クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

お金持ちクレジットカード クレジットカード ステータスが高い

ダイナースプレミアム完全ガイド!年収400万で持てる?突撃体験を紹介

更新日:

「年収400万円代でもインビテーションは可能?」

「どんな特典があるの?」

ダイナースプレミアムカードを目指す方にとって最も気になるのはやはり「自分でも持てる可能性があるのか?」という所ですよね。

それと、目指すならどれくらいのインビテーション条件が必要なのかを知っているのと知らないのとでは目標達成のスピードも変わってきます。

どこに向かえば良いのか分かっていれば最短で行けますよね?

そこで今回はダイナースプレミアムのインビテーション条件や、カードの基本情報、特典を解説します。

これからダイナースプレミアムを目指す方は参考になる内容となっていますので参考にして頂ければと思います。

インビテーション条件を徹底解説

インビテーションを受けるにはダイナース普通カードを最低1年以上は利用していてしっかりと利用実績を積む必要があります。

その上で「この人は安心だからプレミアムカードを持つ資格がある」とダイナースに思われる必要があります。

そしてインビテーションが来るかどうかは「利用実績」次第と言えますので、どれだけ利用出来るかが勝負となります。

利用額が多くて支払い遅延が無ければ、他の要素はどうでも良いと言っても過言ではないくらい、利用実績が重要です。

ではどれくらい実績(利用金額)を積めば良いのでしょうか。

必要な年間利用額を予想

インビテーションに必要な利用金額ですが、これは公式の発表が無いので正確な情報はありません。

クレジットカードの審査基準はダイナースに限らずどこのカードでも非公開です。

ですので何の根拠もない予想になりますが、ダイナースプレミアムのインビテーションは年間200万円程度の利用があれば条件に乗ってくるのではないかと予想します。

正直なところ150万円くらいでも可能じゃないかとも思うのですが、そこはダイナースプレミアムなので200万円以上としました。

その理由ですが・・・

ダイナースは新規会員獲得に苦戦している?

ここ最近ですが、ダイナース普通カードがこれまで力を入れていなかった入会キャンペーンに力を入れ始めました。

今までも入会キャンペーンはやっていたのですが、最近は初年度年会費無料をやるようになったんです。

初年度年会費無料は入会のハードルをかなり下げる効果がありますので、それをやり始めたという事は裏を返せば新規獲得に苦戦していると読めますよね。

という事は、普通に考えると審査基準は優しくなっていきます。それはインビテーション基準も同じ事ですよね。

しかもダイナースプレミアムは年会費が高額なので会員が増えれば売り上げが増えます。

プレミアムカードはこれまでダイナースを使ってくれていた既存の会員が対象なので、インビテーションを送ればほとんどの人がグレードアップしますから、基準を下げてインビテーションを多くすれば、簡単に売り上げを増やす事が出来ます。

年間利用額は200万円程度と、少し低めに見積もっている理由はこのような背景があるからです。

200万円はけっして簡単な数字ではありませんが、これまでのインビテーション基準予想から考えるとハードルは下がっています。

まとめると、ダイナース自体が会員数の獲得に苦戦していると予想出来るので、会員数を増やして収益を増加させるために、ダイナースプレミアムを含めて全体的に審査基準を下げてきていると予想出来るので、今はかなり作りやすくなっているという事です。

年間利用額も大事ですが、何に使うかも意外と大事になってきます!

ダイナースプレミアムの基本的な対象は高年収の人になりますから、相応の使い方をしている人は評価ポイントが高くなります。

インビテーションが来やすくなる利用の仕方

  • 高級ブランド品の購入
  • 高級レストランでの食事代
  • 海外旅行費用・海外ショッピング

要はお金を持ってる人がしそうな消費行動が印象が良いという事ですね。

ダイナースプレミアムがそもそもお金持ちを対象としているのでこのような方はマッチングします。

ただし、もしこのような消費行動をしていても、支払い方法がリボや分割払いだったら意味がありません。

リボやキャッシングの利用は、ダイナースとしては儲かるので嬉しいでしょうが、お金が無いのかなと判断をされてしまうので、インビテーションは遠のいて行ってしまいます。

そもそもダイナースは旅行、食事、エンターテイメントに強いカードなので、お金持ちを対象にしています。高級品の決済や海外旅行での利用はダイナースが理想としているユーザーになりますので評価が高くなります。

インビテーションと年収の関係性

インビテーションを目指す上で「必要年収」も気になりますよね。

必要年収は上記の年間利用額と同様に公式の発表がありませんので、どれくらいあれば良いかは不明です。

しかし、実は年収に関してはそれほど重視されていないのでいくらでも良いと思いますね。

いくらでも良いと言うか、先ほど解説した年間利用額200万円を使えるだけの年収があれば良いという事です。

必要年収について色々調べてみますと、インビテーション基準に刺さる年収は1千万円以上は必要だと書いてあるものが多いです。

もしこれが本当なら中々ハードルが高いですが、しかし安心してください!

