クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

クレジットカード 比較

アメックスゴールドとラグジュアリーカード・チタンを徹底比較!

投稿日:

「自分に合っているのはどちらか知りたい」

「それぞれの特徴が知りたい!」

アメックスゴールドとラグジュアリーカード・チタン(以下:ラグジュアリーチタン)はちょうど同じくらいのレベルなのでどちらを作ろうか迷っている方も多いのではないでしょうか?

どちらも特典は充実していて、それぞれに長所と短所がありますのでベストな選択をしたいですが、何を見れば良いのかわからないと言う方は多いと思います。

そこで今回は、クレジットカード情報サイトを毎日チェックして最新情報を仕入れている筆者が、重視される項目や特典を徹底比較します。

この記事でこれが分かる!

  • どちらが自分に合っているか
  • 2枚の特徴

これを読めばどちらにするかの選択が出来るようになりますよ!

2枚の比較ポイント

この2枚はゴールドカード以上プラチナカード未満というイメージで年会費がそこそこ高額なので、やはりある程度年収の高い方がターゲットになっています。

ですのでポイント還元率などのお得さを求める節約カードと言うよりは、どちらかと言うと自分を引き上げてくれる贅沢カードです。

カッコ良さ、トラベル&ダイニングなどの充実度が比較ポイントの中心になりますね。

どちらも年会費は安くありませんし、特典も数えだしたらキリが無くなってしまいます。実際に全ての特典が有効な物かと言うと、個人的には必要のない特典も多いと思うので、今回の比較は重要度の高い項目に絞っています。比較する項目は以下の通りです。
  • 見た目のカッコ良さ・知名度
  • 年会費の安さ・限度額の高さ
  • 国際ブランドの使いやすさ
  • ポイント還元率・使いやすさ
  • 空港サービス・空港ラウンジ
  • ダイニング・トラベル特典
  • 海外旅行保険
  • サポートデスクサービス
  • 審査難易度

では早速比較していきます!

見た目のカッコ良さ&知名度

クレジットカードの本来の利用目的は決済をする事ですが、アメックスゴールドやラグジュアリーチタンのような年会費が高額のクレジットカードは決済機能以外の部分も重視したいですよね。

中でも個人的には、見た目のカッコ良さは重要だと思っています。

しかもプラチナカードのような高級カードを持つ方は、ステータスの高さを見せつけたいと思っている方も多いので、ここを気にしている方は多数居るはずです。

まずこの2枚の見た目は金ピカと金属素材で非常に特徴があります。

金属製カードは元々アメックスの最上級カードであるアメックスセンチュリオン(アメックスブラック)にチタン素材のカードがあったことから人気に火が付きました。

そしてラグジュアリーカードが真似をして金属製カードを発行して大人気となっています。

それを受けて、金属製カード元祖のアメックスはセンチュリオンの弟分であるアメックスプラチナにも金属製カードを発行するようになりました。

デザインは個人の好み!

カッコ良さは完全に個人の好みになりますが、デザイン面で見るとラグジュアリーチタンは金属製である事が一目で分かる見た目になっていてインパクトがあり、高級感を感じさせます。

アメックスゴールドは分かり易いゴールドのデザインですが、不思議といやらしく感じさせませんし、品まで感じさせます。

一昔前までは簡単に持つ事が出来ない幻のプレミアムカードとして有名で、今でもその時代の名残で高級なカードというイメージを保っていて知名度の高さも抜群です。

ラグジュアリーカードはまだまだ最近発行されたばかりなのでほとんど知られていません。

高級の代名詞である分かり易いゴールドをまとったアメックスゴールドか、金属製の高級感があるラグジュアリーチタンかと言った所ですね。

  • 見た目のデザインは完全に好みなのでどちらが良いとは言えない(キラキラゴールドか金属製カードか)
  • 知名度なら絶対的にアメックスゴールド

基本情報を比較!年会費・限度額はどっちが高いか

それではクレジットカード内部について比較して行きましょう。

まずは年会費や限度額と言ったカードの基本的な部分からです。

また国際ブランドも異なりますので使い勝手なども比較していきます。

まずは基本情報をまとめました。以下で解説をしています。

 ー アメックスゴールド ラグジュアリーチタン
国際ブランド アメックス Mastercard
年会費 29000円(税別) 50000円(税別)
家族カード年会費 12000円(税別)
※1枚無料
15000円(税別)
ETカード年会費 ◦500円(税別)
※年1回以上の利用で無料
◦新規発行手数料850円(税別)
◦年会費無料
◦新規発行手数料無料
 限度額 一律の制限なし  100万円~300万円

