クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

アメックス クレジットカード クレジットカード会社 ゴールドカード ステータスが高い プラチナカード 比較

アメックスゴールドとMUFGプラチナアメックスを徹底比較!

更新日:

「どちらがステータスが高いの?」

「空港サービス、優待サービス内容はどちらが優れている?」

アメックスゴールドとMUFGプラチナアメックスはステータスの高いクレジットカードを代表する2枚です。

ゴールドとプラチナでカードランクこそ違いますが、年会費や条件が近いので比較対象になる事が多いです!この2枚を比較する方は、ステータスの高いサービスを求めている方だと思いますので、今回は2枚の優待・特典などをステータスの高さで比較しながら、ポイント還元率や限度額、入会キャンペーンのお得さなどの実用性も比較します。

ステータスの高さを5項目で比較

アメックスゴールドMUFGプラチナアメックス優待・特典をピックアップして「どちらがステータスが高いか?」で評価していきます。

ステータスを測る優待・特典は以下の通りです。

  1. 知名度、見た目(券面デザイン)
  2. 保険の手厚さ(海外旅行保険、ショッピング保険など)
  3. プライオリティパス(空港ラウンジ)
  4. トラベル優待
  5. ダイニング優待

上記5項目で「どちらがステータスが高いか?」を比較して、それ以外にもクレジットカードのポイント還元率、入会特典のお得さなどの実用性も比較します。

まずは2枚の簡単な基本情報を見ておきましょう!

アメックスゴールドとMUFGプラチナアメックスの基本情報

  アメックスゴールド MUFGプラチナアメックス
年会費 29000円(税別)  20000円(税別)
家族カード年会費  12000円(税別)※2枚以上だと1枚無料  3000円(税別)※2枚以上だと1枚無料
ETCカード年会費 無料 ※新規発行手数料1枚につき850円(税別)

無料

入会特典 公式サイト参照 公式サイト参照
ポイント付与 100円で1ポイント
(会計毎に100円で1ポイント付与)
1000円で1ポイント
(月の合計利用額1000円に対して1ポイント)
還元率 0.4円~
※メンバーシップリワードプラス加入で1%(年会費3000円(税別))
0.4円~(最大0.75%)
◦初年度ポイント1.5倍
◦指定月はポイント2倍

年会費はアメックスゴールドの方が9000円差で高く、家族カードはMUFGプラチナアメックスの方がかなり格安になっていますね。

還元率に関してはそこまで差はありません。

それでは早速比較していきます。

知名度・見た目で比較

知名度・見た目はステータスの高さを測るのに1番最適な要素だと思います。

なぜなら、誰かの評価があって初めて感じる事ができるのがステータスだからです。

人の評価を得るには、まずはそのカードが知られている事が必要となってきます。つまり「認知度」です。

知名度の高さは?

クレジットカードを見られた時にステータスを感じたいのであれば、そのカードがステータスカードだと認知されなければ意味がありません。

それならアメックスゴールドの右に出るクレジットカードは無いと言っても良いのではないでしょうか!

それを証明するこんなエピソードがあります。

カードに詳しくない20代~30代の女性に「ステータスの高いクレジットカードは?」と質問してみました!

知名度の高さを測るのに、30代~40代の男性に聞いても知っている人が結構多いのであまり意味がありません。

それよりはクレジットカードに詳しくなさそうな人に聞いて知っている人が居れば知名度が高い事になりますよね。

詳しくなさそうな人と言えば「20代~30代の女性」は詳しくなさそうと言う事で、こんな質問をしてみました。

「ステータスが高いクレジットカードって何が思いつく?」

そして帰ってきた答えはこれ
↓↓

 

アメックスゴールドでした!

しかもですよ!!

色々なカードを知っていてその中でアメックスゴールドと答えたわけでは無くて、アメックスゴールド以外は知らなかったのです。

これは驚きました!

