クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

ETCカード クレジットカード ポイント還元率が高い

ポイント還元率が高いETCカードを比較!高還元率になる条件も解説

更新日:

ETCカードでもより多くのポイントが貯まれば嬉しいですよね?

ポイント還元率が高いETCカードは沢山ありますが、何も知らずに適当に決めてしまうと、思わぬ落とし穴があって損をする事になってしまいます。

でも自分で詳しく調べたりするのは中々大変ですし、めんどくさいですよね!

そこで今回は、よりポイントが貯まるETCカードを探している方のためにポイント還元率が高いETCカードを比較して紹介します

ポイント還元率の高いETCカードの条件

ETCカードはクレジットカードの追加カードになりますので、基本的に親カードであるクレジットカードのポイント制度が適用されます。

しかし、中にはETCカードのポイントは還元率が悪くなっているカードもありますし、下手をするとポイント付与が無いカードも稀にあります。

「クレジットカード還元率=ETCカード還元率」となっていないカードは基本的にETCカードのポイントが悪くなっている事がほとんどなので、選択を避けた方が良いですね。

ポイント還元率は「いかに取りこぼしを少なくするか」が重要!

クレジットカードの還元率は1%あれば優秀と言われていますが、一般的な還元率は0.5%(100円で0.5円)となっています。

還元率が1%のETCカードは珍しいかと言うとそんな事は無いのですが、還元率1%以下のカードを利用している方は意外と多いのが現状です。

ETCカードはカードによって優待や特典に差がありませんので、特別なこだわりでもない限り、基本的にはポイント還元率が高いカードを作るのがおすすめです。

ただ、還元率の高さは「表面的なポイント還元率」だけで判断するのは安易です。

次章で解説しています。

取りこぼしが少ないポイント付与ルールのETCカードを選ぼう

「ポイント還元率」は表面上の数字だけでお得度を測ってしまいがちですが、実はそれ以外にも重要な要素があります。

それは「ポイント付与ルール」で、これによっては同じ還元率、同じ利用額でも獲得出来るポイント数が変わってきます。

ポイント付与ルールは2種類ある

クレジットカードのポイント付与ルールは大きく分けると2パターンがあります。

「会計毎に対してのポイント付与」

「月間合計に対してのポイント付与」

この2パターンに「ポイント付与対象金額」や「〇〇円未満は切り捨て」などの条件が加わってくるので同じ利用金額、同じ還元率でも最終的な獲得ポイント数が変わってきます。

例えば850円を月に5回利用(4250円)した場合のそれぞれのポイント獲得数は?

  • 「会計毎に対して100円1ポイント付与で100円未満は切り捨て」の場合→40ポイント獲得(250円分が損)
  • 「月間合計額に対して100円1ポイント付与で100円未満は切り捨て」の場合→42ポイント獲得(50円分の損)

このように同じ利用額、同じ還元率でも2ポイントの差が生まれます。

特にETCカードの利用額は細かい金額になってくることが多いので、「月間合計額に対してポイント付与」というルールを採用しているカードがおすすめになります。

毎月数万円もの金額を使わなければそんなに大きな損になる事はありませんが、どうせなら無駄の無いポイント付与ルールのETCカードを選んだ方が良いですし、「塵も積もれば山となる」です。

「月間合計に対してのポイント付与」でもこんなカードもある!

中には「月間の合計に対してのポイント付与」でも、「2000円ごとにポイントが付く」というカードもあります。

もしこのルールで月間3999円の利用額だったとしたら、1999円分が切り捨てになります。

これが「100円につき1ポイント」だと切り捨て分は99円で済みます!