アメックスゴールドの家族カード1枚目無料は素晴しいですね。本会員と家族カードの2枚を持っていれば全体の年会費を下げる事が出来ますね。後ほど解説します。

年会費は21000円差

今どきは年会費無料で高還元率のクレジットカードも多いので、そう考えるとカード年会費はどちらも高額です。

  • アメックスゴールドが29000円(税別)
  • ラグジュアリーチタンが50000円(税別)

ラグジュアリーチタンの方が21000円高くなっています。

クレジットカードの年会費で21000円の違いは結構大きいですね。

ただし、それぞれで付帯している特典などが全然変わりますので年会費が違ってくるのは当然です。

ですので年会費が安いからと言って必ずしもお得だとは言えないって事です。

家族カードは1枚発行なら大きな差がある!

家族カードの年会費は以下の通りです。

  • アメックスゴールドが12000円(税別)で1枚無料
  • ラグジュアリーチタンが15000円

アメックスゴールドは1枚無料で発行出来るので、もし夫婦で持った場合を比較したら、ラグジュアリーチタンとさらに年会費差が広がる事になります。

家族カードのお得さはアメックスゴールドですね!

ETCカードはどちらも年会費無料

ETCカードはどちらも年会費無料です。(アメックスゴールドは実質無料)ただしアメックスゴールドは発行時に850円(税別)の手数料が初回のみ発生します。

年会費がそれなりに高いのでこの部分は何とかならないのかなと思いますよね・・・・

年会費をまとめると、

  • 年会費が安いのはアメックスゴールド
  • 家族カードがお得なのはアメックスゴールド
  • ETCカードはラグジュアリーチタンが無料でお得

カード年会費はアメックスゴールドの方が安いですが、だからと言ってアメックスゴールドの方がお得だという訳ではありません。特典内容が全く同じではないので差が出るのは当然の事です。

ただ家族カードの設定はアメックスゴールドの方がお得になっていますね。

限度額が高いのはどっち

2枚は年会費が高額なので、持つ人の層も高年収の方の割合が高くなってきます。

そのような層の方ってクレジットカードを使う金額も多くなりますので、重要になってくるのは限度額です。

限度額が低かったらすぐに使えなくなるので使い勝手が悪いですよね。

限度額を比較する場合は、どちらが限度額が高くなりやすいかが比較ポイントになります。

しかし限度額はカードを持つ方のクレヒスや年収などによってかなり差が出てきてしまいますので、比較のしようが無いと言うのが正直なところです。

でもそれだと今回の記事の意味がなくなるので「最大限度額の多さ」で比較をしてみようと思います。

アメックスは事前承認によって限度額は無限

結論から言ってしまうと、最大の限度額の多さはアメックスゴールドに軍配が上がります。

なぜならアメックスゴールドは限度額設定がなく、使いたいだけ限度額を上げる事が可能だからです。

ただし先に入金した分だけとなります。先に入金をすれば、入金分だけ一時的に限度額を上げる事が出来るんです。

これはアメックス独自の「事前承認」というサービスになります。

このサービスがあるので最大限度額が高いのはアメックスゴールドとなります。

限度額の渋さを比較するなら、渋いのはアメックスゴールドで、通常の限度額の高さならラグジュアリーチタンの方が高くなると思います。

  • 限度額は事前承認制度のあるアメックスゴールドの方が高い

国際ブランド比較!使えるお店が多いのはどっち

クレジットカードは国際ブランドを選ぶ事が出来る物が多いですが、アメックスゴールドはアメックスのプロパーカードなので国際ブランドは当然アメックスになります。

ラグジュアリーチタンはプロパーカードでは無いですが、国際ブランドはMastercardのみなので、アメックスとMastercardの比較となります。

Mastercardは世界中のどこでも利用可能

国際ブランドの比較をするなら「使えるお店の多さ」が勝負になります。

結論、使えるお店が多いのは間違いなくMastercardです。

世界中のどこに行ってもほぼ間違いなく使える国際ブランドはVISAとMastercardだけです。

アメックスも世界5大国際ブランドの中に入っていますが、VISA、Mastercardほどの加盟店数はありません。

ただし、アメックスはJCBと提携していてJCB加盟店でも利用出来るようになったので、日本国内なら使いにくさを感じる事は無いと思います。

しかし、アメックスとJCBを合わせても使えるお店の数はMastercardには及びませんので、使えるお店の数ではMastercardのラグジュアリーチタンに軍配が上がります。

  • Mastercardのラグジュアリーチタンの方が使えるお店は多い

ポイント還元率が高い&使いやすいのは

この2枚は節約をする為のクレジットカードではありませんので、本来ならポイント還元率などを求めるのはちょっと違うのですが、そうは言ってもポイントは付きますのでどちらが還元率が高いかは重要ですよね。

しかも最近、ラグジュアリーカードのポイントが改善されてかなりお得になりました!

