クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

ANAマイル クレジットカード マイル 入会キャンペーン

ANA VISA Suicaカードの入会キャンペーン2019年最新版

更新日:

「ANA VISA Suicaカードの入会キャンペーン特典は何マイルなの?」

「入会キャンペーン最新情報が知りたい」

ANA VISA Suicaカードの入会キャンペーン詳細が知りたくて公式サイトを訪れてみると、

「最大66500マイルが貰える!」なんて表記されていますが・・・

残念ながらそれは最上位カードであるANAプラチナカードに入会の場合です!

ANA VISA Suicaカードの新規入会で何マイル貰えるかは、他の種類のANAカードと一緒に書かれていますので、ごちゃごちゃでかなりわかり辛くなっています。

そこで今回は、

ANA VISA Suicaカードの入会キャンペーンで得られる特典内容だけを詳しく解説しました!

他にもカードの機能やポイントのお得な使い方なども詳しく解説しましたので、そちらも合わせて参考にしてみてください。

現在のANA VISA Suicaカード入会キャンペーンは最大29000マイル獲得可能

厳密に言いますと、ANA VISA Suicaカードを新規で作って貰える特典は「新規入会特典」の1000マイルだけです。

あとは、「カード初回利用特典」で利用額に応じてポイントを稼ぐという形になります。

新規入会後、「リボ利用キャンペーン」にエントリーして、ポイント獲得条件の利用額を達成すればボーナスポイントが貰えるのと、利用額に付与される「リボ利用分の2倍ポイント」と合わせた合計が31000マイルとなります。

「リボ利用」をしないと、まとまったマイルは稼ぐ事ができません。

しかし、リボ手数料を払わずに「リボ利用をしたこと」に出来て、リボ利用2倍ポイントを稼ぐ方法がありますので、ご安心頂ければと思います。

その方法は後ほど解説しています。

ANA VISA Suicaカードの入会キャンペーン特典の内訳

100万円利用した場合の最大29000マイルの内訳は以下の通りとなります。

新規入会特典 1000マイル
リボ利用キャンペーン獲得分 1500ポイント(15000マイル)※(半年で100万円以上利用が条件)
リボ利用分のポイント2倍分 2000ポイント(13000マイル《10マイルコース選択》&《ボーナスポイント1P=3マイル》)

この3つの合計で入会キャンペーン特典は最大29000マイルを獲得する事ができます。

「リボ利用なんて絶対に嫌だ!」という方は1000マイルだけとなってしまいます。

リボ利用キャンペーンボーナスの内訳

10万円以上~50万円未満 500ポイント(5000マイル)
50万円以上~100万円未満 1000ポイント(10000マイル)
100万円以上 1500ポイント(15000マイル)

※1ポイントを10マイルコースでマイル交換した場合のマイル数です。

 

リボ利用額が50万円だったら特典はいくらになる?

28000マイルの獲得条件が半年で100万円利用となかなか厳しい条件となっています。

もし100万円の利用が難しい場合は50万円の利用なら、リボキャンペーン特典で1000ポイント(10000マイル)が獲得できますので、「新規入会特典の1000マイル」、「リボ利用2倍分の1000ポイント(6500マイル)」と合わせて合計17500マイルの獲得となります。

100万円は何か大きな買い物の予定でもないと難しいかもですが、一応半年という期間があるので頑張ってみてください。家賃支払い、公共料金、携帯代の支払い方法をカード払いにすれば少しは利用額を積み増しできますよ!

リボ利用分の2倍ポイントの計算の仕方

ANAVISASuicaカードで付与されるポイントは三井住友のワールドプレゼントポイントで、1000円で1ポイント付与されて1ポイントの価値は5円なので還元率は0.5%です。

普通に100万円の利用をすると1000ポイント(5000円分)が獲得できる計算になりますが、「リボ利用をするとポイントが2倍」になりますので2000ポイント(10000円分)になるのです。

2000ポイント(10000円分)を「10マイルコース」でマイル交換すると、そのまま20000マイルになるのかと思いきや、そうはならないのです。

と言うのも

リボ払い2倍分の1000ポイントはボーナスポイント扱いとなり、ボーナスポイントのマイル交換は「1ポイント=3マイル」のレートになってしまうのです。

ですので半分の1000ポイントは3000マイルとなりますので合計で13000マイルとなります。

 

リボ利用額が50万円だったら特典はいくらになる?

28000マイルの獲得条件が6ヶ月で100万円利用となかなか厳しい条件となっています。

もし100万円の利用が難しい場合は50万円の利用なら、リボキャンペーン特典で1000ポイント(10000マイル)が獲得できますので、「リボ利用2倍分の1000ポイント(6500マイル)」、「新規入会特典の1000マイル」と合わせて合計17500マイルの獲得となります。

 

入会キャンペーンの開催期間・ポイント付与時期・注意点など

キャンペーン期間は2017年12月1日(金)~2018年1月31日(水)までの入会となっていて、リボ利用にはエントリーが必要なので注意が必要です。(カード発行後に会員サービスのVPassからエントリーできます)

ポイント付与時期は2018年10月10日請求分の確定時です。

100万円は何か大きな買い物の予定でもないと難しいかもですが、一応半年という期間があるので頑張ってみてください。家賃支払い、公共料金、携帯代の支払い方法をカード払いにすれば少しは利用額を積み増しできますよ!

