまった)
  • 多重申込(短期間で沢山申込む事)
  • スーパーホワイト(これまでにクレジットカードやローンの利用が一度もない)

クレヒスにキズがあると絶対に通らない

クレヒスとはクレジットカードやローンなどの利用履歴の事ですが、延滞や債務整理などをしてしまうと記録が付いてしまいます。その記録があるとまず審査には通りません。

「この人は信用がありませんよ!」という印になってしまいます。

多重申込もリスク回避で審査落ちが濃厚

多重申込も審査落ちでよくある原因です。クレジットカードに申し込むと利用履歴に申し込んだことが記録されるので、審査の時に見られてしまいます。

なぜ多重申込がダメかと言うと、クレジットカードを沢山持っていたらそれだけ支払いを延滞する確率が高くなるし、支払い不能になって債務整理などをする可能性も高くなりますよね。

スーパーホワイトは年齢次第

スーパーホワイトとは、これまでにクレジットカード、ローンなどを利用した事が無く、クレヒス(利用履歴)に記録が全く無い(真っ白)ことからこのように言われています。

審査はこれまでの利用実績を見たりする事も重要ですが、スーパーホワイトはそれが無いので、判断のしようがありません。

しかし、年齢次第という事もあります。

例えば20代前半の方であれば、これまでにローンなどの利用が無い事は自然な事なので、そこまで問題視される事はありませんが、30代~40代以上だと色々な事を疑われます。

しかし、最近はスマホを分割で買う方も多いと思いますが、あれも立派なローンになりますのでクレヒスに記録が付きます。

3つの審査落ち原因を紹介しましたが、「多重申込」は避ける事が出来ますし、「スーパーホワイト」は携帯の分割をちゃんと支払うだけでも実績になります。

「クレヒスにキズがある」場合は残念ですが、あきらめた方が良いかもしれません。もしくは後ほど紹介する「ライフカードゴールド」に申し込んでみる事をおすすめします。

初心者におすすめの条件があるゴールドカード5選

初心者におすすめの「審査に通りやすい条件」を開設するとともに、その条件を持っているゴールドカードを紹介します。

外資系で独自審査を行っている

クレジットカードの審査と言うのは大体どこも同じような基準に基づいて審査を行っていますが、外資系の場合は国内のクレジットカード会社とは違う「独自の審査基準」で審査を行っていると言われています。

その外資系の代表的な存在がアメックスです。

アメックスと言えば過去には簡単に持つ事が出来ないゴールドカードを発行していた事もあり、憧れの的となっていましたが、今ではだいぶ落ち着いて来ており比較的審査も優しくなってきています。加えて独自の審査基準を持っており、先ほどもお話しした「まずは発行して限度額をコントロールしてリスク管理をする」という方針を取っていますので、審査に通ったと言う人がかなり多いです。

その代わり、発行された後の限度額はかなり渋めとなっていて、かなりの実績を積まないと限度額が上がらなくなっています。しかし、これはまさに審査に通りやすい事の証明です。

アメックスゴールド

 

アメックスゴールドは「一般的なゴールドカード」の部類です。日本で1番有名なゴールドカードと言っても過言ではなく、アメックスが発行しているプロパーカード(正規カード)の上級モデルです。通常モデルのグリーンカードの保険や特典をバージョンアップさせたカードです。
アメックスゴールド(amex)
対象年齢 20歳以上
年会費 29000円(税別)
家族カード年会費 12000円(税別)
※1枚は無料
ETCカード年会費 無料(発行手数料は850円税金)
ポイントプログラム メンバーシップリワードプラス
ポイント還元率&有効期限 ●通常0.4%
※100円で1ポイント(1Pは0.4円分)
(利用毎に100円で1ポイント付与)
◦年会費3000円(税別)でメンバーシップリワードプラス加入で還元率1%
●ポイント有効期限は3年で1回でも交換、またはメンバーシップリワードプラス加入で無期限
海外旅行保険
(自動付帯)
◦死亡後遺障害:最高5000万円(家族は最高1000万円)
◦傷害・疾病治療費用:最高200万円(家族は最高200万円)
◦航空機遅延保険が最高40000円
ショッピング保険 年間最高500万円

