クレカとカードローンのブログです!!

クレカードローンZ

アメックス クレジットカード クレジットカード会社 ステータスが高い モテるクレジットカード 入会キャンペーン

アメックス(グリーン)の入会キャンペーン!初年度年会費(12960円分)無料!

更新日:

「入会キャンペーン特典の獲得は簡単なの?」

「本当にお得なの?」

アメックス(グリーン)は現在、12960円相当が貰えるお得な入会キャンペーンを開催中です。

入会キャンペーンというと、パッと見はとてもお得なように見えますが、中には獲得条件が難しい事はよくあります!

しかし、アメックスの入会キャンペーンは無条件で獲得出来ますので、誰でも確実にお得になります。

今回は、アメックスの入会キャンペーンの詳細と、アメックスのカード内容についても解説します!

これを読めばアメックスの入会キャンペーンや特徴がよくわかるので、カードを作ろうか迷っている方は決断の参考になる事間違いなしですよ!

現在のアメックスカードの入会キャンペーン

初年度年会費無料で12960円相当がお得!

アメックスカードの年会費は12000円(税別)ですが、今なら無料になっています!

アメックスカードは100円で1ポイントが貯まり、1ポイントが1円相当の価値になりますので、12960円の割引と同等の価値があります。おおよそでカードを120万円相当利用した時の獲得ポイント分くらいの価値があります。

かなりお得なキャンペーンとなっています。

ポイント有効期限を無期限に出来る

ポイントを一度でも交換すれば有効期限が無期限になるので、まずは何でも良いので最低ポイント数の物と交換しましょう。

メンバーシップリワードプラスに加入

年会費3000円(税込)が掛りますが、加入するだけでポイント還元率が倍になるのでメンバーシップリワードプラスへは絶対に加入する事をおすすめします。

例えばポイントをマイルに交換する時は・・・

メンバーシップリワードプラスに未加入 2000ポイント→1000マイル
メンバーシップリワードプラスに加入 1000ポイント→1000マイル

メンバーシップリワードプラスへ加入するメリットは

  • ポイントの価値が2倍になる
  • ポイント有効期限が無期限になる

ポイントが無期限になれば期限を気にしずに目標ポイント数を目指すことが出来ますね。

アメックスカードのお得なポイント利用方法

アメックスカードのポイントはマイルへの交換が一番効率が良いです。マイル以外への交換は1ポイントが0.4円(還元率が0.4%)程度になってしまいますが、マイルなら1ポイントを1円以上にする事が出来ます(マイルの価値は1.5円~2円とも言われています)

もちろんマイル交換以外の選択肢でカード代金に充当する事が出来たりします。

マイル交換

メンバーシップリワードはマイル以外はポイント還元率が0.3%~と低くなりますので交換候補はマイル一択だと思います。

どこのマイルが一番良いのか?

2017年現在ではANAマイルへのポイント交換が一番お得となっています。

提携マイルと交換率

交換先 交換レート(メンバーシップリワード加入)
ANA☆☆☆ 1000ポイント→1000マイル
ブリティッシュエアウェイズ☆☆ 1250ポイント→1000マイル
デルタ 1250ポイント→1000マイル
エミレーツ 1250ポイント→1000マイル
アリタリア イタリア航空 1250ポイント→1000マイル
チャイナエアライン 1250ポイント→1000マイル
フィンエアー 1250ポイント→1000マイル
タイ航空 1250ポイント→1000マイル
カタール航空 1250ポイント→1000マイル
ヴァージンアトランティック航空 1250ポイント→1000マイル
エールフランス 1250ポイント→1000マイル
エティハド航空 1250ポイント→1000マイル
SASユーロボーナス 1250ポイント→1000マイル
シンガポール航空 1250ポイント→1000マイル
アジアマイル 1250ポイント→1000マイル

星の付いているマイルが上からおすすめ順になっています。2017年4月からANA以外のマイルは1250ポイント→1000マイルへと交換率が下がってしまいましたので、2017年7月現在は断然ANAマイルへの交換がおすすめです。

ANA以外ですとブリティッシュエアウェイズかデルタが有力になってきます。

ブリティッシュエアウェイズなら同じアライアンスのJALを利用する事もできますので、国内線でも使えて利便性が高いです。

ANAマイルのデメリット

ANAマイルへの交換は別途でANAマイルコース5000円(税別)が必要になるので、1000ポイント→1000マイルで交換しようと思うと、コストはトータルで8000円(税別)となります。