公式サイトはコチラから

↓↓

ANAVISASuicaカード

マイペイすリボ登録の注意点

入会キャンペーン特典獲得のためにマイペイすリボに登録しますが、ここで注意すべきは本当にリボ払いを利用していたら何の意味も無いという事です。

リボ金利は年利15%とかになりますので、月100万円の利用残高があったら1ヵ月で2000円程度の金利が発生してしまいます。

それではキャンペーンマイルを獲得しても本末転倒になってしまいますよね・・

リボ金利の対策は

リボ金利を出来るだけ少なく抑えるようにするのが大事ですが、対策としては、リボ金利が発生する日にちを少なくするようにします。

具体的には「繰り上げ返済」をする事です。

例えば月のカード利用額が10万円で毎月のリボ支払い設定が50000円だったとしたら、支払日に50000円が引き落とされた1日後とかに、残りの50000円を繰り上げ返済してしまえばいいのです。

こうすれば1日だけリボ金利が発生する形になり最小の金利で抑えることが出来ます。

これで「リボ払いを利用した」という形が出来るので年会費割引の条件を満たすことが出来ます。

※リボ払いの条件は1円でもリボ金利が発生すれば満たすことが出来ます。

リボ手数料を最小に抑える方法はこちらの記事がおすすめです。

↓↓

これが正解!三井住友カードのマイペイすリボ手数料を最小に抑える方法

三井住友カードのマイペイすリボ手数料を少なく抑える方法を知らべていると、様々な情報があり混乱してしま ...

続きを見る

ANA VISA Suicaカードがおすすめな理由

おススメをする理由はいくつもありますが、ここでは代表的なメリットをピックアップして書いてみたいと思います。

ANAカード最安の年会費に出来る!

通常年会費2000円(税別)が、以下のサービスに登録する事によって年会費750円(税別)に出来ます。

  • マイペイすリボ登録+年1回以上の利用で750円割引
  • web明細書登録で500円割引

計1250円の割引になるので年会費は750円(税別)に出来る計算になります。

年会費は実質無料と考える事が出来る

カードを作った時に入会特典で1000マイルが貰えるのと、毎年カードを更新するたびにカード継続ボーナス1000マイルが貰えますので、マイペイすリボ登録とweb明細書登録をすれば年会費は実質無料に出来ます。

 

SuicaチャージでANAマイルが貯められる!

ANA VISA Suicaカードは定期券購入分、Suicaチャージ分を還元率1%でANAマイルに変える事が出来ます。

Suicaチャージで一番お得にポイントを貯める事が出来るカードは他にありますが、ANAマイルを貯めるならANA VISA Suicaカードが一番お得です!

 

ANAマイルプラス提携店でポイント以外にもマイルが付与!

これはもちろんカードポイントとは別で付与されるものです!

100円、200円につき1マイルが別で自動的に積算されていきます。

という事は、利用するお店によっては100円で2マイルを獲得できる事になります。

提携店は積極的に利用したいところですね。

 

代表的な提携店

セブンイレブン、楽天、ヤフーショッピング、マツキヨ、ぐるなび、ホットペッパー、ドミノピザ、高島屋、エネオス、ユニクロなどなど。

ANA VISA Suicaカードのお得なポイント利用方法

ここではANA VISA Suicaカードのお得なポイントの使い方を解説していきます。

還元率が一番高いポイント利用方法は?

ANA VISA Suicaカードのポイントを一番効率よく利用出来るのはANAマイルへの交換です。

ポイントをマイルに交換する際にはコースがあり、交換率の高いコースを選択すると年会費(マイル移行手数料)が発生します。

もちろんポイントを無料でマイルに交換するコースもありますが、それだと還元率がとても低くなってしまうのでお勧めできません。

具体的には1ポイント5マイルコースと10マイルコースがあります。

1ポイント10マイルコースが条件

マイル還元率を高くしようと思うと1P=10マイルコースの選択が必要で、10マイルコースは年会費が6000円(税別)必要になります。

10マイルコースを選択しないと還元率は半減しますのでメリットが無くなってしまい、このカードの特徴が無くなってしまうと言っても過言ではありません。

 

ANA VISA Suicaカードでマイル移行手数料を半額にする裏ワザ

ANAマイルに効率的に交換するには、10マイルコースを選択して年会費(マイル移行手数料)を支払わなければなりませんが、どうしても6000円(税別)が気になってしまいますよね。

