クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

ANAマイル クレジットカード マイル 入会キャンペーン

ANAアメックス入会キャンペーン完全ガイド最新版

投稿日:

「入会キャンペーンは本当にお得なの?」

「35.000マイルはどこに行ける?」

ANAアメックスは現在、7.000円の年会費約5年分の価値がある35.000マイル相当が貰える入会キャンペーンを開催中です。

入会キャンペーンはお得なように見えても、実は獲得条件が難しかったり、リボ利用が条件になっていて獲得が難しい場合もよくあります。

そこで今回はANAアメックスの入会キャンペーンの獲得条件やポイント付与時期、注意点などを解説しながら、キャンペーンポイントのお得な使い方、ANAアメックスの魅力などについても解説します!

ANAアメックスの入会キャンペーン

ANAアメックスのキャンペーン特典は複数に分かれていて、マイルとポイントが貰える特典があります。

そしてポイントをマイルに交換すれば合計で35.000マイルになるという内容です。

特典は以下の通りです。

  1. 「新規入会ボーナスマイル」1.000マイル
  2. 「カード利用ボーナスポイント」
    500ボーナスポイント
    4.000ボーナスポイント、
    22.500ボーナスポイント
    (合計27.000ボーナスポイント)
  3. 「通常利用分のポイント」7.000ポイント

マイルで貰えるのは1の新規入会ボーナスマイルだけです。

※その他の特典はポイントの付与で、それを「1ポイント=1マイル」で移行した場合に合計で最大35.000マイルになるという内容です。

各特典の詳細や獲得条件、注意点などを解説します。

キャンペーン特典の獲得条件

獲得条件は主に「クレジットカードの利用」です。利用額によって段階的にボーナスポイントが貰えます。

①【新規入会ボーナスマイル】で1.000マイル

獲得条件は特に無く、新規入会しただけで1.000マイル貰えます。マイルで貰える唯一の特典です。

②【カード利用ボーナスポイント】27.000ボーナスポイント

カード利用ボーナスポイントは3段階に分けて貰えます。

  1. ご入会後3ヶ月以内に1.0000円以上利用で500ボーナスポイント
  2. ご入会後3ヶ月以内に30万円以上利用で4.000ボーナスポイント
  3. ご入会後3ヶ月以内に70万円以上利用で22.500ボーナスポイント

入会後3ヶ月以内に70万円以上のカードショッピング利用をすれば合計で27.000ボーナスポイント(27.000マイル相当)が獲得出来るという事です!

③カード利用分の通常ポイント付与(100円1ポイント)

これは特典と言うよりは、普通にANAアメックスを利用した際のポイント付与分になります。

上記のカード利用特典を獲得するために70万円を利用したら、通常のポイントも7000ポイント(7.000マイル相当)貰えます。

以上、①②の特典の合計が「1.000マイル+27.000ボーナスポイント(27.000マイル相当)」で合計28.000マイル相当となり、通常ポイント分が7.000ポイント(7.000マイル相当)貰えるので、全てのポイントをマイルに交換すると、28.000マイル+7.000マイルの合計で35.000マイルとなります。

3ヶ月で70万円を使う方法

3ヶ月で70万円となると、1ヵ月あたり20万円以上の利用が必要です。

1ヵ月20万円以上の利用は常識的に考えると、かなり厳しい金額ですよね・・・

どのようにして1ヵ月で20万円以上も使えば良いのでしょうか・・・

まずは食費、光熱費、携帯代など、日常生活のすべての支払いを可能な限りANAアメックスで支払うようにしましょう。

例えば家賃を支払っている方は、家賃の支払いがクレジットカード払いに出来ればかなり助かりますね。

あとは、近々大きな買い物の予定や海外旅行に行く予定がある場合は、予定を少し早めたりしてANAアメックスで払うようにしましょう。

ちなみに70万円の利用額は家族カードの利用分も合算出来ます!家族にも利用額達成を協力してもらいましょう!

入会キャンペーン特典獲得の流れまとめ

  1. まず、カードに申し込む
  2. カードを受け取る(1000マイルゲット)
  3. 入会後3ヶ月以内に70万円以上利用する(合計34000マイル相当ゲット)

全ての合計で35000マイル獲得となります。

マイルへの交換はポイント移行コースへの加入が必要!