また8万マイルまでの移行上限もあります。

ANAマイルへの交換が一番効率が良いのですが、その分経費も掛かりますので何とも言えない所です。

ANAマイルを貯めるだけの目的ならANAアメックスの方がおすすめです。

ポイントフリーダム

ポイントフリーダムはディナー代、ショッピング代、旅行代金などカード支払い分にポイントを充当できます。

ポイントでツアー旅行代金の決済

利用出来るサービス ポイントで購入できる商品 通常還元率 メンバーシップリワードプラス加入時の還元率
アメリカンエキスプレストラベルオンライン 航空券、ホテル、レンタカー 1ポイント→0.4円 1ポイント→1円
HISアメックスデスク 国内外のパッケージツアー、日本発着の国際・国内線航空券、国内外ホテル、旅館、レンタカー、JRチケット 1ポイント→0.4円 1ポイント→0.8円
日本旅行 国内外旅行、パッケージツアー、航空券 1ポイント→0.4円 1ポイント→0.8円

アメックストラベルオンラインで航空券などの購入が一番還元率が高くなっています。

ポイントで街のお店でお買い物

利用出来るサービス ポイントで購入できる商品 通常還元率 メンバーシップリワードプラス加入時の還元率
高島屋 指定なし 3000ポイント→1000円分商品券 2000ポイント→1000円分商品券
ヨドバシカメラ 指定なし 3000ポイント→1000円分商品券 2000ポイント→1000円分商品券

還元率は0.5%です

ポイントでオンラインショッピングの決済

利用出来るサービス ポイントで購入できる商品 通常還元率 メンバーシップリワードプラス加入時の還元率
BAYMA 指定なし 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5円
マルイ 指定なし 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5円
ベルメゾン 指定なし 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5円

還元率は0.5%です

ポイントフリーダムの利用ではポイント還元率が0.5%程度になりますので、マイルに比べるとあまりお得な使い方とは言えません。

楽天ポイントやTポイントにも交換可

メンバーシップリワードは楽天やTポイントに交換する事も出来ますが、3000ポイント→1500ポイントと還元率は0.5%になりますので少しもったいないです。しかしTポイントなどは非常に凡庸性が高いポイントなので、ポイントの使い道に困った時などは非常に良い選択肢となります。

アメックスカードの優待

アメックスカードは旅行に強い特典が多いのが特徴です。

旅行に関する特典などを紹介していきます

旅行保険

海外・国内旅行保険は利用付帯となっています。

海外旅行保険(利用付帯)

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 5000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 3000万円
救援者費用 200万円
携行品損害(免責金額3000円) 30万円(年限度額100万円)

海外旅行の際に利用する可能性が一番高いのは「傷害疾病治療」ですが、100万円の保険金は少々寂しいですね。

実際に海外の医療機関を利用する時は最低でも200万円くらいの余裕は欲しいところです。

海外旅行保険が自動付帯になっている他のカードを合わせて持っておくと、金額を上乗せできるので安心の金額に出来ます。

国内旅行保険(利用付帯)

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 5000万円
利用付帯なので、アメックスカードで旅行代金や航空券代などを支払っていないと保険が付帯しませんので注意が必要です

ショッピング保険

ショッピングプロテクション

国内外問わずカードで購入したほとんどの商品について、購入から90日以内に生じた破損、盗難などの損害を年会500万円まで補償

リターンプロテクション

購入した商品の返品を万が一購入店が受け入れない場合、購入日から90日以内の商品であれば払い戻しをしてくれます。

オンラインプロテクション

インターネット上での不正使用による損害を全額保証。安心してネットショッピングが楽しめます。

トラベル&空港サービス

この項目はアメリカンエキスプレスが一番得意としている部分です。

空港ラウンジ

国内28、海外2の空港ラウンジを同伴者1名と共に無料で利用出来ます。

【国内】

羽田、成田、関空、伊丹、中部国際、神戸、福岡、広島、鹿児島、那覇、など。

【海外】

ハワイダニエルKイノウエ空港、韓国仁川空港

プライオリティパス(スタンダード会員)

国内外1000か所以上の空港ラウンジを、カード会員、同伴者も1回27ドルで利用出来ます。スタンダード会員年会費99ドルは無料となります。

空港ラウンジとプライオリティパスで使えるラウンジの違い

空港ラウンジと言っても色々あります。

簡単に区分けすると以下の二通りになります。

  • クレジットカード会社運営ラウンジ(空港ラウンジ特典、ゴールドカード特典などで使える)
  • 航空会社運営ラウンジ(ビジネスクラス、プライオリティパス)

航空会社運営ラウンジの方が設備の充実などが圧倒的に高いです。また、ラウンジの立地条件にも違いがあり、カード会社ラウンジは誰でも入ることが出来る非制限エリアにあるのに対して、航空会社ラウンジは制限エリアにある事が多いです。

制限エリアにあると、出国手続きなどをすべて済ませた後でゆっくりと利用する事が出来ますが、非制限エリアにあるカードラウンジだと出国手続き前の利用になってしまいますので時間を気にしながらの利用となってしまいます。

