クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード クレジットカード会社 セディナカード

セディナカードの審査通過できる基準を解説!必要年収や勤続年数を考察

更新日:

「セディナカードはどんな人が審査落ちするの?

審査基準が知りたい!

セディナカードを作りたいけど、自分が審査に通るか不安で申し込みを迷ってしまう方は多いです。

クレジットカードの審査ってたしかに不安になりますよね。

でも審査基準を知って自分の属性と照らし合わせれば、不安を払拭できます。

今回はどうしてもセディナカードが作りたい方に向けて、入会資格条件や審査基準などを徹底解説します。

これを読めば不安が無くなって申し込みへの決断が出来ますよ!

セディナカードの審査通過出来る基準を予想!

セディナカードに限らず、クレジットカードの審査基準のほとんどは非公開で、唯一公表されているのは年齢などの申込資格だけです。

ですので審査通過基準は予想ですが、これまでの実績や口コミ、評判などの情報を元にしているため、実際の審査基準にかなり近いと自負していますので十分参考にして頂ける内容となっています。

審査通過基準ですが、その前に審査で重視される項目を確認していきましょう。

まず申込資格を満たしているのは大前提で、審査で見られるのは主に、職業、勤続年数、年収、クレヒスの4つです。

上記の4つがどうなっているとセディナカードの審査に通りやすくなるか予想を解説しています。ではさっそく見て行きましょう。

申込は18歳以上で電話連絡が可能な方

申込資格は18歳以上で毎月の支払いをしっかりできる方です。

申込資格は公式サイトで公表されているので審査基準ではないですが、セディナカードの申込資格には審査基準が含まれています。

セディナカードの申込資格

  • 「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」

ん?毎月の支払いをしっかり出来る方なんてどこにも入ってないじゃん!と思った方も多いのではないでしょうか。

実はちょっと違う言葉になっていて、申込資格の中に「電話連絡が可能な方」という部分がそれに当たります。

パッと見ただけだと「ちゃんと連絡が付く人かどうかを確かめるため」と思った人も多いかもしれませんね。

たしかにそれもありますが、こんな解釈になります。

電話連絡が可能な方➡電話料金の支払いが出来ている人➡毎月の支払いをしっかりできる人

「電話連絡が可能な方」は、毎月の支払いがしっかり出来る人だけに申込資格を絞り込む意図があるんですね。

電話料金の支払いは毎月の事なので、電話が使えていればちゃんと毎月の支払いが出来ている人になります。これは審査のひとつと言っても良いですね。

申込資格には職業や収入についての指定はありませんが「支払い能力のある人」を大前提にしている事が分かりますね。

職業はフリーターや主婦でもOK

職業はこれと言って指定などはありませんので、主婦や学生、フリーターでも申込出来ますし、審査通過も可能です。だたし、職業は審査に大きく影響することは間違いありません。

クレジットカード審査は正社員や公務員のように安定した収入が見込める職業が1番の好材料になります。

特に公務員は倒産のリスクはゼロなので1番印象が良いと言えますね。

多くのクレジットカードの入会資格欄には「安定した収入のある方」など、収入に関しての文言が表記されている事が多いですよね。

安定した収入と言う表記の意味は「正社員が望ましい」という意味を持たせている場合が多いですが、セディナカードは表記がありませんので正社員じゃなくても審査通過の可能性があると言えます。