クレジットカードは楽天カードくらいしか知らない「20代~30代の女性」がステータスの高いクレジットカード=アメックスゴールドと認識していたのはビックリです。

アメックスゴールドの知名度の高さに驚かされましたね。

アメックスゴールドはステータスの高いクレジットカードとしての地位を築いている!

アメックスゴールドはブランド地位を確立しており、知名度の高さでは右に出るカードはありません。

アメックスゴールドの上位カードでアメックスプラチナやセンチュリオンカード(ブラックカード)がありますが、下手をするとそれよりもアメックスゴールドの方が全然知名度は高いと思います。 

どんなに高級でも認知されていなければ意味がありませんので、その意味ではアメックスゴールドはキングオブステータスカードだと言えますね。

知名度では圧倒的にアメックスゴールドに軍配が上がります!

見た目の豪華さ、インパクトは?

 

 

やはり、豪華さとインパクトならアメックスゴールドがキラキラしていて分かり易いですね。

パッと見はMUFGプラチナアメックスはブラックカードに見えますね。

クレジットカードのランクで言うとブラックカードはゴールドカードよりも上なので、そのランク付けを知っている方は「ブラックカード?」なんて思ってくれるかもしれません。

実際には、MUFGプラチナアメックスは「プラチナランク」なのでアメックスゴールドよりもランク付けは上です!

ブラックカードを彷彿とさせる券面にアメックスのブルーのロゴが何とも高級感を感じさせます!

しかも、世界的なグループ企業であるMUFGグループの名前が入っているのもステータスの高さを感じさせますね。

しかし、クレジットカードのランクなど普通の人は知りませんので、単純に見ただけの印象(豪華さ、インパクト)はアメックスゴールドの方が上です。

知名度、見た目の豪華さ、インパクトはアメックスゴールドの方がステータスが高いですね。

海外旅行保険・ショッピング保険などの手厚さを比較

ステータスが高いクレジットカードは保険の手厚さに特徴があります。

ゴールドカードやプラチナカードを所有したいと思う理由の一つに、「海外旅行保険が充実しているから」という方は多いので、この項目は重要視されます。

海外旅行保険の手厚さは?

どちらのカードも自動付帯と利用付帯で金額が変わります。

ここでは自動付帯での保険金額を比較していきます。

自動付帯とは「クレジットカードを持っているだけで保険対象になる」と言う意味です。逆に利用付帯とは「そのクレジットカードで旅行代などの支払いに利用すると保険対象になるという意味です。

保険の種類 アメックスゴールド
(自動付帯)
MUFGプラチナアメックス
(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
(5000万円は利用付帯分)
最高1億円
(5000万円は利用付帯分)
傷害治療費用 最高200万円
(利用付帯は300万円)
最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
(利用付帯は300万円)
最高200万円
賠償責任 最高4000万円 最高3000万円
救援者費用 最高300万円
(利用付帯は400万円)
最高200万円
携行品損害 1旅行/50万円
(年間限度額100万円)
(免責金額3000円)
1旅行/50万円
(年間限度額100万円)
(免責金額3000円)

2枚ともカード会員の家族も補償対象となる(家族特約)があります。かなり手厚いです!

自動付帯だとほぼ互角ですが、海外旅行保険で最も重要だと言われている傷害・疾病治療費用は利用付帯に限りアメックスゴールドの方が100万円高くなります。

利用付帯分の含みがある事も考慮すると、海外旅行保険ではアメックスゴールドに軍配が上がります。

ショッピング保険は?

ショッピング保険は以下の条件となっています。

  • アメックスゴールドは最高500万円(90日間)
  • MUFGプラチナアメックスは最高300万円(90日間)

これはアメックスゴールドの方が手厚いですね。

しかもアメックスゴールドはショッピング保険以外にも、リターンプロテクション(返品補償)、オンラインプロテクション(ネット上の不正利用補償)、キャンセルプロテクション(キャンセル料補償)などなど、右に出るクレジットカードは無いほど充実しています。

海外旅行保険、ショッピング保険共にアメックスゴールドの方がステータスが高いですね!