アメックスゴールドのメリット

  • 家族カードが1枚無料
  • マイルが貯まる
  • 高級レストランでコース料理が1名無料特典
  • 空港ラウンジ利用可能(同伴者1名無料)
  • 手荷物無料宅配(往復)
  • プライオリティパススタンダード会員無料登録(年に2回無料利用)
  • 空港サービスが充実
  • 海外・国内旅行保険が充実(家族の補償あり)
  • キャンセルプロテクション
  • お得な入会キャンペーンを随時開催中

アメックスゴールドの入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

アメックスゴールド入会キャンペーン最新版!最大30000ポイント

「入会キャンペーン特典の獲得は簡単?」 「どれくらいお得なの?」 アメックスゴールドの入会キャンペー ...

続きを見る

アメックスゴールドは年会費も高いですが、他人から高い評価を得る事が出来るので自尊心を満たしてくれる1枚です。もちろんアメックスのゴールドランクという事で特典や保険内容は贅を尽くした内容です。旅行好きにおすすめです。

アメックスゴールドの申込はコチラ
↓↓

発行の早さをウリにしている

発行の早さをウリにしているのは、それだけ審査スピードも早いと言う事になりますので、比較的審査にも通りやすいと言えます。

MUFGカードゴールド

 

MUFGカードゴールドは「翌営業日発行」と言うゴールドカードにしては珍しい「発行の早さ」をウリにしています。三菱UFJニコスカードが発行しているので信頼感は抜群です。
MUFGカードゴールド(VISA/Master/JCB)
対象年齢 18歳以上(学生除く)未成年は親権者の同意が必要
年会費 1905円(税別)
※初年度年会費無料
家族カード年会費 400円(税別)
※1枚目無料
ETCカード年会費 無料(発行手数料も無料)
ポイントプログラム グローバルポイント
ポイント還元率&有効期限 ●通常0.5%
※1000円で1ポイント(1Pは0.5円分)
(月の合計利用額に対して1000円で1ポイント付与)
◦年間100万円以上の利用で翌年は最大0.85%~1.1%
●ポイント有効期限は2年
海外旅行保険
(利用付帯)
◦死亡後遺障害:最高2000万円(年間20万円未満の利用額だと翌年は最高100万円)
◦傷害・疾病治療費用:最高200万円(年間20万円未満の利用額だと翌年は最高20万円)
ショッピング保険  最高100万円(海外利用分のみ)国内は分割・リボ払いのみ

MUFGカードゴールドのメリット

  • 年会費が格安
  • 初年度年会費無料
  • 発行が早い(翌営業日発行)
  • 18歳以上から申し込める(学生除く)
  • 国内外6箇所の空港ラウンジ利用可能
  • 国内外旅行保険付帯
  • ショッピング保険付帯(海外のみ・国内はリボ、分割のみ)
  • 航空機遅延保険(国内)
  • お得な入会キャンペーンを随時開催中
MUFGカードゴールドは発行が早いだけじゃなく、「18歳以上から申し込み可」「格安年会費」という条件も兼ね備えています。そして利用可能な空港数は少ないですが空港ラウンジも付帯していて、旅行保険、ショッピング保険、航空機遅延保険も付帯するなど抑える所はしっかりと押さえているゴールドカードです。

MUFGカードゴールドの申込はコチラ
↓↓

年会費が格安

年会費が格安という事は、それだけ作りやすくなっていてハードルが下げてある事になります。作りやすくしていて審査を厳しくしていたらあまり意味がありませんので、格安年会費のゴールドカードの場合は審査は通りやすくなっていると思います。

楽天ゴールドカード

 

楽天ゴールドカードは日本で1番持っている人が多い楽天カードの上級カードです。楽天カードの良い所を更に好条件にして、ゴールドカードの代表的な特典である空港ラウンジ特典が付帯しています。
楽天ゴールドカード(VISA/Master/JCB)
対象年齢 20歳以上
年会費 2000円(税別)
家族カード年会費 500円(税別)
ETCカード年会費 無料(発行手数料も無料)
ポイントプログラム 楽天ポイント
ポイント還元率&有効期限 ●通常1%
※100円で1ポイント(1Pは1円分)
(月の合計利用額に対して100円で1ポイント付与)
◦楽天市場では還元率5%以上
●ポイント有効期限は1年で、1Pでも増えればそこから1年に更新(実質無期限)
海外旅行保険
(利用付帯)
◦死亡後遺障害:最高2000万円
◦傷害・疾病治療費用:最高200万円
ショッピング保険 無し(楽天市場でのショッピング保険あり)