筆者がダイナースプレミアムを入手した時の年収は400万円程度でした。

年収よりも利用実績が重視

その時はとにかく利用額を作る事に注力して、かなり無理がありましたが年間400万円近くを利用しました。

実際に筆者が年収400万円程度で入手に成功した事からもわかるように、年収はそれほど重要ではない事がわかります。

とにかく利用金額を沢山作る事が重要で、今どきは賃貸なら家賃もカード支払いが出来たりしますし、公共料金、携帯代、ネット回線代、交際費などなど、全ての支払いを集約すれば利用金額は上げる事が出来ますよ。

インビテーションと職業の関係性

ダイナースといえば、一昔前は経営者・医者・士業などの高ステータスな職業の人しか持てないとも言われていましたが、今は職業を気にする必要は無いですね。

それよりも利用実績です。

年間の利用実績は200万円くらいが目安とお伝えしましたが、それが可能な職業であればなんでも良いですね。

もしフリーターだったとしたら、普通に考えると年間200万円の利用をするのはかなり難しいと思いますので、フリーターではインビテーションを受ける事は難しいと言えますね。

それと年会費が13万円(税別)なので、月に10000円以上です。これが余裕で払える必要もあります。

まとめると、年会費13万円(税別)の支払いと、年間200万円程度の利用が可能ならどんな職業でも大丈夫です。

突撃は有効な方法

インビテーション制のクレジットカードの話になると、必ずこの「突撃」という話題が出てきます。

何の事かわからない方のために説明しますと、突撃とはインビテーションを自分から請求する事です。

本来インビテーションはカード会社側から送られてくるのを待つ物なので、基本的には否決される可能性が高いため、玉砕覚悟で突っ込んで行くというような意味で「突撃」と言われているのです。

しかしこの突撃は意外と有効な方法なんです!

ちなみに筆者もダイナースプレミアムを突撃で手に入れています!この後体験談を紹介します!

突撃を成功させる方法

どうせ突撃をするなら、最大限成功の確率を高めたいですよね?

それには「この突撃を断ったら自分たちも痛い」と思わせる事が効果的で成功の確率を高く出来ます。

自分たちも痛いと思うのは・・・解約を交換条件にする事です!!

こんな感じで交渉します。

「プレミアムカードに昇格されないなら解約をします」

カードの更新時に「カードを解約します」と言うと、年会費がタダになると聞いた事がありませんか?それと同じ原理ですね。

これが突撃成功の確率を最大限上げる事が出来る方法です。

ダイナースとしても解約は一番避けたい事なので有効なのは間違いありません。

ましたやそこそこの実績があるユーザーなら解約は居たいですよね!

もしこれでも失敗に終わった場合は、本当に解約をする必要は無いと思いますので「ちょっと考え直します」とか言ってその場を流せば良いのでやってみる価値はありますよ。

筆者もこの突撃手法でダイナースプレミアムを手に入れており、最短1年で取得していますよ!

↓↓

実際に突撃でダイナースプレミアムを取得した体験談

33歳当時で年収は400万円くらいだったと思います。

ダイナースプレミアムのインビテーションを狙う為に、ダイナース普通カードを作り、携帯代や交際費など、全ての支払いを集約させて、最初の1年で約400万円の利用をしました。(かなり無理がありましたが・・・)

しかし、これをあと数年続けなければならないと思うとゾッとしたのと、その時は事業があまり上手く行っていなかったという事もあり、更新のタイミングで解約する事を決意したのですが・・・

どうせならダメもとで「突撃」をしてみようと思い、

「プレミアムに昇格されないなら解約します」と伝えた所、その場で審査をされる事数分・・・

見事に可決されて、その場でプレミアムに切り替えてもらえたのです!!

ダイナースの詳細はコチラ
↓↓

ダイナースクラブカード入会キャンペーン詳細!最大70000ポイント獲得可能

「入会キャンペーン最新情報が知りたい」 「入会キャンペーン特典は簡単に獲得出来る?」 ダイナースクラ ...

続きを見る

ダイナース公式サイトはコチラ
↓↓

年会費はかなり高額!限度額は無し

ダイナースクラブの最上級カードと言うだけあり、ダイナースプレミアムの年会費は13万円(税金)です。

それなりに高いと言われているゴールドカードが年会費2~30000円くらいなので、そう考えると恐ろしく高いですね。

だたしそれ相応の特典が付いていますので、年会費でそれらのサービスを買っているようなイメージですね。

ちなみに家族カードは無料で何枚でも発行できますから、例えば3枚発行したとしたら合計4枚となり、1枚あたり30000円くらいの年会費となります。

一律の限度額はなし!