プライオリティパス(空港ラウンジ)のサービス内容を比較

プライオリティパスも保険と同様にステータスクレジットカードの代表的なサービスで、世界中の空港にある航空会社系のファースト・ビジネスクラス客向けの高級ラウンジを利用する事が出来るので、海外旅行時には持っておきたい会員資格で重要視されます。

アメックスゴールド、MUFGプラチナアメックス共にカード特典にプライオリティパスが付帯していますが、会員ランクや利用条件が異なります。

プライオリティパスの会員ランクと条件

会員ランク 年会費 利用料
スタンダード会員 99ドル 32ドル
スタンダードプラス会員 299ドル 年間10回まで無料、11回目から32ドル
プレステージ会員 429ドル 無料

※引用:プライオリティパス公式サイト

最高ランクのプレステージ会員だと年会費が429ドルです・・・日本円なら軽く4万円超えです・・・

スタンダード会員なら年会費は99ドルですが、1回の利用料が32ドルとなっています。とにかく年会費、利用料が高い印象です。

以下は両カードのプライオリティパスの会員条件です。

プライオリティパスの付帯条件

アメックスゴールド スタンダード会員(年会費無料で年2回まで無料利用)
家族カード会員も対象
MUFGプラチナアメックス プレステージ会員(年会費無料で利用回数無制限)
家族カード会員も対象

アメックスゴールドは少し変則的な条件になっていて、スタンダード会員に回数限定で無料利用権が付けられた形になっています。

いっぽうで、

MUFGプラチナアメックスは最高ランクのプレステージ会員となっていますので、利用回数などを気にする必要も無いので文句なしの条件となっています。

MUFGプラチナアメックスは問答無料で何回でも無料で利用出来るし、家族カード会員もプレステージ会員でプライオリティパスが持てるので素晴らしいですね。

プライオリティパス(空港ラウンジ)のサービス内容ではMUFGプラチナアメックスの方がステータスが高いですね。

トラベル(旅行)関連サービスで比較

トラベル(旅行)関連優待・特典はこれまで比較してきた海外旅行保険やプライオリティパスに関連する項目なので重要視されます。

まずは2枚のトラベル優待・特典を確認していきましょう。

 ー アメックスゴールド MUFGプラチナアメックス
プライオリティパス 〇(スタンダード会員で年会費無料・年に2回まで利用無料) 〇(プレステージ会員で年会費無料・無料で何回でも利用)
空港ラウンジ 〇(国内28、海外2) 〇(国内28、海外2)
航空機遅延保険 〇(20000円) 〇(60000円)
専用デスク
旅行ツアー代金・ホテル優待

●旅・Fun
●一休.com
●エクスペディア
●アメリカンエキスプレストラベルオンライン

●アメリカンエキスプレストラベルオンライン
●スーペリアエキスペリエンス(ホテル・ダイニング・エアラインなどの優待)

無料ポーターサービス(空港で荷物を運んでくれるサービス) ×
手荷物無料宅配 〇(スーツケース1個無料)

〇(スーツケース1個無料)
手ぶらチェックインサービス

コートお預かりサービス ×
エアポート送迎(空港~自宅間のタクシー代優待) 〇(定額料金) 〇(往復を片道料金にて)
空港クロークサービス(手荷物を一時的に預けられるサービス) 〇(無料) 〇(通常料金から15%オフ)
空港パーキング優待 〇(20%~40%オフ)
海外用携帯電話レンタル優待 〇レンタル料半額・通話料10%オフ ×

こうして見るとそれほど差はありません。若干ですが、アメックスゴールドの方が上回っているかなと思うくらいで大きな差があるとは思えません。

トラベル関連優待・特典のステータスは互角ですね!

