クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード 比較

アメックスプラチナとラグジュアリーカード・ブラックを徹底比較!

更新日:

「自分に合っているのはどちらか知りたい」

「使える特典が多いのはどっち?」

アメックスプラチナとラグジュアリーカード・ブラック(以下:ラグジュアリーブラック)は年会費が高額になりますので、どちらが自分に合っているのか迷うところですよね!

どちらも特典は充実していて、それぞれに長所と短所がありますのでベストな選択をしたいですが、何を見れば良いのかわからないと言う方は多いと思います。

そこで今回は、クレジットカード情報サイトを毎日チェックして最新情報を仕入れている筆者が、重視される項目や特典を徹底比較します。

この記事でこれが分かる!

  • 2枚の特徴
  • どちらが自分に合っているか

これを読めばどちらにするかの選択が出来るようになりますよ!

2枚の比較ポイント

アメックスプラチナとラグジュアリーカード・ブラックは年会費が高額なプラチナカードなので、ポイント還元率などのお得さを求める節約カードと言うよりは、日常を豊かにしてくれる贅沢カードです。

ですので限度額やカッコ良さ、トラベル&ダイニングなどの特典が比較するポイントになります。

今回比較する項目は以下の通りです。

  • 見た目のカッコ良さ・知名度
  • 年会費・限度額
  • 国際ブランドの使いやすさ
  • ポイント還元率・使いやすさ
  • コンシェルジュ
  • 空港サービス・空港ラウンジ
  • ダイニング・トラベル特典
  • 海外旅行保険・ショッピング保険
  • 審査難易度
どちらのカードも年会費が高額で、使いきれない量の特典が付いていますが、実際に全ての特典が有効な物かと言うと、個人的には必要のない特典も多いと思っています。ですので今回の比較のポイントは「実用性の高さ」です。

見た目のカッコ良さ&知名度

クレジットカードは人に見られる事も多いので見た目のカッコ良さは重要だと個人的に思っています。

しかもプラチナカードのような高級カードを持つ方は、ステータスの高さを見せつけたいと思っている方も多いので重要な項目です。

まずこの2枚は非常に特徴があります。それはカード素材が金属製であるという事です。

 

金属製カードは元々アメックスの最上級カードであるアメックスセンチュリオン(アメックスブラック)にチタン素材のカードがあったことから人気に火が付きました。

そしてラグジュアリーカードが金属製カードとして発行されて大人気になったので、本家のアメックスがセンチュリオンの弟分であるアメックスプラチナでも金属製カードを発行するようになりました。

デザインは個人の好み!

カッコ良さは完全に個人の好みになりますが、デザインの面で見るとラグジュアリーカードはシンプルで、アメックスプラチナは洗練されている感じですよね。

個人的にはアメックスプラチナの金属製カードがカッコ良いと思います。

また知名度については、ラグジュアリーカードはまだまだ最近発行されたばかりなのでほとんど知られていません。

それに対してアメックスは高級なカードとしてのイメージが確立されているので、知名度は圧倒的にアメックスプラチナが上です。

他人に見せて認知してもらいたいならアメックスプラチナですね。

デザイン、知名度共にアメックスプラチナに軍配が上がりますね。

基本情報を比較!年会費・限度額はどっちが高いか

年会費や限度額と言ったカードの基本的な部分を見て行きましょう。

また国際ブランドも異なりますので使い勝手なども比較していきます。

いきなりですが基本情報をまとめました。以下で解説をしています。

 ー アメックスプラチナ ラグジュアリーブラック
国際ブランド アメックス Mastercard
年会費 13万円(税別) 10万円(税別)
家族カード年会費 4枚まで無料 25000円(税別)
ETカード年会費 ◦年会費無料
◦新規発行手数料850円(税別)
◦年会費無料
◦新規発行手数料無料
 限度額 一律の制限なし  100万円~300万円

アメックスプラチナの家族カード4枚無料は素晴しいですね。後ほど解説します。

年会費は30000円差

カード年会費はどちらもかなり高額です。

  • アメックスプラチナが13万円(税別)
  • ラグジュアリーブラックが10万円(税別)

アメックスプラチナの方が30000円高くなっています。

ここまで来たらこれくらいの年会費差はあまり気にならないかもしれませんね。しかし、そうは言っても30000円差なので、どこかにその差がある事になります。

年会費は実質無料と言っても過言ではない!