限度額は「一律の限度額は無し」と表記されていますので表面的にはありません。ただし実際には個別に設定されていて、公表はされていないというだけです。

無制限に使えるという事ではないですね。

年会費高いですね・・・でもこれくらいの年会費じゃないと逆に価値がありませんので、ダイナースの最上級カードとしては妥当かなと思います。

Mastercardプラチナカードが追加発行可能に!

画像出典:ダイナース公式サイト

ダイナースは以前から使えないお店が多いなど、使いにくいという意見をよく耳にしました。

そんな問題点を改善するための施策がダイナースプレミアム・コンパニオンカードの追加発行です。

もともと三井住友トラストカードから年会費13万円(税別)の「TRUST CLUB ワールドエリートカード」というブラックカードが発行されていましたが、ダイナースプレミアムの保有者はこれをプレミアム・コンパニオンカードとして追加発行して利用出来るようになったんですね。

年会費無料で発行出来て、プレミアム・コンパニオンカードで決済をしてもダイナースのポイントが貯まるので、ダイナースプレミアムを使っているのと同じように使えます。

Mastercard加盟店での利用が可能に

ダイナースプレミアム・コンパニオンカードは国際ブランドがMastercardになりますので、世界中のどこでも利用出来ると言っても良いですね。

つまり、ダイナースが使えないお店だったらプレミアム・コンパニオンカードを利用すればMastercardだから決済を済ませる事が出来ますよね!

これでダイナースの使い勝手の悪さをカバーする事が出来ます!

ダイナースプレミアム・コンパニオンカードの詳細はコチラをご覧ください。
↓↓

ダイナース・コンパニオンカードを徹底解説!プラチナカードの実力あり

「ダイナース・コンパニオンカードって何?」 「どんな特典があるの?」 ダイナースは追加カードとしてダ ...

続きを見る

ダイナースプレミアムのポイント

ダイナースプレミアムが人気の理由はステータスが高いからと思っている方は多いと思います。

たしかにそれもありますが、他にも「還元率の高さ」も人気の理由です。

ただ単に特典を沢山付けて豪華に見せているだけのステータスカードとは一線を画しています。

ポイント還元率は2%から1.5%に

ダイナースプレミアムの人気の秘密はこれです!

通常時のポイント還元率が2%というのは業界最高クラスです。

しかし、残念ながら2019年9月16日利用分より還元率1.5%になってしまいます。それまでは2%です。

今までは毎月の利用額に対して100円=1ポイントで、ダイナースプレミアムは、プレミアム特典としてプラス1ポイントが付与されて(1回払いにのみ)合計100=2ポイントです。

ポイントをマイルに交換すると1ポイントの価値を1円以上にする事が出来ます。

交換する商品によっては1ポイントの価値が1円以下になってしまうので、還元率が2%以下になってしまいます。

※2018年12月16日の利用分から、大型総合病院、ETC利用料金、保険料、プロバイダー料金、携帯代などの利用分が0.5%となります

マイルへの交換が1番お得!

ダイナースのリワードポイントは【1ポイント=1マイル】のレートで交換出来ます。

という事は、100円(2P)で2マイルを獲得出来ますので、1マイルの価値を少なく見積もって1円だと考えても還元率は2%となります。2019年9月16日以降は100円=1.5ポイントなので還元率1.5%です

交換出来るマイルは以下の通りです。

ANA、ユナイテッド航空、デルタ航空、アリタリア航空、大韓航空
※マイル移行上限はANAが40000マイルまでで、その他は10万マイルとなっています。

通常だとマイルへの移行には年会費が6000円(税別)の「ダイナースグローバルマイレージ」への加入が必要ですが、ダイナースプレミアムは無料となっています。

2%はかなり高還元率で、現役のカードでは最強の還元率ですが、1.5%になっても最強は変わりません!