ちなみにポイントをANAマイルに交換するには「ポイント移行コース」に加入しなければなりません。

ポイント移行コースは年会費6.000円(税別)がかかりますので、カード維持コストは「カード年会費7.000円(税別)」と「ポイント移行コース年会費6.000円(税別)」の合計13000円(税別)が必要となります。

加入すればポイントの有効期限が無くなるので、気にしずにポイントを貯める事が出来ます。

申込はコチラ
↓↓

ANAアメックス公式サイト

入会キャンペーン特典35.000マイルはどこまで行けるのか

多くの方がマイルを貯める理由は「特典航空券」だとおもいますので、35.000マイルでどこまで行けるのか?は気になる所だと思います。

行き先別で特典航空券の必要マイル数をまとめました。

国際線で使う

画像出典:ANAアメックス公式サイト

ちなみにANAはシーズンで必要マイル数が異なります。

ロージーズンは需要が少ない時期の事で、ハイシーズンは需要の高い時期の事です。

例えばハワイだとローシーズンは1/13~1/23、4/1~4/23、5/7~5/31です。

ハイシーズンは1/1~1/4、4/24~5/6、8/1~8/16、12/25~12/31となります。大型連休のある時期がハイシーズンになります。

国際線の必要マイル数(往復)

路線 ローシーズン レギュラーシーズン ハイシーズン
日本ー韓国 12.000 15.000 18.000
日本ー北京、上海、香港、フィリピン 17.000 20.000 23.000
日本ーシンガポール、タイ、ベトナム、インドネシアなど 30.000 35.000 38.000
日本ーハワイ 35.000 40.000 43.000
日本ーニューヨーク、シカゴ、ワシントン、ロサンゼルスなど 40.000 50.000 55.000
日本ーフランクフルト、ロンドン、パリ、ブリュッセル 45.000 55.000 60.000
日本ーオーストラリア 37.000 45.000 50.000

35.000マイルで行ける国は、アジア圏からローシーズンのニューヨーク、オーストラリア、レギュラーシーズンのハワイも射程圏内です。少し頑張ればローシーズンのヨーロッパも可能です!

夢が広がりますね!!

ANAアメックスカードは100円で1ポイント(1マイル)が貯まりますが、ANAカードマイルプラス提携店で利用すると1ポイントとは別に1マイルが貯まったりしますので、15000マイルくらいなら半年で貯める事も全然可能です。そうなるとレギュラーシーズンのニューヨークやロサンゼルス、ハイシーズンのオーストラリアもすぐに行けますよ!

ANAアメックスゴールドなら最大で50.000マイル!ハイシーズンにどこでも行けます!

ゴールドはさらにパワーアップしたカード内容となっていますので、おすすめですよ!コチラの記事で最新情報をご覧ください。
↓↓

ANAアメックスゴールド入会キャンペーン最新版!

「入会キャンペーンは本当にお得なの?」 「60.000マイルはどこに行けるの?」 ANAアメリカンエ ...

続きを見る

国内線で使う

国内線でマイルを利用するなら、行き先によりますが35.000マイルあれば複数回使えるし、家族の分にも利用する事が出来ます。

国内線(往復)※片道なら半分のマイル数です。

路線 ローシーズン レギュラーシーズン ハイシーズン

【0~600マイル区間】
◦東京ー大阪、名古屋、仙台など
◦大阪ー福岡、宮崎など

10.000マイル 12.000マイル 15.000マイル

【601~1600マイル区間】
上記・下記以外の旅程

12.000 15.000 18.000

【1601マイル~2000マイル区間】
東京ー沖縄、大阪ー石垣・宮古島、名古屋ー沖縄・宮古島、札幌ー福岡など

14.000 18.000 21.000

【2001~4000マイル区間】
東京ー石垣、東京ー宮古島、名古屋ー石垣島、札幌ー沖縄など

17.000 20.000 23.000
入会キャンペーン特典は35.000マイルなので、ハイシーズンに東京から沖縄に2回行けます。年末などのハイシーズンに暖かい沖縄なんて最高のプランですよね。

座席のアップグレードに使う

座席をエコノミーからビジネスクラスへアップするなんて使い方もありですよ!