主婦でも世帯収入があればOKですし、もちろんフリーターもOKです。「高校生を除く」とありますので、大学生や専門学校生もOKです。

職業は特に問われませんが、職業によって審査通過の確率は全然変わってきます。何度も言うようですが正社員や公務員がベストです。

勤続年数は3年以上あれば安心

職業以上に重要視されるのが勤続年数で、長ければ長いほど評価が高くなります。

これは正社員であろうがフリーターであろうが同じで、理由は勤続年数の長さで安定度を計れるからです。

例えば3年勤めているのと、まだ1年未満しか勤めてない人だったら、安定しているのはどっちかと言ったら3年の人ですよね。

3年間真面目に仕事を続けられたという勤続実績は評価されます。

1年未満だと、まだ勤続実績を評価するのは難しいですね。

安定度が重視されるクレジットカード審査では勤続年数は長ければ長いほど安定していると評価されます。これはフリーターであろうが正社員であろうが同じ事が言えますね。

年収は100万円代でも問題無いが限度額が少なくなる

年収は職業によって変わりますし、クレジットカードには限度額設定がありますので、審査では重要なようでそこまで重要じゃなかったりします。

理由は年収が高ければ限度額を多くして、低ければ少なくするように対応しているからです。

主婦や学生が含まれている事から100万円代でもOK

申込資格を見ると学生・主婦・フリーターでも申込可能になっていますが、学生・主婦・フリーターは年収が100万円代やそれ以下が普通ですから、100万円代でもOKということになりますよね。

年収に見合った限度額を設定すれば問題ない

クレジットカード会社は申込者の年収がいくらであっても、それに見合った限度額に設定すれば良いだけなので、年収はあまり気にしていないんですね。

年収が少ないなら限度額を少なくすればリスクをコントールす出来るからです。

昨今、クレジットカード会社も新規ユーザーの獲得は課題としていますので、出来る限り発行したいという方針になりつつあります。

年収が低くても、クレヒス・職業・勤続年数などに問題が無ければ「限度額を少なくして発行」という審査結果が出やすくなっています。

借入可能額の枠が残っていればOK

人はそれぞれ、その時の年収・資産・他社借り入れ額などに応じて「借入可能額」が決まっています。

クレジットカードの限度額は借入可能額の範囲内で割り当てられるので、新たな限度額を設定できる枠が残っている事が審査に通る大前提になります。

もし審査時点で借入可能額がいっぱいになっていたら審査落ちになる確率が高くなります。

  • 枠が残っていれば、その枠の範囲内の限度額で発行
  • 枠が残っていなければ発行は見送り(審査落ち)
審査では年収よりも、借入可能額が年収に対してどれくらい残っているか?が重要です。

審査で年収を重視していない証拠

年収がそこまで重要じゃないと言った理由は、クレジットカード会社は審査で申込者の申告をそのまま信じるからです。

もし重要視しているなら収入証明書を取ってから審査結果を出すはずですよね。

それをしないので、つまりは審査において年収はそんなに重要視してないと考えられるのです。

でもだからといって、ウソの申告は絶対にダメですよ。後からメンドクサイ事になる可能性が高いので絶対にやめましょう。

過去に1ヵ月以上の支払い遅延が無い事

過去に支払い遅延が無い事は絶対条件です!

なぜならもし1ヵ月以上の支払い遅延があると、クレヒスにキズが付いてしまっている可能性があります。

クレヒスとは、クレジットカードやローンの支払い履歴の事で個人信用情報の事ですね。

クレジットカードの審査は過去の支払い実績が最も重要視されるのでクレヒスを見られますが、キズがあると審査落ちはほぼ確実になってしまうからです。

しかし、支払い遅延と言っても数日遅れが1回あったくらいならキズまでは付いていない可能性もあります。

クレヒスの詳細については後記で解説しています。

1ヵ月以上の遅延は確実にキズが付いている可能性が高いので、そのような事が無い事が審査通過出来る条件となります。

審査基準の難易度は高くない

職業、勤続年数、年収、クレヒスの4つの審査通過基準をお伝えしました。

セディナカードの審査通過に必要な基準をまとめておきます。

  • 18歳以上で電話連絡が可能な方(大学生OK)
  • 職業は主婦・学生・フリーターでもOKで正社員・公務員がベスト
  • 勤続年数は長ければ長い方が良くて、3年以上がベスト
  • クレヒスはキズが無い事が条件