楽天ゴールドカードのメリット

  • 通常還元率が1%と高還元率
  • 楽天市場で還元率が5%以上
  • ETCカードが年会費無料(一般カードは有料)
  • 国内主要空港・ハワイの空港ラウンジ利用可能(年に2回まで)
  • ハワイのラウンジが利用可能
  • 海外旅行保険が付帯(利用付帯)
  • お得な入会キャンペーンを随時開催中

楽天ゴールドカードの入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

楽天ゴールド入会キャンペーン最新2019年版!最大13000ポイント

「キャンペーン特典は簡単に獲得出来るの?」 「ポイントが1番お得になるのはいつなの?」 楽天ゴールド ...

続きを見る

楽天ゴールドカードは楽天市場での還元率が楽天カードよりも良くなって、楽天カードのネックであるETCカード年会費も無料となっています。さらに空港ラウンジ特典が付帯していますので、楽天カードの良い所とゴールドカードの人気特典だけを付けて、なおかつ年会費を格安に抑えた素晴らしいゴールドカードです。

楽天ゴールドカードの公式サイトはコチラ
↓↓

ヤングゴールドカード(自動昇格)

ヤングゴールドカードはその名の通り「若者向けのゴールドカード」です。20代~30代くらいまでを対象としていますが、20代だと年収などの属性は低い事が多いのはわかっている事なので、審査基準を高くしていたらあまり意味がありませんよね。

ですのでヤングゴールドカードの場合は作りやすくなっています。

三井住友VISAプライムゴールド

 

三井住友VISAプライムゴールドは20代、学生がターゲットのゴールドカードです。審査も通りやすいですし、普通カードである三井住友VISAデビュープラスカードを持っていると、26歳になったところで自動的にプライムゴールドカードに自動昇格されるというシステムもありますので、その道筋でも持つ事が出来ます。
三井住友VISAプライムゴールドカード(VISA)
対象年齢 20歳以上30歳未満
年会費 5000円(税別)
※初年度無料
家族カード年会費 1000円(税別)
※初年度無料・1枚目は無料
ETCカード年会費 無料(発行手数料も無料)
ポイントプログラム ワールドプレゼント
ポイント還元率&有効期限 ●通常0.5%
※1000円で1ポイント(1Pは0.5円分)
(月の合計利用額に対して1000円で1ポイント付与)
●ポイント有効期限は2年
海外旅行保険
(利用付帯)
◦死亡後遺障害:最高5000万円(家族は1000万円)
◦傷害・疾病治療費用:最高300万円(家族は200万円)
ショッピング保険  年間最高300万円(国内外問わず)

三井住友VISAプライムゴールドカードのメリット

  • 初年度年会費無料
  • 年間の利用額次第で翌年の還元率が最高0.8%
  • 海外旅行保険が充実(家族の補償あり)
  • ショッピング保険が充実(年間最高300万円で国内外問わず)
  • お得な入会キャンペーンを随時開催中

まずは普通カードの三井住友VISAデビュープラスから持って、自動昇格を目指したいと言う場合は三井住友VISAデビュープラスの最新情報とカード詳細をご覧ください
↓↓

三井住友VISAデビュープラスカード入会キャンペーン最新版!

三井住友VISAデビュープラスカードは、2019年9月2日(月)より最大12000円分プレゼントの入 ...