エアポート送迎サービス

海外旅行の出発帰国時に提携タクシー(MKグループ)の車をチャーターして、利用可能地域の指定場所から空港間の送迎を定額料金で利用できます。利用可能空港は、成田、羽田、関空、中部国際空港で国際線のみ

エアポートミール(国内線)

搭乗日の1週間前までに、HISアメックストラベルデスクにて対象となる国内線航空券を利用すると、羽田・伊丹空港内で対象飲食店にて搭乗日当日に利用出来るエアポートミールクーポン1000円分が貰えます。

空港クロークサービス

空港を利用の際に手荷物を一時的に預ける事が出来るサービスです。

邪魔な荷物が無くなるので買い物や食事を楽しむことが出来ます。

利用可能空港は中部国際

手荷物無料宅配サービス

成田、羽田、関空、中部国際空港を利用で海外旅行の際はスーツケースを無料で空港まで宅配してくれますので、少ない荷物で出かける事が出来ます。

また、帰りも同様に空港から自宅まで宅配してくれますので非常に便利なサービスです。

出発の7日前までに電話で予約しましょう。

無料ポーターサービス

出発時に空港の駅改札付近やバス停などの指定場所からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから駅改札付近やバス停などの指定場所まで、専任スタッフが荷物を運んでくれます。

利用可能空港は成田国際空港(第1、第2ターミナル利用)、関空

空港パーキング優待

空港周辺のアクセス良好な駐車場を会員価格で利用できます。

利用可能空港は成田、羽田、関空、福岡空港

海外用携帯電話レンタル

海外用レンタル携帯電話を半額(250円→125円/日)、通話料10%オフにて利用できます。

利用可能空港は成田、羽田、関空(国際線)

グローバルホットライン(海外での日本語サービス)

海外の旅行先からレストランの予約や医療機関の紹介、緊急時の支援まで日本語で相談できます。24時間利用可能です。

エンターテインメント

アメリカンエキスプレスセレクト

ダイニング、トラベル、レジャー、ショッピングなどの優待を受ける事が出来るサービスで、特にダイニングは評判の高いです。

リッツカールトン、シェラトン、コンラッド東京、ヒルトン、帝国ホテル、ハイアットなどのレストランで飲食代が10~15%オフになるなど、魅力的な内容になっています。

チケットアクセス

イープラスとの提携により様々なチケットをオンラインで購入できます。おすすめの公演の情報をいち早く紹介して貰えたり、良い席を確保してくれたり会員限定の特典を用意してくれたりします。

アメックスカードの基本情報

カードの基本情報は以下の通りです。

 ー アメリカンエキスプレスカード(グリーン)
年会費

初年度年会費無料

2年目から12000円(税別)

家族カード6000円(税別)

ETCカード年会費 年会費無料で新規発行手数料850円(税別)
入会特典 12000円の年会費が初年度無料
貯まるポイント メンバーシップリワード
ポイントアップ メンバーシップリワードプラス年会費3000円(税別)
ポイント還元率

●基本0.4%~(100円で1ポイント)

●マイルは1000ポイント→1000マイル(メンバーシップリワードプラス加入時)

ポイント有効期限 3年間(一度でもポイント交換をすれば無期限になります)
提携マイル

ANAをはじめ、全部で15社の航空会社と提携

ANAマイル還元率1%

ANAマイル以外は還元率0.8%

国内外旅行保険(共に利用付帯)

海外:死亡・後遺障害5000万円、傷害・疾病治療費用100万円

国内:死亡・後遺障害5000万円

電子マネー アップルペイ(クイックペイ)、モバイルSuica、Edy、おサイフケータイ

 

まとめ

アメックスカードはステイタスカードで、ポイントをお得に貯めるカードではありません。

ステイタスの意味がそもそもよくわかりませんが、「見た目のカッコよさ、高級感、知名度、贅沢」などだと思っています。

グリーンのデザインの洗練された感じはいったいなんなんでしょうか・・・妙におしゃれなんですよね・・・本当に惹かれるデザインです。

お店のレジなどでアメックスカードを出している人が居ると「ほ~!」って思います。

これは意外ですが、20代の女子にもアメックスは「金持ちカード」として認識されてる事が多いんですよ。

他社のゴールドカードよりも全然高級感があります。

一度は持ってみたいカードですよね。

初年度年会費無料なので、12960円の割引または12960ポイント還元とと同じ事になります。この機会に是非作ってみてはいかがでしょうか?

アメックスグリーン公式サイト

アドセンス

アドセンス

-アメックス, クレジットカード, クレジットカード会社, ステータスが高い, モテるクレジットカード, 入会キャンペーン
-,

Copyright© クレカードローンZ , 2019 AllRights Reserved.