クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード

ディズニーランドで便利・お得なクレジットカードはどれ?おすすめ4選

投稿日:

「ディズニーランドでお得なクレジットカードってどれ?」

「便利な使い方が知りたい」

ディズニーランドでクレジットカードを利用するならしっかりと選ばないと後悔する事になりかねません。

なぜならポイントをディズニーランドのパークチケットやホテルの宿泊券に交換できるクレジットカードがあったり、便利に使う方法があったりします。

ですので何も考えずに適当なクレジットカードを使うのはもったいないんですよね。

そこで今回は、クレジットカード情報サイトを毎日チェックして最新情報を仕入れている筆者が、ディズニーランドでお得に使えるおすすめなクレジットカードと便利な使い方を紹介します。

この記事でこれが分かる!

  • ディズニーランドでお得に使えるクレジットカード
  • ディズニーランドで便利な支払方法

これを読めばディズニーランドで便利・お得に使えるクレジットカードが見つかりますよ!

ディズニーで便利・お得な決済方法は電子マネー

ディズニーランドでの支払いにはクレジットカードや電子マネーが利用出来ます。

ディズニーランドは大人気で、お店などもかなり混雑していますので支払いはササっと済ませたですよね。

決済の早さなどの利便性を考えると電子マネー決済をおすすめします。

クレジットカード決済も別にそこまで時間はかかりませんが、いちいち財布からカードを出すのがメンドクサイし、電子マネーに比べると支払い完了までに多少時間がかかるんですよね。

かと言って、電子マネーもカードタイプの物を使うなら決済は早いけど財布から出す手間はかかりますのでクレジットカードとそんなに変わらなくなってしまいます。

ですので電子マネーをスマホに取り込んで、スマホをタッチして決済が出来るように使うのが良いです。

いちいち財布から出す必要が無く、スマホをタッチするだけで決済が出来るのでサッと支払いを済ます事が出来るからです

電子マネーは結果的にクレジットカード払いと一緒

今回はディズニーランドでお得なクレジットカードを紹介するというタイトルの記事でありながら、いきなり冒頭から電子マネーを推す形になっていますが、その理由は電子マネーは結局間接的にクレジットカード払いになったり、チャージもクレジットカードでチャージした方がお得になります。

つまり最終的にはクレジットカードで払う事になる場合が多いので、ポイントがお得なクレジットカードを作る必要があるんです。

ですので電子マネーの利用をおすすめするのですが、決済はクレジットカードでする事になるのでお得な物を選びましょうという事です。

ディズニーランドではどんな電子マネーが使えるのか見て行きましょう。

ディズニーランドで使える電子マネー

ディズニーランドで使える電子マネーはQUICPay、QUICPayプラス、iD、交通系電子マネー(Suica、PASMO、TOICAなど)が利用可能です。

「電子マネー」と言っても全て同じ物ではなくて、中身が全然違います。以下の2パターンがあります。

  • 事前チャージ式のプリペイド型電子マネー(交通系電子マネーなど)
  • 後払い式のポストペイ型電子マネー(QUICPay、iD)

皆さんが電子マネーと言ってイメージするのは、前者のプリペイド型電子マネーが多いのではないでしょうか。

プリペイド型で交通系電子マネー以外に有名なのは楽天Edy、nanaco、WAONなどがあります。普段利用している方も多いかと思いますが、残念ながらディズニーランドでは利用が出来ません。

事前にチャージした分しか使えないので、使い過ぎたりする心配が無くて安心なので人気が高いです。

もう一方のポストペイ型は、プリペイド型とは全く逆で、クレジットカードと同じように後払い式になります。

ポストペイ型はクレジットカードで決済するのと同じ事

ポストペイ型は予め、後払いをする時用にクレジットカードを登録しておく必要があります。

という事はつまり、登録したクレジットカードで支払うのと同じ事になりますね。

ポストペイ型は電子マネーと同じようにタッチ決済でクレジットカード払いが出来るようにした物だと考えれば良いですね。

電子マネーの決済はタッチをするだけで完了するので早くて便利ですよね。その便利さをクレジットカード決済にも取り入れるために考えられたのがポストペイ型ですね。

ポストペイ型とプリペイド型の特徴まとめ

プリペイド型

  • チャージした分だけしか使えないので無駄使いの心配が無い
  • チャージするお金が無いと使えない(クレジットチャージをするなら問題無い)