ポイント&マイル還元率

まずは2枚の基本的なポイントプログラムをご覧ください。

  アメックスゴールド ラグジュアリーチタン
ポイント還元率  0.4%~  1%
ポイント付与条件 ◦通常100円で1ポイント
※外貨建てや特約店でポイント3倍
 ◦通常1000円につき2ポイント(1%)
マイル還元率  1%  0.6%

ポイント還元率はラグジュアリーチタンが1%とかなり高還元率ですね!

この2枚はポイント還元率などを求めるカードではないと言いましたが、ポイント還元率が高いならそれに越した事は無いですよね。クレジットカードの還元率は1%あると優秀と言われていますので、この年会費クラスのカードで1%あるのは素晴しいです。

アメックスゴールドも外貨建てや特約店の利用では1%以上になりますが、限られた場条件になりますので、常にどこでも1%のラグジュアリーチタンに軍配が上がります。

  • 常にどこでも1%のラグジュアリーチタンがお得

マイル還元率はアメックスゴールドだが・・・

ポイント還元率はラグジュアリーチタンが上でしたが、マイル還元率に関してはアメックスゴールドの方が交換レートが高いので還元率も高くなります。

マイルを貯めたいならアメックスゴールド方が良いですが、アメックスゴールドでマイルを効率的に貯めるには、まず年会費3000円(税別)のメンバーシップリワードプラスへの加入してポイント交換レートを高くする必要があります。

ANAマイルへの交換は移行手数料が必要

そしてANAマイルへ交換したい場合は移行手数料が5000円(税別)も必要になりますので、ANAマイルに高レートで交換したいなら年会費29000円(税別)以外に8000円(税別)が必要になるという事です。

そう考えるとあまりお得感は無いような気がします。その点ラグジュアリーチタンはマイル還元率が0.6%ですが、移行手数料などがありませんし、ANA、JALマイルのどちらにも交換出来るので、実際はラグジュアリーカードの方がマイル還元率もお得と言っても良いかもしれません。

  • マイル還元率はアメックスゴールドが1%だがコストがかかる。
  • ラグジュアリーチタンは0.6%だけどコストゼロなので悪くはない

ポイントの使いやすさ

ポイントは還元率の高さ以外にも「どう使えるか」も重要になります。

ポイントは他のポイントプログラムやマイルなどに交換、現金キャッシュバックなどが主な使い方です。

それらの交換先がどれくらいあるかが比較のポイントで、使いやすさを判断する要素になります。

ポイントを使いやすいのはラグジュアリーチタン

ポイントの使いやすさは間違いなくラグジュアリーチタンに軍配が上がります。なぜならポイントの価値を落とさずにキャッシュバックする事が出来るからです。

普通はキャッシュバックが出来たとしても、大幅に還元率が落ちる事が多いのでちょっともったいない場合がほとんどですが、ラグジュアリーチタンは還元率1%でキャッシュバック出来ます。

現金キャッシュバックはそのままカード利用分に充当出来るので手間もかからないし、何にでも使える事になるので、1%でキャッシュバック出来るのはかなりアツいですね!

ラグジュアリーチタンは他にも利便性の高いAmazonギフト券にも還元率1%で交換出来るなど、ポイントの利便性はかなり高くなっています。

アメックスゴールドはマイルに交換すると還元率が高くなりますが、移行手数料が余分にかかりますし、マイルがキャッシュバックほど使いやすいとも言えません。

それにラグジュアリーチタンはマイルへの交換条件もそんなに悪くは無いので、ポイントの使いやすさでは断然ラグジュアリーチタンに軍配が上がりますね!

