クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

ANAマイル JALマイル クレジットカード マイル

ANAとJALマイルが両方貯められるクレジットカード!注意点も解説!

投稿日:

「ANA・JALマイルどっちも貯めたい」

「両方貯められるクレジットカードってあるの?」

ANAとJALマイルの両方を同時に貯められるクレジットカードは存在しませんが、間接的な方法なら貯められるクレジットカードはいくつかあります。

ただしその場合は注意すべき点がいくつかありますので、何も考えずに選んでしまうと後で後悔する事になりかねません。

そこで今回は、日々クレジットカード情報を収集して記事を書いている筆者が、ANAとJALマイルの両方を1枚で貯められるクレジットカードと気を付ける注意点について解説します。

この記事でこれが分かる

  • ANA・JALマイルを両方貯められるクレジットカード
  • 両方貯められるクレジットカードの注意点

これを読めばANA・JALマイルを同時にお得に貯められるようになりますよ。

ANAとJALマイルを両方貯める方法

クレジットカードのマイルの貯まり方は以下の2通りあります。

  • マイルが直接貯まる
  • ポイントが貯まってそれをマイルに交換する

今回はANAとJALマイルを同時に貯められるクレジットカードがテーマですが、直接貯まるパターンでANAとJALマイルを同時に貯められるクレジットカードは存在しません。

後者のパターンなら間接的になりますがそれが可能です。

ポイントをマイルに交換するパターンなら可能

クレジットカードで貯まるポイントは他社のポイントやマイルに交換出来るようになっています。

ポイントの交換先にANAマイルとJALマイルがあるクレジットカードならいくつかありますので、それらのクレジットカードを選択すれば可能となります。

交換するのは若干メンドクサイですが、交換率が高いクレジットカードならお得になりますし、ポイント交換ならではのメリットもあるんですよ!

ポイントを交換するパターンのメリット

まずはポイントとして貯まるので交換先を自由に選ぶ事が出来ます。

ANA・JALマイル以外の選択肢も選べる

ポイントを交換するパターンならマイル以外の選択肢もあります。

クレジットカードによっては楽天ポイントやTポイントなどの共通ポイントが交換先にあったり、カード利用代金に充当出来る事もあるので利便性が高くなります。

有効期限を最大化出来る

何気にこれはかなり大きなメリットです。

ANA・JALマイルは有効期限が3年で、貯まったマイルから3年経つと順次失効していきます。

3年は長いようで意外と早いので、目標マイル数に到達する前に失効が始まる事も珍しくありません。

もしマイルが直接貯まるパターンの場合だと、有効期限は3年が最長になります。

しかしポイントを交換するパターンなら、まずはポイントの有効期限を最大限に利用してからマイルに交換すれば、そこからさらに3年の猶予を作れますので期限を最大化出来ますね。

ポイント有効期限1年だったら、1年が経過する直前に移行すれば、そこからマイル期限の3年がスタートしますので最長で4年弱に延ばす事が出来ますよね。
ポイント有効期限に注意

もしポイントの有効期限が短い場合、有効期限をしっかりと把握して失効しないようにマイルに交換しなければなりません。

ポイント有効期限が1年とかだと意外とスグです。

ポイント有効期限が長ければ長いほど期限を最大化出来るので、出来るだけ長い物がおすすめです。

ANA・JALマイルに交換する際の注意点

ANAとJALマイルの両方に交換が可能でも、細かな条件が違っている場合が結構あります。

注意しておきたい点を解説します。

交換レートが違う場合あり

これは結構多いですが、ANAマイルとJALマイルで交換レートが違う事があります。

  • ANAマイル:1000P➡600マイル
  • JALマイル:1000P➡500マイル

このような感じです。

100円で1ポイントが貯まって1ポイントの価値が1円なら還元率は1%となります。上記のANAマイルの場合は還元率は0.6%、JALマイルは0.5%となりますね。

もしこのような交換レートのクレジットカードの場合なら、JALマイルは他のクレジットカードで貯めるようにした方が効率的と言えますね。

交換数の上限がある

ポイントをANA・JALマイルに交換する際に交換マイル数に上限が設けられている場合があります。

上限がある場合、年間40000マイルまでと言う感じです。

大量のマイルに交換したい方は、もし上限が定められているポイントならしっかり把握しておく必要があります。

もちろん交換上限が無いクレジットカードもありますが、その場合は交換レートが低い場合がほとんどです。

つまり以下のような図式になります。

  • 交換上限がある➡交換レートが良い(1P=1マイルなど)
  • 交換上限なし➡交換レートが悪い(2~3P=1マイルなど)