マイル以外のポイントの使い道

ダイナースリワードポイントの使い道は主に以下の選択肢があります。

断然マイルがお得ですが

  • マイルと交換(還元率2%)
  • 他社ポイントとの交換(還元率0.8%)
  • 旅行代金の支払い(還元率0.8%)
  • カードの利用代金への充当(還元率0.6%)
  • アイテムと交換(ダイナースプレミアム限定品あり)

上記の中で「アイテムとの交換」は家電製品や商品券など様々な物が用意されていますが交換率が悪いのでもったいないです。

おすすめは間違いなくマイルですが、マイル以外ですと、「他社ポイントに交換」「旅行代金の支払い」がおすすめです。

マイルの交換は上記で解説しましたので、他の3つを解説していきます。

他社ポイントに交換

他社の共通ポイントと交換をすれば、用途は広がりますので使い道が多くなります。

ポイント交換先一覧と還元率

ポイント名 最低必要ポイント 交換ポイントの金額
(還元率)
JAL旅行券 13000ポイント 5000円分(0.38%)
JTB旅行券 13000ポイント 5000円分(0.38%)
HIS商品券SKY 13000ポイント 5000円分(0.38%)
楽天ポイント 5000ポイント 2000ポイント
(2000円相当)(
0.4%)
Amazonギフト券 5000ポイント 2000円分(0.4%)
JCBギフトカード 13000ポイント 5000円分(0.38%)
JCBギフトカード 70000ポイント 30000円分(0.43%)
iTunesカード 12000ポイント 5000円分(0.42%)
出光キャッシュプリカ 13000ポイント 5000円分(0.38%)
楽天ポイント、Amazonギフト券が還元率も高いし最低必要ポイントも少ないのでおすすめです。

旅行代金の支払い

ダイナーストラベルデスクの旅行商品をポイントで購入できます。

航空券・ホテルの利用などで使うのもアリですね。

交換レート 1000ポイントで400円(還元率0.4%)
最低利用単位 5000ポイント以上~1000ポイント単位
対象商品(海外) パッケージツアー、国際航空券、宿泊クーポン
対象商品(国内) パッケージツアー、宿泊クーポン、その他手配旅行(JR券、航空券を除く)

最低利用単位も5000ポイントとそれほどハードルは高くありませんし、還元率も0.4%と少し高めなので割とお得に利用出来るのではないかと思います。

トラベルデスクでは例えばこんな感じでダイナース会員限定商品などがあります。

ダイナースリワードポイントの還元率はマイル以外は0.4%が上限なので、旅行代金充当は使いやすいプログラムです。航空券に関しては海外航空券のみで国内航空券が無いのが痛いところです。

カード利用代金への充当

特に欲しいアイテムも無いし・・・なんて感じでポイントの使い道に困ったらカード代金への充当プログラムがおすすめです。

カード利用代金充当プログラム詳細

交換レート 100ポイントで30円(還元率0.6%)
最低利用単位 20000ポイント以上~100ポイント単位
充当サイクル 毎月の5営業日までのお申し込みで翌月引落し分の明細で確認できます。
還元率が0.6%と言うのは少し寂しいですね・・・

カード代金への充当が出来ない利用分

  • お支払方法にダイナースクラブカードを利用してない分
  • 当社にてご利用が確認できてない利用分
  • リボルビング払い、ボーナス一括払い利用分
  • 各種サービス参加料、および参加料に係る調整金
  • リボルビング払い弁済金
  • キャッシングサービスの利用代金、および各種ローン返済金
  • キャッシングサービスおよび各種ローンの利息
  • その他、ポイント加算の対象とならない商品の利用分

ちなみに年会費への充当は出来ますよ!

年会費への充当について

年会費で利用出来るのは以下の場合のみです。

  • ご利用代金明細書上で請求された次年度の年会費
  • 引落しの完了を確認できた前回分の年会費
3つとも還元率は低めとなっていますので、お得とは言えません。やはりダイナースポイントはマイルへの交換が一番お得です。

お得なポイントの貯め方

ダイナースプレミアムポイントは100円で2ポイントが付与されますが、さらにポイントを獲得できる方法がありますので解説します。

ダイナースクラブ特約店で還元率3%

ダイナースポイントアップ加盟店の国内ホテル、旅館、レストラン、ショップでカード決済ポイントとは別にボーナスポイントが100円で1ポイント貯まります。

合計の還元率は100円で3ポイントとなります。

日本全国の有名温泉街のホテルや旅館などが沢山加盟していますので、お得に利用する事が出来ると思います。

ポイントアップモールの利用

ポイントアップモールを経由していつも利用しているネットショップでお買い物をすればボーナスポイントがもらえます。

楽天、ヤフーショッピングから普段日常で利用するリアルショップなどが加盟していて、ポイントアップにて利用する事が出来ます。

※加盟店によってポイントアップ率が変わります。

通常の100円で2ポイントに加えて、「5000円で100ポイント」「キャッシュバック10%」などなど高還元率の加盟店もたくさんあります。

ポイントアップモール利用の流れ

  1. 行きたいお店、いつも利用しているお店をポイントモールから見つけてエントリーする。
  2. 有効期限内にダイナースプレミアムで決済
  3. 2~3ヶ月後にお店ごとに設定されたボーナスポイントをゲット(通常ポイントとは別です)