アメックスプラチナもラグジュアリーブラックも、特典の価値と充実度は年会費以上なので、年会費は実質無料と言っても過言ではありませんね。

家族カードは大きな差が!

家族カードの年会費も見てみましょう。

  • アメックスプラチナが4枚まで無料
  • ラグジュアリーブラックが25000円/枚

アメックスプラチナは4枚も無料で発行出来るのはすごいですね。5人家族で家族カードを4枚発行するとしたらアメックスプラチナはかなり安くなります。

家族カードを1枚発行して夫婦で持つイメージでちょうど年会費が同じくらいになりますね!

ETCカードはどちらも年会費無料だが・・

ETCカードはどちらも年会費無料ですが、アメックスプラチナは発行時に850円(税別)の手数料が初回のみ発生します。13万円も払うのでここは何とかならないのかなと思います・・・・

  • 年会費が安いのはラグジュアリーブラック
  • 家族カードが安いのはアメックスプラチナ
  • ETCカードはラグジュアリーブラックが完全無料

比較するとこんな感じになりますが、そこまで大きな差は無いと思います。

アメックスは限度額設定なし

2枚は年会費が高額なプラチナカードなので、持つ人の層も富裕層の割合が高くなってきます。年会費で10~15万円って普通の人じゃ中々払えませんからね!

富裕層はクレジットカードで使う金額も多くなりますので、重要になってくるのは限度額です。

限度額が低かったら使い勝手が悪いのでこれは結構重視する方が多いです。

要はどちらが使える金額が高いか?(限度額が高いか)って事ですが、実は限度額はカードを持つ方によってかなり差が出てきてしまいますので、比較のしようが無いと言うのが正直な所です。

例えば公式サイトに「100万円~300万円」と記載があったとしても、あまり信用力が無い人は50万円~もあり得ますし、逆に実績が十分で信用力の高い人なら300万円以上も全然あり得るからです。

つまりクレジットカードの限度額設定は人によりけりなので、有って無いような物なんですね。

しかし、それだと今回の記事の意味がなくなるので「ひと月で使える金額の多さ」で比較をしてみようと思います。

使える金額の多さで考えると間違いなくアメックスプラチナに軍配が上がります。

アメックスは事前承認によって限度額は無限

なぜならアメックスプラチナは先に入金をすれば、その分だけ一時的に金額を上げる事が出来るからです。

これはアメックス独自のサービスで「事前承認」といいます。このサービスがあるのでアメックスプラチナの限度額は制限が無いと言えます。

「そんなの現金払いと一緒じゃん!」って思いますが、クレジットカード払いにする事でポイントを稼ぐ事が出来ますので現金払いよりは確実にお得です。

限度額の渋さを比較するなら、渋いのはアメックスプラチナで、限度額の高さならラグジュアリーブラックの方が高くなると思います。

国際ブランド比較!使えるお店が多いのはどっち

クレジットカードは国際ブランドを選ぶ事が出来る物が多いですが、アメックスプラチナはアメックスのプロパーカードなので国際ブランドはそのままアメックスで、ラグジュアリーブラックはMastercardのみなので、アメックスとMastercardの比較となります。

Mastercardは世界中のどこでも利用可能

国際ブランドの比較は「使えるお店の多さ」が重要なポイントになりますが、どちらが多いかと言うと間違いなくMastercardです。

世界中のどこに行ってもほぼ間違いなく使える国際ブランドはVISAとMastercardだけです。

アメックスも世界5大国際ブランドの中に入っていますが、VISA、Mastercardほどの加盟店数はありません。

ですので使えるお店が多いのはラグジュアリーブラックとなります。

ただし、アメックスはJCBと提携していてJCB加盟店でも利用出来るようになったので、日本国内なら使いにくさを感じる事は無いと思います。世界中での使い勝手を考えると間違いなくMastercardのラグジュアリーブラックに軍配が上がります。

ポイント還元率が高い&使いやすいのは

先ほど、この2枚はポイント還元率などのお得さを重視するカードじゃないとお話ししましたが、そうは言ってもポイントは付きますのでどちらが還元率が高いかは重要な要素ですよね。

しかも最近、ラグジュアリーカードのポイントが改善されてかなりお得になりました!