ポストペイ型

  • 登録しているクレジットカードの限度額分だけ利用出来るので無駄使いが怖い
  • クレジットカードが無いと利用出来ない
  • 通常のQUICPayだと1回の支払い上限が20000円(QUICPayプラスは上限無し)

どちらもそれぞれが人によってはメリットにもデメリットにもなりますので、どちらが良いとは一概に言えませんね。

便利さとお得さを追求するならApplePayがおすすめ

電子マネーを利用するにしても、カードタイプで利用するのならいちいち財布から出す手間が発生するのでメリットが半減します。

便利さとお得さを追求するならApplePayがおすすめです。

ApplePayならスマホでタッチ決済が出来ますし、利用するクレジットカードを選びませんので、ポイント還元率の高いクレジットカードを利用する事が出来ます。

ApplePayとは

クレジットカードをスマホに取り込んで、電子マネーの仕組みを利用してタッチ決済でクレジットカードを利用出来るようにしたのがApplePayです。

QUICPay、iD、Suicaの3つの電子マネーの仕組みを利用してクレジットカード決済が出来ます。

登録するクレジットカードによってQUICPay、iD、Suicaのどれかに割り当てられます。

ApplePayは登録するクレジットカードを選ばない

ApplePayをおすすめする理由ですが、ApplePayは登録するクレジットカードを選ばないからです。

例えばApplePayを使わずにQUICPay、iDを利用しようと思うと、QUICPay、iDに対応しているクレジットカードを持っていないと利用できません。

ApplePayはQUICPay、iD、Suicaの仕組みを利用したウォレットサービス(iPhone版おサイフケータイ)なので、QUICPay、iD対応していないクレジットカードでもApplePayに対応していれば利用が可能です。

現在ではほとんどのクレジットカードがApplePayに対応しています。2019年8月現在でApplePayに非対応なのはダイナースくらいです。

ApplePay利用のメリットは高還元率カードを利用出来る事

ApplePayはほとんどのクレジットカードを利用出来るので、いつも利用している高還元率カードを登録して利用する事が出来るのが大きなメリットです。

例えばポイント還元率が高くて有名な楽天カードがありますが、楽天カードはQUICPay、iDに対応していませんので利用する事は出来ません。

しかしApplePayには対応していますので間接的にQUICPayを利用する事が出来ます。(楽天カードをApplePayで利用するとQUICPayに割り当てられる。

これは、楽天カードの通常還元率である1%でQUICPayを利用出来る事になります。

ApplePayを利用しずにQUICPayを利用して還元率1%分のポイントを獲得する事は出来ません。(かなり限られたカードのみ可能)

他にも高還元率で有名なカードでリクルートカードがありますが、還元率1.2%と超高還元率でApplePayにも対応しています。(QUICPay割り当て)

通常のQUICPay利用なら絶対に1.2%は不可能です。

このようにApplePayは高還元率カードを利用出来るのが大きなメリットですね。

ディズニーランドはJCBが相性良し!