※ポイントアップの対象金額は、送料、税金、サービス料などを除いた金額です。

「ボーナスポイント5000円につき100ポイント」という表記になっている加盟店を利用した場合

通常ポイント ボーナスポイント 合計
4900円の商品を購入 49ポイント 0ポイント 49ポイント
9900円の商品を購入 99ポイント 100ポイント 199ポイント

ボーナスポイントは特に利用制限も無く、通常ポイントと同じように使えますので非常に魅力的です

以前は100円単位でボーナスポイントが付与されていましたが、現状は5000円以上5000円単位からがボーナスポイントの対象になりましたので、正直な話5000円以下の買い物をするなら意味は無くなってしまいました。9900円という金額も残念ですね・・・あと100円で100ポイントが貰えるわけですからね・・・

ダイニング関連が充実!優待・特典を解説

ダイナースはトラベル&エンターテイメントカードであり、特にダイニング(食事)関連では多彩な優待・特典が豊富です。

そんなダイナースの最上級カードであるダイナースプレミアムはさらに「これ以上無い」ほどの優待・特典が満載となっていますので、解説していきます。

コンシェルジュサービス

プレミアム会員のみが利用する事が出来る「プレミアム専用デスク」があり、24時間365日体制で対応してもらえます。

また対応の早さが素晴らしく、依頼したら回答までの期限を確認してきて、それまでに回答をしてくれます。

この辺りの対応の素晴らしさはさすがダイナースと言う感じで、他社のプラチナコンシェルジュとは一線を画します。

誕生日プレゼントがある

プレミアム会員には毎年誕生日プレゼントが送られます。

2017年はモバイルバッテリーを頂きました。地味に嬉しいです。

誕生日プレゼントは何歳になっても嬉しいものですよね。

プライオリティパス・プレステージ会員

ダイナースプレミアム会員は空港の高級ラウンジを利用する事が出来るプライオリティパスの最上級ステータスであるプレステージ会員資格が付帯します。

通常なら429ドル(47000円相当)の年会費が必要になる会員資格なので、かなりのVIP待遇です。

本人のみ無料で何度でも使えますし、家族会員も各枚数分発行できます。しかも家族カードは年会費無料ですよ!

また、国内でも国際線なら高級ラウンジを利用する事も出来ます。

詳しくはこちらの記事で↓↓

プライオリティパスは国内で使えるの?1番お得に入会する方法は?

「プライオリティパスって国内の空港でも使えるの?」 「どうやって作るの?」 「お得な作り方が知りたい ...

続きを見る

プライオリティパスで利用出来るラウンジは「手荷物検査」などの手続きを済ませた後の制限エリアにあるラウンジを利用する事が出来ますので、フライトのギリギリまでくつろぐことが出来ます。

2019年10月1日より優待内容が変更!

10月1日よりプライオリティパスの優待内容が変更となります。

ダイナースプレミアムのプライオリティパス条件は以下のように変更になります。

変更前 ●本会員の年会費・利用料無料
●家族カード会員の年会費・利用料無料
(家族カードの枚数制限無し)
変更後 ●本会員の年会費・利用料無料
(同伴者1名まで無料)
●家族カード会員の年会費・利用料は有料

そしてゆくゆくプライオリティパスから違うサービスに変更になります。

プライオリティパスが発行不可に!

2019年10月1日以降、プレミアムコンパニオンカードを発行すると新たにプライオリティパスに申込む事は出来なくなります。

その代わりにプライオリティパスと同じような内容の「ラウンジ・キー」を利用する事が出来ます。

ラウンジ・キーも世界1000ヶ所以上の空港ラウンジを利用出来ますので、プライオリティパスと同じように使えます。

ダイナースプレミアムの空港ラウンジ特典はプライオリティパスからラウンジ・キーに移行するという事ですね。

ダイニング関連

このダイニング関連優待・特典はダイナースの真骨頂とも言えます。

なにせカード名の「ダイナース」は「食事をする人」と言う意味があり、元々はレストランでの決済をする為のサービスが始まりと言われています。

ダイニング関連にはこだわりがあるのがダイナースクラブなのです。

代表的なサービスを簡単に紹介します。

ちなみにダイナースプレミアムのインビテーションは、これらのサービスを使えば使う程近くなると言えます。

高級料亭優待プラン

ダイナースプレミアム会員限定特典がある、「一見さんお断りの料亭」を利用出来ます。

浅田(赤坂)、千月(神楽坂)、新ばし金田中(銀座)などでドリンクサービスやお土産サービスを受ける事が出来ます。

プレミアム会員おもてなしプラン

一流レストランにて割引、限定メニュー注文、などのおもてなしを受ける事が出来ます。

エグゼクティブダイニング

対象のレストランで所定のコースを2名以上で利用すると、1名分の料金が無料になります。

ごひいき予約

有名店や予約が取り辛いお店のキャンセル情報を、ダイナースがカード会員にLINEで通知するという内容です。

これで有名店や予約が取り辛いお店も利用出来るチャンスが増えますね!