こうして見ると難易度は全然高くありませんよね。

セディナカードで審査落ちする人の特徴

前章ではセディナカードの審査通過に必要な予想基準を解説しました。

ここからは「審査に落ちる人の特徴」を解説します。

前章の「審査通過に必要な予想基準」から大きく外れてしまっている場合も審査に落ちる原因になってしまいますが、ここではそれ以外の特徴についてもお伝えします。

すぐに改善出来ない内容が多いので、もし該当するならセディナカードの審査通過は厳しくなるかもしれません。

クレヒスにキズがある

前章の審査通過に必要な条件で、過去に1ヵ月以上の支払い遅延が無い事(クレヒスにキズが無い事)が必要とお伝えしましたが、キズがあると審査はほぼ確実に通りません。

「クレヒスにキズ」とは、支払いを遅れたり、延滞してしまうとクレヒスにその記録が付けられるのですが、その記録が付く事を「キズが付く」と言いいます。

キズがあると「支払い能力が無い人」「信用できない人」という扱いになってしまいます。

クレジットの意味は「信用貸し」

クレジットカードのクレジットとは「信用貸し」というような意味があり、クレジットカードは信用で成り立っている取引になりますのでキズがあると信用する事は出来ないのでsン差落ちになるのは当たり前の事なのです。

ちなみにクレヒスにキズがあると、どれくらい致命的かは以下の事例を見て頂ければお分かりいただけます。

年収2000万円でも審査落ち

クレジットカードはちゃんと約束通りに支払さえしてもらえれば問題はないわけですが、その問題が1番少ないと考えられる人の特徴は年収が高い人です。

でも、年収が高くてもクレヒスにキズがあると審査には通らないのです。

前に何かのカードの審査口コミで、年収2000万円も稼いでいる人がクレヒスにキズがあるために審査落ちしたと言う口コミを見たことがあります。

その人はたまたま支払いを忘れてって事でワザとじゃなかったみたいですし、もちろん支払うお金が無かったわけでもないんです。

今後は気を付けてもらえば良いだけとも思いますが、支払いを遅れる=信用できないとなってしまって、年収が高かろうが審査落ちするんです。このくらいクレヒスは大事なんですね。

これはクレジットカード取引が信用だけで成り立っているという事が良く分かる口コミですよね。

では、どうなるとクレヒスにキズが付くのでしょうか?

キズが付く条件について解説していきます。

クレヒスのキズ種類とキズが付く条件

キズが付くのは支払い遅れが有った場合です。具体的には以下のようになります。

  • クレジットカードやローンなどの支払いを遅れたり、一部入金がある
  • 支払い遅れや一部入金が3ヶ月以上連続した
  • 債務整理・自己破産をした

約束が守られなかった場合や契約と違う事になった場合にキズが付くんですね。

ちなみに3ヶ月連続と言うのはだいたいの予想で、別に決められているわけではありません。一般的に言われている目安だと思っておいてください。

どのような基準で記録を付けるかはクレジットカード会社によって違ってきます。

キズは主に以下の種類があります。

記録(キズ)の種類

  • 支払い1ヶ月遅れ(入金無し)「A」
  • 1ヵ月分の支払いを一部入金「P」
  • 「A」を3ヶ月以上連続すると「異動」

この中で最も重いのは「異動」で、

良く聞く「ブラックリスト」というのは「異動」が記録されている状態の事です。

実際に「ブラックリスト」というリストが存在するわけではなく、「異動」が付いている状態の事を「ブラックリスト」と言っているだけですね。

ちなみに1~2ヵ月の延滞なら「異動」は付きませんが、「P」や「A」がしっかりと記録されているので審査に大きく影響しますよ。

クレヒスのキズは最長5年残る!

キズは一定期間保存されてしまいますので、その間はローンやクレジットカードの審査がかなり不利になります。「異動」だと審査落ちは確実です。

各保存期間は以下の通りです。

  • 「異動」は5年間
  • 「P」や「A」は2年間

異動の保存期間のカウントは、一般的には返済が完了してから5年と言われていますが、5年経つ前に消える事もあるようなので正確なカウントの仕方はわかりません。

「P」や「A」はなぜ2年かと言うと、クレヒスの支払い記録は直近の支払いから遡って2年間保存されますので、一度記録が付いてしまうと2年経つまでは残ってしまいます。

2年以内に「P」や「A」を記録されてしまった場合はそれが残っていて見られてしまいます!