JCBは世界中で利用出来る5大国際ブランドに名を連ねる国内発のクレジットカード会社です。

そんなJCBはディズニーランドと関係が深く、オフィシャルスポンサーにもなっていますので、クレジットカードの特典がディズニー関連の物が多いです。

例えば以下のような特典はJCBならではです。

  • JCBカードで貯まったポイントをパークチケットや公式ホテル宿泊券に交換出来る
  • JCBカード利用でディズニーランド貸切などの抽選キャンペーンなどが多い

ディズニーで遊んで貯まったクレジットカードポイントで、またディズニーランドのパークチケットに交換できるのはファンにとっては嬉しいですよね。

ではディズニーランドで便利&お得に利用出来るおすすめクレジットカードを紹介していきます。

おすすめクレジットカード4選

おすすめクレジットカードはApplePayで利用する事を前提に紹介していきます。

おすすめ条件は以下を満たしているクレジットカードです。

おすすめクレジットカードの条件

  • 利用でポイント還元率1%以上になる(ApplePay利用)
  • JCBのプロパーカード

上記のどちらかを満たしているクレジットカードを紹介していきます。

JCB CARD W

本会員年会費:無料

家族カード年会費:無料

JCB CARD WはJCBのプロパーカードになりますので、JCBポイントが貯まります。

ただし、39歳以下を対象としたクレジットカードになります。JCBプロパーカードの中では学生や20代の方でも審査に通りやすいのでおすすめです。

ApplePayではQUICPay割り当てになります。

JCB CARD Wをおすすめする理由

JCBカードシリーズは通常還元率が0.5%ですが、1%と高還元率なのでJCBのOkiDokiポイントを効率的に貯められます。通常の倍ありますので倍の早さでパークチケットなどに交換出来ますよ!還元率が高くてJCBのプロパーカードなのでおすすめです。

JCB CARD Wの基本情報

JCB CARD W(JCB)
申込資格 18歳以上~39歳以下で、本人または配偶者に安定した継続収入のある方(高校生を除く学生可)
年会費 無料
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 無料(発行手数料も無料)
ポイントプログラム OkiDokiポイント
ポイント還元率&有効期限 ●通常1%(100円で1円還元)
(月の合計利用額に対して100円で1ポイント付与)
◦OUICPay利用は0.5%のボーナスポイント
●ポイント有効期限は1年
海外旅行保険
(利用付帯)
◦死亡後遺障害:最高2000万円
◦傷害・疾病治療費用:最高100万円
ショッピング保険 年間最高100万円(海外利用分のみ)

JCB CARD Wの特徴・特典

  • 入会後3ヶ月間はポイント4倍の還元率2%(100円で2円還元)
  • Amazonで還元率2%
  • 39歳以下が対象なので、審査は比較的優しくて作りやすい
  • 海外旅行保険が付帯
  • 入会キャンペーン特典がある

新規入会で最初の3ヶ月間はポイント10倍となります。かなり激アツですよ!

JCB CARD Wの入会キャンペーン詳細、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。
↓↓

JCB CARD Wの入会キャンペーン最新版!今ならポイントが最大30倍

「JCB CARD Wの入会キャンペーン詳細が知りたい」 「特典は本当にお得なの?」 JCB CAR ...

続きを見る

JCB CARD Wの申込はこちら
↓↓

ビックカメラSuicaカード

本会員年会費:初年度無料・次年度から477円(税別)も年に1回の利用で無料

家族カード年会費:設定なし

ビックカメラSuicaカードをおすすめする理由

ApplePayはSuicaも取り込んで利用する事が出来ますが、Suicaは事前チャージ式のプリペイド型となりますのでチャージが必要です。

そんなSuicaへビックカメラSuicaカードでクレジットチャージをすると還元率1.5%のポイントを獲得出来るのでおすすめです。

しかもオートチャージが可能なのも素晴らしいです。Suicaチャージは絶対的にビューカードが相性が良いですが、そのビューカードを実質的に年会費無料で持てるのはビックカメラSuicaカードだけなので、かなりおすすめです。

ビックカメラSuicaカードの基本情報

ビックカメラSuicaカード(VISA/JCB)
申込資格 日本国内にお住まいで、電話連絡の取れる満18歳以上の方(未成年は親権者の同意が必要)(高校生除く)
年会費 477円(税別)初年度は無料
※年に1回でも利用すれば翌年は無料
家族カード年会費 無し
ETCカード年会費 477円(税別)
限度額 公式サイト参照
ポイントプログラム ◦ビックポイント
◦JREポイント
ポイント還元率&有効期限 ●通常1%(100円で1円還元)
(毎月の合計利用額に対して1000円でビックポイント5PとJREポイント5Pプレゼント)
◦ビックカメラの利用で還元率10%
●ポイント有効期限
◦ビックポイントは1年間(利用で更新)
◦JREポイントは2年間(増減で更新)
海外旅行保険
(自動付帯)
◦死亡・後遺障害:最高500万円
◦傷害・疾病治療費用:最高50万円
国内旅行保険もあり。
ショッピング保険 付帯なし