サインレススタイル

クレジットカードの提示やサインも不要で、食事を済ませたら支払いの手続きをしずにそのまま帰ることが出来ますので、とてもスマートです。

このサインレスサービスが個人的には1番ナイスだと思います。お金持ちが好むサービスをよく理解しているなぁと思います。

レストランの5000円割引クーポン

東京・大阪で展開するレストラン「XEX」にて、5000円分のクーポンが貰えます。15000円以上の利用で使えます。

まだまだ多彩な特典がありますが、これだけでも「さすがダイニング優待・特典にこだわっているダイナース」という感じです。

トラベル&ホテル関連

ダイニング関連にこだわっているダイナースですが、ダイニング(食事)とも関わってくるトラベル関連も力を入れています。

代表的なサービスを簡単に紹介します。

トラベルデスク 

国内・海外旅行に関する各種手配や相談などの要望に電話で応えてくれます。

海外・国内旅行のパッケージツアーを5%オフなどで利用できます。

海外・国内ホテルズ

海外のラグジュアリーホテルや国内の旅館などでアップグレードなどの優待を受けられます。

プレミアム会員限定のダイナース提供サービスもあります。

一休.com最上級会員資格ダイアモンド

一休.comの最上級ダイアモンド会員になる事が出来ます。

一休.comのポイント付与率が最高になり、国内宿泊予約をする際にダイナースポイントアップモールを経由すると、合計で10%近い還元率となります。

CLASS ONEメンバー資格

CLASS ONEはHISのビジネス・ファーストクラス専門のデスクで、クーポンが貰えたり、割引優待を受ける事が出来ます。

ハワイ・ホノルルLeaLeaトロリー乗り放題乗車券

ハワイの街を移動するのに便利なトロリーの7日間乗り放題無料乗車券を、本会員と同伴者1名分が無料で貰えます。

高級ホテルのエリート上級会員資格&優待

プリファードホテルグループ

プリファードホテルグループのエリート会員資格が付帯され、部屋のアップグレード、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、無料インターネットなどのサービスを受ける事が出来ます。

スターウッドグループのホテルで上級会員

スターウッドホテル&リゾートのホテルにて、部屋のアップグレード、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト、無料インターネットなどのサービスを受ける事が出来ます。

リーダーズクラブ入会資格

ザ・リーディングホテルズオブザワールドが運営しているリーダーズクラブに入会できます。会員限定料金、会員限定ツアー、アーリーチェックイン、レイトチェックアウトなどの優待を受ける事が出来ます。

まだまだ多彩な特典がありますが、これだけでも使いきれないほどで、世界中のホテルなどで優待を受ける事が出来ます。

旅行関連の支払いは高額になりますので、これらのサービスを利用するとダイナースプレミアムのインビテーションがグッと近づきますよ!

空港関連サービス

空港の利用もトラベル(旅行)の一部になりますので、充実したサービスを用意してくれています。

代表的なサービスを簡単に紹介します。

空港送迎タクシー優待

海外旅行の際の空港までの送迎サービス片道分を無料で利用できます。

ダイナースプレミアムなら成田、羽田、関空、中部で利用出来ます。

空港パーキング

空港近くのパーキングを優待料金で利用する事が出来ます。

トラベルデスクで対象の海外旅行商品を購入すれば旅行期間中は無料で利用できます。

往復の手荷物宅配

海外への出国、帰国時に手荷物宅配が無料で利用出来ます。

コート預かりサービス

日本が寒い時期に常夏の国に出掛ける時などに、空港まではコートが必要ですが、その後は荷物になってしまうので無料で預かってもらう事が出来ます。

ダイナースプレミアムなら成田、羽田、関空、中部で利用出来ます。

空港ラウンジ

ダイナースクラブの空港ラウンジは国内外で600か所以上のラウンジを利用する事が出来ます。

プライオリティパスもありますので万全ですね!