しかし、これを半額にする事が出来ます。

実はマイルを移行する方法は2通りあって手数料の発生の仕方が異なります。

移行方式 移行手数料が発生するタイミング
自動移行方式(ポイントを自動で交換してくれる) 毎年
都度移行方式(ポイントを手動で交換する方法) マイルに交換する時だけ

 

ポイントを2年貯めてマイルに移行

まず、カード利用で貯まるワールドプレゼントポイントの有効期限は2年です。2年くくりで考えたとすると、

移行方式は都度移行を選択しておいて最初の1年はポイントとして持っておき、2年目の最後にマイル移行を手動で行えば2年目だけ6000円(税別)を支払えば良いという事になります。

手動で移行するのがメンドクサイからといって自動移行方式を選択していたら2年分で12000円(税別)かかってしまいますが、この方法ならマイル移行手数料を1年分の6000円(税別)だけで済ますことが出来るので半額と考える事が出来ます。

ただし、手動移行を忘れてしまうとポイントを失効してしまいますのでそれだけは注意が必要です。

この方法でマイル移行手数料を最小に抑える事が出来ますのでおすすめの方法です。

Suica専用カードとして考えている場合のマイル移行手数料の考え方

Suicaオートチャージが利用出来て、Suicaチャージ分もポイントが貯まりますのでSuica専用カードとして持っておくのもおすすめです。その際はマイル移行手数料はSuicaの利用額によって5マイルコース(無料)か10マイルコースかを選択すれば良いと思います。

Suicaの利用額が多い場合は10マイルコースを選択した方が効率的にマイルに交換出来るのでお得になりますが、年会費(マイル移行手数料)が6000円(税別)発生しますのでその分の元が取れるかどうかの判断が必要になってきます。

マイル移行手数料を支払うかどうかの損益分岐点は、カード利用が年間60万円以上あるかどうかです。

60万円以上の場合は10マイルコースを選択した方がお得になりますよ!

 

ポイントをSuicaへ交換はもったいない!

他のポイント利用方法としてSuicaへのチャージに充てる事ができますが、Suicaへのチャージにポイントを使ってしまうと、1P→5円分で0.5%になるので並みの還元率となってしまいます。

もしSuicaへのチャージにポイントを充当したい場合は、他にもっと還元率の高いカードでビックカメラSuicaカード、ビュースイカカードなどがありますのでそちらがおすすめです。

ANA VISA Suicaカードの基本情報

 

年会費 2000円(税別)初年度無料!750円(税別)に出来ます。
家族カード なし
ETCカード 年会費500円(税別) ただし年1回でもETCを利用すれば無料
貯まるポイント

ワールドプレゼントポイント(1000円→1P)

ANAマイルプラス提携店での利用で100円~200円につき1マイル付与

還元率 還元率は0.5%
マイル移行手数料 1P→10マイルコース年会費6000円(税別)、1P→5マイルコースは無料
マイル還元率 1P→10マイルコースを選択すれば1%以上で1P→5マイルコースは年会費は無料ですが還元率は0.5%程度となってしまいます。
旅行保険 国内外最高1000万円
ショッピング保険 年間100万円

ANA VISA Suicaカードは、利用によりマイルが直接貯まるのではなくカードポイントが貯まり、ポイントをマイルに移行する形になります。

(ANAマイルプラス提携店での利用ならポイント以外にも100円で0.5~1マイル貯まります)

アップルペイ新規設定で3000円分の利用代金が無料キャンペーン開催中

【キャンペーン内容】

アップルペイを新規設定&エントリーで利用代金3000円分が実質無料(iDバリューでキャッシュバックされます)

【キャンペーン・エントリー期間】

2018年6月30日(土)まで

「三井住友カードアップルペイ新規設定で3000円分無料キャンペーン」の詳細はこちらの記事をご覧ください↓↓

三井住友カードをApplePayで利用するとコンビニなどでポイント5倍!

三井住友カードをコンビニ、マクドナルドで利用すると常にポイントが5倍になるキャンペーンを開始しました ...

続きを見る

まとめ

入会特典キャンペーンで獲得できるマイル数と条件

新規入会特典 1000マイル
リボ利用キャンペーン獲得分 1500ポイント(15000マイル)※(半年で100万円以上利用が条件)
リボ利用分のポイント2倍分 2000ポイント(13000マイル《10マイルコース選択》&《ボーナスポイント1P=3マイル》)

合計29000マイルとなります。

ANA VISA SuicaカードはANAカードのなかで年会費を最安に出来て、マイル還元率を高くする移行手数料も半額に出来ますので、Suicaを使うANAマイラーに絶大なメリットのあるカードです。

この機会に是非申し込みをしてANAマイル生活をスタートしてみてはどうでしょうか?

公式サイトをチェック↓↓

ANA VISA Suicaカード

アドセンス

アドセンス

-ANAマイル, クレジットカード, マイル, 入会キャンペーン
-,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.