例えば2019年3月に「P」や「A」を記録してしまったとしたら、2年後の2021年4月になるまでその記録はクレヒスに残っていて確認する事が出来ます。

その間にまた「P」や「A」を記録してしまうと、またそこから2年間消えません。

「P」や「A」が付いた日から2年間しっかりと期日を守って支払いを続けて行けば「P」や「A」が無くなりますので、綺麗なクレヒスになります。

携帯電話の分割払いもクレヒスに記録される

携帯電話の端末代を分割払いにしている方は多いと思いますが、これも立派なローン取り引きになりますのでしっかりとクレヒスに支払い状況が記録されています。

もし過去に踏み倒したりしていたら「異動」になっている可能があります。

もし心当たりがあるなら一度調べてみた方が良いですよ。信用情報の開示は1000円でパソコンやスマホから出来ますよ!

多重申込は印象が最悪

多重申込とは、短期間に複数のクレジットカードを申し込む事で、クレジットカード会社からの印象が悪くて審査落ちの原因になる事が多いです。

しかもセディナカードの審査においては最悪です。

なぜならセディナカードは独自の審査基準を設定していて、その基準の中に「セディナカードを利用してくれる可能性の高さ」が含まれていると前章でお伝えしましたが、かなり重要視するポイントだと言われているからです。

つまり複数のクレジットカードを申込しているという事は、セディナカードを利用してくれる可能性は高くないと思われてしまうからです。

他にも、多重申込が審査に悪影響を与える理由はクレジットカード会社の立場で考えてみると以下の事も考えられます。

多重債務のリスクがある

クレジットカード会社は審査で支払い能力を見るわけですが、クレジットカードを沢山申し込んでいるという事は、沢山のクレジットカードを持つ可能性があるので、多重債務に陥る危険が高くなりますよね。

そうなると貸し倒れリスクを避けるために否決という判断になりやすくなります。

多重申込の定義は特にない

何枚申し込んだら多重申込になるのかですが、特に何枚以上とか決まっていません。

よく言われるのは、6ヶ月以内でだいたい3枚以上申込むと「多重申込」になると言われています。

3枚というのは特に理由は無いですが、6ヶ月にはちゃんと意味があります!

クレジットカードを申し込むと信用情報に6ヶ月間記録される。

そもそもなぜクレジットカード会社は多重申込をしている事がわかるのか?と思った方も多いかもしれませんが、

その理由はクレジットカードを申し込むと個人信用情報に記録されて、その記録は6ヶ月間残るからなんですね。

つまり6ヶ月で3枚以上を申し込んでいるとクレヒスからその事実がバレてしまうんです。

過去に三井住友フィナンシャルグループで金融事故を起こしている

セディナカードは三井住友グループの子会社になりますので、過去に三井住友グループのサービスで金融事故をおこしていると、グループ内で名前や情報を共有されて、いわゆる「社内ブラック」となってしまいます。

社内ブラックの問題点は長きに渡って情報が残り続けてしまう事です。

またcicなどの個人信用情報機関のように日時が経てば記録が消えません。半永久的に残り続ける可能性が高いです。

もし過去に金融事故を起こしてしまっていたら難しくなる可能性が高いです。

セディナカードの審査はやや渋めの印象

セディナカードの審査は肌感ですがやや渋めの印象があります。

今回のようにセディナカードの審査基準などを掘り下げていくと、けっして審査難易度が高いとは思えませんよね?