ダイニング優待・特典で比較

ダイニング特典もステータスが高いクレジットカードの代表的なサービスです。

2枚のダイニング優待・特典を確認していきましょう。

アメックスゴールド

  • ゴールドダイニングby招待日和(2名利用で1名分無料)
  • アメリカンエキスプレスInvites(レストラン優待)

MUFGプラチナアメックス

  • プラチナグルメセレクション(2名利用で1名分無料)

対象のレストランで所定のコースメニューを2名以上で利用すると1名分が無料になる特典はステータスが高いクレジットカードによく付帯している特典ですが、2枚ともしっかりと付帯していますね。

他にはアメックスゴールドにはレストラン優待がありますが、差が付くほどの凄い特典ではありません。

大きな差はありませんね。

ダイニング優待・特典のステータスは互角ですね!

ポイント還元率・限度額・入会キャンペーンのお得さで比較

ステータスも大事ですが、あくまでもクレジットカードなのでポイント還元率のお得さなどの「実用性」も大事ですよね。

カード還元率はどちらが高い?

正直な所、この2枚のカードに還元率を求めるべきではないです。基本的な還元率は2枚とも0.4%程度と互角で、クレジットカードの還元率としては並かそれ以下と言ってよいでしょう。

あえてどちらの還元率が高いか比べるとすれば、

アメックスゴールドはメンバーシップリワードプラスというポイントアッププログラムに年会費3000円(税別)で加入すると還元率が1%に出来ます。

年間利用額によってポイントがアップする特典があるMUFGプラチナアメックスは、頑張っても0.75%が限界なので、そう考えるとアメックスゴールドの方が還元率は高くなります。

しかし、追加の年会費が必要なので追い金を無しと考えればMUFGプラチナアメックスが還元率は高くなります。

MUFGプラチナアメックスのポイント倍率優待

  • 初年度はポイントが1.5倍で海外利用は常に2倍
  • 指定した記念月はポイント2倍
  • 年間の利用額が一定以上で翌年のポイントが最大50%アップ

基本の還元率は2枚とも0.4~0.5%になりますので、大きな差はありません。

ポイント還元率に関しては互角ですね!

新規入会キャンペーン特典がお得なのは?

クレジットカードを作る時はもはや当たり前となっているのが入会キャンペーン特典です。

入会キャンペーンでクレジットカードを選ぶ事は無いと思いますが、一応比較しておきます。

新規入会特典詳細

アメックスゴールド 公式サイト参照
MUFGプラチナアメックス 最大2000ポイント(8000円相当)

これまでアメックスゴールドは初年度年会費無料などを開催していましたので、単純に金銭的な価値が29000円相当分となり、圧倒的にアメックスゴールドの方がお得となっています。

アメックスゴールドの入会キャンペーン詳細はコチラをご覧ください。
↓↓

アメックスゴールド入会キャンペーン最新版!最大30000ポイント

「入会キャンペーン特典の獲得は簡単?」 「どれくらいお得なの?」 アメックスゴールドの入会キャンペー ...

続きを見る

しかし、MUFGプラチナアメックスは入会特典2000ポイント以外にも「初年度ショッピングポイント1.5倍」特典があります。

MUFGプラチナアメックスの入会キャンペーン詳細はコチラをご覧ください。
↓↓

MUFGプラチナアメックスの入会キャンペーン最新!最大8000円相当

「MUFGプラチナアメックスの入会キャンペーンはお得?」 「キャンペーン特典は何に使えるの?」 MU ...

続きを見る

限度額の上げやすさは?

ゴールドカードやプラチナカードのような上位カードを持ちたいと考える方は、限度額の高さも重要な要素となるのではないでしょうか?

結論から言ってしまうと、早く限度額が上がっていくのはMUFGプラチナアメックスです。

しかし、2枚のカード限度額を比べた時、実はどちらが高いとはハッキリと言えません。それはアメックスゴールドには限度額というものが無いからなんです。

無いと言っても実際にはあって、アメックス側で実績をもとにした信用度を指標にして限度額は決めていますが公表はされないという事です。

そして、アメックスの限度額が渋い事は有名です!高年収で個人情報が良かったとしても、「アメックスでの利用実績」がなければ全く評価されません。

格安年会費と還元率重視の時代に逆行して、年会費を上げるなどアメックスは独自の考えを崩すことなく運営を続けています。「どんどん貸して儲けよう!」という業界の流れに逆らって伝統を守っているような感じなのです。