  • 1%でキャッシュバックが出来るのでポイントが使いやすいのはラグジュアリーチタン

ダイニング・トラベル特典を比較

ゴールドカード、プラチナカードなどの年会費が高額なクレジットカードは特典が豊富で、中でもダイニング関連、トラベル関連は特に力を入れている部分です。

ダイニング特典

ダイニング特典を比較する際は、より実用性のある特典があるかどうかを見ると良いです。

例えば海外のレストランで優待があるよりは、国内のレストランで優待があった方が実用的です。

もちろん人によっては海外レストランの優待も意味があるでしょうが、大多数の人は国内での優待の方が良いはずです。

  • 国内のレストランで使える特典があるか

比較するならこの部分です。

2枚のダイニング特典はこのようになっています。

アメックスゴールド ◦高級レストランで2名以上の利用で1名分無料
◦海外のレストランで割引などの優待
ラグジュアリーチタン ◦高級レストランで2名以上の利用で1名分無料
◦レストランでのコース料理アップグレード
◦カフェ・ワインバー優待

高級レストランで所定のコースメニューを2名以上で利用すると1名分無料になる特典は、ゴールドカード以上によく付帯しています。

特に実用性があると思うダイニング特典は2枚ともこの特典です!

一見同じ特典内容に思えますが、実は無料特典を受けられる1ヵ月の回数に違いがあります。

アメックスゴールドは何回でも制限なしに無料特典が受けられます。

一方でラグジュアリーチタンは月に2回までとなっています。

という事でダイニング特典はアメックスゴールドの方が優れていると言えます。

  • ダイニング特典はアメックスゴールドに軍配

トラベル特典

トラベル特典もダイニング特典と同じように、実用性のある特典があるかどうかがポイントです。

例えば海外ホテルの優待が受けられる特典などが良くありますが、多くの方はツアーでセットになった状態で行く方が多い気がしますので、その場合はあまり意味が無い特典となってしまいます。

(海外に仕事で行く方にはメリットがあると思います。)

しかし国内のホテルで使える無料宿泊券なら実用性がありますよね。

2枚のトラベル特典は以下のようになっています。

アメックスゴールド ◦HISアメリカンエキスプレス・トラベルデスク
ラグジュアリーチタン ◦世界3000以上のホテルでの優待
◦日本を代表する旅館などの予約&優待

どちらのカードもこれと言って目立ったトラベル特典はありません。

ラグジュアリーチタンの方は世界3000以上のホテルの優待、日本を代表する旅館の優待が受けられる特典がありますので、どちらかを選ぶならラグジュアリーチタンが優れていると言えます。

アメックスゴールドは空港サービスが素晴らしいですね。

  • トラベル特典はラグジュアリーチタンに軍配

空港ラウンジ・空港サービス特典

ゴールドカード以上のクレジットカードはトラベル特典が充実しています。そしてトラベルに飛行機は付き物なので空港でのサービスも充実が図られています。

その中で重視したいサービスは以下の2項目です。

  • 空港ラウンジ
  • 手荷物無料宅配

この2つが充実していれば快適に飛行機を利用出来ます。ではどちらが優れているか比較していきます。

プライオリティパスの条件を比較

クレジットカードの空港ラウンジ特典は2種類あります。

  • 国内主要空港のラウンジ利用特典
  • 世界中の空港のVIPラウンジが利用出来るプライオリティパス特典

アメックスゴールド、ラグジュアリーチタン共にどちらも付帯しています。

国内主要空港のラウンジ特典の利用条件は全く同じで、条件に差があるのはプライオリティパス特典です。

プライオリティパス特典は以下の条件で差が付いています。

  • 会員ランク
  • 家族カード会員の発行条件
  • 同伴者の扱い

まず会員ランクですが、ラグジュアリーチタンは最高ランクのプレステージ会員で、全てのラウンジを無料で何回でも利用出来ます。

アメックスゴールドは少し変則的で、通常の会員ランク条件とは異なりアメックスゴールド独自のプランが適用となっています。年に2回まで全てのラウンジが利用可能になります。

その他の家族カード会員発行条件や同伴者の扱いは以下の通りです。

アメックスゴールド ラグジュアリーチタン
家族カード会員の資格 無料で発行可能 無料で発行可能
同伴者の利用条件 有料(1回32ドル) 有料(1回32ドル)

違いがあるのは会員ランクで、年間で利用出来る回数がラグジュアリーチタンの方が多いので、プライオリティパスの条件ではラグジュアリーチタンに軍配が上がりますね。

  • プライオリティパスの利用条件はラグジュアリーチタンに軍配

手荷物無料宅配を比較

手荷物無料宅配は海外旅行時に出発・帰国時に手荷物を宅配してもらえるサービスです。

トラベル特典の中でも割と使い道が高いです。手荷物が何個まで無料宅配出来るかが比較ポイントになります。

アメックスゴールド ラグジュアリーチタン
無料宅配が可能な手荷物の数量 1個まで無料(往復) 3個まで無料(往復)

ここは年会費が高いラグジュアリーチタンに軍配が上がります。

  • 無料宅配が出来る手荷物の数量はラグジュアリーチタンの方が多い

海外旅行保険の充実度を比較

ゴールド、プラチナカードは特典だけでは無くて保険も充実していますので重要視したい部分です。

中でも代表的な保険と言えば海外旅行保険ですね!