このようにポイント付与対象の金額が大きすぎると、ロスがおおきくなってしまう事もあるので、出来れば避けた方が良いと思います。

「月間合計に対してのポイント付与」で「ポイント付与対象の金額が100円」のETCカードを選選ぶと効率的にポイントを貯められますね。

ポイント還元率が高い&取りこぼしが少ないETCカードを比較

以下の条件に当てはまるETCカードを比較します。

  • 「ポイント還元率が高い」
  • 「貯まりやすいポイント付与ルールを採用している」
  • 「ポイントの利便性が高い」

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTのETCポイント還元率

  • ETCカード還元率が1.0%
  • ポイント付与ルールは「月の合計利用額100円につき1ポイント」
ロスが少ないポイント付与ルールになっていて、還元率1%なので申し分無いカードです。

カード発行から6ヶ月は還元率2%

カード発行から6カ月は還元率が1%上乗せの2%になります。

上乗せ1%分の獲得上限は5000ポイントとなっ

ていますので、6ヵ月間は50万円利用まで2%となります。

それ以降も還元率1%で年会費・発行手数料無料なのでお得に使えるカードです。

ポイントの利便性が高い

ETCカード利用で貯めたポイントはAmazonギフト券、楽天ポイント、Tポイント、ポンタポイントなどに交換できるので利便性が高いです。

またAmazonギフト券などはリアルタイムで交換が出来ますのですぐに利用する事が出来ます。

ポイントを交換するのに1~2週間かかるような事がないのは嬉しいですね。

入会特典で最大8000円相当のポイントが貰える!

Orico Card THE POINTは現在、最大8000円相当のポイントが貰えるお得な入会キャンペーンを開催しています!

入会キャンペーンの最新情報はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

オリコカード・ザ・ポイントの入会キャンペーン最新版!最大8000円

「入会キャンペーンはお得なの?」 「簡単に獲得出来る?」 Orico Card THE POINT( ...

続きを見る

Orico Card THE POINTの基本情報

 

クレジットカード年会費 無料
ETCカード年会費・発行手数料 年会費無料・発行手数料無料
クレジットカードポイント還元率 1.0%
ETCカードポイント還元率 1.0%
ポイント付与ルール 毎月の合計利用額100円につき1ポイント

引用:Orico Card THE POINT公式サイト

高還元率で無駄が無い」「ポイントの利便性高い」「年会費・発行手数料無料」という事で本当にオススメのETCカードですね!また、ポイント付与ルールも一番理想的ですので、間違いなく一番おすすめのETCカードです。

公式サイトはコチラから
↓↓

リクルートカード

リクルートカードのETCポイント還元率

  • ETCカード還元率が1.2%
  • ポイント付与ルールは「月の合計利用額の1.2%付与で、1~499円切り捨て、ポイントの小数点以下は切り捨て
細かい利用分も無駄なくポイントに変える事が出来て、還元率も1.2%なので申し分無いカードです。

ポイント還元率1.2%は破格!

クレジットカードの還元率は0.5%が一般的で、1%あれば優秀と言われる中で、さらにそれを上回る1.2%です。

JCBブランドを選択すれば発行手数料も無料になりますので、ETCカードならこのカードで間違いないですね。

ポイントはポンタポイントに等価交換出来るので利便性は高い!

ポイントはリクルートサービスのポンパレ、ホットペッパー、じゃらんなどで使えるほか、ローソン、ケンタッキー、ピザハット、ゲオ、シェルなどで使えるポンタポイントに交換できるので利便性が高いです。

入会特典で最大10000円相当のポイントが貰える!

リクルートカードは現在、最大10000円相当のポイントが貰えるお得な入会キャンペーンを開催しています!

入会キャンペーンの最新情報はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

リクルートカード入会キャンペーン2019年最新は最大10000ポイント

「入会キャンペーンがお得なのはいつ?」 「獲得条件は簡単なの?」 リクルートカードはお得に入会出来る ...

続きを見る

リクルートカードの基本情報

 

クレジットカード年会費 無料
ETCカード年会費・発行手数料 年会費無料・発行手数料無料(JCBのみ)
クレジットカードポイント還元率 1.2%
ETCカードポイント還元率 1.2%
ポイント付与ルール 毎月の合計利用額の1.2%(1~499円は切り捨て)(小数点以下のポイントは切り捨て)

引用:リクルートカード公式サイト

還元率1.2%というのは年会費無料カードの中では最高クラスです。単純にポイント還元率の高さだけを見ればこのカードがナンバーワンです!