ですので、カードを作った当初は30~50万円くらいと、かなり渋い限度額からスタートになる事が多いようです。

いっぽうで、MUFGプラチナアメックスの限度額は50万円~500万円と公表されています。

MUFGプラチナアメックスの年会費はプラチナクラスにも関わらず20000円(税込)と格安であることを考えても、「より多くの会員を集めたい」というカード会社の狙いが見えます。

となると、それほど厳しい審査を用意しているとは考えにくいので、限度額はアメックスゴールドよりも上げやすいのではないかと考えられるわけです。

それとMUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)はキャッシングやカードローンなどの金融事業も多く手掛けているので、個人信用情報次第ですが限度額も上げやすいのかなと思います。

限度額の上げやすさについてはMUFGプラチナアメックスですね!

インビテーション制のブラックカードを目指したいならアメックスゴールド

ステータスカードを持ちたいと考える方は、一度はあこがれたことがあるのではないでしょうか?もしくは将来的に目指したいと思っている方も多いかもしれませんね。

最上級のブラックカードと言えば、アメックスセンチュリオンカードが有名です。
コレ↓↓

このカードはアメックスからのインビテーション(招待)がなければ持つことが出来ないカードですが、そのインビテーションを受けるのは大変な事です。

特にこれと言ってインビテーションの条件があるわけではないのですが、

アメックスの営業マンによると、アメックスカードの利用額が1億円以上は必要だとのことなので、まず普通の人には手の届かないカードです。

しかも、会社の仕入れ代などでの利用額ではダメで、純粋に個人消費で1億円以上が必要という事です。

しかし、可能性がゼロではないと思いますので目指してみるのも有りです。

その第一歩となるのがアメックスゴールドになりますので、まずは「ブラックカードを目指す旅」のスタートラインに立ってみてはどうでしょうか?

アメックスゴールド公式サイト

まとめ

ここまで、以下の5項目のステータスの高さと、クレジットカードの実用性で比較してきました。

  1. 知名度、見た目(券面デザイン)
  2. 保険の手厚さ(海外旅行保険、ショッピング保険など)
  3. プライオリティパス(空港ラウンジ)
  4. トラベル優待
  5. ダイニング優待

アメックスゴールドがステータスの高さでは若干上回っていましたね。やはり年会費差が9000円ありますのでその辺りの差が出たかなという印象です。

しかし、逆に言うとMUFGプラチナアメックスは年会費が9000円も安いのにそこまで大きな差を感じさせない所は優秀だと言えます。

以下でどちらがおすすめかの特徴をピックアップしました!

アメックスゴールドがおすすめな人

  • 「他人に見られた時に認知されるクレジットカード(知名度が高い)を持ちたい方」
  • 「ステータスの高さを重視したい」
  • 「空港でのサービスを充実させたい」
  • 「エンターテインメントの優待を充実させたい」
  • 「家族カードを作る予定の方・家族旅行の予定がある方」
  • 「入会特典のお得さで選びたい方・1年間お試しで使いたい方」

アメックスゴールド公式サイト

 

MUFGプラチナアメックスがおすすめな人

  • 「コストパフォーマンス重視」
  • 「年間100万円以上利用する」
  • 「家族カードを作る予定の方・家族旅行の予定がある方」
  • 「プライオリティパスの最高ランク(プレステージ会員)が欲しい方」

MUFGプラチナアメックス公式サイト

 

必要最低限で実用的なサービスのみで、コストパフォーマンス重視、プライオリティパスのプレステージ会員が欲しいならMUFGプラチナアメックス、

実用的なサービスプラスアルファで贅沢なサービス、圧倒的な知名度、認知度、ステータス重視ならアメックスゴールド、

このような選択の仕方で良いと思います。

あなたにとってどちらが最適かを導き出す手助けになれば幸いです!

アドセンス

アドセンス

-アメックス, クレジットカード, クレジットカード会社, ゴールドカード, ステータスが高い, プラチナカード, 比較
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.