海外旅行保険の比較は以下の項目が縦横です。

  • 傷害・疾病治療費用の補償額
  • 家族特約の有無

海外旅行保険はいくつか補償項目がありますが、その中でも利用する確率が高いのは傷害・疾病治療費用(現地での病院代)です。

なぜなら病気やケガで病院に行く可能性は結構高いからで、海外では医療保険が効きませんので医療費は実費となり高額になるからです。

あとは携行品損害といって、盗難などに合った際の補償してもらえる保険も重要ですね。

海外旅行ではこの2つの補償は充実させておきたいですね。

それと、家族特約といって被保険者の家族も補償対象になる特約があり、ゴールド、プラチナカードの海外旅行保険はこの家族特約が付帯しているかどうかが実力を測る要素になってきます。

ちなみに海外旅行保険は付帯条件も重要ですが、ゴールド、プラチナカードクラスだと基本的に自動付帯が当たり前です。

しかしアメックスゴールドに関しては自動付帯の場合と利用付帯の場合で補償内容が変わっていますので注意が必要です。

アメックスゴールド(自動付帯) アメックスゴールド(利用付帯) ラグジュアリーチタン(自動付帯)
家族特約 あり あり あり
傷害・疾病治療費用 200万円
(家族も同条件)
300万円
(家族は200万円)
200万円
(家族も同条件)
携行品損害 50万円
(家族も同条件)
50万円
(家族も同条件)
100万円
(家族も同条件)

1番重要な傷害・疾病治療費用はアメックスゴールドが自動付帯の場合だと同額の補償となっていて、利用付帯だと100万円多くなります。

携行品損害についてはラグジュアリーチタンが上回っています。

トータル的に見るとどちらも差は無いのかなと言った印象なので互角と思って良いのではないでしょうか。

  • 海外旅行保険の補償条件は互角

サポートデスクサービスの比較

年会費が高額なクレジットカードに期待をするサービスの一つにサポートデスクがありますね。

この手のサービスと言えばコンシェルジュサービスが有名ですよね。

急な出張時の新幹線、ホテルの手配や会食に利用するお店の予約など、様々な要望に電話一本で応えてくれるので、秘書がいるようなイメージです。

サポートデスクサービスでは、コンシェルジュが最上級のサービスになりますが、残念ながらコンシェルジュはラグジュアリーチタンのみ付帯で、アメックスゴールドには付帯していません。

しかもラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスは業界の中で最も評価が高いので、この分野はラグジュアリーチタンにっ軍配が上がります。

  • サポートデスクサービスならラグジュアリーチタン

審査の通りやすさ

 

アメックスゴールドもラグジュアリーチタンも年会費が高い上級カードの部類で間違いありませんので、審査が心配と言う方も多いと思います。

しかし、結論から言うとどちらも思っている以上に審査に通りやすいと思って大丈夫です。

年会費が高いと審査が厳しいと思われがちです。確かに以前はそのような傾向がありましたが、最近はそうでもないんですよね。

クレジットカード会社も会員を増やしたい!

これは個人的な意見になりますが、審査に通りやすくなっている理由としてはクレジットカード会社も業績が厳しくなりつつあるからです。

今回比較している2枚のような高額年会費のクレジットカードは、カード会社としても年会費収入が見込めるので会員を増やしたいと思っています。

会員を増やしたいのに審査が厳しかったら矛盾していますよね!つまり審査を優しくしてきているって事です。

その証拠に、インビテーションが無ければ作る事は出来なかったクレジットカードが、最近では申込制に変わったりしています。(インビテーションが無くても申込める)

アメックスゴールドの上位カードであるアメックスプラチナがまさにそうです。

入会のハードルを下げて会員数を増やしたいという意向があるとしか考えられませんよね!