ビックカメラSuicaカードの特徴・特典

  • 年会費実質無料(年に1回でも利用すれば無料)
  • 通常還元率1%
  • ビックカメラの利用で還元率11.5%
  • 定期券購入で還元率1.5%
  • Web明細利用で年会費分のポイントを稼げる(毎月50ポイント)
  • Suicaチャージ還元率が1.5%
  • オートチャージが可能
  • JCBブランドならWalletアプリ内から直接チャージ出来る
  • ポイントはSuicaチャージに充当できる
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 入会キャンペーン特典がある

ビックカメラSuicaカードの入会キャンペーン詳細、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。
↓↓

ビックカメラSuicaカードはチャージポイント3倍!定期券購入もお得!

「ビックカメラSuicaカードが選ばれている理由は?」 「Suicaチャージがお得って本当?」 ビッ ...

続きを見る

ビックカメラSuicaカードの申込はこちら
↓↓

楽天カード

本会員年会費:無料

家族カード年会費:無料

ApplePayではQUICPay割り当てになります。

楽天カードをおすすめする理由

楽天カードと言えばテレビCMでもおなじみで、ポイント還元率が高い事で有名ですよね。通常還元率は1%ありますので優秀です。また貯まったポイントも楽天市場などを始めとした楽天ポイント提携店で利用出来るので、よく貯まって使いやすいという好循環が生まれやすいカードです。

楽天カードの基本情報

楽天カード(VISA/Master/JCB/amex)
入会資格 ◦18歳以上の方(学生可)
ETCカード年会費 ◦500円(税別)
※楽天ポイント会員ランクがプラチナ以上で無料
限度額 ◦10万円~100万円(審査次第です)
ポイント還元率 ◦基本1%~(1ポイント1円相当)
※月の合計利用額に対して100円ごとに1ポイント
※楽天市場の利用は3%~
ポイント有効期限 ◦1年間(期間内にポイント加算で更新)
海外旅行保険
(利用付帯)
◦死亡・後遺障害:最高2000万円
◦傷害・疾病治療費用は200万円
※家族特約なし
ショッピング保険 ◦なし

ETCカード年会費が無料じゃないので注意が必要です。

楽天カードの特典・特徴

  • どこで使っても還元率1%(100円で1ポイント)
  • 楽天市場で還元率3%~13%
  • 楽天関連サービスの利用がお得
  • 楽天ポイントは利便性が高い
  • お得な入会キャンペーンを随時開催中

入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

楽天カード入会キャンペーン2019年最新版!8000ポイントはいつ?

「入会キャンペーンはいつがお得なの?」 「8000ポイントはいつ?」 楽天カードは常に入会キャンペー ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

dカード

本会員年会費:無料

家族カード年会費:無料

ApplePayではiD割り当てになります。

dカードがおすすめな理由

  • Apple Payの利用(iD)でも還元率1%
  • Suicaチャージ還元率が1%(100円で1円還元)
  • MastercardブランドでWalletアプリから直接チャージが可能

Apple Payの利用(iD)で還元率1%です。通常利用でも1%と高還元率ですし、ローソン、マクドナルドなどのメジャーなお店でお得に使える所がおすすめの理由です。

後はdocomoユーザーに限りますが、携帯料金の支払いでお得になる所も良いですね。

dカードはdocomoが発行しているクレジットカードで、dポイント提携店、dカード特約店の利用がかなりお得になります。docomoのケータイ料金支払いがお得にもなりますので、docomoユーザーなら必須のクレジットカードです。

dカードの基本情報

dカード(VISA/Master)
申込資格 18歳以上(学生可)(高校生除く)
年会費 無料
家族カード年会費 400円(税別)
年に1回でも利用すると翌年無料
ETCカード年会費 500円(税別)
初年度無料で年に1回でも利用すると翌年無料
ポイントプログラム dポイント
ポイント還元率&有効期限 ●通常1%(100円で1円還元)
(会計毎に100円で1ポイント付与)
◦ローソンで還元率最大5%
●ポイント有効期限は4年
海外旅行保険
付帯無し
ショッピング保険 年間最高100万円(国内外対象)