もちろん国内でも主要28空港で利用出来ます。

これだけ充実していれば空港でも快適に過ごす事が出来ますね

エンタメ関連

ダイナースはクレジットカードの「トラベル&エンターテイメントカード」というカテゴリーに属しているので、エンターテイメント(遊び)の優待も充実しています。

代表的なサービスを簡単に紹介します。

ナイトイン銀座

銀座のクラブやバーを気軽に楽しむための優待サービスを利用できます。

一見では入れない高級クラブなどに行く事が出来ます。

人間ドック優待

PL東京健康管理センターにて人間ドックを優待価格にて利用出来ます。

PET検診の予約代行と割引優待

PET検診とは全身のガンを発見する事が出来る最先端の検診技術です。

全国の設備導入施設にて優待価格で利用&予約代行をしてもらえます。

大丸東京・銀座ダイナースラウンジ

ダイナースが運営している大丸東京の「D,sラウンジトーキョー」や銀座すずらん通り沿いの「銀座プレミアムラウンジ」を利用出来ます。

フリードリンク、高級菓子などを堪能しながらくつろぐことが出来ます。

また、関西では京都ホテルのウエルカムラウンジも利用できます。

プレミアムレンタカー優待

ロールスロイス、ベントレー、フェラーリ、ポルシェ、ベンツなどのスーパーカーをレンタルする事が出来る「プレミアムレンタカー東京営業所」の会員登録手数料1000円が無料になります。

マセラティで優待

マセラティとパートナーシップ関係にありますので、マセラティでダイナースプレミアムを利用すると100円=3ポイントが付与されます。

ポイントはマセラティディーラーで利用する事も出来ます。

ちなみにダイナースプレミアムカードでマセラティの車を決済する事も出来ますよ。

国内ゴルフ場優待

国内の名門ゴルフ場の予約を代行してくれます。

大洗ゴルフクラブ、取手国際ゴルフクラブ、狭山ゴルフクラブ、富士桜カントリークラブ、フェニックスカントリークラブなどなど、プロゴルフの試合が行われている名門コースも多数対象となっています。

取手国際ゴルフクラブは最近、日本ゴルフ界のレジェンド青木功監修の元でコース改修をして生まれ変わったコースなのでおすすめですよ

スパ・エステ優待

スパ、アロマ、エステなどのサービスを優待価格で利用する事が出来ます。

リッツカールトン大阪のスパ&フィットネス、ハイアットリージェンシー東京などが対象です。

エンタメ関連の優待・特典はセンスを感じさせ、さすがはダイナースと言う感じです。他社カードだと使えない優待も多いですが、使ってみたいと思わせてくれるところが素晴らしいです。

ダイナース公式サイトはコチラ
↓↓

安心の内容!保険関連を解説

ダイナースプレミアムの保険は海外旅行保険・国内旅行保険ともに家族特約も付帯していますので、文句なしの高待遇となっています。

海外旅行保険

保険の種類 保険金額(自動付帯) 家族特約
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高1000万円
傷害治療費用 1000万円 200万円
疾病治療費用 1000万円 200万円
賠償責任 最高1億円 最高2000万円
救援者費用 500万円 200万円
携行品損害(免責金額3000円) 100万円 50万円
傷害・疾病治療費用の家族特約も200万円と言う所が素晴らしいですね。200万円あれば、ひとまずは安心できますので大切な家族を守る事が出来ますね

国内旅行保険

保険の種類 保険金額(自動付帯) 家族特約
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高500万円
入院費用 日額5000円  ー
手術費用 種類に応じて5万・10万・20万  ー
通院 日額3000円  ー
国内旅行保険でも家族特約が付いていると言うのは、手厚いの一言に尽きます。

航空便遅延費用保険

航空機の遅延などで、宿泊をしなければならなくなった場合の宿泊費、食費などを補償してもらえます。

ショッピングリカバリー

ダイナースプレミアムで購入した商品が購入から90日以内に偶然の事故によって損害を被った場合に年間500万円まで補償してもらえます。

キャンセルプロテクション

ダイナースプレミアムで購入したチケットや旅行ツアーなどを病気ややむを得ない理由でキャンセルしなければならなくなった時にキャンセル代を補償してもらえます。

ゴルフ保険

ホールインワン保険から事故、用品の破損まで手厚い保証を受ける事が出来ます。

交通事故傷害保険

国内外問わず、交通事故で死亡または後遺障害が残ってしまった場合に最高100円まで補償されます。

また、日本国内に限り生活中に生じた賠償責任費用を最高1億円まで補償してもらえます。

保険も完璧じゃないでしょうか!ゴルフ保険まで付帯していると言うのは至れり尽くせりですね。

基本情報

 ー  ダイナースクラブ・プレミアムカード
年会費 13万円(税別)
家族カード年会費 無料(枚数は制限無し)
ETCカード年会費 年会費・新規発行手数料無料
ポイント還元率 2%(100円で2ポイント)
ポイント有効期限 無期限
ApplePayには対応していません。電子マネーには弱いですね。

ダイナースプレミアムのステータスを検証

クレジットカードのランクでは最上位カテゴリーに属していますので、ステータスはかなり高いと言えますね!