ですので審査は思っている以上に通りやすいです。よほどクレヒスなどに問題が無ければ、あまり心配する必要は無いですよ。

それよりも本当に自分に必要なのかを良く見極めた方が良いです。

年収は400万円が目安

特典内容などから考えると、どちらも最低でも年収400万円以上は無いと使いこなせないと思います。

400万円以上なければ審査に通らないという事ではなくて、カードを使いこなすのに必要な年収の目安って事です。350万円でもクレヒスに問題がなければ審査には十分通ると思います。

特典の多くは海外旅行や高級レストランなどを利用する事でメリットを得られますが、それにはお金が必要だから目安が400万円というだけです。

審査に通りやすいのはアメックスゴールド

どちらが審査に通りやすいかをあえて選ぶなら、外資系で独自の審査基準を持っているアメックスゴールドだと思います。

アメックスは発行は簡単だけど、発行後の審査が厳しい(限度額が渋い)傾向にあります。ですのであえて審査に通りやすい方を選ぶならアメックスゴールドで間違いないと思います。

  • 審査に通りやすいのはアメックスゴールド

まとめ

アメックスゴールドとラグジュアリーチタンを比較してきました。

だいたい同じレベルであり、ライバルとして意識し合っている2枚ですが年会費に21000円の差があるので特典内容は若干差があります。

今回の比較では年会費が高いラグジュアリーチタンの方が総合的に評価が高い結果となりました。

比較項目 比較結果
見た目のカッコ良さ・知名度 ラグジュアリーチタン
年会費の安さ・限度額の高さ 年会費➡アメックスゴールド
限度額➡アメックスゴールド
国際ブランドの使いやすさ ラグジュアリーチタン
ポイント・マイル還元率
ポイントの使いやすさ
ラグジュアリーチタン
サポートデスク
ラグジュアリーチタン
空港サービス・空港ラウンジ ラグジュアリーチタン
ダイニング・トラベル特典 ダイニング➡アメックスゴールド
トラベル➡ラグジュアリーチタン
海外旅行保険 互角
審査の通りやすさ アメックスゴールド

見た目のカッコ良さについてですが、個人的にラグジュアリーチタンの金属感がカッコ良いのでラグジュアリーチタンが高評価としていますが、正直なところ個人の好みがありますので何とも言えません。

このクラスのクレジットカードはポイント還元率が低い場合がほとんどですが、ラグジュアリーチタンは常に1%あるのは素晴しいですね。

色々と比較しましたが、結果的にはラグジュアリーチタンが年会費が高い分だけ上回っていたという形になりました。

どちらが自分に合っているかは以下にまとめましたので参考にしてみてください。

ラグジュアリーチタンはこんな人におすすめ

  • 見た目のカッコ良さを重視したい(金属製カードを持ってみたい)
  • どこに行っても使えるカードが良い
  • ポイント還元率を重視したい
  • ポイントの使いやすさを重視したい
  • ANAとJALマイルの両方を貯めたい
  • 海外に行く事が多い
  • 海外旅行保険を重視
  • コンシェルジュサービスが利用したい
  • ラグジュアリーカード・ゴールドのインビテーションを狙いたい

ラグジュアリーチタンは何と言ってもポイント還元率とポイントの使いやすさが素晴らしいです。

還元率1%のままキャッシュバックやAmazonギフト券に使えます。またマイルも移行手数料無料で交換できてANA、JALどちらのマイルにも交換出来るのも良いですね。

 

アメックスゴールドはこんな人におすすめ

  • 見た目のかっこ良さで選びたい
  • 人に認知されたい(知名度の高さを重視)
  • マイルを貯めたい
  • 家族カードを発行する(1枚無料)
  • 高額なカード決済をしたい
  • 海外に行く事が多い
  • 国内の高級レストランを沢山利用したい
  • アメックスセンチュリオンのインビテーションを狙っている

アメックスゴールドはやはり知名度が高いので人に高級カードだと認知してもらえます。ステータスを感じたい方はおすすめです。

また家族カードを発行したいなら1枚無料でお得です。

1名が無料になるダイニング特典は利用回数に制限が無いので、会食などが多いならアメックスゴールドはおすすめです。

あとは本物のステータスカードであるアメックスセンチュリオン(ブラックカード)を狙うならアメックスゴールドは通らなければならない道ですね。

審査については、どちらも年収400万円で過去に支払い遅延などが無い(クレヒスにキズが無い)のであれば余程の事が無い限り通るはずです。是非チャレンジしてみてください!

今回は比較だったので優劣を付けましたが、基本的にはどちらも全体的に素晴らしいクレジットカードで、利用するにあたって不満などはほとんど無いと思います。

どちらもおすすめなので是非検討してみてください。

 

アドセンス

アドセンス

-クレジットカード, 比較
-, ,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.