公式サイトはコチラから
↓↓

VIASOカード

VIASOカードのETCポイント還元率

  • ETCカード還元率が2倍の1.0%
  • ポイント付与ルールは「会計毎100円につき1ポイントで100円以下は切り捨て
通常の利用分は0.5%ですが、ETCカード利用分は通常ポイントの2倍になるという珍しい特徴を持ったカードです!

ETCカードの他に携帯電話・プロバイダ料金もポイント2倍

 2倍になるのはETCカード利用分だけではなく、対象の携帯電話料金、インターネットプロバイダ料金の支払いでもポイントが2倍となります。ETC、携帯料金、インターネットプロバイダ料金専用のカードとして使うのもありだと思います。

ポイントはカード利用分にキャッシュバック!

ポイントは1000ポイント以上からキャッシュバック分に利用する事が出来ます。ただし、カード発行日から1年後にしか使う事が出来ません。

1年後に1000ポイント以上が貯まっていなかったらポイントを失効してしまいますのでそこは注意が必要です。

1年で1000ポイントは難しくない

ETCカードの利用が少なかったとしても、携帯料金、プロバイダ料金の支払いをしておけば毎月1万円以上の利用額となり、さらにポイントが2倍なので1ヵ月で100ポイント以上をそれだけで稼げます。

「支払い専用カード」として利用していればポイント失効する事はありませんね。

入会特典で最大10000円相当のポイントが貰える!

VIASOカードは現在、最大10000円相当のポイントが貰えるお得な入会キャンペーンを開催しています!

入会キャンペーンの最新情報は公式サイトで!

VIASOカードの基本情報

 

クレジットカード年会費 無料
ETCカード年会費・発行手数料 年会費無料・発行手数料1000円(税別)
クレジットカードポイント還元率 0.5%
ETCカードポイント還元率 1.0%
ポイント付与ルール 会計毎100円につき1ポイント

引用:VIASOカード公式サイト

ポイント付与ルールに少々難があるのと、発行手数料がかかるのは微妙ですが、ETCカードや携帯料金などでポイント2倍になるのは大きなメリットがありますね。

公式サイトはコチラから
↓↓

クレジットカード以外のポイントも稼げる!ETCマイレージの登録は忘れずに

高速道路の利用で貯める事が出来るポイントはETCカードのポイントだけではありません。

ETCカードはクレジットカードのポイントですが、もうひとつ「ETCマイレージ」という高速道路公社が運営しているポイントも貯める事が出来ます。

高速道路の通行料金に応じたポイントが付く!割引もある!

平日朝夕割引はNEXCO東・中・西日本などで平日朝6~9時、夕17~20時限定で全ての車種対象で割引を受ける事が出来ます。(東京・大阪近郊は対象外)

貯まったポイントは通行料金に使える!

貯まったポイントは最大で1ポイント1円として通行料金に充てる事が出来ます。

登録にはETCカードが必要

ETCマイレージでポイントや割引を受けるには登録が必要ですが、登録にはETCカード、車載器管理番号が必要です。

まずはETCカードが必要ですね!

まとめ

ETCカードは数百円単位の細かい利用が多くなりますので、ポイントを効率よく獲得するには表面的な還元率以外にも「ポイント付与ルール」をしっかりと選ぶのも重要です。

ポイント還元率が高いETCカードの条件

  • ETCカード還元率1%(100円で1ポイント付与、1ポイント1円の価値)
  • 月の合計利用額に対してのポイント付与(切り捨て分が少なくなるルールが良い)
  • ポイントの利便性が高い(利用額にキャッシュバックが最高)

この条件を出来るだけ満たしているETCカードが良いので、上記で紹介した3枚はおすすめです。

還元率の高いETCカードを作ったら、ETCマイレージへの登録も忘れずにしましょう!

ETCカードの申し込み方法が分からないと言う方はこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。
↓↓

初心者でも必ずわかる!ETCカードの作り方と申込方法を徹底解説!

ETCは今や全国で90%以上の利用率(平成29年国土交通省調べ)となっており、料金所をノンストップで ...

続きを見る

アドセンス

アドセンス

-ETCカード, クレジットカード, ポイント還元率が高い
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.