ポイント&マイル還元率を比較

まずは2枚の基本的なポイントプログラムをご覧ください。

  アメックスプラチナ ラグジュアリーブラック
ポイント還元率  0.4%~  1.25%
ポイント付与条件 ◦通常100円で1ポイント
※外貨建てや特約店でポイント3倍
 ◦通常1000円につき2ポイント(1%)
※利用明細ごとに2000円で1ポイント(0.25%)
マイル還元率  1%  0.75%

ポイント還元率はラグジュアリーブラックが1.25%とかなり高還元率ですね!プラチナカードのような上級カードはポイント還元率などを求めるカードではないと言いましたが、ポイント還元率が高いならそれに越した事は無いですよね。

アメックスプラチナも外貨建てや特約店の利用では1%以上になりますが、限られた場条件になりますので、常にどこでも最大1.25%のラグジュアリーブラックに軍配が上がります。

マイル還元率はアメックスプラチナ

ポイント還元率はラグジュアリーブラックが上でしたが、マイル還元率に関してはアメックスプラチナの方が交換レートが高いので還元率も高くなります。

マイルを貯めたいならアメックスプラチナ方が良いですね。

ポイントの使いやすさ

ポイントは還元率の高さも重要ですが、それ以上に「どう使えるか」が重要になります。

クレジットカードのポイントは基本的に他のポイントプログラムやマイルなどに交換、現金キャッシュバックなどが1番お得な使い方になります。

中でも現金キャッシュバックはそのままカード利用分に充当出来るので手間もかからないし、何にでも使える事になるので理想的です。

しかしキャッシュバックは還元率が落ちる事が多いので、利用するにはちょっともったいない場合がほとんどです。

後はマイルへの交換や人気の共通ポイントなどの交換先がどれくらいあるかがポイントの使いやすさを判断する要素になります。

ポイントを使いやすいのはラグジュアリーブラック

ラグジュアリーブラックはポイントの価値を落とさずに還元率1.25%のままキャッシュバックする事が出来ます

他にも利便性の高いAmazonギフト券にも価値を落とさずに交換出来るのは素晴しいですね。

アメックスプラチナは先ほどお話ししたようにマイルに交換する事で還元率が高くなりますが、キャッシュバックほど使いやすいとも言えないので、ポイントの使いやすさではややラグジュアリーブラックではないかと思います。

  • ポイントをキャッシュバックや他社ギフト券に交換するならラグジュアリーブラック
  • ポイントをマイルに変えたいならアメックスプラチナ

このような比較の仕方で良いですね。

コンシェルジュの使いやすさ

プラチナなどの上位カードで代表的なサービスと言えばコンシェルジュですよね。

急な出張時の新幹線、ホテルの手配や会食に利用するお店の予約など、様々な要望に電話一本で応えてくれるので、秘書がいるようなイメージです。

アメックスプラチナとラグジュアリーブラックを持とうと考える方はある程度の収入がある経営者の方などが多いです。ですので経営者の方などが使いたいと思うようなサービスを展開していてそこを重視してクレジットカードを選ばれる方も多くいらっしゃいます。

コンシェルジュと言ってもクレジットカードによってサービス内容や使い勝手が全然変わるので、どうせならより良いサービスを受けたいですよね。

ではどんな所を比較すれば良いかですが、コンシェルジュを比較する際に重視されるのは以下の事です。

  • コンシェルジュに繋がるまでの手間の少なさ(本人確認でカード番号を聞かれるかどうか)
  • メールでの返信に対応しているか

主にこの3つですね。

コンシェルジュに繋がるまでの時間がながかったり、カード番号の確認があったりすると、手元にカードを用意しなければならないので若干めんどくさいですよね。

2枚のサービス内容を比較しました。

アメックスプラチナ ラグジュアリーブラック
コンシェルジュに繋がるまでの手間の少なさ
(本人確認の有無など)
初動は自動音声
(カード番号確認なし)
直接コンシェルジュに繋がる
(カード番号確認なし)
メールでの返信に対応しているか メールOK メールOK