アップグレードの必要マイル数

区間マイレージの合計数 エコノミー
→ビジネス
ビジネス→
ファースト
~2000 12000マイル 20000マイル
2001~3500 18000マイル 30000マイル
3501~4500 20000マイル 35000マイル
4501~5500 25000マイル 40000マイル
5501~7000 28000マイル 45000マイル
憧れのファーストクラスにアップグレード出来るなら40.000マイルくらい出しても良いですよね!

LCC(格安航空券)で使う

ANA提携のLCCであるバニラエアでANAマイルを利用する事が出来ます。

国際線・国内線で利用する事が出来ますよ。

バニラエア国内線(往復)

路線 必要マイル数
成田ー札幌、奄美大島、函館、関空 10000マイル
成田ー沖縄 12000マイル
関空ー函館、奄美大島 10000マイル

北海道、沖縄に行っちゃいましょう~!

バニラエア国際線(往復)

路線 必要マイル数
成田ー台北、香港、高雄 17000マイル
関空ー台北 17000マイル
沖縄ー台北 17000マイル
台北ーホーチミン 20000マイル
成田ーセブ 30000マイル

香港の100万ドルの夜景なんて良いですよね!

入会キャンペーン特典の40.000マイルで成田から沖縄、札幌旅行に3回飛び立つことが出来ますね!LCCは機内が狭いですが、国内のフライトなら1~2時間程度なのでそれほど苦痛に感じる事はないですよ。

入会キャンペーン特典をポイントのまま利用する事も出来る

ANAアメックスを利用していてマイルに交換しない人は稀だと思いますが、入会キャンペーン特典のポイントはマイルに交換しずにポイントのまま活用することも出来ます。

例えばこんな方法で使うことも出来ます
↓↓

ポイントフリーダムで利用

ポイントフリーダムはディナー代、ショッピング代、旅行代金などカード支払い分にポイントを充当できます。

ポイントでツアー旅行代金の決済

利用出来るサービス ポイントで購入できる商品 通常還元率 ポイント移行コース加入時の還元率
アメリカンエキスプレストラベルオンライン 航空券、ホテル、レンタカー 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.8~1円
HISアメックスデスク 国内外のパッケージツアー、日本発着の国際・国内線航空券、国内外ホテル、旅館、レンタカー、JRチケット 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.8~1円
日本旅行 国内外旅行、パッケージツアー、航空券 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.8~1円

ポイントで街のお店でお買い物

利用出来るサービス ポイントで購入できる商品 通常還元率 ポイント移行コース加入時の還元率
高島屋 指定なし 3000ポイント→1000円分商品券 3000ポイント→1000円分商品券
ヨドバシカメラ 指定なし 3000ポイント→1000円分商品券 3000ポイント→1000円分商品券

ポイント移行コースに加入していても、通常還元率と変わりません。

ポイントでオンラインショッピングの決済

利用出来るサービス ポイントで購入できる商品 通常還元率 メンバーシップリワードプラス加入時の還元率
BAYMA 指定なし 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.3円
マルイ 指定なし 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.3円
ベルメゾン 指定なし 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.3円

ポイント移行コースに加入していても、通常還元率と変わりません。

マイルに比べるとかなり還元率が悪くなってしまうので、ポイントフリーダムはあまりおすすめは出来ません。ANAアメックスを利用していてマイルに交換しない人は稀だと思いますが、ポイントの使い道に困った時の一つの選択肢としてはありがたいですね。

ポイントをしばらく貯めておく

ANAアメックスのポイントは、ポイント移行コースに加入しておけばポイントの有効期限は無期限になりますので、これと言った使い道が思いつかないのであればマイルに移行せずにアメックスのポイントとして保有しておけば、ずっと貯めておくことが出来るので問題ありません。使い道が明確に決まった時点でマイルに移行したりすれば良いと思います。