なぜ渋めだと感じるかですが、実際に審査落ちしたという話をよく聞くからです。

たまたまかもしれませんし、そもそも属性に問題のある人の審査結果ばかりを聞く事が多かっただけとも考えられます。

しかし、セディナカードの色々な審査情報を調べて見るとそんなに審査落ちしたという口コミがあるわけではないので、なんともわからないところではあります。

審査に通過した人でも、限度額がかなり低かったという話も聞くので、やはり若干渋めだと思って良さそうですね。

審査落ちする特徴をおさらいしておきます

  • クレヒスにキズがある
  • 多重申込
  • 三井住友フィナンシャルグループの社内ブラック

上記3つがあると審査落ちの確率が高くなります。多重申込だけは注意すれば避けられるので覚えておきましょう。

セディナカードの審査方法

セディナカードは自動審査によるスコアリングシステムを採用しています。

審査方法については公式の発表は一切ありませんので実際のところはわかりませんが、審査時間や口コミからある程度は読み取れますので、解説していきます。

自動審査でもやや時間が掛かる

セディナカードは公式サイトで「最短3営業日発行」を謳っていますし、口コミでは最短5分で審査通過メールが来たなど、とにかく問題無い方の審査であればかなり早い審査である事が分かりますね。

つまりこれは「自動審査」を実施しているという事で間違いないと思います。

自動審査はスコアリングシステムで採点を付けていき、規定のスコアに達すれば審査通過となります。

スコアリング(採点)のイメージ

スコアリングは以下のようなイメージになります。以下は年収に対しての採点です。

申込者の年収 採点
50万円未満 0点
100万円未満 10点
100万円~199万円 30点
200万円~299万円 40点
300万円~399万円 60点
400万円~599万円 80点
600万円~799万円 110点

このように年収が高いほど点数が高くなっていきます。

他にも職業や勤続年数もこんな感じで採点していき、一般的に信用があると思われる方は点数は高くなります。

  • 職業の項目ならアルバイトより正社員
  • 勤続年数は短いより長い
  • 勤務先は中小企業より大企業

職業ならアルバイトよりも正社員の方が一般的に考えて信用があるので、点数は高くなりますよね。

各項目で低い点数ばかりになってしまうと、最終的に規定のスコアに足りずに書類審査で否決となってしまいます。

独自の審査システムIBISによる審査基準

セディナカードはIBIS(アイビス)という独自の審査基準を持っていると言われています。

基本の審査方法は他社と同じスコアリングシステムを採用していますが、独自の審査基準で「セディナカードを利用する可能性が高いかどうか」を最も重視していると言われています。

という事は、もしスコアが悪かったとしてもまだ諦めるのは早いです。

もしかしたら「この人はセディナカードを使ってくれる可能性が高そうだ!」と判断されれば可能性が出てくるからです。

「セディナカードを使ってくれそうな人」はどんな人かのよそうですが、それはおそらくセディナカードがターゲットにしている層の事じゃないかと思います!

セディナカードは女性・若者をターゲットにしている

セディナカードは女性や若者をターゲットにしていると読思える特典や施策が多いです。

例えばカードデザインにハローキティを採用していたり、旅行がお得になる、宝塚公演のカード枠特典などを見ると女性をターゲットにしている事が分かります。

最近では若者を取り込みたいのはどこのクレジットカード会社でも共通しているので、セディナカードが特に意識しているのは女性です。

この事から独自の審査システムIBISの「セディナカードを使ってくれる確率が高い人」に女性・若者が該当していると予想出来ますね。

セディナカードの色々な情報を見てみると「若者や女性を優遇する傾向にある」という情報は多いので間違いないと思います。

他社で審査落ちして審査通過出来た事例

他社で審査落ちしたけど、セディナカードの審査は通ったという事例をいくつか紹介します。

楽天カードの審査に落ちたけどセディナカードは通った

年齢 20代
性別 女性
職業 フリーター
年収 100万円代
クレヒスの状況 8カ月前に1ヵ月だけ支払い遅延があった
この方の場合、8カ月前に1ヵ月だけ支払い遅延が有ったという事なので、クレヒスにはしっかりと遅延記録があるのに審査に通ったという事ですね。楽天カードで審査落ちした事が納得出来ます。職業もフリーターで年収も100万円代とけっして良くない属性ですが、セディナカードの審査に通ったのは女性である事が大きかったかもしれませんね。