あまりにも大量に交換されてしまうと収益制が悪化するのでこのような対応をしているのだと思います。

交換上限がある場合、だいたい40000マイルまでが多いので、クレジットカード会社としては年間40000マイルくらいまでが収益を考えると限界なのかもしれませんね。

交換手数料がかかる場合あり

ポイントをマイルに交換する際に年間3000~5000円くらいの手数料を取られる場合があります。

しかしマイル移行手数料は交換する時だけに加入すれば良いので、例えばポイント有効期限が3年だとしたら、3年目に移行するようにすれば3年目の1年分だけで済みます。

この移行手数料は意外と発生する事が多いのでしっかり確認しておきたいですね。

ポイントをマイルに交換する場合は色々と制限などがありますので注意しておきましょう。

ANA・JALマイルに交換出来るクレジットカード

それではANA・JALマイルの両方にポイントを交換出来るクレジットカードを紹介していきます。

最も交換レートが高くて1番おすすめなのはこのカードです。
↓↓

SPGアメックス

 

SPGアメックスはホテルグループのカードですが、マイル還元率が高いのでマイラーの間では有名なカードです。

マイル交換条件

SPGアメックスのポイント還元率は1%です。100円で3ポイントが貯まります。(3ポイントで1円相当)

ANA JAL
交換レート 3ポイント=1マイル(1%)
最大1.25%
3ポイント=1マイル(1%)
最大1.25%
交換手数料 無料 無料
交換可能数上限 実質無制限 実質無制限

SPGアメックスは1度に60000ポイント以上をマイルと交換すると、ボーナスとして5000マイルがプラスで貰えます。

通常は60000ポイント=20000マイル(還元率1%)のところ、60000ポイントで25000マイルと交換出来ますので、還元率は1.125%となります。

しかもマイル交換手数料が無料なのは素晴らしいですね!

マイル交換上限ですが、SPGはマイル数じゃなくてポイントの交換数に上限があります。

ポイントは1日あたりの上限が3000~24万ポイントとなっていますが、ただ翌日にはリセットされますので無制限と一緒です。

SPGアメックスの基本情報

入会資格 ◦20歳以上で安定した継続収入のある方
カード年会費 ◦31000円(税別)
家族カード年会費 ◦15500円(税別)
ETCカード年会費 ◦無料(発行手数料850円(税別))
限度額 ◦10万円~100万円
ポイント還元率 ◦基本1%
100円で3ポイント(3ポイントで1円相当)
ポイント有効期限 ◦2年間
海外旅行保険 ◦最高1億円(5000万円は利用付帯)
※傷害・疾病治療費用は300万円
ショッピング保険 ◦年間最高500万円(国内外対象)

ネックはやはり年会費の高さですね。マイル還元率は素晴しいですが31000円(税別)はちょっと考えてしまいますよね。

SPGアメックスの主な特典・特徴

  • マリオットのゴールドエリート会員資格付帯
  • JAL・ANAマイルが1.125%で貯まる
  • カード更新で世界中のSPGグループホテルで使える無料宿泊券が貰える
  • 空港ラウンジ利用可能(同伴者1名無料)
  • 手荷物無料宅配
  • 空港サービスが充実(空港パーキング優待、クロークサービスなど)
  • 海外・国内旅行保険が充実(家族の補償あり)
  • 海外で24時間365日サポート(オーバーシーズアシスト)
  • 京都観光ラウンジが無料で利用可能
  • お得な入会キャンペーンを随時開催中

年会費は高いですが、マリオットのゴールドエリート会員資格とカード更新時の無料宿泊券だけでも元は取れます。

毎年高級ホテルに1回泊まる費用と考えれば年会費はそれほど気になりませんし、ゴールドエリートの資格で系列ホテルの宿泊がかなりお得になります。

入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

SPGアメックス入会キャンペーン最新版!39000ポイント獲得可能!

「SPGアメックスの入会キャンペーンは簡単に獲得出来る?」 「33000ポイントのお得な利用方法は? ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

SPG

オリコカード・ザ・ポイント

 

オリコカード・ザ・ポイントで貯まるポイントはマイル以外の交換先も多いので利便性は高いです。

マイル交換条件

オリコカード・ザ・ポイントは100円で1ポイントが貯まり、1ポイント1円相当なので還元率は1%です。

ANA JAL
交換レート 1000ポイント=600マイル(0.6%) 1000ポイント=500マイル(0.5%)
交換手数料 無料 無料
交換可能数上限 なし なし