唯一違いがあるのは、最初に電話が誰に繋がるかですが、これが大きなさです。

アメックスプラチナは自動音声に繋がりますので、メニューに従って操作をしてやっとコンシェルジュに繋がります。ちょっとメンドクサイですよね。

一方でラグジュアリーブラックはいきなり人に繋がるので話が早いです。

この点だけが違いですが、最も重要な部分なのでコンシェルジュサービスはラグジュアリーブラックの方が上だと言えますね。

ちなみにアメックスもラグジュアリーカードもコンシェルジュサービスには定評がありますので、お店やホテルを探す能力などは特に差がありません。

ダイニング・トラベル特典

ゴールドカード、プラチナカードなどの年会費が高額なクレジットカードは特典が豊富で、中でもダイニング関連、トラベル関連は特に力を入れている部分です。

ダイニング

ダイニング特典を比較する際は、より実用性のある特典があるかどうかを見ると良いです。

例えば海外のレストランで優待があるよりは、国内のレストランで優待があった方が実用的です。

  • 国内のレストランで使える特典があるか

比較をするならこれに尽きるかなと思います。

ダイニング特典は、プラチナカードなどに必ず付いていると言って良い「2名の利用で1名分利用特典」がどちらも付帯しています。

その他のレストランの予約・優待サービスは以下のようになています。

アメックスプラチナ ◦高級レストランで2名以上の利用で1名分無料
◦海外のレストランで割引などの優待
ラグジュアリーブラック ◦高級レストランで2名以上の利用で1名分無料
◦予約困難な人気店の予約
◦リムジン送迎
◦レストランでのコース料理アップグレード
◦カフェ・ワインバー優待

日本を代表する予約困難店の予約&リムジン送迎サービスがあるのでダイニング特典はラグジュアリーブラックに軍配が上がります。

トラベル

トラベル特典もダイニング特典と同じように、実用性のある特典があるかどうかがポイントです。

例えば海外ホテルの優待が受けられる特典などは良くありますが、基本的にはツアーでセットになった状態で行く方が多いと思うので実用性があるかと言ったら、多くの人にとっては微妙な所だと思います。

しかし国内のホテルで使える無料宿泊券なら実用性がありますよね。

2枚のトラベル特典は以下のようになっています。

アメックスプラチナ ◦国内ホテルの無料宿泊券(2名分)
◦世界1000ヶ所以上のホテルでの部屋のアップグレードなどの優待
◦4つのホテルの上級会員資格
ラグジュアリーブラック ◦世界3000以上のホテルでの優待
◦予約困難な人気店の予約
◦日本を代表する旅館などの予約&優待

ざっと見ると最も実用的なのはアメックスプラチナの無料宿泊券ではないでしょうか。

あとは4つのホテルの上級会員資格も良いですね。マリオット、リッツカールトン、ヒルトンなど日本国内にも沢山ホテルがあるので実用的と言えます。

トラベル特典はアメックスプラチナに軍配が上がりますね。

空港ラウンジ・空港サービス特典

プラチナカードはトラベル特典が充実しています。トラベルに飛行機は付き物なので空港でのサービスも充実が図られています。その中でも重要だと思う以下の2項目を比較します

プライオリティパスの条件を比較

プライオリティパスは世界中の空港のファースト・ビジネスクラスラウンジを自由に利用出来る会員証で、クレジットカードの特典でゴールドカード以上から付帯している有名な特典です。

プラチナカードだとほぼ間違いなく付帯していますので、比較する上で重要なのは付帯しているかどうかではなくて、会員ランクや家族カード会員、カード会員の家族の扱いがどうなるかが重要です。