ANAアメックスのお得なポイントの貯め方

ANAアメックスのポイントを効率的に貯める方法をまとめておきます。

ANAグループでの利用でポイント1.5倍

ANAグループでのANA航空券、旅行商品の購入や機内販売での利用でポイント1.5倍になります。

航空券 ANASKYWEB、ANASKYMOBILE、ANA国際線予約案内センター、ANAカウンターにおける航空券購入
機内販売 ANA・ANAウイングス運航の国内線機内販売、ANA・エアージャパン運航の国際線機内販売
旅行商品 ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANAワンダーアース、ANASKYWEBTOURの旅行商品
通販 ANA通販、ANAショッピングA-style

200円に付き1ポイントが通常ポイントとは別に付与されますので、100円で1.5ポイントを獲得できます。

ANAマイルプラス提携店の利用でお得

ANAマイルプラス提携店でカードを利用すると、通常のカード利用ポイントとは別に100円~200円で1マイルが貯まります。

つまり、お店によっては100円で1P+1マイルが貯まるので、100円で2マイルが貯まる事になり、還元率は2%になります。

200円で1マイルだったとしても、少なくとも100円あたりの還元率は1.5%にはなるので、かなり高還元率です。

ANAマイルプラス提携店

業種 ANAマイル提携店
コンビニ セブンイレブン、ココストア
ネットショップ ANAショッピングA‐スタイル、セブンネットショッピング
グルメ スターバックス、
ガソリン 出光、エネオス

上記のお店を積極的に利用すれば余分にマイルを貯める事が出来ますね!

ANAマイレージモール経由でお得

ANAマイレージモールとは、掲載されているお店の「ANAマイレージモールを経由してパートナーショップ・サイトへ移動」と言うボタンを押して、そのお店のサイトを開いて利用すればボーナスマイルが貰えると言うものです。

掲載店には楽天やヤフーショッピングなど、皆さんが普段から日常的に利用しているショップも沢山ありますので、どうせ利用するならANAマイレージモールを経由した方がお得になります。

主なショップは楽天市場、ヤフーショッピング、じゃらん、ブッキングドットコム、ユニクロなどなどメジャーなサイトが多数ありますのでお得です!

申込はコチラ
↓↓

ANAアメックス公式サイト

ANAアメックスの優待

ANAアメックスは、アメックスが得意とするトラベル(旅行)&エンターテイメント分野での優待がとても充実しています。

フライトマイル

ANAアメックスでマイル積算対象運賃のANAグループ便に搭乗すると、

「区間基本マイレージ」×「クラス・運賃倍率」×「10%のボーナスマイル」を獲得できます。

カード継続ボーナスマイル

毎年、カードの継続更新をすると1000ボーナスマイルが貰えます。

※年会費を指定の期日までに支払う事が条件となり、支払い月の翌月末までに貰えます。

空港ラウンジ

アメックスが提供する国内外の空港ラウンジを同伴者1名と共に無料で利用出来ます。

フライトまでの時間をゆったりと過ごすことが出来ます。

利用可能空港

新千歳、函館、青森、秋田、仙台、羽田、成田、新潟、富山、小松、中部国際、大阪国際(伊丹)、関空、神戸、岡山、広島、米子、山口宇部、高松、松山、徳島、北九州、福岡、長崎、大分、熊本、鹿児島、那覇、ハワイホノルル、韓国仁川空港

グローバルホットライン

海外旅行で24時間日本語で電話サポートが受けられます。

現地の観光情報や、チケットの手配、緊急時のサポートなどなど様々なサポートをしてもらえます。

言葉が通じない海外で24時間365日のサポートが受けられるのは本当に心強いですよね

空港サービス

アメックスは旅行が得意なので、空港でのサービスには定評があります。

空港クロークサービス

乗継便の待ち時間などに手荷物預かり所で手荷物を無料にて預ける事が出来ます。

空港内でのショッピングなどを手ぶらで過ごすことが出来るので嬉しい特典ですね。

(関空、中部国際空港が対象)

空港パーキングサービス

空港からアクセスが良好なパーキングを優待料金で利用出来ます。

(成田空港、羽田、関空、福岡空港が対象)