dカードの特徴・特典

  • docomoの料金支払いで還元率1%(1000円で10ポイント)
  • dカード特約店ではポイントアップ
  • ローソンで3%割引(還元率最大5%)
  • ノジマ・マツキヨで還元率5%
  • 高島屋で還元率3%
  • マクドナルドで還元率2%
  • お得な入会キャンペーン特典がある

dカードの入会キャンペーン特典最新情報、カード詳細はこちらの記事をご覧ください。

dカード入会キャンペーン最新版!最大8000円分のiDキャッシュバック

「入会キャンペーンは本当にお得?」 「特典の獲得は簡単に出来るの?」 dカードは現在、最大8000円 ...

続きを見る

dカードの申込はこちらから
↓↓

ディズニーランドで使えるクレジットカード

ディズニーランドではほとんどのクレジットカードが使えます。

国際ブランドはVISA、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースなど主要な国際ブランドは問題なく使えます。

普通に国内で発行したクレジットカードならどれでも利用出来ると思って大丈夫です。

しかしこんな勘違いをされている方も多いです。

JCBしか使えない!は勘違い

ディズニーランドではクレジットカードはJCBしか利用できないと思っている方って結構多いですが、実際はそんな事ありません。

このような勘違いが起こる理由は、お店のレジの所にJCBのマークしかないからだと思います。確かにあれを見るとJCBだけなのかなと思っても無理はないかもしれません。

JCB以外は使えないのではと勘違いしてしまうのはしょうがない事かもしれませんね。

JCBはディズニーランドのオフィシャルスポンサーになりますので、JCBの利用率が髙くなるように意図的にそうしてあるんだと思います。

しかしJCB以外のクレジットカードも普通に使えますので安心して頂ければと思います。

一部の小規模店舗やワゴン販売では使えない場所もある

全ての施設で使えるかと言うと、使えない場所もあります。バルーンベンダー、光るグッズを販売しているワゴン、ワゴンスタイルの飲食施設などは利用する事が出来なくなっています。

まとめ

ディズニーランドではクレジットカード以外にも電子マネーも利用が可能です。

電子マネーはクレジットカードよりも決済完了までのスピードが早いので電子マネーの利用がおすすめです。

利用出来る電子マネーは以下の通りです。

  • QUICPay
  • iD
  • Suica

上記3つが使えるという事はApplePayも使えます。ApplePayを利用すればスマホにクレジットカードを取り込めばスマホをタッチするだけで決済が可能になります。

ApplePayならクレジットカードや電子マネーカードを財布から出したりする手間もなくなるので便利です。

ApplePayはほとんどのクレジットカードを登録して利用する事が出来るので、普段からメインで使っているクレジットカードや、還元率が高い物を選んで使う事が出来ます。

またJCBカードはディズニーランドのオフィシャルスポンサーなので、利用で貯まるJCBのポイント(OkiDokiポイント)はディズニーランドのパークチケットや公式ホテルの宿泊券に交換出来たりします。

さらにJCBカードはディズニーランドの貸切イベントに参加出来る抽選をキャンペーンを行うなど、ディズニーファンに嬉しい事が沢山ありますのでJCBカードもおすすめです。

ですのでディズニーランドで便利&お得に使えるクレジットカードは以下の条件を満たしている物がおすすめです。

  • ApplePayに登録出来てポイント還元率が1%以上
  • JCBカードのプロパーカード

どちらかを満たしているクレジットカードがディズニーランドではおすすめです。

JCB CARD W➡18歳~39歳まで!学生などにおすすめ!ApplePay利用で還元率1%

ビックカメラSuicaカード➡ApplePay利用で還元率1.5%!Suica定期券購入でもお得!

楽天カード➡ApplePay利用で還元率1%!楽天市場で3%以上!楽天ポイントは利便性高い!

dカード➡ApplePay利用で還元率1%!Suicaチャージでも1%!docomoユーザーなら携帯料金もお得に!

ディズニーランドで利用するのは年間でほんの1~2回だと思いますので、出来れば日常生活でも使い倒せるクレジットカードを選ぶと良いです。

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.