ANAマイルの方が交換率が高くなっていますね。

マイル交換手数料や上限が無くて還元率0.5%~0.6%というのは悪くはありません。

オリコカード・ザ・ポイントの基本情報

入会資格 ◦18歳以上(学生可)
カード年会費 ◦無料
家族カード年会費 ◦無料
ETCカード年会費 ◦無料(発行手数料も無料)
限度額 ◦10万円~100万円
ポイント還元率 ◦基本1%
100円で1ポイント(1ポイント1円相当)
ポイント有効期限 ◦1年間
海外旅行保険 ◦無し
ショッピング保険 ◦無し

オリコカード・ザ・ポイントの主な特典・特徴

  • 年会費無料(家族カード、ETCカードも無料)
  • ポイント還元率1%(100円で1円還元)
  • 入会後6ヶ月間はポイント2倍の還元率2%
  • リアルタイムでポイント交換できる
  • 入会キャンペーンで大量のオリコポイントが貰える

とにかく高還元率で使えてポイントの交換先が多いのが特徴です。

ポイントの交換をすると交換先のポイントが使えるようになるまでに時間が掛かる場合がほとんどですが、オリコカード・ザ・ポイントの場合はリアルタイムで交換が出来ますのですぐに交換先のポイントを使えるようになります。

どんなシーンでもお得に使えてANA・JAL両方に交換出来る貴重なカードなのでおすすめです。

オリコカード・ザ・ポイントの入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

オリコカード・ザ・ポイントの入会キャンペーン最新版!最大8000円

「入会キャンペーンはお得なの?」 「簡単に獲得出来る?」 Orico Card THE POINT( ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

エムアイカードプラス

 

エムアイカードプラスは三越・伊勢丹グループが発行していて、ショッピングでかなりお得になるクレジットカードです。

マイル交換条件

エムアイカードプラスのポイント還元率は1%です。100円で3ポイントが貯まります。(3ポイントで1円相当)

ANA JAL
交換レート 2000ポイント=500マイル(0.25%) 3000ポイント=1500マイル(0.5%)
交換手数料 無料 無料
交換可能数上限 なし なし

JALマイルは0.5%なのでなんとか一般レベルをクリアしていますが、ANAマイルは0.25%なのでちょっとメリットは無いですね。

ただしエムアイカードプラスは三越・伊勢丹グループの利用では最大10%になりますので、最終的な還元率としてはお得だと言えます。

エムアイカードプラスの基本情報

入会資格 ◦18歳以上で安定した収入のある方とその配偶者・学生(高校生を除く)
カード年会費 ◦2000円(税別)
初年度無料
家族カード年会費 ◦無料
ETCカード年会費 ◦無料(発行手数料無料)
限度額 ◦10万円~100万円
ポイント還元率 ◦基本0.5%
三越・伊勢丹・岩田屋・丸井今井で5~10%
ポイント有効期限 ◦最長25ヶ月
海外旅行保険 ◦無し
ショッピング保険 ◦無し

エムアイカードプラスの主な特典・特徴

  • 初年度年会費無料
  • 三越・伊勢丹などでポイント還元率が最大10%
  • 1ポイント1円で次の買い物から使える
  • 即日発行が可能(エムアイカードカウンター受取)
  • 入会キャンペーン特典がある

公式サイトはコチラ
↓↓

JCB CARD W

 

JCB CARD Wは39歳以下が対象のカードです。JCBプロパーカードは還元率0.5%が一般的ですが、こちらは倍の1%ありますのでガンガンポイントを貯められます。

マイル交換条件

JCB CARD Wのポイント還元率は1%です。1000円で2ポイントが貯まります。(1ポイントは5円相当)

ANA JAL
交換レート 500ポイント=1500マイル(0.6%) 500ポイント=1500マイル(0.6%)
交換手数料 無料 無料
交換可能数上限 なし なし

ANA・JALともに還元率0.6%で手数料が掛かりませんので良いですね。ただし39歳以下が対象という条件があります。

JCB CARD Wの基本情報

入会資格 ◦18歳~39歳までの方
カード年会費 ◦無料
家族カード年会費 ◦無料
ETCカード年会費 ◦無料
限度額 ◦10万円~100万円
ポイント還元率 ◦基本1%
入会後3ヶ月は4倍の2%
ポイント有効期限 ◦2年間
海外旅行保険
(利用付帯)
◦最高2000万円
※傷害・疾病治療費用は100万円
ショッピング保険 ◦年間最高100万円(海外対象)

JCB CARD Wの主な特典・特徴

  • 入会後3ヶ月間はポイント4倍(100円で2円還元なので還元率2%)
  • 通常時の還元率1%
  • セブンイレブン・Amazonで還元率2%
  • 入会キャンペーン特典がある

入会後3ヶ月間はポイント4倍の還元率2%となります。

2%で獲得したポイントをマイルに交換すれば0.6%の倍の1.2%になりますのでかなりお得です。最初に集中して利用したいですね。

JCB CARD Wの入会キャンペーン最新情報とカード詳細はコチラの記事をご覧ください。
↓↓

JCB CARD Wの入会キャンペーン最新版!今ならポイントが最大30倍

「JCB CARD Wの入会キャンペーン詳細が知りたい」 「特典は本当にお得なの?」 JCB CAR ...