普通にクレジットカードを利用していてもインビテーション(招待)が来る可能性はかなり低いと思いますので、ある程度高年収でクレジットカードの決済額が多い方でないと難易度は高くなってきます・・・

しかし、だからこそのプレミアムカードであり、希少価値の高さが人気の理由でもあります。

ライバルは他社のプラチナカードクラス

ダイナースプレミアムのライバルと言えるカードは基本的に「インビテーション(招待)が必要なカードとなります。

以下にまとめました。

ダイナースプレミアムのライバル

Amex アメックスブラック(センチュリオン)、アメックスプラチナ
VISA VISAインフィニット、三井住友VISAプラチナ
MasterCard ラグジュアリーカードブラック、ゴールド、SBIワールドカード
JCB JCBザクラス
その他のカード 楽天ブラックカード

そうそうたる顔ぶれですね!筆者は全部欲しいカードです。

この中ではアメックスブラック(センチュリオン)はちょっと別格なので、アメックスだとアメックスプラチナが最大のライバルと言えます。

その他のカードの「楽天ブラックカード」も「希少性」などの面ではライバルに該当するかなと思います。

ダイナースプレミアムが特に競い合っているライバルは、アメックスプラチナとラグジュアリーカード・ゴールドですね。

人に見られた時の反応

ダイナースプレミアムを使った時の他人の反応ですが、これまでに使ってきた中で特に反応が良かったのは、やはりキャバクラでした!

↓↓

支払い時にカードを出したら

「これってすごいカードですよね!!若いのに凄いですね!」

という反応がありました。

「その反応を待っていました!」と言う感じでかなり嬉しかったですね。

その他は色々なお店で使っていますが、特にこれと言って凄い反応をしてもらえた事はありません・・・

まあそんなもんですよね。

経営者や野心の有る男性は反応が良いと思いますね。

ダイナースは使えない店舗や場所が多いって本当?

「ダイナースって全然使えない!」という話を聞くことがありますが、たしかに一昔前は使えない店舗も多かったかもしれません・・・しかし今はJCBと提携をしたのでその問題も解決されました!

JCB加盟店は国内ならかなり多くの場所で使えるので、ダイナースもほとんどの場所で使えるようになったと言えます。

ダイナースプレミアムを目指すべき人の特徴は?

ダイナースプレミアムを目指すべき人は以下の特徴の方です。

  • 接待が多いが、良い店を探すのが苦手な社長
  • 若い従業員と食事に行く機会が多い社長
  • ブラックカードが持ちたい方
  • カードを出してドヤ顔がしたい方
  • 承認欲求が強い方
  • 野心のある方
  • 見栄っ張りな方
  • お金持ちと思われたい方
  • 高級レストランで会食が多い方
  • 高級レストランをサインレスで利用したい方
  • マイルを効率的に貯めたい方(マイル還元率2%)
  • 何でも最上級の物を手にしたい方

上記の特徴に一つでも当てはまる方は間違いなくダイナースプレミアムを目指すべきだと思います。(完全に主観です)

まとめ

ダイナースプレミアムカードはインビテーション(招待)が必要で、クレジットカードランクで最上位カテゴリーに位置付けられているハイステータスカードです。

ダイナースプレミアムのインビテーションを受けるには、ダイナースの普通カードを利用して実績(信頼)を積み上げていくしか方法はありません。

十分な信頼で「この人は安心だからプレミアムカードを持つ資格がある」とダイナースに思われなければなりませんが、思われやすい要素を知って利用していけばより早いです。

インビテーションが来やすい利用方法をおさらいしておきます。

  • 出来る限りダイナースカードで決済する
  • 金額の高い物を決済する(ブランド品など)
  • 高級レストランなどで利用する
  • 海外旅行で海外利用する
  • リボ払い・キャッシングはしない
  • 支払期日は絶対に守る

上記内容を出来るだけ満たしながら、年単位の利用で年間200万円程度の利用実績を作れればインビテーションは来ると思いますので頑張ってください。

まずはダイナース普通カードで利用履歴(クレヒス)を積み上げていきましょう。

ダイナースカードの詳細はコチラ↓↓

ダイナースクラブカード入会キャンペーン詳細!最大70000ポイント獲得可能

「入会キャンペーン最新情報が知りたい」 「入会キャンペーン特典は簡単に獲得出来る?」 ダイナースクラ ...

続きを見る

ダイナース公式サイトはコチラ↓↓

アドセンス

アドセンス

-お金持ちクレジットカード, クレジットカード, ステータスが高い
-

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.