続きを見る

三井住友VISAプライムゴールドは20代を対象としたゴールドカードで、学生でも申込む事が出来ます。空港ラウンジ特典が付帯していたり、海外旅行保険は家族も補償対象になっているなど、ヤングゴールドですが一般的なゴールドカードに負けない仕上がりとなっています。

三井住友VISAプライムゴールドの申込はコチラ
↓↓

独自の審査基準で一人一人を個別審査

これはつまり「一般的に審査に通りにくい」ような人でも通る可能性があると言う意味です。この手のクレジットカードは数枚ありますが、ゴールドカードは珍しいです。

これまでに延滞した事があったり、スーパーホワイトであったりと、審査に不安がある方を対象としています。審査に通りやすいというのは公式サイトをご覧いただければご理解いただけると思います。

ライフカードゴールド

 

ライフカードゴールドはライフカードの上級カードで、ここで紹介しているライフカードゴールドは通常とは違い、国際ブランドはMastercardのみで「スマート審査版」となります。
ライフカードゴールド(Master)
対象年齢 18歳以上(高校生除く)大学生も可能で、未成年は親権者の同意が必要
年会費 10000円(税別)
家族カード年会費 500円(税別)
ETCカード年会費 無料(発行手数料も無料)
ポイントプログラム ライフサンクスポイント
ポイント還元率&有効期限 ●通常0.5%
※1000円で1ポイント(1Pは0.5円分)
(月の合計利用額に対して100円で1ポイント付与)
◦楽天市場では還元率5%以上
●ポイント有効期限は1年で、1Pでも増えればそこから1年に更新(実質無期限)
海外旅行保険
(利用付帯)
◦死亡後遺障害:最高1億円
◦傷害・疾病治療費用:最高300万円
ショッピング保険  最高200万円(国内外問わず)

ライフカードゴールドのメリット

  • 18歳以上から申しこみ可能で大学生もOK
  • 誕生月はポイント3倍(還元率1.5%)
  • 独自の審査基準(審査に不安な方を対象)
  • 国内主要空港ラウンジが利用可能
  • 弁護士無料相談サービス
  • ゴールド専用デスクを利用可能
  • 海外・国内旅行保険が充実(家族も補償)

ライフカードゴールドのカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

ライフカードゴールドは独自の審査基準で作りやすい!メリットデメリットを徹底解説

「ライフカードゴールドの独自の審査基準って何?」 「過去に延滞があっても作れるの?」 「学生時代に携 ...

続きを見る

ライフカードゴールドは公式サイトをご覧いただければわかりますが、とにかく審査に不安がある方を対象としています。ですので最も審査が通りやすいゴールドカードと言っても良いのではないでしょうか。年会費が10000円(税別)というだけあって、海外旅行保険も自動付帯でかなり充実していますし、弁護士相談特典があるなど手厚い内容となっています。年収が少ない、支払い延滞をしたことがあるなど、審査に不安がある方はおすすめの1枚です。

ライフカードゴールドの申込はコチラ
↓↓

まとめ

まずは自分の目的に合ったゴールドカードを見つけるのが先決です。なぜならゴールドカードには種類があり、年会費が全然違うからです。

ゴールカードの種類

  • 格安年会費のゴールドカード(年会費2000円程度)
  • ヤングゴールドカード(年会費2~5000円程度)
  • 一般的なゴールドカード(年会費10000円以上)

ゴールドカードを作りたいと言う場合に最も多い理由は「空港ラウンジ」があります。

基本的にどのゴールドカードでも空港ラウンジ特典は付帯していますので、空港ラウンジが目的なら出来るだけ年会費が安い物を選ぶと良いかと思います。ただ、MUFGカードゴールドのように利用出来る空港が6箇所しかない場合もありますので、もし利用したい場所が無いようなら意味が無くなってしまいます。

他には海外旅行保険を充実させたいと言う場合もありますが、その場合は一般的な年会費のゴールドカードを選ぶのが良いですね。一般的なゴールドだと家族補償も付いてくる事が多いので充実しています。

良くある目的別におすすめのゴールドカードをまとめておきます。

とにかく年会費を抑えたい

MUFGカードゴールド

空港ラウンジが利用したい

楽天ゴールドカード

海外旅行保険を充実させたい

海外・国内旅行を充実させたい

アメックスゴールド

とにかく審査に自信が無い

ライフカードゴールド

どのゴールドカードも審査的が難しいと言う評判はありませんので、気になったカードがあれば申し込んでみれば良い結果が得られると思いますよ!

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, ゴールドカード, 審査
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.