手荷物無料宅配サービス

海外からの帰国時に空港から自宅まで、会員一人に付きスーツケース1個を無料で配送してもらえます。

この優待は、帰りに手ぶらで帰る事が出来ますので何気に嬉しいです。

(成田、関空、中部国際空港が対象)

その他の優待

カーシェアリング

アメックスのサイトを経由して申し込むと、1500円のカード発行手数料が無料になります。

タイムズカー駐車場に常時置いてある車を24時間利用する事が出来ます。

アメリカンエキスプレスコネクト

ダイニング、トラベル、レジャーなどの割引情報などをまとめて見る事が出来るWEBサービスです。

例えば、高級ホテルで有名なリッツカールトン東京の高級フレンチが10%オフになったり、その他の高級ホテルでのダイニング優待が充実しています。

旅行保険&ショッピング保険

海外で何かトラブルがあった時のために、保険に入っておくのは重要です。

特に海外は医療費が高いので、傷害・疾病治療費用は重要項目と言えます。

海外旅行保険(利用付帯)

保険の種類 保険金額(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高3000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 最高3000万円
救援者費用 200万円
携行品損害(免責金額3000円) 30万円(年限度額100万円)

引用:ANAアメックス公式サイト

国内旅行保険(利用付帯)

保険の種類 保険金額(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高2000万円

引用:ANAアメックス公式サイト

利用付帯という事で、ツアー旅行代金や航空券代をANAアメックスで支払っていないと保険に加入する事が出来ません。

正直な所、傷害・疾病治療費用で100万円と言うのは心細いですね・・・海外の医療費は想像以上に高いです。

ショッピングプロテクション

国内外を問わず、カードで購入したほとんどの商品について、破損・盗難などの損害を購入日から90日間、年間最高200万円まで補償

(免責が1事故で1万円)

ANAアメックスカードの基本情報

 ー ANAアメリカンエキスプレスカード
年会費 7000円(税別)
ポイント移行コース年会費 6000円(税別)
家族カード年会費 2500円(税別)
ETCカード年会費 年会費無料で新規発行手数料850円(税別)
貯まるポイント メンバーシップリワード
ポイント還元率

◦基本100円で1ポイント
◦ANAマイルプラス提携店利用で通常ポイントにプラスして100円1マイルが加算
◦1000ポイント→1000マイル(ポイント移行コース加入時)
※年間移行ポイントは無制限

ポイント有効期限 3年間(ポイント移行コース加入で無期限になります)
国内外旅行保険(利用付帯)

◦海外:死亡・後遺障害最高3000万円、傷害・疾病治療費用100万円
◦国内:死亡・後遺障害2000万円

電子マネー ApplePay(QUICPay)対応

引用:ANAアメックス公式サイト

電子マネーに関してはアップルペイに対応していますが、電子マネーのチャージやチャージポイントなどにはめっぽう弱いです。

ANAアメックスがおすすめな人の特徴・まとめ

ANAアメックスは現在、35.000マイル相当が貰える入会キャンペーンを開催しています。

キャンペーン特典を貰うには入会後3ヵ月以内に70万円の利用が必要です!

70万円は少しハードルが高いですが毎月の支払いをANAアメックスに集約したり、近々大きな買い物の予定があれば少し前倒しして支払うのも有りだと思います。

ANAアメックスはANAマイルを貯めて旅行に出掛けたい人にメリットが沢山あるカードです。

ANAアメックスがおすすめな人は

  • 年会費を出来るだけ抑えてANAマイルを貯めたい
  • 年1~2回は海外旅行に行く
  • 空港待ち時間などを充実させたい

このような方です。

特に旅行を充実させて楽しむための優待が多いので、

旅行をより楽しいものにする事が出来る事は間違いないですね。

それと、ANAマイルプラス提携店でカード利用すれば、通常カードポイントとは別に100円~200円で1マイルが溜まりますので、ANAマイルの貯めやすさにも特出しています。

今がANAマイル生活を始める良い機会ではないでしょうか!

旅行目標を立ててそこに向けてANAマイルを貯め始めましょう!

申込はコチラ
↓↓

ANAアメックス公式サイト

アドセンス

アドセンス

-ANAマイル, クレジットカード, マイル, 入会キャンペーン
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.