まずプライオリティパスには会員ランクがありますが、2枚とも当然ながら最高ランクのプレステージ会員です。全てのラウンジを無料で何回でも利用出来ます。

細かい条件は以下の通りです。

アメックスプラチナ ラグジュアリーブラック
家族カード会員の資格 無料で発行可能 無料で発行可能
同伴者の利用条件 同伴者1名も無料 同伴者は有料(1回32ドル)

違いがあるのは同伴者の利用条件ですね。アメックスプラチナがカード会員1名で1人無料になるのに対して、ラグジュアリーブラックは有料となっています。

プライオリティパスの条件ではアメックスプラチナに軍配が上がりますね。

手荷物無料宅配

手荷物無料宅配は海外旅行時に出発・帰国時に手荷物を宅配してもらえるサービスです。

クレジットカードの特典の中でも使い道が高くて人気があります。比較をする部分は何個まで宅配が可能かが問題になります。

アメックスプラチナ ラグジュアリーブラック
手荷物無料宅配 2個まで無料(往復) 3個まで無料(往復)

年会費は安いのに宅配してくれる荷物の数が多いのでラグジュアリーブラックに軍配が上がります。

海外旅行保険

プラチナカードは特典だけでは無くて旅行保険などの補償も充実していますので重要視したい部分です。

プラチナカードの海外旅行保険を比較する際は以下の事を見るようにしましょう。

  • 傷害・疾病治療費用の補償額
  • 家族特約の有無

海外旅行保険はいくつか補償項目がありますが、その中でも利用する確率が高いのは傷害・疾病治療費用(現地での病院代)です。海外では医療保険が効きませんので医療費は高額になります。そして病気やケガで病院に行く可能性は結構ありますので重要なのです。

他には死亡・後遺障害補償と言う項目もありますが、まず利用する可能性は低いと考えられますので、この項目の補償額はあまり気にしなくて良いと思います。

しかし、補償項目の中では1番補償金額が高くなりますので、海外旅行保険の宣伝をする時はこの項目の金額が使われる事が多いですが、実際に重要なのは傷害・疾病治療費用と、あとは携行品損害といって、盗難などに合った際の補償です。

他には家族特約といって、被保険者の家族も補償が付くものもあります。

ちなみに海外旅行保険は付帯条件も重要ですが、プラチナクラスのカードは自動付帯が当たり前なので付帯条件はそこまで気にしなくても良いですね。

アメックスプラチナ ラグジュアリーブラック
家族特約 あり あり
傷害・疾病治療費用 1000万円
(家族も同条件)
200万円
(家族も同条件)
携行品損害 100万円
(家族も同条件)
100万円
(家族も同条件)

1番重要な傷害・疾病治療費用は最高700万円もの差があります。海外旅行保険はアメックスプラチナが圧倒していますね。

ちなみにショッピング保険でもアメックスプラチナが年間最高500万円なのに対して、ラグジュアリーブラックは年間最高300万円なのでこちらでも大きく差が付いています。

海外旅行保険、ショッピング保険なども含めた保険関連サービスはアメックスプラチナに軍配が上がりますね。

審査難易度を比較

アメックスプラチナもラグジュアリーブラックも年会費が高いプラチナカードという事で審査が心配になっている方も多いと思いますが、実際はどちらも思っている以上に審査に通りやすいと思って良いです。

プラチナカードは審査が厳しいと思われがちで、確かに以前はそうだったかもしれませんが最近はそうでもなくなってきています。

その理由は、個人的な意見になりますがクレジットカード会社も業績が厳しくなりつつあるからだと思います。

プラチナカードやゴールドカードは年会費が高額なので、カード会社としても年会費収入が見込めるので会員を増やしたいという意向があるからだと思っています。

その証拠にアメックスプラチナは以前はインビテーションが無ければ作る事は出来ませんでしたが、現在では申込制に変わっています。入会のハードルを下げて会員数を増やしたい意向が見て取れますよね!