ヤフーカードの審査に落ちたけどセディナカードは通った

年齢 30代
性別 男性
職業 会社員
年収 400万円代
クレヒスの状況  支払い遅延は特に無し
ヤフーカードは何も問題無さそうな人でもなぜか審査落ちしたという事例がたまにあります。この方も問題無いように思えますが、何故か審査落ちになったようです。その後セディナカードに申し込んだら問題無く可決しました。ただし限度額が20万円とかなり渋かったようです。

セディナカード基本情報

セディナカード

セディナカード(VISA/Master/JCB)
申込資格 18歳以上で、本人または配偶者に安定した継続収入のある方(高校生を除く学生可)
年会費 無料
家族カード年会費 無料
ETCカード年会費 無料(新規発行手数料1000円税金)
ポイント還元率&有効期限 ●通常0.5%
※200円で1ポイント(0.5円分)
(会計毎に200円で1ポイント付与)
●ポイント有効期限2年
海外旅行保険 付帯無し
ショッピング保険 年間50万円(国内外)(180日間)

セディナカードはポイント優遇・海外キャッシング手数料っがお得な事で有名です。

  • 入会後3ヶ月間はポイント3倍(還元率1.5%)
  • セブンイレブン、ダイエー、イオンで毎日ポイント3倍(還元率1.5%)
  • 海外キャッシング手数料を0.15%程度に抑えられる

イオンでは特定日以外は本家のイオンカードよりも還元率が高いですね。

まとめ

クレジットカードの審査通過に必要な予想基準を解説しましたが、審査に関しては公式の発表が一切ありませんのであくまでも予想になります。

クレジットカード審査は「なぜこの属性で審査落ちなの?」というケースも少なくないので本当にわからない部分が多いですが、今回の審査基準予想はこれまでの実績や様々な情報を精査して導き出した物なので、十分参考にして頂いて大丈夫です。

セディナカードの審査通過に必要な基準をおさらいしておきましょう。

  • 18歳以上で電話連絡が可能な方
  • 学生・フリーター・主婦でも申込OKで正社員・公務員なら間違いない
  • 年収は100万円代でもOK
  • 勤続年数は長いほど良い(最低でも1年以上は欲しくて3年以上ならベスト)
  • クレヒスにキズが無い事

公式サイトでは特に職業の事に触れていませんので、学生以外にもフリーター、主婦でも申込む事が出来ますし審査通過も全然可能です。

年収はそこまで気にする必要はないです。なぜならクレジットカードには限度額の設定がありますので年収100万円代ならそれに見合った限度額になるだけだからです。

200万円~300万円以上ならまったく問題ありません。

クレジットカード会社は年収よりも勤続年数の方が安定度を計れるので重要視しています。最低でも1年以上で、3年以上がベストです!

ただし、以下の「審査落ちする人の特徴」に該当するものがあると赤信号が灯ります。

  • クレヒスにキズがある
  • 多重申込をしている(6ヶ月以内に3枚以上)
  • 過去に三井住友フィナンシャルグループの会社で金融事故を起こしている(社内ブラック)

これはセディナカードの審査に限らず、他社のクレジットカード審査でも厳しくなります。

多重申込は気を付ければ防ぐ事が出来ますが、それ以外はどうしようも無い事なので、もし心当たりがあれば申し込みはやめておいた方が良いですね。

セディナカードは特別に審査が難しいカードではありません。ただし意外と審査落ちをするという話も聞きますので審査が優しいという事も言い難いです。

女性や若者をターゲットにしているので、女性や若者は作りやすいと言えますね。

18歳以上で普通に働いていて年収が最低100万円以上、クレヒスにキズが無ければ全然審査通過のチャンスはあるカードです。思い切って申し込んでみれば良い結果になるはずですよ!

セディナカード公式サイトはコチラ
↓↓

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, クレジットカード会社, セディナカード
-,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.