続きを見る

公式サイトはコチラ
↓↓

ANA・JALマイルはどちらがお得に使えるのか?

ANAとJALは日本を代表する航空会社でライバルとしてお互いが意識し合っています。マイルの利用条件や有効期限はほとんど差がありません。

ほとんどの人がマイルを貯める目的は特典航空券だと思いますので、マイルの使いやすさを計るには特典航空券の必要マイル数を比較するのが1番分かり易いと思います。

特典航空券の必要マイル数などを見るとだいたい似たような数字に収まっています。

分かり易い違いは、ANAはシーズンによって必要マイル数が変動する事です。ローシーズン、スタンダードシーズン、ハイシーズンの3つの設定になっていて、JALの必要マイル数はちょうど真ん中のスタンダードシーズンのマイル数と同じでオールシーズンで同じになっています。

つまりどっちがお得なのかと言われたらシーズンによって変わるという事です。ローシーズンならANAだし、ハイシーズンならJALがお得になります。

総合的に見るとJALがややお得

ただし、やはり皆さんが本当に使いたいと思うのはハイシーズンだと思いますので、それならJALの方がお得です。

どのシーズンにマイルを使いたいかでお得度は変わるって事になります。スタンダードシーズンなら同じです。

国際線、国内線、行き先によりますが、ANAとJALの特典航空券必要マイル数の関係はこのような感じです。

ANAとJALマイルの比較はコチラの記事をごらんください。
↓↓

ANAとJALマイルはどっちがお得か比較!クレカで貯めやすいのは?

「ANAとJALはどちらがお得なの?」 「クレジットカードで貯めやすいのはどっち?」 国内でマイルを ...

続きを見る

当サイトのおすすめは別々に貯める!

ANA・JALマイルの両方にポイントを交換出来るクレジットカードは有りますが、当サイトのおすすめはANA・JALマイルは別々のクレジットカードで貯めるのがおすすめです。

何故ならANAマイル、JALマイル共に効率良く貯められるクレジットカードが異なるからです。

両方貯めるなら、それぞれを効率良く貯められるクレジットカードを別々に持った方が絶対に良いです。

マイルは出来るだけ早く貯めて使いたい人がほとんどだと思いますので、最も効率が良いクレジットカードをそれぞれで選んで貯めた方が絶対に良いです。

ANAマイルが貯まるおすすめクレジットカードはコチラの記事をご覧ください
↓↓

ANAマイルを貯めるならこれ!おすすめのクレジットカード5選

「ANAマイルが1番貯まるクレジットカードが知りたい」 「ANAマイルを貯めるクレジットカードはどう ...

続きを見る

JALマイルを貯めるならコチラのクレジットカードがおすすめです
↓↓

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの入会キャンペーン!2019年最新版

「入会キャンペーン特典は簡単に獲得出来る?」 「特典ポイントは何に使うのがお得?」 セゾンゴールド・ ...

続きを見る

JAL普通カードの入会キャンペーン最新版!最大4600マイル獲得

「JAL普通カードの入会キャンペーン最新情報が知りたい」 「普通カードの入会キャンペーン特典は何マイ ...

続きを見る

まとめ

ANAとJALマイルの両方を直接貯められるクレジットカードは存在しませんが、ポイントをANA・JALマイルの両方に交換出来るクレジットカードはありますので、同時に貯めるならそのクレジットカードを利用すれば可能となります。

ポイントをANA・JALマイルに交換する際は両者で諸条件が異なる場合があるので注意が必要です。

  • 交換レートの違い
  • 交換可能上限数の違い
  • 交換手数料の有無

特に交換レートはしっかりと確認しておいた方が良いですね。場合によっては他のクレジットカードで貯めた方が良いかもしれません。

交換可能上限数や手数料については今回紹介したクレジットカードなら気にしなくて良いです。

もし今回紹介した以外のカードを選択するなら特に手数料には注意した方が良いですね。

ANA・JALマイルの両方に交換出来るクレジットカード

ANA・JALマイルは1枚のクレジットカードで貯めて行こうと思うと効率は良くありませんので分散して貯めるのが1番おすすめです。

でもどちらにも交換出来る選択肢を持っておきたいという方なら今回紹介しているSPGアメックスは特におすすめです。
↓↓

SPG

アドセンス

アドセンス

-ANAマイル, JALマイル, クレジットカード, マイル
-, , , ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.