要はカード会社がお客を選ぶような時代ではないという事ですね。

ですので審査は思っている以上に通ると思って大丈夫です。それよりも気にしたほうが良いのはこれです。

自分の年収で使いこなせるクレジットカードかどうか

審査が問題と言うよりは、使いこなせるかどうかを考えた方が良いですね。

年会費が高額ですし、特典を使いこなすにはお金と時間が必要なので、本当に自分に必要なのかどうかの判断が大事です。

どちらも年会費は10万円(税別)以上になりますし、特典を使うにもお金が必要になります。

年収は500万円が目安

特典内容などから考えると、どちらも最低でも年収500万円以上は無いと使いこなせないと思います。

500万円なければ審査に通らないという事ではなくて、カードを使いこなすのに必要な年収の目安って事です。

例えば400万円でもクレヒスに問題がなければ審査には十分通ると思います。

審査に通りやすいのはどっち?

どちらが審査に通りやすいかをあえて選ぶなら、外資系で独自の審査基準を持っているアメックスプラチナではないでしょうか。

アメックスは発行は簡単だけど、発行後の審査が厳しい(限度額が渋い)傾向にあります。ですので審査に通りやすいのはアメックスプラチナではないでしょうか!

まとめ・あなたにおすすめなのは

アメックスプラチナとラグジュアリーブラックを比較してきました。

どちらもレベルの高いクレジットカードで特典の充実度は素晴しいですね。

今回の比較では総合的にアメックスプラチナの方が評価が高い結果となりました。

比較項目 比較結果
見た目のカッコ良さ・知名度 アメックスプラチナ
年会費・限度額 年会費➡互角
限度額➡アメックスプラチナ
国際ブランドの使いやすさ ラグジュアリーブラック
ポイント還元率・使いやすさ ラグジュアリーブラック
コンシェルジュ ラグジュアリーブラック
空港サービス・空港ラウンジ アメックスプラチナ
ダイニング・トラベル特典 ダイニング➡ラグジュアリーブラック
トラベル➡アメックスプラチナ
海外旅行保険・ショッピング保険 アメックスプラチナ
審査難易度 アメックスプラチナ

見た目のカッコ良さについては正直なところ個人の好みがありますので何とも言えませんが、個人的にはアメックスプラチナがカッコ良いと思っただけです。

年会費については本会員の年会費はラグジュアリーブラックの方が安いですが、アメックスプラチナは家族カードが4枚無料になるベネフィットがあります。

家族カードを1枚発行して夫婦で持った場合はちょうど同じくらいの年会費になりますので互角としました。

どちらが自分に合っているかは以下にまとめましたので参考にしてみてください。

アメックスプラチナはこんな人におすすめ

  • 見た目のかっこ良さで選びたい
  • 知名度は高い方が良い
  • マイルを貯めたい
  • 飛行機に乗る事が多い
  • 家族カードを発行する
  • 高額なカード決済をしたい
  • 海外旅行に行く回数が多い
  • 出張で国内ホテルを利用する事が多い
  • アメックスセンチュリオンのインビテーションを狙っている

アメックスプラチナはマイルも貯めやすいなど、海外に行く回数が多い方には嬉しい特典が多いですね。後はやはり知名度が高いのでスタータスを感じたい方はおすすめです。

本物のステータスカードであるアメックスセンチュリオン(ブラックカード)を狙うならアメックスプラチナで実績を積むしかありません。

アメックスプラチナ公式サイト

 

ラグジュアリーブラックはこんな人におすすめ

  • ポイント還元率を重視したい
  • ポイントが使いやすさを重視したい
  • どこに行っても使えるカードが良い
  • コンシェルジュサービスの質を重視したい
  • 国内の人気飲食店を利用したい(リムジン送迎を経験してみたい)
  • 金ピカのラグジュアリーカード・ゴールドのインビテーションを狙いたい

ラグジュアリーブラックはどちらかというと国内で実用性のある特典が多い印象があります。海外よりは国内で使いたい方におすすめです。

ラグジュアリーブラック公式サイト

審査については、どちらも年収4~500万円で過去に支払い遅延などが無い(クレヒスにキズが無い)のであれば余程の事が無い限り通るはずです。是非チャレンジしてみてください!

今回は比較だったので優劣を付けましたが、基本的にはどちらも全体的に素晴らしい仕上がりです。

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, 比較
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.